クオモ 知事 wiki。 シンシアニクソンの画像!身長,大学(学歴),結婚(パートナー)などのwiki!映画SATC(ミランダ役),ハンニバルに出演

世界の大州&アメリカ50の州について

クオモ 知事 wiki

来歴 、のに生まれる。 父親は第52代ニューヨーク州知事( - )などを務めたの。 また、前妻である(結婚、離婚)はの娘(の姪、の従妹)である。 前妻との間に3人の子供がいる。 にニューヨーク・クイーンズにある私立のを卒業後、へ進学し、にを得て卒業する。 その後はオールバニ・に進学し、()を取得する。 に父親のマリオ・クオモがニューヨーク州知事選に立候補した時には選挙対策委員の一員として精力的に活動し、父親が知事に当選した後も断続的に補佐を行った。 からにかけてマリオが積極的に推進していたニューヨークのホームレスらのための住宅供給政策に呼応してアンドリューは団体『Housing Enterprise for the Less Privileged(HELP)(特権なき住宅供給事業)』を創設した。 市長の行政時代に、彼はニューヨーク市の住宅問題に対応するために招集された・コミッションの議長に就任している。 政治家としての活動 クリントン政権時代 クオモはに下においてアメリカ合衆国住宅都市開発局(Housing and Urban Development(HUD))のメンバーに選ばれる。 に当時のが口座収支報告書の虚偽記載の疑いでされたため、彼はその引継ぎとして長官に就任し、以降クリントン政権が終わるの終わりまで職を全うする。 ニューヨークで発行されているフリーペーパー「」の・によれば、クオモは時代における所有者への優遇策が現在のを招く要因を作ったとしている。 ニューヨーク州知事 州議会が可決したを認める法案に署名した。 、州内の感染拡大が続き、の患者数が7000人を超える規模となったことから、知事の権限で生活に不可欠な業種以外の州内の全労働者に自宅待機を義務づけた。 発表に際し「私が全責任を取る。 不満や他人を非難したい気持ち、苦情があれば、私を非難してほしい。 私以外にこの決定に責任がある人物はいない」とのコメントを加えている。 28日、のがニューヨーク州などでを検討していることを述べた際は「連邦政府による州への宣戦布告であり、完全封鎖は・で行われたことで、我々は中国でもないし、戦時中でもない」と反発した。 Sorkin, Andrew Ross. , , February 17, 2001. Accessed November 3, 2007. "Andrew Cuomo, 43, who received his law degree from Albany Law School in 1982, practiced law first as an assistant district attorney and then in private practice until 1988. , ,2008年8月5日• 2011年6月29日. 2011年6月29日閲覧。 CNN 2020年3月21日. 2020年3月23日閲覧。 2020年3月29日. 2020年3月30日閲覧。

次の

Wikizero

クオモ 知事 wiki

米、新型コロナウイルス死者4万人突破 経済活動再開急ぐトランプを州知事たちが批判 2020年4月20日(月)09時19分 ニューズウィーク ロイターの集計によると、新型コロナウイルス感染症による米国の死者は19日、4万人を突破し、感染者は74万人を超えた。 一部の州で外出制限に抗議するデモが発生する中、感染拡大が深刻な州の知事は、早期の経済活動再開を求めるトランプ大統領を批判し、検査体制の拡充を求めた。 一部の州で外出制限に抗議するデモが発生する中、感染拡大が深刻な州の知事は、早期の経済活動再開を求めるトランプ大統領を批判し、検査体制の拡充を求めた。 ニューヨーク州では入院患者数が1万6000人と、一時の1万8000人から減少。 人工呼吸器を装着した患者も減少した。 1日当たりの死者は一時700人を超えていたが、この日は507人に減少した。 同州のクオモ知事は「この傾向を持続できれば、ピークを過ぎたことになる。 現時点では、減少に向かっていることがあらゆる兆候からうかがわれる」と述べた。 その上で「まだハーフタイムにすぎない」とし、人との接触を避ける対策などを継続するよう求めた。 クオモ知事は、感染した人の数を把握するため、大規模な抗体検査を今後1週間に実施する方針を明らかにした。 1日当たり2000人、1週間で1万4000人を検査する。 ニューヨーク州の人口は1900万人。 クオモ氏ら複数の州知事は、新規感染者を発見するウイルス検査の拡充のほか、経済再開に向けた計画の一環として免疫の有無を調べる抗体検査の実施を強く要求している。 メリーランド州のホーガン知事(共和党)はCNNのインタビューで、各州には十分な検査キットがあるとするトランプ大統領やペンス副大統領の主張について「完全に誤っている」と述べた。 バージニア州のノーサム知事(民主党)もCNNで、州に十分な検査キットがあるとの見方は「妄想」だと語った。 メリーランド、バージニア両州と首都ワシントンでは、依然として感染者が増加している。 また、ニュージャージー州は19日、新規感染者が約3900人と、過去2週間余りで最多になったと報告した。 ボストンやシカゴもこのところ感染者や死者が急増しており、感染者の集中する「ホットスポット」になりつつある。 オハイオ、テキサス、フロリダなど一部の州はこれまでに、5月1日かそれ以前をめどに経済活動の一部再開を目指す考えを示している。 ミシガン、オハイオ両州の知事は19日、検査で必要な試薬などの入手で連邦政府の支援があれば、検査を2倍か3倍に増やすことが可能だと述べた。 トランプ大統領は16日、米経済の再開に向けた指針の中で各州に対し、3段階の再開プロセスを開始するにあたり、感染者の「減少傾向」が14日間続く状況を目安にすることを提言した。 その一方で17日にはツイッターへの投稿で、早期の経済再開を求める市民の抗議デモを鼓舞するかのように、ミシガン、ミネソタ、バージニア各州の民主党知事に対し、州を「解放」するよう要求した。 ワシントン州のインスリー知事は、トランプ大統領のこうした発言について、外出制限に関する州法に違反するよう促しているとして強く批判。 「米国大統領が国民に法律違反を促すような事態は、見たことがない」と述べた。 外出制限措置の解除を求めるデモは、テキサス、ウィスコンシン、オハイオ、ミネソタ、バージニア各州でも発生している。 超重要;人類総ナノチップ&スマートダスト接種計画:武漢コロナプロジェクト 拡散希望 人間のマイクロチップ化は、トランスヒューマニズムと同義です。 技術は外科医が使うメスと同じです。 それを使って患部を治すこともできれば、患者を殺すこともできます。 ナノチップが良い目的にしか使われないと考えるのは無知な人のやる事でしょう。 知ることが大事です。 さもなければ技術は権力者に悪用され、 「 ユートピアに連れて行ってあげる 」という嘘の約束で騙して、奴隷にされてしまいます。 「 ナノボット 」は西洋医学の現場で治療に使われています。 ナノマシン ナノマシン この話は決してただの妄想ではありません。 スマートグリッドが確立すれば、年中無休で監視され、追跡されるでしょう。 どうすればそのような未来を避けられるのでしょうか? 答えは貴方の内側にあります。 どんなに優れた技術でも、あなたの精神と霊性、 つまりあなたの真の力に取って代わることは絶対にできないのだから。 : : [1] 速報!!!! さらばロックダウン! さらばフェイクコロナ 経済再開へ全米なだれ現象 The governors of Georgia, Tennessee and South Carolina on Monday afternoon announced new plans to bring their states' economies closer to full force amid signs the coronavirus outbreak is slowing. Furthe rmore here are the states that have already confirmed that they plan to reopen soon. ALABAMA ARIZONA ARKANSAS COLORADO FLORIDA GEORGIA IDAHO INDIANA IOWA KANSAS MINNESOTA MISSISSIPPI MISSOURI MONTANA NEVADA NORTH DAKOTA OHIO OKLAHOMA SOUTH CAROLINA SOUTH DAKOTA TENNESSEE TEXAS UTAH VERMONT WYOMING 15. : : [4985].

次の

世界の大州&アメリカ50の州について

クオモ 知事 wiki

「この不公平な課税を撤廃することは正義の問題だ」 「タンポン税」はタンポンやナプキンなどの生理用品に課税される消費税。 米国の消費税は州ごとに定められ、対象品目や税率もさまざまだ。 ニューヨーク州の場合は現在8. 75%だが、生活必需品は免除の対象となり、食料品や医薬品、健康衛生用品、110ドル以下の衣料品などには消費税がかからない。 たとえば、コンドーム、増毛剤、フケ予防シャンプー、大人用おむつなどは免除の対象となるが、生理用品は女性だけが使うこともあって免除されていない。 2016年3月、5人の女性が「生理用品は女性の健康を守る必需品であり、それに課税するのは女性差別だ」と州を訴える騒ぎに発展、州議会を動かした。 クオモ知事は、25日の声明で「この不公平な課税を撤廃することは正義の問題だ。 法制化のための署名をすることを心待ちにしている」と語った。 「女性が生理自体を恥じることにつながる」 米国ではほかに5州がすでに生理用品を課税対象外とし、10州で同様の法案を審議中だ。 ウィスコンシン州では「バイアグラが非課税なのに、生理用品やピルが課税されるのはおかしい。 女性が生理自体を恥じることにつながる」という怒りから州議会に廃止法案が提案された。

次の