えびの市 廃墟ホテル。 宮崎・心霊スポットの廃ホテルはグリーンヒルズホテル!肝試しで遺体発見

【悲報】廃ホテル「心霊スポット」に肝試しで訪れた男性2人が遺体を発見 宮崎

えびの市 廃墟ホテル

宮崎・えびの市のホテル跡で年齢・性別不明の変死体が見つかった。 県外から肝試しに訪れたカップルが発見。 現場はネット上で心霊スポットとして知られるという。 現場はどこなのか調べたところ、「グリーンヒルズ・ホテル」という廃ホテルであることが分かった。 スポンサードリンク 肝試しに訪れたカップルが変死体発見 現場はネットで有名な心霊スポット 15日午後0時50分ごろ、宮崎県えびの市大河平(おこびら)のホテル跡を県外から肝試しに訪れた20代の男性2人が「死体があった」と110番した。 ホテル跡はインターネット上で心霊スポットとして知られる。 県警えびの署によると、9階建てで数十年前に廃業。 入り口はガラスが割れ、誰でも入れる状態だった。 2人は1階から順に上がり、6階の客室で、ベッドにあおむけに横たわる遺体を発見した。 遺体は腐敗が激しく年齢、性別不明で身長は170~180センチ。 白髪交じりで、半袖シャツ、長ズボン姿だった。 所持品は見つかっていない。 同署は事件事故両面で調べる。 現場は陸上自衛隊えびの駐屯地近く。 円形の展望スペースのようなものが屋上にある。 円形部分を含めると7~8階建ての大型物件に見える。 結婚式なども請け負っていたそうだ。 探索レポートなどはあまりない。 より スポンサードリンク 実際にグリーンヒルズ・ホテルに訪れた人のレポート 徒歩数十秒の位置にバス停があるので、あえてのバス利用が一番自然かも。 あるいは夜間(懐中電灯は即バレ通報だと思うので現実的じゃない。

次の

宮崎県えびの市大河平の廃墟ホテル場所どこ?心霊スポットで肝試し中に遺体発見が怖すぎる!

えびの市 廃墟ホテル

報じられた内容 【廃ホテル】「心霊スポット」に肝試しで訪れた男性2人が遺体を発見 宮崎 遺体は腐敗が激しく年齢・性別不明で、所持品は見つかっていない。 県警えびの署は事件事故両面で調べる。 — ライブドアニュース livedoornews 県警えびの署によると、9階建てで数十年前に廃業。 入り口はガラスが割れ、誰でも入れる状態だった。 2人は1階から順に上がり、6階の客室で、ベッドにあおむけに横たわる遺体を発見した。 遺体は腐敗が激しく年齢、性別不明で身長は170~180センチ。 白髪交じりで、半袖シャツ、長ズボン姿だった。 所持品は見つかっていない。 同署は事件事故両面で調べる。 現場は陸上自衛隊えびの駐屯地近く。 出典元:毎日新聞) 心霊スポットの廃ホテルはグリーンヒルズホテル 遺体が発見された心霊スポットの廃ホテルはどこなのか調べてみると、Twitterユーザーが投稿していました。 『宮崎県えびの市大河平(おこびら)のグリーンヒルズホテル跡』のようですね。 リアルホラーになったホテルはここか。 宮崎県えびの市大河平(おこびら)のグリーンヒルズホテル跡 映画に出てきそうな廃墟っぷり。 — はろほろひれはれ Harahireha 毎日新聞ではホテル跡はどこだったのか詳しく伝えていませんが、ネットの情報で明らかになりましたね。 9階建てで数十年前に廃業していたとのこと。 入り口のガラスが割れていて誰でも入れるようになっていたようです。 たしかに上記の画像をよく見ると入り口のガラスが割れていますね。 ホラー映画に出てくる廃ホテルのようですね…。 この廃ホテルよく入れましたね…! しかも1階から順に上がり、6階で遺体を発見って。 怖すぎますww.

次の

宮崎県えびの市にある廃墟ホテルの客室内で性別や年齢が不明な遺体

えびの市 廃墟ホテル

Contents• ニュースでは 県警えびの署によると、 入り口はガラスが割れ、誰でも入れる状態だったそうです。 2人は1階から順に上がり、6階の客室で、ベッドにあおむけに横たわる遺体を発見。 夜中の0時50分ごろに連絡が入ったとのことなので、相当怖いですよね。 遺体は腐敗が激しく年齢、性別不明で身長は170~180センチ。 白髪交じりで、半袖シャツ、長ズボン姿だったそうです。 所持品は見つかっておらず、事件事故両面で調べると報じていました。 宮崎県えびの市大河平の廃ホテルとは? 宮崎県えびの市大河平の廃ホテルは「グリーンヒルズホテル」だそうです。 1980年に開業。 道路沿いにホテルがあり、外観にインパクトがあります。 宿泊部屋は7階までで、8階は円型の展望スペースがあり、9階建てで数十年前に廃業しています。 「グリーンヒルズホテル」に実際に入ってブログにあげている方を見つけましたので、URLを貼っておきます。 怖いのが嫌な方にはオススメしません。 廃墟マニアとかの方にはオススメです。

次の