山中 教授 の 発言。 山中教授「今すぐ始めるべき」批判覚悟のコロナ対策、5つの提言

山中教授 情報発信 理由がヤバい!コロナ抑え込み3つの方法とは?

山中 教授 の 発言

(EPS細胞のほうがまだ受け容れられる) 山中さん自身もそのことはよく承知されており、医療への応用は慎重に進められようとしている。 その点だけでも、彼の人間性を高く評価している。 (私より彼のほうが年下なので...失礼) さて、本題に移る。 関連の投稿をしようと思って、念のため、山中教授のCOVID19情報サイトを訪れたら、4月26日に発信された「東京都のPCR検査陽性率」のデータが間違いだったとの記事が掲載されていた。 (法的には違うが、心情としては、詐欺師より騙されたヒトが悪いと思っている) 次に投稿しようと思っている内容の表題に、「日本の知性が総崩壊?」という文言でも入れようと思っていた。 山中さんのお詫び・訂正を読んで、その必要はないと思った。 その一方、訂正されている内容を読んでみると、山中さんの解釈はまだ少しおかしいように思える。 [引用]及び転載記事を参照していただきたいが、山中さんは、一人の感染者(陽性者)が無事退院を迎えるまで、複数回のPCR検査を受けるので、それを考慮して陽性率を算出しなければならないと書いている。 そして、そのデータの注意書きには、「(退院時の確認検査などは含まれていない)」とある。 しばらく後で、「東京都PCR検査陽性率」の推定値を投稿するつもりです。 「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」より [該当箇所引用] 「図2のようなモデルケースで考察しました。 Aさんが発熱・咳で病院を受診し、医師の判断でPCR検査(保険適用)で陽性になったとします。 この患者さんは入院し、症状は回復しましたが、退院できるのは2回連続でPCRが陰性になってからです(これも保険適用)。 Aさんには家族が3名おられ、保健所の指示で健康安全研究センターで検査を受け、Bさんのみが陽性となり入院したとします。 やはり退院は陰性が2回続いてからです(保険適用)。 残りのCさんとDさんは、健康安全研究センターの検査で陰性だったとします。 しかし、保険適用分の検査については検査件数のみが公表されており、検査人数は公表されていません。 私は、分子の陽性人数からも健康保険適用分は除外されているに違いないと思い込み、この陽性率を紹介しましたが、データを確認すると除外されていないことがわかりました。 ご指摘の通り、厚労省の発表している東京の陽性率は真の値より高くなっていると思われます。 再び、お詫びして訂正いたします。 公表されている検査陽性者数と、保険適用分も入れた検査件数が公表されている4月22日までのデータから、1週間ごとの仮の陽性率を自分で計算してみました 図1)。 仮とする理由はこの後に説明します。 多くの方の外出自粛の効果が出ていると期待したいです。 ただ、厚労省の公表データとは逆に、この仮の陽性率は、真の陽性率より間違いなく小さな値となっています。 検査件数には、同じ人に複数回、検査した件数も含まれているからです。 図2のようなモデルケースで考察しました。 Aさんが発熱・咳で病院を受診し、医師の判断でPCR検査(保険適用)で陽性になったとします。 この患者さんは入院し、症状は回復しましたが、退院できるのは2回連続でPCRが陰性になってからです(これも保険適用)。 Aさんには家族が3名おられ、保健所の指示で健康安全研究センターで検査を受け、Bさんのみが陽性となり入院したとします。 やはり退院は陰性が2回続いてからです(保険適用)。 残りのCさんとDさんは、健康安全研究センターの検査で陰性だったとします。 しかし、保険適用分の検査については検査件数のみが公表されており、検査人数は公表されていません。 PCR検査は、新たな感染者を同定する検査と、感染した人の陰性化を調べるための検査の2種類があります。 感染者が増加するに従い、後者の検査が増えていることが予想されます。 真の陽性率を知るためには、新たな感染者を同定するための検査がどれくらい行われているかを知る必要があります。 厚労省の発表している都道府県別PCR検査に関するデータから4月24日から27日まで4日間の東京での陽性率を計算してみると、28. 一方、大阪府での4月24日から27日までの陽性率を厚生省のデータから計算すると10. 大阪では保険適用の有無は区別していないようです。 また重複した検査は除外しているとされています。 山中氏のミスなど誤差程度の物。 些細な問題。 東京の陽性率が先進国の中では異常に高いことに変わりはなく、 その数字が本当の値からちょっとずれている、というだけです。 「厚労省のデータでは1月15日から4月21日までの検査数は8435件、 そのうち陽性者数は3320件。 陽性率は約4割に上る。 」 この検査数の8435件は、 民間による件数を含んだ値なのか含んでいない値なのか、 同一人物を2回検査したときに1件と数えた値なのか2件と数えた値なのか、 わざと曖昧にして報道させてるから、必要最低限のことをわざと曖昧に報道させてるから、 この数字がどういう数字なのか、わけわからなくなってるのです。 この機会に 「山中氏の出す陽性率が間違いだというのなら、政府が本当の陽性率を発表しろ! 陽性率を隠蔽するな!」 と、みんなで抗議しようではないですか! 3. <ハシシタを出し始めてる大阪の日テレ(ゴミ売り)もだ。 閣僚は貰わないで貰う名アピールは良く ない!の玉木は的外れと、またまた暴言。 自殺率世界第三位の「貧困シングルマザーでも貧困女子」でも、職種によっては収入は 変わらないべ。 *:マンションの通い管理人。 休めないべ。 給与は減らない。 *:高齢施設の給食のおばちゃん。 休めないべ。 収入は減らない。 *:派遣の貧困女子も、コールセンターなどは休めないべ。 収入は減らない。 *:ワーキングプアの行政書士や会計士も休めないべ。 収入は減らない。 *:ビルの警備員も休めないべ。 収入は減らない。 *:国民年金だけや極少年金生活者も収入は減らない。 *:収入が増えても借金の返済で追われてる人間は10万円返せってかぁ。 *:3か月間おきに前の3か月間分が入金される商売だと、今現在の売り上げが激減 でも、今手にする収入が変わらないんべ。 *:企業によっては自宅待機でも給与を払ってるところもあるが、3か月間だけで、 その後はゼロ又は、解雇・・・の予定の人も今は収入減にならないべ。 4か月後のために10万円貰っても返せってかぁ。 そのためには法律を犯しても正義になる。 】 弁護士のくせに893の顧問弁護士だから、法律を犯しても正義。 出版本の一節。 在日893・2世だから、何かにつけて単細胞で問題児だぁ。 EUや米国でこんな間抜けを叫んでしまったら、ボコボコにされてるさぁ。 【 マスクとアルコールだけで、2年間分も購入すると10万円なんて消えるべ!! 】 あの人たちは、ネットも出来ないべ。 高いマスクを買わされてるんべ。 しかも、コロナ過ぎの世界は、インフレになるので、 消費税「率」 は同じでも 消費税「額」 が増えて、10万円などすぐ消えるべ。 893の税金逃れに手助けをしてる奴が、もうTVで腐った発言しなくていいさぁ。 ・・・ 8. : : [61] ・・ 因みに、東京だとパチンコ屋の一か月の家賃が400万円はざらだぁ。 在日893・2世のハシシタ君。 潰して、依存症の治療費に充てるとか、経営者には廃業手当を支払うとか して、ギャンブル依存症を減らしましょうとは言えないハシシタ。 ハシシタ。 商業活動開始でも、海外では、3席に1席に座って、3割の定員以内に収めてる。 全世界でここまでバカ丸出し発言をするのは、ハシシタだけだなぁ。 (棄民党に頼まれて出演してるんだろう。 893にも頼まれてるけどね。 ) ・・・ 10. : : [2582] ・ 日本人は甘い。 この秋から冬に新型コロナは猛威を振るうだろう。 専門家が口を酸っぱくなるほど異口同音に発言してる。 じきに、中国製の衣料輸入も少なくなり、高額な国産衣料(3〜5倍以上)に変わる? 食品の材料も、中国やタイやベトナムからだけど、中国が一帯一路加盟国に送り出す と、日本に来なくなるさ。 梅干しも、梅が99%が中国産だし。 味の素の加工品材料の輸入が減るだろう。 (南米からも減少するべ!) 菓子メーカーもどこでも。 山中さんは今頑張ればって言ってるが、予想以上に厳しくなるかもしれない。 一年間では無理な筈だべ。 東南アジアや南米からの食材や衣料が減少すると、コロナ同様に厳しい現実に直面する。 米国が2022年までコロナ騒ぎは収まらない・・と公表し続けてるんだから、山中さ んも、もう少し厳しめに励ました方が良いんじゃないんだべかぁ。 ・・・ 12. 」 B(これは、退院条件の検査を分母にしているが、その検査は除外されているので、誤りというか、意味のない計算) 上のA,Bはあっしら氏の投稿文からとったものであり、Aはあっしら氏が引用した山中教授の言説。 BはAに対する投稿者あっしら氏の見解。 山中教授は、いま使える公表データから導き出せる陽性率の「下限」として、「仮の陽性率」を定義づけている。 これは下の引用の説明から読み取れる。 また、同じく「上限」は、厚生省の発表しているものとしていることがわかる。 この方法によって、山中教授は「真の陽性率」は、これら下限と上限の間にある数値だろう、と推論したということである。 したがってこの数値は、あっしら氏が言うような B(これは、退院条件の検査を分母にしているが、その検査は除外されているので、誤りというか、意味のない計算) という無雑作で無意味な算定でも数値でもない。 「しかし、保険適用分の検査については検査件数のみが公表されており、検査人数は公表されていません。 」(山中教授) 当方には、いまある公表データをもとに「真の陽性率」に近いものを推定していく方法として、学術的にも容認される至極まっとうな方法に思えるのだが。 : : [13] ジャマ中先生は幹細胞の専門家だ。 そういう方が専門外のことに口を出される勇気にまず感謝申し上げたい。 ワタチなどは陽性率というのは単純に考えていた。 検査数してその検査に対して陰性と陽性が出る。 例えば100人検査して40人が陽性,陰性が60人なら陽性率は40%だ。 この解釈で間違いなら,東京都や厚労省が考える計算式を示せ。 東京都は検査総数を示さないで新規感染者数が47人などと公表している。 検査数が1500人なのか150人なのか分からない。 しかも都の保健所は土・日は休みだ。 だから感染者数は0人だ。 それが31人とあるとした場合,民間が検査したと考えて悪いことはない。 悪いんだったらその理由をお示しいただきたい。 庶民はそんな複雑な計算式は期待していない。 : : [730] 次のものは、殆ど知られていないであろう。 医療製薬によって 封印されて来たのだ。 Gaston Naessens は、殆どひとりで Somatoscope を 作ったのだ。 Somatid の成長サイクルを 発見している。 714X という ガンに効く薬を 作っている。 Gaston Naessens ひとりで したのだ。 それに 幾らカネが 掛かったのか。 1000億円は 掛かっていない筈だ。 Somatid が 有るなら STAP が有っても 何の不思議もない。 無いほうが おかしいだろう。 : : [210] Gaston Naessens を採り挙げたのであれば、 Royal Raymond Rife も 採り挙げなければ 片手落ちだ。 Royal Raymond Rife は、1920年頃に 倍率3万倍の 光学顕微鏡を 作っているのだ。 Gaston Naessens のものは、いくつかの単色光及び同一波長の紫外線を得るのに、 Zeeman 効果と Kerr効果 を使っている、一方 Royal Raymond Rife は それを Risley プリズム というものによって している。 Royal Raymond Rife のものは、弾圧され 情報は 海外に 伝わりようが なかった。 従って 両者の 光学顕微鏡は 独立のものだ。 それは次。 『 They had little success at first until Rife accidentally left a tube in the glow 白熱光 of ionizing lamp. He noticed the tube had clouded 試験管は曇った , indicating 🔹activity 🔹 』 こういう事があり得るという事は、糞コロが 5G で 大増殖するという事も あり得るという事だ。 2013年3月下旬に 急に暑くなった日が有った。 その時 、川の土手の雑草から 次から次へと 紋黄蝶が 孵化し 飛び立って行くのが 見られた いも虫を経ずに? )あれは 目の錯覚だったのか。 いずれにせよ、光は 昆虫の成長を早める事は 間違いない。 : : [211].

次の

山中教授 情報発信 理由がヤバい!コロナ抑え込み3つの方法とは?

山中 教授 の 発言

山中教授 情報発信 理由は? 各界で活躍する人たちによるリレーメッセージ「コロナに思う」です。 4回目は、ノーベル賞受賞者の京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥さんです。 自らのホームページで新型コロナウイルスに対する情報発信を始めた山中教授の今の思いです。 ちょうど良い習慣を迎える形となったのですがここにきて京都大の山中教授がインターネットで情報発信を続けている理由が報じられ話題となっています。 それでは、 「山中教授 情報発信 理由」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。 こちらが記事の詳細です。 新型コロナウイルスの感染拡大を抑えようと、京都大の山中伸弥教授がインターネットで情報発信を続けている。 海外発の科学論文や報道に関するまとめ、自らの提言を次々に自身のホームページにアップ。 所長を務めるiPS細胞研究所とは関係なく、あくまで個人の発信という位置付けだ。 感染症や公衆衛生の専門家ではないにもかかわらず積極的に行動している理由は何か。 京都新聞社の取材に山中氏が社会に伝えたい思いを語った。 政府の緊急事態宣言から14日で1週間。 【写真】マスクを何度も使える折り紙式カバーの作り方 -約1カ月前から、ホームページで積極的に情報発信をしている。 どのような思いで始めたのか。 「日本では2月末というかなり早い時期から、政府による休校要請などの対策を打ち出した。 しかし3月中旬になると街に人があふれるようになった。 身近な知人も大規模な集会をしようとした。 これは大変なことになると思い、情報発信を始めた」 -自身は2月末の時点でどのように事態を捉えていたのか。 「1、2週間がヤマ場というのはものすごく誤解されると思った。 緊急事態宣言も1カ月頑張ろうというニュアンスで発信されていると思うが、心配している。 1カ月だけの辛抱だと多くの人が思っている気がする。 僕は専門家ではないが、かなりの確率で1カ月では元通りにならないと確信を持って言える。 継続して我慢していかないと駄目だ。 中国や米国の状況を見ていてもそう思う」 -感染者数の拡大が収まるにはどのようなケースがあり得るか。 山中教授 情報発信 理由!三つしかない? 新型コロナウイルスの感染拡大が広がる中、感染者数の拡大が治るケースはどのような場合か、さらに詳しく見ていきましょう! 「三つしかない。 一つは季節性インフルエンザのように気温などの理由でコロナウイルスが勢いをなくすこと。 だが気温にかかわらず世界中でまん延していることからすれば、そうでない可能性は高い。 そうなると後は二つ。 ほとんどの人が感染して集団免疫という状態になるか、ワクチンや治療薬ができることだ。 ワクチンや治療薬は1年ではできないのではないか。 最低1年は覚悟しないといけない。 ダッシュと思って全力疾走すると、まだ(ウイルスが社会に)残っているのに力尽きることになってしまう」 -覚悟を決めるには専門家からの情報が重要だが、さまざまな意見もある。 例えばPCR検査についてはもっとやるべきという意見があった一方、十分な数を行っているという専門家もいた。 「医療現場の関係者へのPCRが不十分だと言う人は多い。 さまざまな病院で院内感染が起こるようになり、フェイズ(段階)が変わった。 医療現場では徹底的にPCRで調べ、誰が働き続けられてどの病棟を閉めるべきか判断しないといけない。 そのためには医療機関のクラスターをきちっと調べることが必要だが、それができていない。 確かに以前はいろいろな意見があったが、だいぶ一致してきているのではないか」 -とはいえ一般の人々からすれば、専門家が議論する過程をリアルタイムで追うのは難しい。 「なるほど。 それはそうだ」 -専門外の人間がどのように情報を取って、どうやって1年間を頑張ればよいのだろうか。 「僕の方が聞きたい面もある。 情報発信でも試行錯誤を続けている。 正解を知っている訳ではまったくない。 僕も含めてどんなペースで走ったらいいのか分かっていない。 しかし最初が大事。

次の

NEWS ZEROで山中教授が新型コロナウィルスの危険性を発信

山中 教授 の 発言

サイトは「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」()で、13日に開設。 新型コロナをめぐる社会の様々な動きや対策にも言及し、「個人の責任で」独自の分析を交えて解説している。 「甲子園(選抜高校野球大会)中止の本当の理由」と題した項目では、高校生は感染しても大半は風邪程度の症状だと説明。 「中止は周囲の高齢者を守り、感染者が急増して医療や社会が破綻するのを防ぐため。 選手は周囲や社会のために夢を犠牲にしてくれている」と思いやった。 中国の商業施設で発生したクラスター(感染集団)の論文に対しては、「日本での感染防止を考える上で貴重な情報。 潜伏期間も1日から17日と患者によって大きく異なる点にも注意」とコメントした。 山中教授は読売新聞の取材に、「国難とも言える状況を本当に心配している。 医学研究者として、論文などから分かる正しい情報を発信していきたい」と強調した。 あわせて読みたい•

次の