パチンコ新台 噂 akb。 【噂】パチンコ好きな芸能人をまとめてみた

パチンコメーカー京楽、大赤字で倒産か!カリスマ社長が犯した3つの失敗とは?

パチンコ新台 噂 akb

2019年も魅力的な 新台が続々と登場している パチンコ。 10月も話題作がデビューを果たした。 製)だろう。 「劇場版」の内容が追加された演出だけではなく、一撃性の高い出玉性能を実現。 ファン必見の仕上がりとなっている。 「奇跡と魔法の高速Vスペック」へ熱い視線が注がれているが……。 他にも「絶対に打ちたい」「強力な甘デジ」といった声が上がっている機種が登場する。 今回は10月21日からの週に導入される「激アツ新台」に迫ってみたい。 まず注目したいのは、人気美少女キャラゲームとのタイアップ機『クイーンズブレイド』の最新作だ。 『Pクイーンズブレイド3 レイナVer. 』(高尾) より 新機種『Pクイーンズブレイド3 レイナVer. 』が10月21日に登場予定。 同社初の新内規対応機で、ヘソ賞球は3個となっている。 シリーズお馴染みのSTタイプとなっており、その継続率はシリーズ最高の「約86. 8%」と強力だ。 「ミドルタイプ」「ヘソ賞球3個」「高継続率」という特徴が揃った、希少な仕上がりと言えるだろう。 演出面は史上最多の47人のキャラクターが出演。 さらに69パターンの「聖なるポーズシーン」を搭載するなど、ファンを感動させる要素が満載だ。 人気シリーズということもあり、導入後は大きな反響が寄せられることは間違いないだろう。 人気の甘デジ分野には大手サミーの「強力・新台」が降臨する。 『デジハネPAガオガオキング3』(サミー) より 設定非搭載の時短突破型タイプ。 9で、突破型らしい「一撃の破壊力」が魅力の1台だ。 初回大当り時は99%が時短40回の電サポゾーンへ突入。 STは30回で継続率は約60%、電サポは70回が付与され継続率は約51%。 これらを合算した実質連チャン率は約80%だ。 大当り出玉も注目したいポイント。

次の

パチンコ新台『北斗の拳』シリーズに続き「国民的〇〇」も!? 自粛終了後の「激熱ラッシュ」を予想する声

パチンコ新台 噂 akb

過去の導入一覧• 2020年• 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年• 2007年• 2006年• 2005年• 2004年• 2003年• 2002年• 2001年• 2000年• (C)Sammy• (C)Spike Chunsoft Co. , Ltd. All Rights Reserved. (C)Spike Chunsoft Co. , Ltd. (C)Spike Chunsoft Co. , Ltd. (C)松竹・ABCテレビ (C)KYORAKU• (C)NISHIJIN• (C)東映• (C)NET CORPORATION• (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT• (C)HEIWA Character design by SHIROGUMI INC. (C)石森プロ・東映• (C)KITA DENSHI• (C)福本伸行/講談社・VAP・マッドハウス・NTV・D. ドリームパートナーズ (C)福本伸行/講談社・VAP・NTV (C)Sammy.

次の

パチンコ・パチスロ新台導入カレンダー|K

パチンコ新台 噂 akb

引き続き制限が続く地域もあるが、緊急事態宣言が解除された地域のパチンコ店を含む施設は営業を再開。 少しでも好転したと言える状況に、喜びの声が上がっている。 同時に関心が強くなっているのは、完全復活後の登場が予想される新台たちの情報。 特に「タイアップ機」に関する内容は多く、ユーザーからも熱い視線が注がれている。 現在のホールにはタイアップ機がずらりと並ぶ。 アニメ・芸能人・映画・ゲームなどを題材にした機種の存在感は非常に大きい。 それらが導入された際は、好反響が見込める傾向だ。 そんなタイアップ機の動向を話題にする関係者が続出中。 最近では人気ゲームとのタイアップ機『 北斗無双』に関する情報が浮上した。 現行ホールの覇者・初代のような評価を得ている機種は出ていないが、パチンコ分野を代表するシリーズであることは間違いない。 情報通り最新作が発表されれば、相当な反響が寄せられることだろう。 他にも魅力的なコンテンツの噂はあるが、その中でも興味深いのは「斬新なコラボ機」に関するものだ。 コンテンツの人気は重要だが、「異色のコラボ」を果たした機種もユーザーの注目を集める印象。 その代表的な存在は、他のパチンコメーカーとは一線を画す独創的な開発を続ける 豊丸産業のマシンだろう。 同社は「餃子の王将」や「ソフトオンデマンド」「すしざんまい」といった異業種コラボが有名だ。 さらには「ほのか」「クールポコ」「武藤敬司」を起用した『Pほのかとクールポコと、ときどき武藤敬司』を発表。 この奇抜な組み合わせは大きな話題となった。 そんな独創的マシンたちに匹敵するコラボ機がスタンバイ!? 「国民的〇〇」との強力タッグ実現を予想する声は多い。 「今後もジャンプ系の人気漫画や、大ヒットしたゲームの登場が予想されている。 あとは、乃木坂46など大物有名人とのタイアップ機に関する情報は多いね。 『間もなく動きが!? 』と噂されており、その動向に注目が集まっている。

次の