電気 事業 者 による 再生 可能 エネルギー 電気 の 調達 に関する 特別 措置 法。 「「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法施行規則の一部を改正する省令案等」に対する意見」を経済産業省資源エネルギー庁に提出

法令集・契約関係|固定価格買取制度|なっとく!再生可能エネルギー

電気 事業 者 による 再生 可能 エネルギー 電気 の 調達 に関する 特別 措置 法

新着情報一覧• 2020年度 2020. 24 新着情報 ・ ・ 2020. 18 新着情報 ・ 2020. 17 新着情報 ・ 2020. 08 ・ 2020. 01 ・ 2020. 26 ・ 2020. 22 ・ 2020. 18 ・ 2020. 27 ・ 2020. 23 ・ 2020. 22 ・ 2020. 17 ・ 2020. 15 ・ 2020. 08 ・ 2020. 02 ・ 2020. 01 ・ ・ ・ ・ 2019年度 2020. 24 ・ 2020. 23 ・ 2020. 23 ・ 2020. 26 ・ 2020. 17 ・ 2020. 07 ・ 2020. 04 ・ 2020. 20 ・ 2019. 26 ・ 2019. 23 ・ 2019. 19 ・ 2019. 06 ・ 2019. 19 ・ 2019. 05 ・ ・ 2019. 31 ・ 2019. 25 ・ 2019. 11 ・ 2019. 26 ・ 2019. 09 ・ 2019. 23 ・ 2019. 05 ・ ・ 2019. 02 ・ 2019. 03 ・ 2019. 27 ・ 2019. 19 ・ ・ 2019. 17 ・ 2019. 11 ・ 2019. 10 ・ 2019. 05 ・ 2019. 31 ・ 2019. 10 ・ 2019. 18 ・ 2019. 11 ・ 2019. 01 ・ ・.

次の

電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法|条文|法令リード

電気 事業 者 による 再生 可能 エネルギー 電気 の 調達 に関する 特別 措置 法

電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法施行規則(平成24年経済産業省令第46号)の一部改正 第3条 再生可能エネルギー発電設備の区分等 (1)風力発電設備 陸上風力について、出力20kWを境とする区分を廃止することに賛成する。 小型風力については、離島等での活用を視野に、FIT制度以外の研究開発等支援のあり方について検討すべきである。 洋上風力について、着床式と浮体式を区分することは、両者の技術的成熟度等の観点から一定の合理性がある。 今後、未だ実証段階に留まる浮体式風力のコストデータを参照して調達価格を引き上げるようなことがあってはならない。 第5条 認定基準 太陽光以外の電源にも運転開始期限を設定することは、認定量と運転開始量の著しい乖離を避けられるようになると考えられ、賛成する。 一方で、最長で認定取得後8年間にわたって運転開始が猶予されるのは、需要家の視点から見ると非常に長い。 環境アセスの合理化・迅速化を進め、その進捗に応じて運転開始期限も短縮する方向で取り組みを進めていただきたい。 これは、太陽光および入札に移行した区分を除く全電源について、利潤配慮期間(2015年6月まで)の上乗せ分を含むIRRが維持されることを意味する。 言うまでもなく、利潤配慮期間の終了後は、同期間の上乗せ分をIRRから差し引くのが原則である。 特定の電源について特別にIRRを維持すべき具体的根拠が十分に示されない限りは、IRRを引き下げるべきである。 少なくとも、認定容量の増加傾向が明らかな電源について、利潤配慮分を上乗せしたIRRを維持するのは不適切である。 認定済み案件は時を追って運転開始していくことが見込まれるため、運転開始済み容量の増大を待つ必要はない。 併せて、次回以降の調達価格の検討にあたっては、運転開始済み事業者のIRR実績を調査し、調達価格設定時の想定と大きな乖離がある場合には、調達価格の算定方法等を改善すべきである。 なお、太陽光に続いてバイオマスでも大規模な駆け込み認定が発生したことは、今後の制度設計・運用上の教訓とすべきである。 メタン発酵ガス化発電の調達価格の算定根拠である資本費の想定値について、現時点のコストデータは想定値を下回っているものの、立地条件で劣る地域にも立地が進めば「今後必要となる費用が増加する可能性」があるとして調達価格が据え置かれている。 今後必要となる設備・費用が増加する可能性は理解できるものの、2020年度時点の資本費の想定を現時点で据え置く根拠とはいえない。 そもそも現行FIT制度は、あくまでも申請時の買取価格を保証している制度であり、申請前の準備状況を考慮して期日を遅らせる理由がない。 加えて、調達価格等算定委員会は、「平成29年度以降の調達価格等に関する意見」において、小型風力については、「来年度以降、調達価格の見直しについて議論を深めるべき」としていた。 昨年度時点で本年度の価格変更は十分予見可能であったといえる。 本年度申請期限後に調達価格の引き下げが決定されたことは、例外的な経過措置を設ける根拠として不足である。 調達価格等算定委員会の「平成30年度以降の調達価格等に関する意見」にも記載されているように、FIT制度は、需要家の負担により相対的に高い再生可能エネルギーを支援することで導入を促進し、それによって導入コストの低減を実現し、再生可能エネルギーの自立的な導入拡大を図る制度である(p. 23)。 そもそもFIT制度の費用対効果には大いに疑問があるところ、導入量が増えても効果的にコストが下がらないと見通されるのであれば、制度の意義を根本から問い直す必要がある。 入札対象として指定をする再生可能エネルギー発電設備の区分等における入札の実施に関する指針(平成29年度経済産業省告示第63号)の一部改正 第2 入札の実施に関する基本的事項 3.入札量 入札量の設定は、2030年度時点の導入量がエネルギーミックスと整合するよう、十分な計画性を持って行う必要がある。 特に、入札の対象とされている太陽光と一般木材等バイオマスは、いずれも既に認定量が積み上がっていることに十分留意すべきである。 4.供給価格上限額 入札制の導入を国民負担の確実な抑制に繋げる観点から、供給価格上限額については、入札が導入されなかったと仮定した場合に比べて低い価格に設定することを確認すべきである。 すなわち、太陽光については2,000kW未満の事業用太陽光の調達価格以下、バイオマスについては10,000kW未満の一般木材等バイオマスの調達価格以下の範囲で定めることを予め明らかにすべきである。

次の

公布「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法施行規則の一部を改正する省令」等

電気 事業 者 による 再生 可能 エネルギー 電気 の 調達 に関する 特別 措置 法

この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。 また最新の法令改正を反映していない場合があります。 ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。 免責事項もお読みください。 電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法 通称・略称 再生可能エネルギー特別措置法 平成23年8月30日法律第108号 種類 経済法 効力 現行法 主な内容 再生可能エネルギー電気の固定価格買い取り 関連法令 、、、 条文リンク テンプレートを表示 電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(でんきじぎょうしゃによるさいせいかのうエネルギーでんきのちょうたつにかんするとくべつそちほう、平成23年8月30日法律第108号)は、に対して電気のを定めているの。 翌平成24年()7月1日から施行された。 略称は 再生可能エネルギー特別措置法。 再エネ特措法 、 FIT法 とも。 前身の(RPS法、2003年施行)の対象を、再生可能エネルギー全体に拡大し全量買い取りを義務化したものであり、同法は本法施行により廃止された。 目的 [編集 ] 国内外の経済的社会的環境に応じたの安定的かつ適切な供給の確保及び、エネルギーの供給に係るの低減を図る上で、再生可能エネルギー源の利用が重要となっていることを前提としている。 その上で、電気事業者による「再生可能エネルギー電気」の調達に関し、価格、期間等について特別の措置を講ずることにより、エネルギー源としての再生可能エネルギー電気の利用を促進し、もって日本の国際競争力の強化及び産業の振興、地域の活性化その他国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする(第1条)。 内容 [編集 ] 買取義務が生じる事業者 および。 ただし、2017年3月31日までに締結された買取契約の場合は。 買取義務が生じる「再生可能エネルギー電気」 以下に掲げる「再生可能エネルギー源」を変換して得られる電気をいう(第2条)。 (3万kW未満)• (に由来するであってエネルギー源として利用することができるもの(、石油ガス、可燃性及び並びにこれらから製造される製品を除く。 前各号に掲げるもののほか、原油、石油ガス、可燃性天然ガス及び石炭並びにこれらから製造される製品以外のエネルギー源のうち、電気のエネルギー源として永続的に利用することができると認められるものとして政令で定めるもの 調達価格と期間 経済産業大臣は毎年度開始前に、発電設備の区分、設置の形態及び規模ごとに、再生可能エネルギー電気1 kWh 当たりの価格( 調達価格)とその適用期間を定め公表する。 調達価格は資源エネルギー庁に置かれる調達価格等算定委員会が決定し、毎年度開始ごとに(経済産業大臣が必要と認めた場合には半期ごとに、または随時)見直される。 調達期間は供給開始から設備更新までの標準的期間をもって定められる。 2017年の法改正により、入札による調達価格設定が部分的に導入された。 供給の条件 再生可能エネルギー電気を供給しようとする者(特定供給者)は、「再生可能エネルギー発電設備」について設備認定を受けなければならない。 現在のところ、設備認定は各へ行うこととなっている(10kW未満の太陽光発電設備は電子申請可)。 また、特定供給者が電気事業者に再生可能エネルギーの供給を行う時は、個別に「特定契約」を締結することとなっている。 特定契約の主な要件としては、メンテナンス体制の確立、取引用電力量計を取り付け可能な構造であること、コスト(初期費用と運転維持費用)記録を毎年提出すること、太陽光や風力についてはやそれに準ずる認定規格の物を用いることなど。 調達の義務 電気事業者は、特定供給者から再生可能エネルギー電気について「特定契約」の申込みがあったときは、正当な理由がある場合を除き「特定契約」の締結を拒んではならない。 また当該特定供給者が用いる「再生可能エネルギー発電設備」ととを電気的に接続することについても正当な理由がある場合を除き拒んではならない。 電気料金への反映 電気事業者が買取に要した費用について、それぞれの需要家に対して再生可能エネルギー電気の供給の対価に係る負担(賦課金、サーチャージ)を電気料金に上乗せして求めること自体を容認している。 ただし、その負担が電気の使用者に対して過重なものとならないよう、その事業活動の効率化、当該事業活動に係る経費の低減その他必要な措置を講ずるよう努めなければならないと規定している。 また、国はその「対価に係る負担」が適切に反映されるよう、広報活動等を通じて国民に周知を図り、その理解と協力を得るよう努めなければならないとしている。 特例 政令基準で決められた電力以上を多消費する需要家については申請により賦課金が8割減免される。 罰則 電気事業者が正当な理由なく、特定供給者との特定契約の締結や電気的接続を拒否した場合には、百万円以下の罰金に処される(第45条)。 法の見直し 国は、に定めるエネルギー計画が改定されるごとまたは少なくとも3年ごとに、法の施行状況を踏まえ必要な措置を講じる。 また、2021年3月31日までに法律の抜本的な見直しを行う。 制定の背景 [編集 ] 2003年施行の(RPS法)は再生可能エネルギーによる供給力増加に一定の効果を与えたものの、他国と比較してもその普及速度は著しいものではなかった。 より効果の高いの導入を求める意見が強まり、2009年(平成21年)11月から自家用太陽光発電の余剰電力買取制度が始まり、これを再生可能エネルギー全体に広げるものとして策定された。 の以前に発案された時点で、やなどの主要源が抱える価格変動や政情によるリスクを軽減するためのエネルギー安定供給、対策としての排出量削減、世界的に開拓が進んでいる環境産業(再生可能エネルギー特有の導入に伴う産業も含む)の育成という主に3つの目的を掲げている。 震災後、によりの安全性問題が浮上し電力源としての利用が社会的に議論を巻き起こす一方、震災による発電施設被害と原発稼働率低下によりが発生し、エネルギーを取り巻く環境が一変したことを受けて、エネルギー基本計画の変更が行われた場合には制度の再検討を行う(附則第10条)規定を設けている。 電気を大量に使う企業には負担が大きいとの指摘が衆議院で指摘され、賦課金に対する特例(第17条)の追加等の法案修正が行われた。 制度の運用と動向 [編集 ] 附則第7条では、施行から3年間に限定し「調達価格を定めるに当たり、特定供給者が受けるべき利潤に特に配慮する」、つまり先行導入者が高い価格で売電できるように設定することでとし「集中的に再生可能エネルギー電気の利用の拡大を図る」ことを規定している。 1円などとした。 また賦課金は国内一律0. 再生可能エネルギー発電促進賦課金は制度開始から徐々に値上げされ 、2019年5月分から1年間の電気料金に適用されている賦課金は、使用した電気1キロワット時につき2. 95円(一月あたり260kWh使用する一般家庭の場合767円)。 22 0. 35 0. 75 1. 58 2. 25 2. 64 2. 90 2. 95 経緯 [編集 ]• 2011年3月11日:法案が閣議決定。 2011年8月23日:衆議院()で修正案が可決。 2011年8月26日:参議院で可決、成立。 2012年3月19日:費用負担調整機関を指定。 2012年7月1日:法施行。 2013年3月31日:東日本大震災の被災電力事業者への賦課金免除終了• 2017年4月1日:改正法施行。 買取価格決定方式への入札制導入、買取事業者の変更など。 2020年2月25日:抜本見直し法案閣議決定。 構成 [編集 ]• 附則 主務官庁 [編集 ]• 脚注 [編集 ] []• www. meti. 2019年12月8日閲覧。 経済産業省. 2019年12月8日閲覧。 経済産業省、2012年6月18日。 調達価格等算定委員会、2012年4月27日。 - 中国電力• 朝日新聞デジタル. 2019年11月30日閲覧。 xTECH(クロステック), 日経. 日経 xTECH(クロステック). 2019年11月30日閲覧。 日本経済新聞 電子版. 2020年3月25日閲覧。 www. meti. 2020年3月25日閲覧。 www. meti. 2019年12月8日閲覧。 関連項目 [編集 ]• - - -• 低炭素投資促進機構(費用負担調整機関) 外部リンク [編集 ]• - - 資源エネルギー庁 この項目は、分野に関連した 書きかけの項目です。

次の