田代 まさし。 ファミコンのドラゴンクエストの復活の呪文に「田代まさしか、覚せい剤して また逮捕」と入力すると薬草と死の首飾りを持った勇者が復活する!!

【独自】5度目の逮捕 田代まさし容疑者…逮捕2日前の歌い踊る映像入手「様子がおかしかった」

田代 まさし

覚醒剤取締法違反(所持・使用)などの罪に問われた元タレントの田代まさし(本名・田代政)被告(63)に対し、仙台地裁は4日、一部執行猶予つきの有罪判決を言い渡した。 大川隆男裁判官は田代被告の過去の薬物犯罪に触れ、「薬物に対する親和性は看過しがたく、順法精神も低下し、実刑が相当」とした。 判決は、懲役2年6カ月、このうち2年経過後の6カ月については2年間の保護観察つきで執行猶予(求刑懲役3年6カ月)とする内容。 また保護観察の下で、薬物再乱用防止プログラムが有用と指摘した。 上下黒のスーツ姿で法廷に臨んだ田代被告は、背筋を伸ばして証言台に立った。 黒縁の眼鏡をかけ、髪とひげは白く、大川裁判官をじっと見つめて、うなずきながら判決を聞いた。 大川裁判官は「あなたの周りに手をさしのべてくれる人がいるのは財産。 社会に復帰したときは、財産を生かして薬をやめ続けてほしい。 今度こそ二度と罪を犯すことのないようにして下さい」と呼びかけた。 判決によると、田代被告は昨年11月6日ごろ、東京都杉並区の自宅で覚醒剤を使用し、同日、自宅とその周辺で覚醒剤と乾燥大麻を所持した。 (川野由起).

次の

田代まさし逮捕!現在はNHK出演しわずか半年未満だった

田代 まさし

3月某日、都内で地下鉄に乗車中の田代まさし 3月某日午後、勤務している薬物依存症者向けリハビリ施設の最寄駅から、同年代風の女性と地下鉄に乗り込んできた 田代まさし。 トレードマークの黒縁メガネに大きめのハットを被り、ダボっとしたカジュアルな出で立ちでシートの隅っこに座った。 すでに芸能人オーラはなく、田代の存在に気がつく乗客は皆無だったという。 「発車してしばらくすると、男性のほうが車内に響き渡る大声で、連れの女性と話しだしたんです。 少し呂律が回らない感じの喋り方で、何を話しているのかは不明。 『耳障りだなー』と思って男性のほうを見たら、田代まさしだったのでびっくりしました」(電車に乗り合わせた客) いくつもの前科を持っている田代。 最初のつまずきは2000年9月、東急東横線都立大学駅で、女性のスカートの中を盗撮して、任意同行を求められ厳重注意を受けたが、その後の調べで東京都の迷惑防止条例違反で書類送検となった。 01年12月には、民家の浴室を覗いたとして軽犯罪法違反容疑で逮捕された。 人気絶頂だった田代は、その逮捕を皮切りに、以降も覚せい剤などの薬物関連の事件で3度有罪判決を受け、転落人生を歩むことに。 ガリガリにやせ細った逮捕時の写真が公表され、世間に大きな衝撃を与えた。 地下鉄内の話に戻る。 「しばらくして、田代の向かいに座っていた50代くらいの女性とその娘らしき人が、田代に気づいた様子でした。 警察署員が駆けつけたが、結局携帯電話の中に該当写真はなかった。 本人もブログで「私は盗撮行為をしていませんし、盗撮行為をしようともしていません」と弁明している。 しかし当時の田代の行動に、誤解を招く動きがあったことから、東京都迷惑防止条例違反にあたるとして、東京簡裁から罰金30万円の略式命令を受けた。 薬物を完全に断ち切り、依存症者のためのリハビリスタッフとして働き始めたところだっただけに、「立ち直り途中の身であることを強く自覚した」と田代は綴っている。 再度地下鉄内の話へ。 車内がザワついてきたのに気づいたのかどうか、田代と連れの女性の会話はヒートアップし、田代は突然 ビートたけしのギャグ「コマネチ」のポーズを披露したのだ。 連れの女性は大爆笑。 車内の乗客たちも、懐かしの古いギャグに思わず苦笑していたという。 その後、携帯電話を取り出し、連れの女性と何やら再び談笑を始めた田代。 過去の事件があるだけに、電車の中での携帯電話の操作はできるだけ控えたほうがよさそうだ。 (文=編集部).

次の

田代まさし逮捕!現在はNHK出演しわずか半年未満だった

田代 まさし

逮捕2日前のパーティーでは陽気に歌い踊る姿も 11月6日、覚せい剤所持の現行犯で逮捕された、元タレントの田代まさし容疑者(63)。 FNNは逮捕2日前の映像を独自入手した。 マイクを握り、壇上でデュエットの名曲「ロンリー・チャップリン」を陽気に熱唱。 FNNが独自入手した、逮捕2日前の姿だ。 自ら歌って踊り、パーティーを盛り上げていたが、その姿は顔がむくみ太っている印象。 関係者によると、当日は田代容疑者の様子がおかしいと感じた人もいたという。 宮城県警は、田代容疑者が2019年8月、宮城・塩釜市内のホテルで覚醒剤を所持した疑いで逮捕状を持ち、11月7日に都内で接触。 その際に、田代容疑者が覚醒剤を持っていたことから、現行犯逮捕した。 田代容疑者の宿泊していたホテルから注射器 8月23日の夜、田代容疑者は宮城・塩釜市内の飲食店のパーティーにゲストで招かれ、塩釜市を訪れていたことが新たに分かっている。 また関係者への取材で、 田代容疑者が宿泊していた塩釜市のホテルの部屋から注射器が見つかっていたことも新たにわかった。 また逮捕前日、田代容疑者自身のYotubeチャンネルで公開された映像「 BLACK MARCY 田代まさしの半生と反省を語る」では… 田代まさし容疑者: (刑務所では)たばこ吸えないから。 刑務官は休憩時間にたばこを吸って良いですから。 たばこを吸ってるのがすぐ分かるんですよ、ずっと吸ってないから自分は。 匂いで… 刑務所生活のつらさを語る中、時折、 ろれつが回っていないように見える場面もある。 田代まさし容疑者: で次... これは僕が... 僕が懲罰房に入れられてた事実のよそ見の話なんですけど… 40年来の親交があるミュージシャン「約束したばかり…」 一緒に出演していたのは、田代容疑者と40年以上の親交があるというミュージシャンの佐藤秀光さん。 2週間前に会った際の田代容疑者について、佐藤さんは… 佐藤秀光氏: (数年前から)5kgくらい太って、80kgちょっとあるんじゃないかな。 80kgじゃすまないか、90kg近くあるんじゃないか、今 田代容疑者はYoutubeチャンネルで10月、こうも話していた。 田代まさし容疑者: 今(覚醒剤を)やっていたら、あんなに太ってないですよ。 熟練になってくるとご飯も食べられる、睡眠もとれるようになってくるらしいですよ 信じていた田代容疑者に裏切られる形となった佐藤さんだが、やっていないと信じている。 佐藤秀光氏: 100%すぐ戻ってくる。 なんかの間違いだ。 本人は覚醒剤をやってない。 絶対に確信できる。 俺はいくつになってもおじいさんになっても、子どもでいたい気持ちでいようじゃないかと、約束したばっかだ… 警察は、田代容疑者の認否を明らかにしていない。 今後は覚醒剤の入手ルートや使用についても、調べる方針という。 薬物依存から抜け出すことの難しさを証明してしまう形に 加藤綾子キャスター: やはり薬物依存から抜け出すのは本当に難しいことということなんですかね? ジャーナリスト・柳澤秀夫氏: 5回目でしょ?逮捕。 身をもって薬物依存というのが、いかに抜け出すことが難しいかということを、田代容疑者自身が、今回いみじくもこれで証明してしまっているということだと思うんですよね。 そうなってしまうと、一度たりとも薬物に手を染めてはいけないということを我々は深く学ぶべきじゃないかなという気がしますね 加藤綾子キャスター: 信じていた佐藤さんからも、すごくつらいお気持ちだと思うんですけど、風間さん? フジテレビ 風間晋解説委員: またやっているにもかかわらず表に出て、治療だとか収監体験を語るというのは、そうせざるを得ない部分もあると思うんですけど、そうすることが同時に自分が今、またやり始めていることのカムフラージュというか、そういうものになると考えてた部分もあるのかな… 加藤綾子キャスター: 周りも、もうやっていないと信じてくれているだろうなというところを狙っていたんじゃないかと? ジャーナリスト・柳澤秀夫氏: 煙幕を張っていたような気もしないでもないですね (「Live News it! 」11月7日放送分より).

次の