生ごみ処理機 選び方。 生ごみ処理機を買うなら助成制度を活用しよう。具体的な助成例と賢い選び方

生ごみ処理機を使ってみよう 松山市公式ホームページ PCサイト

生ごみ処理機 選び方

キッチン下の収納スペースに入る小型なタイプもあるので、見えない所に置きたい方におすすめです。 室内に置けば、時間を気にせず生ゴミを処理できます。 室内で生ゴミの処理機を使う場合は、脱臭能力の高いタイプを選ぶ必要があります。 処理中や処理後に臭いが漏れてきたのでは意味がないですからね。 屋外に置く場合 室内に置き場所がなかったり臭いが気になる方は、屋外に設置できる生ゴミ処理機を選びましょう。 屋外設置タイプは室内用に比べてサイズが大きく、処理できる生ゴミの量も多いのが特徴です。 ですが、臭いが出やすいと言ったデメリットもありますので、ご近所の迷惑にならない場所に設置したりすることが大切です。 雨風が当たるところに設置すると故障の原因になるため、屋根のある所などに設置することをおすすめします。 バイオ式 バイオ式の生ゴミ処理機は、微生物の力を利用して生ゴミを水と炭酸ガスに分解します。 バイオ式で処理した生ゴミは堆肥として再利用ができるので、家庭菜園やガーデニングを楽しんでいる方におすすめです。 バイオ式は音が静かで、夜間でも近所の迷惑にもならず使用できることがメリットの一つです。 ですが、バイオ式は屋外に設置するタイプが多く、毎回台所から屋外に生ゴミを捨てに行くのが面倒に感じることもあります。 また、バイオ式は臭いが出やすいといったデメリットもありますので臭い対策も必要となります。 さらに、大量の生ゴミを処理できる大型タイプの物を設置する場合は、スペースの確保も必要となります。 乾燥式 乾燥式は生ゴミに熱や温風をを加えて水分を飛ばし、生ゴミを乾燥させるのタイプです。 一般的に家電店などで売られている生ゴミ処理機は乾燥式がほとんどです。 台所など屋内に置けるコンパクトなタイプが多いのが特徴です。 乾燥式は価格も比較的安価で、費用的にも取り入れやすいのがメリットです。 ただ、密閉度の高い製品を選ばないと処理中の臭いが漏れてくる場合があるので、臭いについては慎重に選ぶ必要があります。 また、製品によっては毎回の利用後すぐに生ゴミを取り出して容器を洗わなければならない物もあるのでチェックが必要です。 処理中の音はバイオ式に比べると大きいうえに、生ゴミの処理に6時間~8時間以上かかるタイプが多いので、処理時間についても考慮して選びましょう。 ハイブリット式 ハイブリッド式は、バイオ式と乾燥式の長所を併せ持ったタイプです。 生ゴミを乾燥させながら、微生物により分解処理を行うため、処理中の音は小さいです。 さらに、脱臭装置が優れているので臭いが気にならず、室内でも快適に利用できます。 その都度、容器を洗ったり、処理後の確認なども必要がないので手間がかかりません。 処理後は、有機堆肥としてすぐに活用できるのもおおきな魅力です。 ただ、ハイブリッド式はサイズが比較的大きく値段も高いので、設置スペースと予算を併せて考える必要があります。 電気代で選ぶ 電気を使うタイプの生ゴミ処理機は 、月に1,000円近い電気代が必要になります。 購入後に電気代でビックリしないよう、生ゴミ処理機を選ぶ際には機能だけでなく 消費電力もチェックしておきましょう。 乾燥式などは比較的消費電力が多いタイプとなります。 (ヘアドライヤーと同じ感じですね) ハイブリット式は省エネタイプとなっていますので電気代は少なくて済みます。 生ゴミ処理機おすすめ10選! 生ゴミ処理機はいろんな線品が販売されています。 今回はその中でも、家庭で使う事を考えたおすすめを紹介します。 大手リサイクル会社が、家庭用に開発した生ゴミ処理機。 温風乾燥により、生ゴミを約80%まで減量します。 乾燥は、通常モード3種類と、さらにしっかり乾燥できる「パリパリモード」4種類の合計7種類から選べます。 活性炭を使った脱臭フィルターが、処理中の臭いをしっかりカット。 静音性にも優れているので、夜間の使用でも気になりません。 付属のバスケットを三角コーナー代わりにシンクに設置し、溜まった生ゴミをそのまま本体に移すだけの手軽さも魅力。 生ゴミの分別が不要なため、硬い骨や爪楊枝などが混ざっていても、そのまま処理できます。 消費電力は120Wで、電気代を抑えたい方にもおすすめの1台です。 サイズは直径21. 3cmで、卓上にも置けるコンパクトサイズ。 温風だけで乾燥させる構造のため、運転音が36dBと非常に静かで快適に使用できます。 専用のバスケットを三角コーナー変わりにシンクに設置した後、そのまま本体を処理容器にセットできるので、手を汚す心配もありません。 独自の脱臭ユニットを採用し、活性炭フィルターで臭いをしっかり抑えます。 分別不要のため、爪楊枝やスプーンなどが入っていても処理可能。 リーズナブルな価格で、手軽に利用したい方にもおすすめです。 価格 21,000円 処理方法 乾燥式 処理容量 幅21. バイオの力で簡単に生ごみ処理。 1日で、三角コーナー1配分 約700g を分解し、10分の1以下に減量。 好気性微生物が働き、分解が早く、使いましができて経済的。 好気性で働く菌と通性嫌気で働く菌が状況に応じて、酵素を作り出し、有機物を分解します。 チップ材の交換は4~5ヶ月に一回行い、処理機内の半量を入れ替えます。 取り出した半量は、次回の交換時に処理機内に戻して、再利用が可能です。 基本セットと交換チップで再利用していくと、約2年間ごと、使用いただけます。 価格 19,800円 処理方法 バイオ式 処理容量 約700g サイズ 幅42. 8cm 電力 0W (手動) 一般家庭で使いやすい15Lサイズの生ゴミ処理機。 直径約31. 4cmで、屋外だけでなく、キッチンやベランダに置いても邪魔になりません。 電気を使わないバイオ式で、専用処理剤である「EMボカシ」の購入が別途必要です。 処理後の生ゴミは液肥や堆肥としてリサイクル可能。 目安は夏場で約10~15日、冬場で約15~20日と、比較的短い期間で作れます。 分離液は、下部に設置の抜き取りコックをひねるだけなので簡単。 液体肥料や消臭・浄化液として活用できます。 使い勝手のよいバイオ式生ゴミ処理機を探している方におすすめです。 価格 2,006円 処理方法 バイオ式 処理容量 約15L サイズ 幅31. 4cm 電力 - 電気を使わず、バイオの力で生ゴミを簡単に処理できるエコ仕様。 同メーカーから発売されている「EMボカシ」で発酵させ、有機肥料として再利用できます。 広い間口で生ゴミを入れやすく、発酵後の抽出液は下部の蛇口から取り出せてスムーズ。 蓋は密閉性の高いポリエチレン製で、室内でも臭いが気になりません。 さらに、柔らかいので開け閉めしやすいのも魅力。 生ゴミ処理機にはめずらしいピンクカラーで、かわいい印象です。 上部には大きなハンドルがあり、持ち運びやすく便利。 2人でも持てるため、屋外の家庭菜園などへ簡単に移動できます。 リーズナブルでエコな1台を探している方におすすめです。

次の

家庭用生ごみ処理機を賢く使って!イヤな臭いとおさらばしましょう!

生ごみ処理機 選び方

【臭いにさよなら】生ごみ処理機のおすすめ人気ランキング10選 生ごみ処理機とは、家庭で出た生ごみなどの有機物を処理するためのものです。 例えば、 バイオ式・乾燥式・ハイブリット式があります。 ただし、食品以外のものや、貝穀類・牛豚などの大きな骨類・硬い種子など 一部分解できないものもあります。 そして、家電製品として人気となった背景には、日々集積されるごみの総量の増加が社会問題として取り沙汰されたこと、その上、近年の エコロジーへの関心の高まりにあるようです。 そこで、生ごみ処理機の選び方に加えて生ごみ処理機のおすすめ人気ランキングをご紹介して行きたいと思います。 そこで、生ごみ処理機の選び方に加えて生ごみ処理機のおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。 生ゴミ処理機といえば、決して安いものではありません。 そこで、ごみの減量化や資源化を促進していくため、種類にかかわらず家庭用電気生ごみ処理機を購入する場合にお住いの地域の自治体から 助成金が出る場合があります。 その上、助成金額の設定は各自治体により様々です。 一律性のところ、上限が決められているところがあります。 中には、 助成金額の上限が20,000~30,000円という自治体もあります。 つまり、これだけの補助があれば高性能なハイブリット式やバイオ式・乾燥式両方の購入を検討することもできます。 なお、複数基を購入するというのは稀なケースだと思われます。 ただし、助成金の対象となるのが1世帯につき何基までなのか、購入時点でお住まいの自治体が 助成金の対象になっているのかどうか市役所などの窓口で確認してみる必要があるかもしれません。 微生物の力を借りて生ごみを分解できることがバイオ式生ごみ処理機の特徴です。 そして、本体購入時にバイオ基材(微生物の入ったおがくずのようなもの)が付属品としてついてきます。 そのため、 分解物は堆肥として活用することができます。 なので、家庭菜園やガーデニングの趣味をお持ちの方にはおすすめです。 また、バイオ式には手軽に始められるバケツタイプのものや手動タイプなど電源を必要としない商品もあります。 なお、 バイオ基材はおおよそ6ヶ月を目処に交換が必要となります。 低臭タイプの商品もありますが、バイオ式の処理機からは独特の発酵臭のような匂いがする場合があるため、 基本的に屋外に設置することが前提となります。 その上、屋外に電源と直接雨などが当たらないスペースを確保する必要があります。 つまり、マンションなどの集合住宅には向かない商品です。 その上、本体のサイズも大きく、価格帯も高いというデメリットがあります。 生ごみに温風や熱を加えながら撹拌しカラカラに乾燥させることが乾燥式生ごみ処理機の特徴です。 しかし、決して安くはありませんが、手を出しやすい価格帯の商品も多くあります。 そして、現在家庭用として多く普及している商品は乾燥式処理機が中心となっています。 また、生ごみの80%は水分と言われています。 その上、何よりごみ捨てが格段に楽になります。 そして、少量であれば短時間で処理することができ、脱臭機能に優れた商品も多く室内で使用するにはおすすめの商品です。 ですが、稼働中に焦げ臭いような臭いが漂う場合があったり、処理する生ごみの量が多ければその分稼働時間が長くなるため 電気代がかかります。 その上、処理後の生ごみを取り出し容器を洗う必要がある商品もあるというデメリットがあります。 生ごみを本体に投入後、送風により乾燥させながらバイオ式と同様に微生物による分解を行い処理することがハイブリット式処理機の特徴です。 なお、乾燥させながら分解を行うためバイオ式に比べると臭いも少なく、乾燥式よりも稼働音が小さく静かなものが多いことも特徴です。 そのため、サイズは大きいですが室内で使用することも可能です。 また、 出るごみの量が少なく処理の手間がとても楽で、商品によってはごみの取り出しが半年~1年に1度でいいものもあります。 価格はかなり高価ですが、初期コストを考えず 性能のみで購入したいという方にはおすすめの商品です。 ですが、 いいとこどりなぶん価格帯はかなり高価なモデルが多くなっています。 また、ハイブリット式処理機は販売されている商品ラインナップが少なく選択の自由がないとうデメリットがあります。 気になる生ごみ処理機が見つかった方もいれば、まだお気に入りが見つかっていない方もいると思うので、ご参考までにamazon、Yahooショッピングなどの 通販での生ごみ処理機の売れ筋ランキングをご紹介させていただきたいと思います。 まとめ 生ごみ処理機の選び方やおすすめ人気ランキングなどをご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか? ここでご紹介させていただいた生ごみ処理機以外にも多くの商品があるのでお気に入りの生ごみ処理機があるのか探してみるようにしましょう。 キッチンのおすすめ記事.

次の

家庭用生ごみ処理機を賢く使って!イヤな臭いとおさらばしましょう!

生ごみ処理機 選び方

生ごみ処理機とは、コンポストやディスポーザーなどとも混同されていたり、「よくわからない」と困っていませんか? 生ゴミ処理機とは生ゴミを処理する機械です。 生ゴミ処理機は、家事を軽減し、生ゴミのニオイを処理してくれるとっても便利な家電製品として根深いファンも多いです。 そこでこの記事では、生ゴミ処理機とは?どういうものなのかについて知りたい人に向けて、生ゴミ処理機を理解するために必要な情報を紹介していきます。 [目次]• 生ごみ処理機とは? 生ごみ処理機とは、生ゴミを微生物で分解したり、熱で乾燥させて処理することで、減量化したり、ニオイを軽減する電動式の家電製品を指します。 広義ではコンポストやディスポーザーなども生ゴミ処理機と捉えられている場合もあります。 生ごみ処理機の種類は5つ 生ごみ処理機はバイオ式、ハイブリッド式、乾燥式と3つの種類に分けることができますが、今回はその他のコンポストやディスポーザーとの違いも合わせて紹介していきましょう。 種類 特徴 生ごみ処理機 電動式 乾燥式 生ゴミに熱を加え乾燥処理する バイオ式 微生物が生ゴミを分解し消滅させる ハイブリッド式 生ゴミを乾燥させながら微生物が分解する コンポスト 手動 土壌の微生物を利用して生ゴミを堆肥化する 手動で定期的にかき混ぜる必要がある ディスポーザー キッチンのシンクに取り付け、粉砕後に下水に流す 2. バイオ式の生ゴミ処理機の特徴[メリット・デメリット] バイオ式の生ごみ処理機の特徴とメリットデメリットについて紹介します バイオ式生ごみ処理機の特徴 バイオ式の生ごみ処理機の特徴を下記の表にまとめました。 バイオ式の生ゴミ処理機は室外にしか置くことができないので、屋外に設置でき、堆肥を利用したいという人におすすめです。 逆に室内に設置したい人や、堆肥の利用予定がない人にはおすすめできません。 バイオ式生ごみ処理機のメリット バイオ式のメリットは…• 電気代が安め• 乾燥式に比べて長持ちする• 良質な堆肥ができる• 生ゴミを投入したらそのままで済む 取り出す頻度は少なくて済む• 音が静か バイオ式生ごみ処理機のデメリット バイオ式のデメリットは…• 価格が高い• サイズが大きい• 臭いが出やすい• 室外にしか置くことができない 3. 乾燥式の生ゴミ処理機の特徴[メリット・デメリット] 乾燥式生ごみ処理機の特徴とメリットデメリットについて紹介します 乾燥式生ごみ処理機の特徴 乾燥式生ごみ処理機の特徴を下記の表にまとめました。 乾燥式生ゴミ処理機は室内用で、価格も高すぎないので、無難なものを使いたい人におすすめです。 乾燥式生ごみ処理機のメリット 乾燥式生ごみ処理機のメリットは…• サイズは小さめ• 価格が高すぎない サイズは大きすぎず、価格もそこそこなので買いやすいですが、必ずデメリットも理解した上で決めましょう。 乾燥式生ごみ処理機のデメリット 乾燥式のデメリットは…• 電気代が高い• 音が大きい• 臭いが出る• お手入れの手間がある 必ずデメリットを理解した上で、購入しましょう。 ハイブリッド式の生ゴミ処理機の特徴[メリット・デメリット] ハイブリッド式生ごみ処理機の特徴とメリットデメリットについて紹介します ハイブリッド式生ごみ処理機の特徴 ハイブリッド式生ごみ処理機の特徴を下記の表にまとめました。 ハイブリッド式生ゴミ処理機は、他の種類に比べ価格は高く、サイズは大きめですが、ニオイはなく、お手入れの頻度が少ないので、少しでも快適なものを使いたい人におすすめです。 雨晒しでなければ屋外にも置くことができるので、バイオ式を検討している人にも、ハイブリッド式の方がおすすめです。 ハイブリッド式生ごみ処理機のメリット ハイブリッド式生ごみ処理機のメリットは…• 臭いがない• お手入れが簡単• 電気代が安い• 音が静か ハイブリッド式の生ごみ処理機は、手軽さと快適さでは間違いなくNo1です。 ハイブリッド式生ごみ処理機のデメリット ハイブリッド式のデメリットは…• サイズが大きめ• 価格が高い 5. コンポストの特徴[メリット・デメリット] コンポストの特徴とメリットデメリットについて紹介します。 コンポストの特徴 コンポストの特徴を下記の表にまとめました。 コンポストは定期的にかき混ぜる必要があります。 もしお手入れを怠ると、虫が湧いたり、臭いが出たりと不便です。 しかし、価格は安く、電気も使わないので、エコに堆肥を作りたい人におすすめです。 特徴 処理方式 土壌の菌で堆肥化 価格帯 2,000円〜20,000円 サイズ 小さい 電気代 なし 音 なし 臭い 生ゴミ臭・発酵臭 虫の発生 お手入れの手間 毎日かき混ぜる 設置場所 屋外専用 庭・花壇・畑 コンポストのメリット・デメリット コンポストのメリットとデメリットについて紹介していきます。 コンポストのメリット コンポストのメリットは…• 電気代がかからない• 価格が安い• 優良な堆肥ができる コンポストのデメリット コンポストのデメリットは…• お手入れが大変• 生ゴミを貯めておき外に捨てに行く必要がある• 臭いや虫の発生に繋がりやすい 6. ディスポーザーの特徴[メリット・デメリット] ディスポーザーの特徴とメリットデメリットについて紹介します ディスポーザーの特徴 ディスポーザーの特徴を下記の表にまとめました。 ディスポーザーは便利であることは間違いないですが、初期費用が高く、定期的なメンテナンスも必要です。 また、自治体などの規制もあり実際には取り付けられない場合も多いですので、まずは設置ができるのか、自治体に確認しましょう。 ディスポーザーのメリット ディスポーザーのメリットは…• 臭いが出ない• 手間がかからない• スペースを取らない ディスポーザーのデメリット ディスポーザーのデメリットは…• 価格が高い• そもそも設置できない可能性がある• メンテナンス費が高い 7. 生ごみ処理機の選び方|3つのポイント 生ごみ処理機は、いくつか種類がありますが、下記の3つのポイントは、ぜひ購入前に様々な媒体をチェックしておくことをおすすめします。 具体的にどういう点をチェックすべきなのか、その3つのポイントについて紹介しています。 ニオイ• お手入れの頻度• 動作音 ニオイ 生ごみ処理機は、生ゴミのニオイをなくす役割も大きいですが、特に乾燥式の生ごみ処理機は、処理中や処理後にニオイが出てしまうものも多いです。 特にニオイに敏感な人はなるべく、「ニオイが出ない」とされている生ごみ処理機を選びましょう。 生ごみ処理機は種類によって下記のような臭いがあります。 処理中に生ごみの臭い 乾燥式• 処理中処理後にコゲたような臭い 乾燥式• 蓋を開けた時の発酵臭 バイオ式・ハイブリッド式 お手入れの頻度 生ごみ処理機は、生ゴミに関して、「ゴミ箱の掃除」「ゴミ出しがラクになる」など、家事を軽減する役割も大きいですが、生ごみ処理機を使うとお手入れに時間がかかってしまうものもあります。 例えば…• 「生ごみ処理機に生ゴミをセットして、処理モードを選択」 乾燥式• 「処理が終わった後に取り出す」 乾燥式• 「容器を洗う」 乾燥式• 「バイオを取り出す」 バイオ式・ハイブリッド式 面倒くさがりの人はなるべくお手入れが面倒でないものを選びましょう。 処理後に中身を取り出す頻度についてですが、下記のように商品によって様々です。 都度取り出す必要があるもの 乾燥式• 1〜2週間に1度で良いもの 乾燥式• 1年に1度で良いもの バイオ式・ハイブリッド式 都度取り出す必要があるものはちょっと面倒に感じてしまうかもしれません。 動作音 生ごみ処理機の中には、「動作音がうるさい」という声もよくあります。 生ゴミ処理機の容器の中をかき混ぜる際に音が出てしまうのです。 音に敏感な人や、リビングで使用する予定の人などは、なるべく動作音が静かなものを選びましょう。 価格は高いですが、ニオイ、お手入れの簡単さ、動作音などのスペックの観点で、生ごみ処理機ナクスル NAXLU がおすすめです。 価格:117,700円• 購入: 「」「」 9. 生ゴミ処理機が普及した背景 日本ではゴミ問題がニュースなどに取り上げられることも多いですが、生ゴミは水分量が多く、運搬や焼却、埋め立てに大きなコストがかかります。 そのため、自治体などが生ごみ処理機の購入に助成金を出し、普及活動を行ったことがきっかけと言われています。 生ごみ処理機は本当にエコ? 電動式の生ごみ処理機で処理をすると電気を使うのになぜエコなのか?と疑問に思っていませんか? その疑問の答えは、生ごみ処理機で使用する電気量よりも、生ゴミの運搬コスト、焼却コスト、埋め立てコストなどの方が大きくなると考えられているためです。 あまり知られていませんが、ゴミを焼却する際に、実は発電も行われています。 しかし、生ゴミの水分が焼却時に温度を下げてしまうことで、焼却効率や、発電効率が落ちてしまうので、生ゴミを家庭で処理することで十分に価値があるのです。 まとめ 生ごみ処理機とは?どういうものなのかについて、処理の方式別に特徴やメリット、デメリットを紹介してきました。 生ごみ処理機とは一般的に、生ゴミを乾燥させたり、微生物で分解することで臭いの軽減や減量する家電製品です。 生ごみ処理機のおすすめは、ハイブリッド式のナクスルですがサイズや価格の点で難しいようであれば、乾燥式の生ゴミ処理機を買うと良いでしょう。

次の