しまむら ダサい。 しまむらのショーツの人気・おすすめは?パンティ/下着/ブラジャー

しまむら、客離れに歯止めかからない深刻事情

しまむら ダサい

しまむらの店舗(「」より/Kinki explorer) 全国に約1400店舗を展開し、日本のファストファッションを代表する存在である しまむら。 ただ、4月2日に発表された2018年2月期決算では、売上高が約5651億円(前期比0. 1%減)、営業利益が約428億円(同12. 1%減)と、減収減益に終わっている。 減収はリーマンショックの影響を受けた2009年2月期以来、実に9期ぶり。 ついにブームが下火になったのかという指摘は免れないだろう。 ユニクロのような競合ブランドが好調を維持しているなか、なぜしまむらは苦境に陥ってしまったのか。 ファッションビジネス・ジャーナリストであり、著書に『ユニクロ進化論』(ビジネス社)を持つ松下久美氏に話を聞いた。 それが不振の理由の一つですが、商品戦略面での失敗も大きいでしょう。 一つの店舗内に、同じような服はサイズ違いくらいしか置いておらず、他の人が着ているものと被ることもないですし、そのときに行かないと出会えない商品ばかり。 それが『まるで宝探しみたいだ』と好評だったわけです。 かつてしまむらは複数のメーカーから仕入れた不良在庫をかなりの低価格で売っていましたが、数が揃っていなかったことを逆手に取った戦略でもありました。 しかし2010年あたりからは、PB(プライベートブランド)商品の比率を高めるようになり、とくにこの2年ほどは、大量に売れるものを増やすべく、商品数を絞り込んできました。 女性物の商品についていえば、毎年2割ほど減らす計画でしたが、極端に減らしすぎて、店舗内のアイテム数がかつてに比べて4~5割くらい減ってしまいました。 ラインナップも単調に見えてしまいますので、しまむらの特徴だった、商品選びの楽しさが薄れてしまったのです」(松下氏).

次の

ファッションセンター「しまむら」でメンズのオシャレはできない?

しまむら ダサい

しまむらの店舗(「」より/Kinki explorer) 全国に約1400店舗を展開し、日本のファストファッションを代表する存在である しまむら。 ただ、4月2日に発表された2018年2月期決算では、売上高が約5651億円(前期比0. 1%減)、営業利益が約428億円(同12. 1%減)と、減収減益に終わっている。 減収はリーマンショックの影響を受けた2009年2月期以来、実に9期ぶり。 ついにブームが下火になったのかという指摘は免れないだろう。 ユニクロのような競合ブランドが好調を維持しているなか、なぜしまむらは苦境に陥ってしまったのか。 ファッションビジネス・ジャーナリストであり、著書に『ユニクロ進化論』(ビジネス社)を持つ松下久美氏に話を聞いた。 それが不振の理由の一つですが、商品戦略面での失敗も大きいでしょう。 一つの店舗内に、同じような服はサイズ違いくらいしか置いておらず、他の人が着ているものと被ることもないですし、そのときに行かないと出会えない商品ばかり。 それが『まるで宝探しみたいだ』と好評だったわけです。 かつてしまむらは複数のメーカーから仕入れた不良在庫をかなりの低価格で売っていましたが、数が揃っていなかったことを逆手に取った戦略でもありました。 しかし2010年あたりからは、PB(プライベートブランド)商品の比率を高めるようになり、とくにこの2年ほどは、大量に売れるものを増やすべく、商品数を絞り込んできました。 女性物の商品についていえば、毎年2割ほど減らす計画でしたが、極端に減らしすぎて、店舗内のアイテム数がかつてに比べて4~5割くらい減ってしまいました。 ラインナップも単調に見えてしまいますので、しまむらの特徴だった、商品選びの楽しさが薄れてしまったのです」(松下氏).

次の

しまむらで「全身コーディーネート」をお願いしたらオシャレになれるのか? 試したら…店員さんの知識爆発! 予想外の接客で今後は “しまパト” しちゃうかも

しまむら ダサい

しまむらの店舗(「」より/Kinki explorer) 全国に約1400店舗を展開し、日本のファストファッションを代表する存在である しまむら。 ただ、4月2日に発表された2018年2月期決算では、売上高が約5651億円(前期比0. 1%減)、営業利益が約428億円(同12. 1%減)と、減収減益に終わっている。 減収はリーマンショックの影響を受けた2009年2月期以来、実に9期ぶり。 ついにブームが下火になったのかという指摘は免れないだろう。 ユニクロのような競合ブランドが好調を維持しているなか、なぜしまむらは苦境に陥ってしまったのか。 ファッションビジネス・ジャーナリストであり、著書に『ユニクロ進化論』(ビジネス社)を持つ松下久美氏に話を聞いた。 それが不振の理由の一つですが、商品戦略面での失敗も大きいでしょう。 一つの店舗内に、同じような服はサイズ違いくらいしか置いておらず、他の人が着ているものと被ることもないですし、そのときに行かないと出会えない商品ばかり。 それが『まるで宝探しみたいだ』と好評だったわけです。 かつてしまむらは複数のメーカーから仕入れた不良在庫をかなりの低価格で売っていましたが、数が揃っていなかったことを逆手に取った戦略でもありました。 しかし2010年あたりからは、PB(プライベートブランド)商品の比率を高めるようになり、とくにこの2年ほどは、大量に売れるものを増やすべく、商品数を絞り込んできました。 女性物の商品についていえば、毎年2割ほど減らす計画でしたが、極端に減らしすぎて、店舗内のアイテム数がかつてに比べて4~5割くらい減ってしまいました。 ラインナップも単調に見えてしまいますので、しまむらの特徴だった、商品選びの楽しさが薄れてしまったのです」(松下氏).

次の