手足 口 病 かゆみ 止め。 手足口病の発疹!かゆみの症状はいつまで?かさぶたになったら完治? | LoveLifeStyle

【手足口病】大人の初期症状はかゆみがある?薬は必要?

手足 口 病 かゆみ 止め

「妊婦が手足口病に感染したら、胎児への影響はあるの?」 「妊娠初期や妊娠後期、臨月などで影響に違いはある?」 妊婦さんが手足口病に感染した場合、このようにお腹の赤ちゃんのことを心配される方は多いのではないでしょうか? そこで今回は、 医療職の目線で妊娠中の手足口病の影響について分かりやすくまとめてみました。 ネット上では妊婦の手足口病に関する間違った情報がたくさんあります。 例えば、ネット上では「妊娠後期に感染すると危険」といった情報が出てくることが多いのですが、実はこれは間違いです。 妊娠中に使って良い薬なども誤解のあるケースが多いので、手足口病の治療で使うことが多いお薬の話も含め、僕の考えをお話出来ればと思います。 Sponsored Link 手足口病の胎児や妊婦への影響は? 妊娠中に手足口病に感染した場合に気になることと言えば、やはり胎児への影響ですよね。 結論から言うと、 妊娠中に手足口病に感染しても胎児に影響することはほとんどありません。 手足口病は、「風疹」などのように胎児に影響する例がほとんど確認されておらず、 基本的には胎児に影響することのない病気です。 ごくまれに赤ちゃんに障害が残る例が出てはいますが、どれも手足口病が直接引き起こしたものとは考えにくいものばかりですので、心配する必要はないでしょう。 どちらかと言えば、 手足口病そのものよりも高熱が続く場合が問題と言えます。 大人の手足口病は症状がひどくなるケースが多く、 場合によっては40度を超える熱が出ることも覚悟しなければいけません。 40度を超える高熱が数日以上続くような場合は、羊水の温度が上昇しすぎて赤ちゃんに影響が出ることもありますので注意が必要ですね。 38度前後の熱が1~2日続く程度であればそこまで気にする必要はありませんが、 40度を超える高熱が出た場合には必ず病院を受診して治療を受けた方が良いでしょう。 Sponsored Link 妊娠初期、中期、後期のリスクの違い 基本的には 妊娠初期、中期、後期のどの時期であっても、胎児に影響が出ないことには変わりありません。 先ほどもお伝えした通り、手足口病が直接赤ちゃんに影響を与えることは考えにくいので、心配しなくても大丈夫です。 ただ、 既に臨月(出産予定日の1ヶ月以内)に入っている段階で手足口病を発症した場合には、出産の時に赤ちゃんに感染してしまう可能性があります。 手足口病の原因となるウイルスは、発症してから2~4週間ほど体内に残って便から出続ける感染期間の長いウイルスです。 つまり、産道に近い場所でウイルスが出続けることになるため、出産の際に直接手足口病に感染する可能性があるというわけですね。 とはいえ、必ず赤ちゃんに感染するわけではありませんし、 感染したとしても軽症で済むことがほとんどですから、気にしすぎる必要はありません。 どちらかと言うと、リスクを気にして起こるストレスの方が赤ちゃんに影響を与えてしまいますので、 手足口病を早く治して体調を万全にすることに意識を向けるようにしましょう。 妊婦の手足口病の初期症状は? 妊婦が手足口病に感染した場合も、大抵は子供と同じような症状が現れます。 ただ、 大人の場合は子供に比べると症状が重くなりやすいので注意をしておきましょう。 手足口病の初期症状は主に「水疱(水ぶくれ)」です。 病気の名前の通り、口の中や手足に発疹や水ぶくれが出ている時には手足口病を疑ってください。 水疱は手足であれば、手のひらや足の裏に出来ることが多いですね。 口の中は広い範囲に水疱が出てきて、水疱が割れた後は口内炎のようになります。 痛みやかゆみが出ることも少なくありません。 また、 大人の場合は初期症状として高熱が出る場合もありますので、合わせて注意しておきましょう。 治療期間は7~10日ほどのことが多く、水疱や口内炎がしばらく続くような形になります。 発熱は出た場合2~3日程度ですね。 Sponsored Link 妊婦の手足口病の治療では使える薬に注意! 既にあなたもご存じかもしれませんが、 妊娠中は胎児に影響を与えないため、使えるお薬に制限があります。 そのため、まずは 妊娠中に自己判断で薬を飲むのは止めておきましょう。 市販薬などは特に避けておいた方が無難ですね。 中でも特に注意しておきたいのが解熱剤や鎮痛剤です。 高熱が出たり口の中の痛みがひどい時にうっかり使ってしまいがちですからね。 「ロキソニン」や 「アスピリン」などの解熱鎮痛剤は、赤ちゃんに影響の出る可能性があることで知られていますので注意しておきましょう。 逆に、胎児に影響の少ないお薬としては 「カロナール」がよく挙げられますね。 産婦人科でも痛みがひどい場合には処方されることが多い飲み薬です。 ただ、こちらも妊娠中に飲んで100%安全というわけではなく、ごくまれに赤ちゃんに影響が出る例が出ています。 つまり、 飲み続けて絶対に安全な薬というのは存在しないというのが現実ですね。 とはいえ、通常は1回や2回薬を飲んだからといって急に胎児に影響することはありません。 「病院で薬をもらったけど飲むのが怖い…」と思われる方もいるかと思いますが、 熱や痛みがひどい時に胎児に影響の出にくい薬を何回か服用する程度であれば、ほとんど問題ないと言えるでしょう。 もちろん、薬なしで済ませられるならそれに越したことはありませんが、我慢のしすぎもストレスになって胎児に良くありません。 特に、高熱は我慢しすぎると胎児に影響が出る可能性がありますので、 無理に高熱を我慢するのは避けましょう。 また、妊娠初期に飲んではいけないお薬、妊娠後期に飲んではいけないお薬といった具合に、時期によって飲んではいけない薬も存在します。 使う薬の判断は、妊婦の専門家である産婦人科医にお願いするのが一番ですので、 必ず妊婦の状態を把握してくれているかかりつけの「産婦人科」を受診するようにしてくださいね。 まとめ 妊婦が手足口病に感染したとしても、 通常であれば胎児への影響を気にする必要はありません。 出産直前になって感染した場合は、出産時に赤ちゃんに感染してしまう可能性もありますが、その場合も大体は軽症で済むので気にしすぎないようにしましょう。 ただ、大人の手足口病は症状がひどくなることも多いので、 妊婦にリスクのある市販薬をうっかり使ってしまわないように注意が必要です。 症状がひどい場合には、胎児に影響の出にくいお薬を使うこともありますので、かかりつけの産婦人科医に相談するようにしましょう。 また、既に感染している場合には仕方がありませんが、 妊婦さんはそもそも手足口病に感染しないことが最も大切になります。 ですので、もしあなた自身が手足口病には感染していないものの、子供が手足口病に感染しているという場合には、以下の記事も合わせて読んでおきましょう。

次の

手足口病でアトピーが悪化?ステロイドや薬は?

手足 口 病 かゆみ 止め

皆さんは 手足口病という病気をご存知でしょうか?手足口病とは、発症すると痰が絡む咳、鼻水、くしゃみ、熱などの風邪の症状に加えて、 手足や口の中に水疱性の発疹が出来てしまう病気です。 風邪のような症状に加えて、口の中に痛みやかゆみが生じ、口内炎のような発疹が多数出来てしまったという場合は、この手足口病の可能性を考慮して医師に相談をするようにしましょう。 この手足口病という感染症は、特に乳幼児などの子供に多い病気として知られており 、5歳以下の子供の患者が全体の患者の約9割を占めるといわれています。 そのため、保育園などの子供が多数いる場所では急激に感染が拡大してしまう可能性があるので注意が必要です。 また、普通このような感染症は冬に流行しやすいですが、この手足口病は ヘルパンギーナ、 プール熱と合わせて、夏に多い三大感染症の1つとして知られています。 スポンサードリンク また、この手足口病は乳幼児などの子供に多い病気と言いましたが、時には大人にも感染することもあり、子供よりも大人の方が重症化しやすい傾向にあるといわれていますので注意が必要です。 特に、手足口病を発症した時に表れる発疹は 触ると感染してしまう可能性があるため、自分の子供が手足口病を発症してしまったときは、看病をするときにもそれになるべく触れないように気を付けなければなりません。 また、もし大人の方でこの手足口病を発症してしまった場合は、重症化を防ぐためにも、その初期症状の段階から適切な対処をとることが大切です。 それでは、この手足口病とはいったいどのような病気なのか、その初期症状や感染経路、潜伏期間などの様々な情報について、わかりやすくまとめていきたいと思います。 手足口病とは? 手足口病とは、痰が絡む咳、鼻水、くしゃみ、熱などの風邪の症状に加えて、その名前の通り、 手足や口に発疹が出来てしまう病気です。 手足口病の写真は検索エンジン等で調べれば多数出てきますが、少しショッキングに感じる方もいるかもしれませんので、検索する際はご注意ください。 この手足口病は、特に夏場に子供に多くみられる感染症として知られており、患者の約9割が5歳以下の子供や乳幼児であるといわれています。 そのため、この病気は まだ免疫の働きが弱い小さな子供に多い病気と言えます。 手足口病の初期症状としては、まずはじめに口の中の痛みやかゆみの症状が表れる方が多いそうです。 そして、痰が絡む咳、鼻水、くしゃみ、熱などの症状が表れるのが一般的であるそうなのですが、中には熱が出ない方もいるといわれています。 また、熱が出るとしても40度近い高熱になることはなく、37度~38度くらいの微熱にとどまることが多いそうです。 しかしこれは子供の場合にいわれている症状であり、大人が発症してしまった場合は40度近い高熱が出ることもあるといわれているため注意が必要です。 この手足口病はウイルス感染による感染症なのですが、手足口病はエンテロウイルスという分類に属するウイルスが主な原因で、その中でも特に コクサッキーウイルスがその原因として挙げられるそうです。 この、コクサッキーウイルスは、手足口病と同じく、夏の三大感染症の1つに数えられるヘルパンギーナと呼ばれる病気の原因になるものとしても知られています。 この、ヘルパンギーナは手足口病の症状とよく似ているのですが、手足口病が手足や口に発疹が出来るのに対し、ヘルパンギーナは主に口内にのみ発疹が出来ます。 ちなみにこのヘルパンギーナという言葉は、ヘルペス(水疱)とアンギーナ(のどの炎症)という2つの言葉を組み合わせて出来ている病名になります。 また、このエンテロウイルスは、ときに髄膜炎を引き起こす原因になることも知られており、そのため、手足口病もヘルパンギーナも、稀に髄膜炎などを引き起こし重症化してしまうことがあるといわれています。 そうなってしまわないように、早めの対応を心がけることが大切です。 手足口病の症状の程度や、気をつけるべきこととは? 先ほども書きましたように、この手足口病は基本的に子供の患者では40度近い高熱になることはなく、微熱程度の症状で済むか、もしくは熱の症状さえ表れない方もいるといわれています。 しかし大人の患者では40度近い高熱となることもあり、重症化が懸念されますので、もし子供が手足口病を発症してしまった場合には、それが保護者にうつらないよう十分な注意が必要です。 子供の患者が9割を占めると行くとこからもわかる通り、この病気は免疫が発達している大人では感染することは稀です。 しかし、普段の生活が乱れていたり、何かストレスを抱えていたりすると、こういったことが免疫の働きを弱める原因となりますので、手足口病に限った話ではなく、何か病気を発症しないために体や心のケアには気を使うようにしてください。 (人間は慢性的にストレスを感じるようになると、コルチゾールと呼ばれるホルモンが過剰に分泌されることによって、これが免役の機能の低下を招く1つの原因になるということが分かってきています。 ) また、子供ではそれほどひどくならないと言いましたが、やはり普通の風邪とは違い、周りの人にうつることがないように治療においては気を使わなければなりません。 この手足口病と風邪の最も大きな違いは、やはり手足口病においては、その病原体となっているウイルスを含む水疱性の発疹が表れてしまうということです。 この発疹は触ると発疹に含まれる分泌物から感染する恐れがあるため、もし自分の子供が発症した場合は気をつけましょう。 特に、タオルなどは共有しないように気を付けてください。 手足口病の症状が続く期間は約3週間! 手足口病を患った場合、 発疹は約10日ほどで消えると言われているのですが、実は発疹が消えてからも、その後10日ほどは咳やくしゃみなどによる飛沫感染によって他人に感染させてしまう恐れがあると言われています。 そのため、手足口病を発症してしまった場合には、2~3週間は感染を拡大させないように十分な注意が必要です。 またこの手足口病を発症してしまった場合、水疱などの症状がひどい場合には、この病気は出席停止の措置が取られる病気に該当します。 治癒期に入り、症状が回復に向かっていると判断されれば登校しても良いとされているため、この辺りのことは治療を担当する医師の方によく相談をしてみるようにしましょう。 スポンサードリンク 手足口病の感染経路とは?新生児が発症してしまった場合はこんな感染経も考えられます… 手足口病の感染経路としては、主に 飛沫感染、 接触感染、 糞口感染の3つが挙げられています。 飛沫感染 飛沫感染とは、咳やくしゃみによってその病原体が飛散し、これを吸い込むことなどによってうつるという流れの感染経路のことをいいます。 普通の風邪と同じように、マスクなどによってこういった飛沫感染を防ぐように対策を行う必要があります。 接触感染 主な感染経路として、接触感染も考えられます。 とくに、この手足口病は発疹に触ることによって感染する恐れがありますので、普通の風邪よりもより一層の注意が必要です。 糞口感染 この手足口病の主な感染経路として、糞口感染も、挙げられています。 これは、罹患者の排泄物に触れたりして、そこから病原体が他の人にうつることによって発症に繋がる経路のことをいいます。 この手足口病は子供や新生児に多い病気ですので、オムツを換えてあげるときにその病原体が親にうつる可能性があると言います。 オムツを交換した後はしっかりと手を洗い、こういった感染経路によってうつることがないように十分気をつけてください。 手足口病の治療の仕方とは? それでは、この手足口病は一体どのようにして治療を行っていくのかと言いますと、実はこの手足口病は、手足口病の発症によっておこる咳や鼻水、痰などの症状は薬によって緩和させることはできますが、この手足口病を治すための薬というものはないため、自然に治るとことを待つほか有効な手段はありません。 そのため、 栄養と休養をしっかりとり、免役の機能を高めることが1番の治療法です。 そもそも、手足口病に限らず、 風邪という病気はそれを治す薬というものはありません。 市販薬として販売されている風邪薬は、風邪を治療する薬ではなく、風邪による諸症状を緩和してくれるお薬なのです。 これはどういうことかわかりやすくまとめたいと思います。 まず、感染症には様々な種類のものがありますが、その原因となる病原体は、「細菌」、「ウイルス」という大きく2つのグループに分けることができます。 これまで、この細菌とウイルスの違いについて意識したことが無かったという方もいるかも知れませんが、実はこの2つは似ているようでその性質が大きく異なるんです。 では、どう違うのかを簡単に説明したいと思います。 細菌 まず、細菌というのは、ウイルスに分類されるものよりも大きな病原性微生物のことを指し、1つの細胞からなる単細胞生物に分類されます。 この細菌は自らエネルギーを作り出すことができるため、人間の細胞に感染しなくても生存することができます。 細菌による感染症としては、肺炎球菌による肺炎や、結核菌による肺結核などが挙げられます。 ウイルス ウイルスは細菌に比べてはるかに小さな存在であり、たんぱく質の外殻の内部に、DNAを持っているだけの存在で、細胞は持っていません。 また、ウイルスは自らエネルギーを作り出すことはできず、人間などの細胞に感染することによってのみ増殖を行うことができます。 感染症の原因は主にこの細菌とウイルスの2つに分類され、このうち現在治療という観点で薬を用いて症状の改善が行われるのは細菌の方であり、 ウイルスに有効な薬は、一部の例外を除いて存在していません。 そして、細菌に有効とされている薬は 抗生剤、 抗生物質などと呼ばれています。 抗生物質という名前を聞いたことがある方は多いと思いますが、この抗生物質は細菌のみに有効であって、ウイルスには効果がないのです。 これはいったいどうしてなのか、抗生物質の中でもよく知られるペニシリンを例に説明すると、このペニシリンは、細菌が細胞壁を作るのを妨げ、その増殖を防ぐことによって最終的に細菌を活動停止に追い込むお薬として知られています。 このように、 抗生剤は細胞をもつ細菌に有効に働くような薬であるため、細胞をもたないウイルスには効果を発揮しないのです。 少し長くなってしまいましたが、 つまり手足口病の原因はウイルスであり、ウイルスを退治するための薬はないため、免疫の力によって自然に治すことが現時点で最も有効な治療法なのです。 そのため、もし手足口病を罹患してしまった場合にはなるべく安静にして、免疫がしっかりと働くようにすることがなによりも大切です。 そのほか、痰が絡む咳や、空咳が出る原因には次のようなものがあります。 咳の症状が表れたとき、ほとんどの方はまず、その原因が風邪かどうか疑うと思います。 今回ご紹介した手足口病に関しては、風邪の症状に加えて発疹が表れるため、その原因である病気がなんなのか気づきやすいですが、このように体の表面などに変化は表れず、ただの風邪と勘違いしやすい病気は非常にたくさんあります。 それでは、風邪と勘違いしやすい病気にはどのようなものがあるのか、いくつか挙げていきたいとおもいます。 気管支喘息、咳喘息 まず、風邪と勘違いしやすい病気として、 気管支喘息、または 咳喘息が挙げられます。 咳喘息とは、気管支喘息のなかでも比較的症状が軽度なもののことをいいます。 気管支喘息は感染症ではありませんが、何かの感染症に伴って発症するケースが多いと言われています。 そして、発症した場合は、 空咳(乾いた咳)の症状が続くのが1つの大きな特徴です。 ここで注意しなければならないのが、感染症に伴って発症してしまった場合、その症状を風邪の治りかけなどと勘違いして、放置してはいけないということです。 喘息患者の中にはこのような勘違いが原因となり、症状を悪化させてしまうという方も少なくないといわれています。 気管支喘息は重症化すると 発作がおこり、入院が必要になったり、最悪命を落としてしまうこともあります。 脅かすように聞こえるかもしれませんが、実際この気管支喘息という呼吸器疾患は、現在も年間2000人近い人の命を奪ってしまう病気なのです。 この気管支喘息に関する情報は次の記事で詳しくまとめています。 よろしかったら一度ご覧になってみてください。 このマイコプラズマ肺炎も、今回お話した手足口病と同じように、小さな子供に多い感染症として知られています。 このマイコプラズマ肺炎の原因になるマイコプラズマと呼ばれる病原体は少し特殊で、今回お話した細菌とウイルスの中間的な性質を持っているとも言われています。 詳しいことはこちらの記事でまとめていますので、よろしかったらご覧になってみてください。 発症した場合は空咳の症状が続くのが1つの特徴で、熱は中には熱が出ないときがあるとも言われています。 クラミジアと聞くと性病のイメージが強い方が多いのではないかと思いますが、クラミジアという病原体の中にもいくつか種類があり、性病の原因となるものはクラミジアトラコマティスという病原体なのですが、今お話しているクラミジア肺炎という感染症は、主にクラミジアニューモニエという病原体がその原因となってしまいます。 この、クラミジア肺炎に関する情報はこちらの記事でまとめています。 結核は今では治せる病気になりましたが、それでも完全に治すためには 半年近い治療が必要になるそうです。 結核に関する情報はこちらの記事でまとめています。 肺がんは、がんの中でとくに患者数が多いと言われていますね。 肺がんの症状に関する情報や、がんができるメカニズムに関する情報はこちらの記事でまとめています。 手足口病は患者のほとんどが子供ですが、大人でもうつることがあるため、自分の子供が発症してしまった場合は十分に気をつけてください。 また、今回の記事では細菌とウイルスの違いについて簡単に説明しましたが、この2つの違いについては以下の記事でより詳しくまとめています。 これをみていただくと、感染症とはいったいどんなものなのかということがよくわかっていただけるのではないかと思います。 是非一度ご覧になってみてください。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

手足口病で子どもにかゆみが!止めるにはどうしたらいいの?

手足 口 病 かゆみ 止め

皆さんは 手足口病という病気をご存知でしょうか?手足口病とは、発症すると痰が絡む咳、鼻水、くしゃみ、熱などの風邪の症状に加えて、 手足や口の中に水疱性の発疹が出来てしまう病気です。 風邪のような症状に加えて、口の中に痛みやかゆみが生じ、口内炎のような発疹が多数出来てしまったという場合は、この手足口病の可能性を考慮して医師に相談をするようにしましょう。 この手足口病という感染症は、特に乳幼児などの子供に多い病気として知られており 、5歳以下の子供の患者が全体の患者の約9割を占めるといわれています。 そのため、保育園などの子供が多数いる場所では急激に感染が拡大してしまう可能性があるので注意が必要です。 また、普通このような感染症は冬に流行しやすいですが、この手足口病は ヘルパンギーナ、 プール熱と合わせて、夏に多い三大感染症の1つとして知られています。 スポンサードリンク また、この手足口病は乳幼児などの子供に多い病気と言いましたが、時には大人にも感染することもあり、子供よりも大人の方が重症化しやすい傾向にあるといわれていますので注意が必要です。 特に、手足口病を発症した時に表れる発疹は 触ると感染してしまう可能性があるため、自分の子供が手足口病を発症してしまったときは、看病をするときにもそれになるべく触れないように気を付けなければなりません。 また、もし大人の方でこの手足口病を発症してしまった場合は、重症化を防ぐためにも、その初期症状の段階から適切な対処をとることが大切です。 それでは、この手足口病とはいったいどのような病気なのか、その初期症状や感染経路、潜伏期間などの様々な情報について、わかりやすくまとめていきたいと思います。 手足口病とは? 手足口病とは、痰が絡む咳、鼻水、くしゃみ、熱などの風邪の症状に加えて、その名前の通り、 手足や口に発疹が出来てしまう病気です。 手足口病の写真は検索エンジン等で調べれば多数出てきますが、少しショッキングに感じる方もいるかもしれませんので、検索する際はご注意ください。 この手足口病は、特に夏場に子供に多くみられる感染症として知られており、患者の約9割が5歳以下の子供や乳幼児であるといわれています。 そのため、この病気は まだ免疫の働きが弱い小さな子供に多い病気と言えます。 手足口病の初期症状としては、まずはじめに口の中の痛みやかゆみの症状が表れる方が多いそうです。 そして、痰が絡む咳、鼻水、くしゃみ、熱などの症状が表れるのが一般的であるそうなのですが、中には熱が出ない方もいるといわれています。 また、熱が出るとしても40度近い高熱になることはなく、37度~38度くらいの微熱にとどまることが多いそうです。 しかしこれは子供の場合にいわれている症状であり、大人が発症してしまった場合は40度近い高熱が出ることもあるといわれているため注意が必要です。 この手足口病はウイルス感染による感染症なのですが、手足口病はエンテロウイルスという分類に属するウイルスが主な原因で、その中でも特に コクサッキーウイルスがその原因として挙げられるそうです。 この、コクサッキーウイルスは、手足口病と同じく、夏の三大感染症の1つに数えられるヘルパンギーナと呼ばれる病気の原因になるものとしても知られています。 この、ヘルパンギーナは手足口病の症状とよく似ているのですが、手足口病が手足や口に発疹が出来るのに対し、ヘルパンギーナは主に口内にのみ発疹が出来ます。 ちなみにこのヘルパンギーナという言葉は、ヘルペス(水疱)とアンギーナ(のどの炎症)という2つの言葉を組み合わせて出来ている病名になります。 また、このエンテロウイルスは、ときに髄膜炎を引き起こす原因になることも知られており、そのため、手足口病もヘルパンギーナも、稀に髄膜炎などを引き起こし重症化してしまうことがあるといわれています。 そうなってしまわないように、早めの対応を心がけることが大切です。 手足口病の症状の程度や、気をつけるべきこととは? 先ほども書きましたように、この手足口病は基本的に子供の患者では40度近い高熱になることはなく、微熱程度の症状で済むか、もしくは熱の症状さえ表れない方もいるといわれています。 しかし大人の患者では40度近い高熱となることもあり、重症化が懸念されますので、もし子供が手足口病を発症してしまった場合には、それが保護者にうつらないよう十分な注意が必要です。 子供の患者が9割を占めると行くとこからもわかる通り、この病気は免疫が発達している大人では感染することは稀です。 しかし、普段の生活が乱れていたり、何かストレスを抱えていたりすると、こういったことが免疫の働きを弱める原因となりますので、手足口病に限った話ではなく、何か病気を発症しないために体や心のケアには気を使うようにしてください。 (人間は慢性的にストレスを感じるようになると、コルチゾールと呼ばれるホルモンが過剰に分泌されることによって、これが免役の機能の低下を招く1つの原因になるということが分かってきています。 ) また、子供ではそれほどひどくならないと言いましたが、やはり普通の風邪とは違い、周りの人にうつることがないように治療においては気を使わなければなりません。 この手足口病と風邪の最も大きな違いは、やはり手足口病においては、その病原体となっているウイルスを含む水疱性の発疹が表れてしまうということです。 この発疹は触ると発疹に含まれる分泌物から感染する恐れがあるため、もし自分の子供が発症した場合は気をつけましょう。 特に、タオルなどは共有しないように気を付けてください。 手足口病の症状が続く期間は約3週間! 手足口病を患った場合、 発疹は約10日ほどで消えると言われているのですが、実は発疹が消えてからも、その後10日ほどは咳やくしゃみなどによる飛沫感染によって他人に感染させてしまう恐れがあると言われています。 そのため、手足口病を発症してしまった場合には、2~3週間は感染を拡大させないように十分な注意が必要です。 またこの手足口病を発症してしまった場合、水疱などの症状がひどい場合には、この病気は出席停止の措置が取られる病気に該当します。 治癒期に入り、症状が回復に向かっていると判断されれば登校しても良いとされているため、この辺りのことは治療を担当する医師の方によく相談をしてみるようにしましょう。 スポンサードリンク 手足口病の感染経路とは?新生児が発症してしまった場合はこんな感染経も考えられます… 手足口病の感染経路としては、主に 飛沫感染、 接触感染、 糞口感染の3つが挙げられています。 飛沫感染 飛沫感染とは、咳やくしゃみによってその病原体が飛散し、これを吸い込むことなどによってうつるという流れの感染経路のことをいいます。 普通の風邪と同じように、マスクなどによってこういった飛沫感染を防ぐように対策を行う必要があります。 接触感染 主な感染経路として、接触感染も考えられます。 とくに、この手足口病は発疹に触ることによって感染する恐れがありますので、普通の風邪よりもより一層の注意が必要です。 糞口感染 この手足口病の主な感染経路として、糞口感染も、挙げられています。 これは、罹患者の排泄物に触れたりして、そこから病原体が他の人にうつることによって発症に繋がる経路のことをいいます。 この手足口病は子供や新生児に多い病気ですので、オムツを換えてあげるときにその病原体が親にうつる可能性があると言います。 オムツを交換した後はしっかりと手を洗い、こういった感染経路によってうつることがないように十分気をつけてください。 手足口病の治療の仕方とは? それでは、この手足口病は一体どのようにして治療を行っていくのかと言いますと、実はこの手足口病は、手足口病の発症によっておこる咳や鼻水、痰などの症状は薬によって緩和させることはできますが、この手足口病を治すための薬というものはないため、自然に治るとことを待つほか有効な手段はありません。 そのため、 栄養と休養をしっかりとり、免役の機能を高めることが1番の治療法です。 そもそも、手足口病に限らず、 風邪という病気はそれを治す薬というものはありません。 市販薬として販売されている風邪薬は、風邪を治療する薬ではなく、風邪による諸症状を緩和してくれるお薬なのです。 これはどういうことかわかりやすくまとめたいと思います。 まず、感染症には様々な種類のものがありますが、その原因となる病原体は、「細菌」、「ウイルス」という大きく2つのグループに分けることができます。 これまで、この細菌とウイルスの違いについて意識したことが無かったという方もいるかも知れませんが、実はこの2つは似ているようでその性質が大きく異なるんです。 では、どう違うのかを簡単に説明したいと思います。 細菌 まず、細菌というのは、ウイルスに分類されるものよりも大きな病原性微生物のことを指し、1つの細胞からなる単細胞生物に分類されます。 この細菌は自らエネルギーを作り出すことができるため、人間の細胞に感染しなくても生存することができます。 細菌による感染症としては、肺炎球菌による肺炎や、結核菌による肺結核などが挙げられます。 ウイルス ウイルスは細菌に比べてはるかに小さな存在であり、たんぱく質の外殻の内部に、DNAを持っているだけの存在で、細胞は持っていません。 また、ウイルスは自らエネルギーを作り出すことはできず、人間などの細胞に感染することによってのみ増殖を行うことができます。 感染症の原因は主にこの細菌とウイルスの2つに分類され、このうち現在治療という観点で薬を用いて症状の改善が行われるのは細菌の方であり、 ウイルスに有効な薬は、一部の例外を除いて存在していません。 そして、細菌に有効とされている薬は 抗生剤、 抗生物質などと呼ばれています。 抗生物質という名前を聞いたことがある方は多いと思いますが、この抗生物質は細菌のみに有効であって、ウイルスには効果がないのです。 これはいったいどうしてなのか、抗生物質の中でもよく知られるペニシリンを例に説明すると、このペニシリンは、細菌が細胞壁を作るのを妨げ、その増殖を防ぐことによって最終的に細菌を活動停止に追い込むお薬として知られています。 このように、 抗生剤は細胞をもつ細菌に有効に働くような薬であるため、細胞をもたないウイルスには効果を発揮しないのです。 少し長くなってしまいましたが、 つまり手足口病の原因はウイルスであり、ウイルスを退治するための薬はないため、免疫の力によって自然に治すことが現時点で最も有効な治療法なのです。 そのため、もし手足口病を罹患してしまった場合にはなるべく安静にして、免疫がしっかりと働くようにすることがなによりも大切です。 そのほか、痰が絡む咳や、空咳が出る原因には次のようなものがあります。 咳の症状が表れたとき、ほとんどの方はまず、その原因が風邪かどうか疑うと思います。 今回ご紹介した手足口病に関しては、風邪の症状に加えて発疹が表れるため、その原因である病気がなんなのか気づきやすいですが、このように体の表面などに変化は表れず、ただの風邪と勘違いしやすい病気は非常にたくさんあります。 それでは、風邪と勘違いしやすい病気にはどのようなものがあるのか、いくつか挙げていきたいとおもいます。 気管支喘息、咳喘息 まず、風邪と勘違いしやすい病気として、 気管支喘息、または 咳喘息が挙げられます。 咳喘息とは、気管支喘息のなかでも比較的症状が軽度なもののことをいいます。 気管支喘息は感染症ではありませんが、何かの感染症に伴って発症するケースが多いと言われています。 そして、発症した場合は、 空咳(乾いた咳)の症状が続くのが1つの大きな特徴です。 ここで注意しなければならないのが、感染症に伴って発症してしまった場合、その症状を風邪の治りかけなどと勘違いして、放置してはいけないということです。 喘息患者の中にはこのような勘違いが原因となり、症状を悪化させてしまうという方も少なくないといわれています。 気管支喘息は重症化すると 発作がおこり、入院が必要になったり、最悪命を落としてしまうこともあります。 脅かすように聞こえるかもしれませんが、実際この気管支喘息という呼吸器疾患は、現在も年間2000人近い人の命を奪ってしまう病気なのです。 この気管支喘息に関する情報は次の記事で詳しくまとめています。 よろしかったら一度ご覧になってみてください。 このマイコプラズマ肺炎も、今回お話した手足口病と同じように、小さな子供に多い感染症として知られています。 このマイコプラズマ肺炎の原因になるマイコプラズマと呼ばれる病原体は少し特殊で、今回お話した細菌とウイルスの中間的な性質を持っているとも言われています。 詳しいことはこちらの記事でまとめていますので、よろしかったらご覧になってみてください。 発症した場合は空咳の症状が続くのが1つの特徴で、熱は中には熱が出ないときがあるとも言われています。 クラミジアと聞くと性病のイメージが強い方が多いのではないかと思いますが、クラミジアという病原体の中にもいくつか種類があり、性病の原因となるものはクラミジアトラコマティスという病原体なのですが、今お話しているクラミジア肺炎という感染症は、主にクラミジアニューモニエという病原体がその原因となってしまいます。 この、クラミジア肺炎に関する情報はこちらの記事でまとめています。 結核は今では治せる病気になりましたが、それでも完全に治すためには 半年近い治療が必要になるそうです。 結核に関する情報はこちらの記事でまとめています。 肺がんは、がんの中でとくに患者数が多いと言われていますね。 肺がんの症状に関する情報や、がんができるメカニズムに関する情報はこちらの記事でまとめています。 手足口病は患者のほとんどが子供ですが、大人でもうつることがあるため、自分の子供が発症してしまった場合は十分に気をつけてください。 また、今回の記事では細菌とウイルスの違いについて簡単に説明しましたが、この2つの違いについては以下の記事でより詳しくまとめています。 これをみていただくと、感染症とはいったいどんなものなのかということがよくわかっていただけるのではないかと思います。 是非一度ご覧になってみてください。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の