プレステ カラオケ。 「カラオケ@DAM for PlayStation 4」を実際にやってみた感想…自宅に防音がある程度あれば練習には最適

「カラオケ@DAM for PlayStation 4」を実際にやってみた感想…自宅に防音がある程度あれば練習には最適

プレステ カラオケ

Contents• はじめに WiiやPS3などのゲーム機でカラオケソフトを使う際に、自分の声が遅れて聞こえるというトラブルがよくあります。 本記事では、その原因や対策についてまとめています。 (参考:) 遅延が起きる原因 遅延が起きる原因として大きく以下の1から3まで考えられます。 1、2も確実にわずかな遅延を生んでいると思いますが、 一般的には3の液晶テレビの遅延の影響が大きいようで後であげる対策も主に3についてになります。 (1)USBマイク 声がUSBマイクの内部の回路で処理される際に少し遅延が起きる。 ただしここが大きい問題になることは多くなく、カラオケソフトメーカーが公式に奨めているマイクを使っていれば目立った問題は起きないはずです。 ここはカラオケ以外のゲームでも同じ話であり、タイミングがシビアな格闘ゲームなどでは致命的になるところである。 つまりちゃんと格闘ゲームができている以上、回路に根本的な問題はないと仮定でき、ソフトウェアもちゃんと作ってあれば目立った遅延は起きないと期待できる。 ただしここでPS3用のJOYSOUND Diveのソフト固有の話があり、当初のソフトウェアが良くなくてHDMI端子を使って出力していた際に限って目立った遅延があったらしい。 工夫してHDMI端子以外を使うことで回避できるワザもあったようですが、 2012年3月にソフトが更新されたことでこの問題はほぼ解消されているようです。 () ネットを検索するとJOYSOUND DiveのHDMIでの遅延の話がたくさん出てきますが、2012年3月以前の書き込みであれば無視してもよさそうです。 (3)液晶テレビ 現在はハイビジョン HDTV 対応の液晶テレビが主流です。 以前の放送はアナログでしたがハイビジョンはデジタルです。 ここが大きな遅延要因になります。 アナログ処理は大ざっぱに言えば電気回路を電気が流れる速さで処理されるので、遅延が起きにくい傾向があります。 一方デジタル処理は、データをバッファに貯めてから処理したり、ハードより遥かに遅いソフトウェア的に処理したり、何かと遅延要因が多いです。 特に映像をきれいに加工するために前後の映像を使う場合があり、この場合は必要な画面を何枚か蓄積して加工したあとに送り出すという手順になるため、待たされる分の遅れが生じます。 「倍速モード」と呼ばれる機能が(名前の印象とは逆に)この遅延の代表格のようです。 普通のテレビ番組のように一方的に流れるだけの場合はこの遅延は全く問題にならないためこのような悠長なやり方をしているのですが、状況によってこの遅延が顕在化することがあります。 例) 一刻を争う地震などの緊急放送がユーザーに届くのが遅れる。 ゲーム、特に格闘ゲームやシューティングゲームにおいて、当てたはずの攻撃が当たってない、もしくはかわしたはずの攻撃が当たっている。 カラオケで自分の声が遅れて聞こえる。 許容される遅延量について 人間が音がずれたと感じないようにするには、遅延をおよそ200ms以下、できれば150ms以下に抑える必要があるようです。 7ms。 遅延を150msと仮定するとフレーム数は約9フレーム。 つまり遅延がハイビジョン画像換算で9フレーム以内ならカラオケに使うのに違和感がないことになります。 フレーム数で換算したのは、液晶テレビの遅延についてはフレーム数で語られることが多いからです。 ちなみにフレームとは、パラパラ漫画における1枚の紙に相当します。 液晶テレビの遅延状況 ゲーム好きな有志が液晶テレビの遅延についてまとめてくれています。 ここに載っている機種だと、通常モードで2~6フレーム、ゲームモードで2~4フレーム、という遅延のようです。 ゲーム好きな人の選定なので、ここに乗ってないテレビはもっと遅いかもしれません。 この項でとり上げたのは原因であげた3についてだけですので、全体としてはそれ以外の要因1,2が加わりますので、ここから多少遅延が増えることになります。 全体として、このような事情で歌声が遅れるという現象が起きています。 対処方法 対処方法1:メーカー推奨のマイクを使う 原因1のマイクについてはメーカー推奨機種を使うのが無難です。 それにより遅延が大きいマイクを避ける事ができるはずです。 JOYSOUND Wiiの場合はソフトに付属のもの、PS3用のJOYSOUND Diveの場合は公式の推奨マイクがあります。 それぞれ以下のリンクの先を参照して下さい。 ;紹介している製品自体がマイク付き ;JOYSOUND Wii用のマイクも使えます ;補足欄を参照 対処方法2:ソフトのバージョンを最新にする 原因2のゲーム機内部についてはあまりできることがありませんが、ゲーム機のシステムソフトとゲームソフトのバージョンを最新にしておくとのような問題対処を早く取り込めます。 対処方法3:ゲームモード 原因3の液晶テレビでの遅延についてですが、ここまででも少し上げたように「ゲームモード」というのが解決の糸口になります。 ゲームモードとは、液晶テレビ内部での遅延がゲームに悪影響を及ぼすと叩かれことを受けて作られた機能で、液晶テレビ内部で発生する遅延を(0にはできないまでも)できるだけ少なくするある種の「設定」です。 普段のテレビ視聴には有効だが、遅延を生んでいてかつゲームプレイに必須でない機能を一括してOFFに設定することができる機能、と理解していただければ大体あっているはずです。 そのような機能であるため、各メーカーで名称や機能がそろったものではないのですが、例えば東芝のレグザに搭載されているものは下のような説明がされています。 この「ゲームダイレクト」というのがレグザにおけるゲームモードということになります。 あるいは新しい機種では「3Dゲーム・ターボ」という機能の中にゲームモード相当の機能が含まれているようです。 その他にも液晶テレビで「ゲーム対応」を謳っている場合は遅延抑制に関連している場合があります。 そこに注目して下さい。 注意: なおテレビ機種によって元々の遅延量も異なりますし「ゲームモード」の効き具合も異なります。 よって当方では液晶テレビを「ゲームモード」にすることでカラオケの音声遅延を解消できることはあると言えますが、必ずしも全ての遅延を解決できるという保証はできません。 あくまで参考情報として理解して下さい。 よろしくお願いします。 これによって液晶テレビでの音声遅延を0にできるので、劇的に効果があります。 ただしこれを行うと採点機能やボイスチェンジャーなどの音声絡みのゲーム機能が利用できなくなります。 なおゲーム機の音声出力を分岐させてテレビとAVアンプ両方に入れることもできますが、遅延の関係でタイミングが狂った状態での採点になってしまい、なかなか期待したようにはならないようです。 参考リンク 参考リンク1: 参考リンク2: 参考リンク3: pdf 参考リンク4: pdf [広告].

次の

ゲームソフト

プレステ カラオケ

こちらは各PS機器やWiiUなど、いろんなゲームハードでカラオケJOYSOUNDを楽しめるソフトとなっていて、今回はPS4版のプレイレポートをしたいと思います。 まずカラオケに必要なもの…そう!マイク! これがなくちゃ始まりません。 Skypやチャット等で使うヘッドセットでもできるとのことですが、カラオケなのにマイク無しって…ということで、公式推奨の「 」を買ってきました。 お値段¥3,000ほど。 このカラオケ用以外にもUSBのマイクとしてもかなり評判良いみたいです(調べ)。 USB以外にも普通にオーディオ機器にも接続でき、USBで接続する時は写真のような付属の変換機を経由します。 昔Wii版でプレイしたときに付いていたマイクは安っぽかったんですが、こちらはかなりずっしりと重量感もあって本格的。 カラオケボックスのマイクより、一回り小さい感じでした。 卓上のスタンドも付いてますので、カラオケとは別に実況用のマイクとしても使えますし、収納時もゴロンとそのへんに直に置くよりスマート。 『JOYSOUND. TV Plus』のソフト自体は無料でダウンロードできますが、カラオケをするためのお金が必要です。 一応お試しという感じで21曲だけ無料でプレイは可能です。 チケットを買う前に雰囲気をみておきたい人は、まずこちらで試してみるのもアリかもしれませんね〜。 チケットは2種類。 30日間チケットを買う場合は注意が必要で、なぜかこのチケットだけ自動更新となってます。 放っておいても更新を止めない限り課金されてしまうので、注意しましょう! 私は先日『Bloodborne』のダウンロード版を予約したときに使ったチャージ金額がけっこう余っていたので、期間限定の100日間チケットを購入してみました。 これでようやく準備完了! 曲の検索などは、普通のカラオケボックスに行ったときと同じ感覚ですね。 リモコンの代わりにコントローラを使う感じです。 家庭用らしさを感じられるのは、お気に入りの曲やアーティストを登録できる「マイデータ」機能。 よく歌う曲はどんどんここに登録をしておくと便利です。 曲を選んだらさっそく歌っちゃいましょう! 曲中は自分の音程が合っているかを確かめる「音程チェック機能」やおなじみの「採点機能」なんかもあります。 もちろんメジャーな曲は数百人規模のランキングになります。 自分独りの世界で満足するか、全国ランキングを目指して磨きをかけるか…それはあなた次第! 最後に不満点をちょこっと。 少〜しマイクの遅延が気になります。 私が購入した、マイクは動作確認済みモデルでしたが、それでもちょっとだけ気になりました。 歌い出しが入りにくい感じでした。 もうひとつは、PS4なのにカラオケ中の画像が荒い。 まぁこれは映像自体あきらかに古いものなので、しょうがないんですけどね…。 せめて歌詞の文字くらいはキレイにして欲しかったです。 ということで『JOYSOUND. TV Plus』の感想・プレイレポートでした! すっかり友達と行く機会がなくなってしまったので、独りさみしくこれでストレス発散しよう…。 我が家に歌いにきてくれる友達歓迎しますよ〜。

次の

自宅用カラオケ機おすすめ人気ランキング10選【家庭でも気楽に!】

プレステ カラオケ

Contents• はじめに WiiやPS3などのゲーム機でカラオケソフトを使う際に、自分の声が遅れて聞こえるというトラブルがよくあります。 本記事では、その原因や対策についてまとめています。 (参考:) 遅延が起きる原因 遅延が起きる原因として大きく以下の1から3まで考えられます。 1、2も確実にわずかな遅延を生んでいると思いますが、 一般的には3の液晶テレビの遅延の影響が大きいようで後であげる対策も主に3についてになります。 (1)USBマイク 声がUSBマイクの内部の回路で処理される際に少し遅延が起きる。 ただしここが大きい問題になることは多くなく、カラオケソフトメーカーが公式に奨めているマイクを使っていれば目立った問題は起きないはずです。 ここはカラオケ以外のゲームでも同じ話であり、タイミングがシビアな格闘ゲームなどでは致命的になるところである。 つまりちゃんと格闘ゲームができている以上、回路に根本的な問題はないと仮定でき、ソフトウェアもちゃんと作ってあれば目立った遅延は起きないと期待できる。 ただしここでPS3用のJOYSOUND Diveのソフト固有の話があり、当初のソフトウェアが良くなくてHDMI端子を使って出力していた際に限って目立った遅延があったらしい。 工夫してHDMI端子以外を使うことで回避できるワザもあったようですが、 2012年3月にソフトが更新されたことでこの問題はほぼ解消されているようです。 () ネットを検索するとJOYSOUND DiveのHDMIでの遅延の話がたくさん出てきますが、2012年3月以前の書き込みであれば無視してもよさそうです。 (3)液晶テレビ 現在はハイビジョン HDTV 対応の液晶テレビが主流です。 以前の放送はアナログでしたがハイビジョンはデジタルです。 ここが大きな遅延要因になります。 アナログ処理は大ざっぱに言えば電気回路を電気が流れる速さで処理されるので、遅延が起きにくい傾向があります。 一方デジタル処理は、データをバッファに貯めてから処理したり、ハードより遥かに遅いソフトウェア的に処理したり、何かと遅延要因が多いです。 特に映像をきれいに加工するために前後の映像を使う場合があり、この場合は必要な画面を何枚か蓄積して加工したあとに送り出すという手順になるため、待たされる分の遅れが生じます。 「倍速モード」と呼ばれる機能が(名前の印象とは逆に)この遅延の代表格のようです。 普通のテレビ番組のように一方的に流れるだけの場合はこの遅延は全く問題にならないためこのような悠長なやり方をしているのですが、状況によってこの遅延が顕在化することがあります。 例) 一刻を争う地震などの緊急放送がユーザーに届くのが遅れる。 ゲーム、特に格闘ゲームやシューティングゲームにおいて、当てたはずの攻撃が当たってない、もしくはかわしたはずの攻撃が当たっている。 カラオケで自分の声が遅れて聞こえる。 許容される遅延量について 人間が音がずれたと感じないようにするには、遅延をおよそ200ms以下、できれば150ms以下に抑える必要があるようです。 7ms。 遅延を150msと仮定するとフレーム数は約9フレーム。 つまり遅延がハイビジョン画像換算で9フレーム以内ならカラオケに使うのに違和感がないことになります。 フレーム数で換算したのは、液晶テレビの遅延についてはフレーム数で語られることが多いからです。 ちなみにフレームとは、パラパラ漫画における1枚の紙に相当します。 液晶テレビの遅延状況 ゲーム好きな有志が液晶テレビの遅延についてまとめてくれています。 ここに載っている機種だと、通常モードで2~6フレーム、ゲームモードで2~4フレーム、という遅延のようです。 ゲーム好きな人の選定なので、ここに乗ってないテレビはもっと遅いかもしれません。 この項でとり上げたのは原因であげた3についてだけですので、全体としてはそれ以外の要因1,2が加わりますので、ここから多少遅延が増えることになります。 全体として、このような事情で歌声が遅れるという現象が起きています。 対処方法 対処方法1:メーカー推奨のマイクを使う 原因1のマイクについてはメーカー推奨機種を使うのが無難です。 それにより遅延が大きいマイクを避ける事ができるはずです。 JOYSOUND Wiiの場合はソフトに付属のもの、PS3用のJOYSOUND Diveの場合は公式の推奨マイクがあります。 それぞれ以下のリンクの先を参照して下さい。 ;紹介している製品自体がマイク付き ;JOYSOUND Wii用のマイクも使えます ;補足欄を参照 対処方法2:ソフトのバージョンを最新にする 原因2のゲーム機内部についてはあまりできることがありませんが、ゲーム機のシステムソフトとゲームソフトのバージョンを最新にしておくとのような問題対処を早く取り込めます。 対処方法3:ゲームモード 原因3の液晶テレビでの遅延についてですが、ここまででも少し上げたように「ゲームモード」というのが解決の糸口になります。 ゲームモードとは、液晶テレビ内部での遅延がゲームに悪影響を及ぼすと叩かれことを受けて作られた機能で、液晶テレビ内部で発生する遅延を(0にはできないまでも)できるだけ少なくするある種の「設定」です。 普段のテレビ視聴には有効だが、遅延を生んでいてかつゲームプレイに必須でない機能を一括してOFFに設定することができる機能、と理解していただければ大体あっているはずです。 そのような機能であるため、各メーカーで名称や機能がそろったものではないのですが、例えば東芝のレグザに搭載されているものは下のような説明がされています。 この「ゲームダイレクト」というのがレグザにおけるゲームモードということになります。 あるいは新しい機種では「3Dゲーム・ターボ」という機能の中にゲームモード相当の機能が含まれているようです。 その他にも液晶テレビで「ゲーム対応」を謳っている場合は遅延抑制に関連している場合があります。 そこに注目して下さい。 注意: なおテレビ機種によって元々の遅延量も異なりますし「ゲームモード」の効き具合も異なります。 よって当方では液晶テレビを「ゲームモード」にすることでカラオケの音声遅延を解消できることはあると言えますが、必ずしも全ての遅延を解決できるという保証はできません。 あくまで参考情報として理解して下さい。 よろしくお願いします。 これによって液晶テレビでの音声遅延を0にできるので、劇的に効果があります。 ただしこれを行うと採点機能やボイスチェンジャーなどの音声絡みのゲーム機能が利用できなくなります。 なおゲーム機の音声出力を分岐させてテレビとAVアンプ両方に入れることもできますが、遅延の関係でタイミングが狂った状態での採点になってしまい、なかなか期待したようにはならないようです。 参考リンク 参考リンク1: 参考リンク2: 参考リンク3: pdf 参考リンク4: pdf [広告].

次の