アリックス パートナーズ。 アリックスパートナーズとは

VW・FCAなど自動車大手、EUの21年排出規制で罰金も=調査

アリックス パートナーズ

コロナ禍により自動車生産台数は向こう3年間で最大3600万台減少すると予想される中、自動車業界は現時点までに新たな債務負担を合計720億ドルも抱えるに至っています。 これらは業界が歴史的な大変革を遂げなければならないところで突然直面することになった難局です。 今後、各企業は損益分岐点を「迅速に下げ」、資金配分を「極めて細かく選別」していく必要があります。 【2020年6月15日】 グローバル・コンサルティング・ファームのアリックスパートナーズは、世界の自動車業界の展望についてまとめたレポート「アリックスパートナーズ・グローバル・オートモーティブ・アウトルック:不確実性の克服(The AlixPartners Global Automotive Outlook: Mastering Uncertainty)」(以下、本レポート)を発表いたしました。 世界の自動車業界は既に市場が軟化傾向にあった中、COVID-19危機に直面しました。 その結果、業界全体の収益が大きく落ち込んだことを受け、各社とも短期的に抜本的なコスト削減を迫られています。 さらに、ロックダウン、経済再開の遅れ、消費者信頼と雇用の落ち込みにより、今年から2022年までの期間に自動車販売台数は累計で最大3,600万台減少(2019年比)する見込みです。 加えて、今年3月上旬以降の新たな債務が膨らんでおり、合計720億ドルに上っています。 アリックスパートナーズでは、今年の世界の自動車販売台数は世界で7,050万台と予想しています。 一方、自動車業界の供給サイドをみると、新型コロナ危機以前の2019年にアリックスパートナーズが行った分析では、財務が「強固」なサプライヤーは、業界全体収益のわずか6%を占めるにとどまることがわかりました。 収益の50%を占めるサプライヤーは財務的に「厳しい」(43%)、あるいは「破綻寸前」(7%)という結果でした。 アリックスパートナーズのマネージング・ディレクター兼自動車・製造業プラクティス・グローバル共同リーダーであるマーク・ウェイクフィールドは次のようにコメントしています。 「急激な売上の落ち込みによって、収支の大幅な悪化が生じ、さらに負債残高も増加しているため、各社は損益分岐点を下げる必要性に迫られています。 新型コロナによる不確実性を考慮して、将来に備えるためには、各社は損益分岐点をリーマンショック当時の水準まで引き下げる必要があります。 それは、世界の自動車生産が6,500万台にとどまり、米国でもせいぜい約1,400万台という水準を想定し、それでも利益を獲得できる経営体質を構築することを意味します」。 本レポートでは、今回は自動車業界の財務状況がリーマンショック当時よりもさらに悪い状態にあるときに、新型コロナ危機に直面したということも明らかになりました。 具体的には、利益率と資本効率を測る指標であるROCEをみると、世界の自動車メーカーは2015年から2019年で平均47%、サプライヤーでは36%低下しています。 さらに、2015年から今年第1四半期の期間で、負債総額は、自動車メーカーでは36%、サプライヤーでは33%増加しています。 新型コロナ危機の3月初旬から5月22日の間で、全世界の自動車メーカーとサプライヤー50社合計で721億ドルの新たな債務を抱えることになっています。 アリックスパートナーズのマネージング・ディレクター兼欧州・EMEAの会長であり数十年にわたる自動車業界の専門家であるステファノ・アヴェルサは次のようにコメントしています。 「新型コロナ危機の影響で、欧州市場全体が1年間で消失したかのようです。 明らかに、自動車業界、サプライヤー、モビリティプレーヤー、その他業界に関連するあらゆる企業は、資源配分の決定について極めて細かな選択を迫られるでしょう。 つまり、あらゆる投資や支出計画を、手元資金と収益の両面から綿密かつ論理的に見直すことになります。 難局を切り抜けるためには、企業に有益となる政府支援策を最大限活用しながら、決断を下す必要があります」。 アリックスパートナーズのマネージング・ディレクター兼自動車・製造業プラクティス・東京リーダーである川口幸一は次のように述べています。 「新型コロナの影響がしばらく継続すると思われる中、短期的には企業の収益力が相当に傷むため、自動車事業をノンコアと位置付ける企業グループによる事業売却(カーブアウト)案件が増えると考えています。 その場合の受け皿としては、PEファンドが有力であり、業界再編を主導するのではないかとみています。 第一は、事業会社自身が収益性・財務基盤の悪化に苦戦しているため、PMIに経営資源を割く余裕がないこと。 第二は、投資の前提として、買収対象会社の建て直し、すなわち固定費の抜本的な削減が不可欠となるため、PMIの難易度が、平時よりも高まるであろうことが挙げられます」。 今年のアリックスパートナーズのグローバル自動車販売見通しでは、国によって回復スピードにばらつきが多いことを指摘しています。 具体的には、ロックダウンと経済再開が最初に行われた中国は2300万台と回復が最も早く、次いで米国は1360万台、そして一部最も深刻な新型コロナの影響を受けたと考えられていた欧州は1141万台にとどまる見通しです。 全体として、2025年以降までグローバルベースでの売上高が2017年の水準に戻ることはないとみています。 本レポートで論じたその他の主なポイントは以下の通りです。 新型コロナ以前は、自動運転向け投資は2020年から2025年までの累計で790億ドルに達すると見込まれていましたが、今回の危機とその他の分野での後退で、その額が大幅に削減される可能性が高まっています。 欧州の自動車業界および規制当局は正念場を迎えています。 アリックスパートナーズは、二酸化炭素排出量に関する現在のEU自動車業界の目標と、2020年末までの業界予想との間に21%の差があるとみています。 それには政治的な解決策が必要になるかもしれません。 何も変わらなければ、企業は2021年に100~140億ユーロの罰金に直面するでしょう。 以上 アリックスパートナーズ・グローバル自動車業界アウトルックについて 世界の自動車業界に関する公表資料および独自に実施するオンラインアンケート(18歳以上の運転免許証保持者対象)の結果などをもとに数か月に及ぶ調査・分析結果をまとめたもの。 アリックスパートナーズについて 1981年設立。 ニューヨークに本社を構える結果重視型のグローバルコンサルティング会社。 企業再生や企業が直面する緊急性が高く複雑な課題の解決に特化する。 民間企業、法律事務所、投資銀行、プライベートエクイティなど多岐にわたるクライアントを持つ。 世界20都市に事務所を展開。 日本オフィス設立は2005年。 www. alixpartners. com. AlixPartners is not a certified public accounting firm and is not authorized to practice law or provide legal services.

次の

有事に対応できる現場のリーダーが日本企業に不足している

アリックス パートナーズ

日本支社 [ ]• 所在地: 東京都千代田区2-4-1 33階• 日本支社は共同代表の形を取っており、現在は元ATカーニー日本代表の深沢政彦、および元ユニゾンキャピタルCFOの野田努が共同代表となっている。 のが(のちに米国本社副会長)を務めていたに、により、(旧 ライブドアホールディングス)への事業再生事業が取り上げられた。 同社の代表取締役社長に就任したも、(現・)を経て2006年3月より2007年末まで属していた。 ライブドア、日本航空の破綻に伴う再建支援により、日本においてもその地位を確立。 その他、日本電気の米国上場廃止問題への対応、ニイウスコーの民事再生法下での事業譲渡並びに会社清算の実績が公知となっている。 支援方法 [ ]• 支援先企業のマネジメントポジションに暫定経営陣を送り込み、ハンズオン支援による成果報酬型のサービスを得意としている• 戦略コンサルティング会社、投資銀行、ファンドなどプロフェッショナルファーム出身のシニアメンバーが同社を構成する主な人員であり、若手が少なく、40代以上のミドル〜シニア層を中心とした同社の人員構成は「菱形の人員構成」と称されている 主な出身者 [ ]• (元アクサ損害保険株式会社取締役会長)• (元株式会社ライブドアホールディングス代表取締役社長)• (株式会社KKRジャパン代表取締役社長)• (APIコンサルタンツ株式会社代表取締役社長、ベネッセコーポレーション社外取締役)• (マースジャパンリミテッド社長)• (株式会社一休代表取締役社長)• (ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ株式会社マネージングディレクター) 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

アリックスパートナーズ インタビュー特集第2回:NYで体感するOne

アリックス パートナーズ

【税理士とは】 税理士は、税理士法に定める国家資格であり、税理士登録資格をもつ者のうち、税理士会に税理士登録をした者をいいます。 税理士登録資格は、税理士試験に合格し、2年以上の実務経験を持つ者のほか、公認会計士、弁護士なども税理士登録することにより税理士になることができます。 【税理士の業務】 税理士は、所得税の確定申告、年末調整、住民税、消費税、相続税や贈与税、譲渡、法人税、事業税など各種税金の申告書・申請書など税務署に提出する税務書類の作成、税務調査の立会い等、税に関する不服審査手続き等を納税者に代わって行います。 そして、税理士は財務書類の作成、会計帳簿の記帳の代行、源泉徴収表の作成代行、その他財務に関する事務を行います。 また、税理士は 建設業許可申請を行うことができ、建設業の経営審査を行います。 【個人の方もどうぞ】 税理士は法人での利用ほとんどですが、個人の確定申告の所得税の計算や相続税、贈与税、譲渡所得税など税金に関する事、住宅取得控除等、色々なご相談に応じていて個人の方でもお気軽にご利用頂けます。 特に医療費控除などの申請を怠ると還付金を受け取れなくなったり、色々な特例が利用できなくなり非常に損をすることになります。 ご自分で確定申告される場合、確定申告の所定の用紙の記入方法も丁寧に指導いたします。 税理士事務所に来所できない場合でも電話での相談、ホームページからメールでの相談も可能です。 あなたの大事な資産を守るためにも是非、ご利用ください。 〈主な営業地域〉 〇埼玉県 川口を中心としていますが、 川口市・さいたま市(浦和・大宮・岩槻)・越谷市・草加市・上尾市・吉川市・三郷市など 他埼玉県内ご相談下さい。 〇東京都 (港区でも打ち合わせが出来ます。 ) 港区・新宿区・中央区・千代田区・渋谷区・北区・目黒区・世田谷区 など都内 〇栃木県 (保養所が那須町にあるので対応できます。 ご安心下さい。 ) 〇福島県 (保養所が那須町にあるので対応できます。 ご安心下さい。 ) 〇千葉県内 〇神奈川県内 他.

次の