精 索 静脈 瘤 手術。 精索静脈瘤の原因と日帰り手術-画像でみる精索静脈瘤の症状と男性不妊の治療

精索静脈瘤とは?痛みや症状についてご紹介。手術は必要?

精 索 静脈 瘤 手術

近年顕著に注目されてきた精索静脈瘤とは? 下肢にできる下肢静脈瘤はよく知られていますが、基本的にはこれと同じ病態で、静脈の弁の機能異常により、陰嚢の静脈に血液が鬱滞します。 精索静脈瘤は男性不妊の原因の代表格ですが、当の本人が治療の機会に遭遇することは稀で、一般にもあまり周知されていません。 しかし精索静脈瘤がもたらす不妊へのインパクトは大きく、治療の意義が昨今顕著に注目されています。 精索静脈瘤の歴史 一方で精索静脈瘤の歴史は古く、その記録はルネサンス時代に遡ります。 不妊カップルの男性の陰嚢には憂鬱な血液が溜まっていると記載されています。 また、精索静脈瘤手術が世界で初めて報告されたのは文献上1885 年です。 当時は開腹手術でした。 その後腹腔鏡手術が登場しましたが、侵襲の大きさと合併症が課題でした。 現在では日帰りでできる顕微鏡下低位結紮術が低侵襲で再発率が低く合併症が少ない最も優れた術式として認められています。 そして精索静脈瘤手術は不妊治療における対コスト効果が高く、一方で精索静脈瘤を放置して顕微授精などの高度生殖医療を行う非効率性も指摘されるようになりました。 人工授精や体外受精が始まる前から存在した精索静脈瘤手術 人工授精や体外受精が行われるようになる前から存在した精索静脈瘤手術ですが、特に顕微授精が登場して下火になってしまいました。 その理由は当時の精索静脈瘤手術は開腹手術に加えて、精巣動脈やリンパ管を犠牲にせざるを得ない高位結紮術で、その臨床効果を得るためには半年ほどの期間が必要とされたこと、一方で人工授精や体外受精は次の排卵周期で治療ができ、しかも卵巣刺激法及び排卵誘発法などの進歩により、過排卵を起こすことができ、顕微授精をすれば精子が少なくてもすぐに妊娠させられると期待されたことです。 さらに不妊治療をされるカップルの高齢化が進み、不妊治療で一日も早い妊娠を望むカップルにとって、男性側の治療はさておき、一早く効果が得られそうな治療法である顕微授精が選択されることになったのです。 精索静脈瘤手術が再び脚光を浴びている4つの理由 しかし顕微授精が登場して20年を経て、未治療の男性因子に対する顕微授精の治療効果は女性の高齢化と相まって非常に厳しいことが今日判明しました。 一方で顕微鏡下低位結紮術の自然妊娠率をはじめとした優れた臨床成績が世界中から報告され、さらに科学的な根拠も積みかさなり、再び精索静脈瘤が見直されるようになったのです。 昨今精索静脈瘤手術が再び脚光を浴びてきた理由を整理すると以下となります。 1) 顕微鏡下低位結紮術によって精索静脈瘤手術の侵襲が激減し、日帰り手術が可能となったこと。 2) 昨今の科学的研究から精索静脈瘤が精子のDNA損傷を起こし、精索静脈瘤を放置すると造精機能がだんだん悪化していくことが明らかとなってきたこと。 3) 人工授精と体外受精を併用する場合にもあらかじめ精索静脈瘤を治すことによって妊娠率の上昇と妊娠までの治療回数の減少による医療コストの削減に貢献をしうることがわかってきたこと。 4) 精液所見が不良で顕微授精が必要とされたケースでも、精索静脈瘤手術により自然妊娠や人工授精へのステップダウンが可能となること。 さてこの精索静脈瘤手術ですが、現在では低位結紮術の他に高位結紮術に相当する腹腔鏡手術も施設によってはいまだに行われています。 そこでこれらの術式について詳しく解説いたしましょう。 精索静脈瘤手術の詳細 精索静脈瘤手術は大きく高位結紮術と低位結紮術に分類されます。 高位結紮術はさらに開腹手術と腹腔鏡手術に分類されます。 高位と低位は手術操作部位が内鼠径輪という部位から上か下かという基準で決まります。 言い換えれば高位はお腹の中で低位はお腹の外での手術ということになります。 また高位結紮術のうち開腹手術は腹膜(腹部臓器を包んでいる膜)外手術ですが、腹腔鏡手術は腹膜内手術となります。 したがって最も侵襲が大きいのは腹腔鏡手術です。 それは経腹手術であることと炭酸ガスによる気腹(お腹の中を炭酸ガスで満たして膨らますこと)が必要になるためです。 精索静脈瘤に対する腹腔鏡手術で腸管損傷や後出血で開腹手術や輸血が必要になったという事実は稀ですが存在しますし、手術説明書には合併症として必ず記載されています。 また腹腔鏡手術では入院管理と全身麻酔が必要となります。 全身麻酔の際には長時間絶飲食となり、気管内挿管や尿道カテーテル留置などが必要となります。 そして開腹手術にせよ腹腔鏡手術にせよ、温存できる動脈とリンパ管は犠牲にせざるを得ず、無理に残そうとすると再発の原因となります。 顕微鏡下低位結紮術とは? 一方で顕微鏡下低位結紮術では熟練した術者が執刀すれば、ほぼ100%動脈とリンパ管を温存でき、また再発リスクも合併症発生率も極めて低くなります。 その一方で十分なトレーニングと経験の不足が原因で細い静脈を1本でも取り残すと、いずれ発達して精索静脈瘤の再発を起こすことになります。 特に精巣動脈に癒着した細静脈や動脈壁内に発達した細静脈などの処理を動脈損傷を起こさないで確実に処理する技術は相当な経験を積まないと習得できません。 また再発してしまった場合は癒着のため再手術は極めて困難となることから、手抜きが一切許されない手術であるとも言えます。 しかし本術式を年間数例程度しか行っていないのに、不完全な手術が実施され、再発してしまっているケースが後を絶ちません。 顕微鏡下低位結紮術は国内では手術費用と前後の診療費の総額で20万円から50万円で実施されています。 また本来外来手術(日帰り手術)でできる手術であるにもかかわらず、全身麻酔にして数日入院させて行っている施設も少なくありません。 私費で行う場合治療費は体外受精と異なり一部の自治体を除いて助成金の支給対象とはなっておりません。 しかし顕微授精の採卵周期1回あたりの妊娠率が5. 7%、精索静脈瘤の術後の自然妊娠率が40〜70%となっていること、そして精索静脈瘤根治後は複数の自然妊娠が可能になってくるのに対して、体外受精で凍結胚がなくなったら再度一から開始しなければいけないことを考慮すると、夫の協力が得られるのであれば、精索静脈瘤手術を顕微授精に先行された方が得策でしょう。 また精索静脈瘤放置による精子DNA損傷は顕微授精した後の胚発生不良の原因となり、未治療のまま顕微授精で仮に妊娠できてもその後の不妊治療は女性の高齢化と精索静脈瘤のさらなる悪化が相まってより困難になることが予想されます。 そして女性年齢が比較的高い場合でも現在の年齢で卵巣年齢に問題なく、特に自然妊娠歴がある方であれば自然妊娠の可能性はあります。 自然妊娠のメリットはコストにとどまらず、不妊治療のストレスが激減するメリットがあります。 一方で繰り返される体外受精がもたらすストレスは不妊治療で最大の障害となり、治療成績に影響するだけではなく、お二人の生活の質を著しく低下させます。 精索静脈瘤と自然妊娠における課題 今後の課題は精索静脈瘤への関心を高め、遅れがちな精索静脈瘤の診断と治療の機会をできるだけ早期にすることで、そのためには社会啓発と啓蒙に加えて、術者の育成、男性不妊治療施設の確保、医療費助成などいろいろな課題をクリアしていく必要があります。 また高度生殖医療施設での精索静脈瘤手術枠は極端に少ないことが一般的であるため、どうしても顕微授精などの高度生殖医療に偏りがちになります。 さらに非常勤医による手術では術後十分なフォローができているとは言い難く、先々まで責任をもった診療は難しくなります。 したがって自然妊娠を目標にするためには手術後も手厚いフォローが可能な男性不妊専門施設で手術を受けることが望ましいと言えます。 そして難易度が高い顕微鏡下低位結紮術を安全に受けるにあたっては執刀医だけでなく熟練したスタッフが勤務する、年間手術実績数が充分な施設(目安としては年間100例以上)で受けることが望ましいでしょう。

次の

精索静脈瘤とは?痛みや症状についてご紹介。手術は必要?

精 索 静脈 瘤 手術

私の主人も先月、低位結索術で手術をしたばかりです。 手術は悩みに悩んで、決意しました。 ネットで検索してみると、皆さん割と早く回復されるので家もそんなもんだろうと思っていましたが、現実は、陰嚢に痛みが出たり、手術のミスか何かで、陰嚢を動かす筋が使えなくなったり…日常生活にも支障をきたすほど主人にとって辛かったようです。 趣味のスポーツも1ヶ月経ってやっと再開できるようになりました。 痛みは大分引いてきたように思いますが、やっぱり時々痛そうにしていますし、陰嚢を動かす事は出来ないようです。 そして、新たな場所に痛みが出てきたりと、術後1度も夫婦生活は取れていません… 私は手術は失敗だったんだなぁ、主人に痛い思いをさせて申し訳ないなぁと落ち込みました。 ですが、術後1ヶ月の精液検査を受けたところ全ての項目が改善されました。 形態率だけは基準値に満たしませんが、他の項目は全ての軽く基準値を超える数値が出ました。 今後、数値がどのように変化していくかは分からないですが、受けて良かったのかも?と少しだけ期待も出来るようになりました。 ただ、主人の身体が以前と全く同じではなくなってしまったのも事実で、少なからず家の主人には後遺症が残っています。 今後、改善されていく事を願うばかりです。 ネットで探す限り、こんな症状になった人は居なかったので、稀なパターンかも知れませんが…参考になればと思います!.

次の

精索静脈瘤治療の費用は手術代だけじゃない!?【男性不妊のお金の話】

精 索 静脈 瘤 手術

近年顕著に注目されてきた精索静脈瘤とは? 下肢にできる下肢静脈瘤はよく知られていますが、基本的にはこれと同じ病態で、静脈の弁の機能異常により、陰嚢の静脈に血液が鬱滞します。 精索静脈瘤は男性不妊の原因の代表格ですが、当の本人が治療の機会に遭遇することは稀で、一般にもあまり周知されていません。 しかし精索静脈瘤がもたらす不妊へのインパクトは大きく、治療の意義が昨今顕著に注目されています。 精索静脈瘤の歴史 一方で精索静脈瘤の歴史は古く、その記録はルネサンス時代に遡ります。 不妊カップルの男性の陰嚢には憂鬱な血液が溜まっていると記載されています。 また、精索静脈瘤手術が世界で初めて報告されたのは文献上1885 年です。 当時は開腹手術でした。 その後腹腔鏡手術が登場しましたが、侵襲の大きさと合併症が課題でした。 現在では日帰りでできる顕微鏡下低位結紮術が低侵襲で再発率が低く合併症が少ない最も優れた術式として認められています。 そして精索静脈瘤手術は不妊治療における対コスト効果が高く、一方で精索静脈瘤を放置して顕微授精などの高度生殖医療を行う非効率性も指摘されるようになりました。 人工授精や体外受精が始まる前から存在した精索静脈瘤手術 人工授精や体外受精が行われるようになる前から存在した精索静脈瘤手術ですが、特に顕微授精が登場して下火になってしまいました。 その理由は当時の精索静脈瘤手術は開腹手術に加えて、精巣動脈やリンパ管を犠牲にせざるを得ない高位結紮術で、その臨床効果を得るためには半年ほどの期間が必要とされたこと、一方で人工授精や体外受精は次の排卵周期で治療ができ、しかも卵巣刺激法及び排卵誘発法などの進歩により、過排卵を起こすことができ、顕微授精をすれば精子が少なくてもすぐに妊娠させられると期待されたことです。 さらに不妊治療をされるカップルの高齢化が進み、不妊治療で一日も早い妊娠を望むカップルにとって、男性側の治療はさておき、一早く効果が得られそうな治療法である顕微授精が選択されることになったのです。 精索静脈瘤手術が再び脚光を浴びている4つの理由 しかし顕微授精が登場して20年を経て、未治療の男性因子に対する顕微授精の治療効果は女性の高齢化と相まって非常に厳しいことが今日判明しました。 一方で顕微鏡下低位結紮術の自然妊娠率をはじめとした優れた臨床成績が世界中から報告され、さらに科学的な根拠も積みかさなり、再び精索静脈瘤が見直されるようになったのです。 昨今精索静脈瘤手術が再び脚光を浴びてきた理由を整理すると以下となります。 1) 顕微鏡下低位結紮術によって精索静脈瘤手術の侵襲が激減し、日帰り手術が可能となったこと。 2) 昨今の科学的研究から精索静脈瘤が精子のDNA損傷を起こし、精索静脈瘤を放置すると造精機能がだんだん悪化していくことが明らかとなってきたこと。 3) 人工授精と体外受精を併用する場合にもあらかじめ精索静脈瘤を治すことによって妊娠率の上昇と妊娠までの治療回数の減少による医療コストの削減に貢献をしうることがわかってきたこと。 4) 精液所見が不良で顕微授精が必要とされたケースでも、精索静脈瘤手術により自然妊娠や人工授精へのステップダウンが可能となること。 さてこの精索静脈瘤手術ですが、現在では低位結紮術の他に高位結紮術に相当する腹腔鏡手術も施設によってはいまだに行われています。 そこでこれらの術式について詳しく解説いたしましょう。 精索静脈瘤手術の詳細 精索静脈瘤手術は大きく高位結紮術と低位結紮術に分類されます。 高位結紮術はさらに開腹手術と腹腔鏡手術に分類されます。 高位と低位は手術操作部位が内鼠径輪という部位から上か下かという基準で決まります。 言い換えれば高位はお腹の中で低位はお腹の外での手術ということになります。 また高位結紮術のうち開腹手術は腹膜(腹部臓器を包んでいる膜)外手術ですが、腹腔鏡手術は腹膜内手術となります。 したがって最も侵襲が大きいのは腹腔鏡手術です。 それは経腹手術であることと炭酸ガスによる気腹(お腹の中を炭酸ガスで満たして膨らますこと)が必要になるためです。 精索静脈瘤に対する腹腔鏡手術で腸管損傷や後出血で開腹手術や輸血が必要になったという事実は稀ですが存在しますし、手術説明書には合併症として必ず記載されています。 また腹腔鏡手術では入院管理と全身麻酔が必要となります。 全身麻酔の際には長時間絶飲食となり、気管内挿管や尿道カテーテル留置などが必要となります。 そして開腹手術にせよ腹腔鏡手術にせよ、温存できる動脈とリンパ管は犠牲にせざるを得ず、無理に残そうとすると再発の原因となります。 顕微鏡下低位結紮術とは? 一方で顕微鏡下低位結紮術では熟練した術者が執刀すれば、ほぼ100%動脈とリンパ管を温存でき、また再発リスクも合併症発生率も極めて低くなります。 その一方で十分なトレーニングと経験の不足が原因で細い静脈を1本でも取り残すと、いずれ発達して精索静脈瘤の再発を起こすことになります。 特に精巣動脈に癒着した細静脈や動脈壁内に発達した細静脈などの処理を動脈損傷を起こさないで確実に処理する技術は相当な経験を積まないと習得できません。 また再発してしまった場合は癒着のため再手術は極めて困難となることから、手抜きが一切許されない手術であるとも言えます。 しかし本術式を年間数例程度しか行っていないのに、不完全な手術が実施され、再発してしまっているケースが後を絶ちません。 顕微鏡下低位結紮術は国内では手術費用と前後の診療費の総額で20万円から50万円で実施されています。 また本来外来手術(日帰り手術)でできる手術であるにもかかわらず、全身麻酔にして数日入院させて行っている施設も少なくありません。 私費で行う場合治療費は体外受精と異なり一部の自治体を除いて助成金の支給対象とはなっておりません。 しかし顕微授精の採卵周期1回あたりの妊娠率が5. 7%、精索静脈瘤の術後の自然妊娠率が40〜70%となっていること、そして精索静脈瘤根治後は複数の自然妊娠が可能になってくるのに対して、体外受精で凍結胚がなくなったら再度一から開始しなければいけないことを考慮すると、夫の協力が得られるのであれば、精索静脈瘤手術を顕微授精に先行された方が得策でしょう。 また精索静脈瘤放置による精子DNA損傷は顕微授精した後の胚発生不良の原因となり、未治療のまま顕微授精で仮に妊娠できてもその後の不妊治療は女性の高齢化と精索静脈瘤のさらなる悪化が相まってより困難になることが予想されます。 そして女性年齢が比較的高い場合でも現在の年齢で卵巣年齢に問題なく、特に自然妊娠歴がある方であれば自然妊娠の可能性はあります。 自然妊娠のメリットはコストにとどまらず、不妊治療のストレスが激減するメリットがあります。 一方で繰り返される体外受精がもたらすストレスは不妊治療で最大の障害となり、治療成績に影響するだけではなく、お二人の生活の質を著しく低下させます。 精索静脈瘤と自然妊娠における課題 今後の課題は精索静脈瘤への関心を高め、遅れがちな精索静脈瘤の診断と治療の機会をできるだけ早期にすることで、そのためには社会啓発と啓蒙に加えて、術者の育成、男性不妊治療施設の確保、医療費助成などいろいろな課題をクリアしていく必要があります。 また高度生殖医療施設での精索静脈瘤手術枠は極端に少ないことが一般的であるため、どうしても顕微授精などの高度生殖医療に偏りがちになります。 さらに非常勤医による手術では術後十分なフォローができているとは言い難く、先々まで責任をもった診療は難しくなります。 したがって自然妊娠を目標にするためには手術後も手厚いフォローが可能な男性不妊専門施設で手術を受けることが望ましいと言えます。 そして難易度が高い顕微鏡下低位結紮術を安全に受けるにあたっては執刀医だけでなく熟練したスタッフが勤務する、年間手術実績数が充分な施設(目安としては年間100例以上)で受けることが望ましいでしょう。

次の