あな番 考察。 あな番の全伏線回収と謎一覧まとめ!オープニングの赤い丸の意味は?

“考察班”生み出す『シロクロ』『あな番』『3年A組』 日テレ日曜ドラマ枠はSNS時代を攻略!?|Real Sound|リアルサウンド 映画部

あな番 考察

日本テレビの日曜ドラマは、SNS時代を生きる視聴者をうまく捉えている。 これまでのテレビ番組を評価していたのは「視聴率」だった。 しかし、ソーシャルメディアやオンデマンド配信の普及により、SNSに投稿しながら鑑賞する「ソーシャル視聴」や「録画視聴」の影響が大きくなり、リアルタイムの視聴率だけではドラマの人気を測れなくなりつつある。 「日テレ日曜22時半枠」はそんなSNS時代の今を汲んでいるのだ。 本作は、「SNSとの関わり方」がテーマに盛り込まれていた。 脚本の武藤将吾は「セリフで語らない」という脚本のセオリーをあえて破り、ストレートな台詞で若年層に訴えかけた。 この方法は功を奏し、SNSへの関心が高い世代の心を捉えたようだ。 そして本作終了後には、「ネット上で発した言葉は時に凶器になる」というメッセージに「観ててすごく大切な授業だった」「悪口などを呟かないことを誓う」などのつぶやきが多数目に留まった。 『あなたの番です』『あなたの番です-反撃編-』 マンションに引っ越してきた年の差婚の新婚夫婦、手塚菜奈(原田知世)と手塚翔太(田中圭)が、住民会で行われた「交換殺人ゲーム」に巻き込まれる姿を描いたミステリードラマ。 第1章では、キャッチコピー「毎週、死にます。 」が示す通り、毎週ドラマ内の登場人物が殺害され、第1章最終回に主人公の一人・菜奈が殺された。 その衝撃的な展開はSNS上で話題となり、放送終了後、Twitterに「菜奈」というワードがトレンド入りしていた。

次の

『あな番』ブーム、データが示す「考察ツイート」の威力

あな番 考察

1話の犠牲者 書いた人 引いた人 殺害方法 管理人 榎本早苗? 黒島? 自殺と推定……!? 【備考・推理】 ・自殺なら、宙吊りなどせず普通に飛び降りれば良いのでは? ・争った形跡はなし。 管理人は脳腫瘍を患っていた。 ・自分で手すりを乗り越えた指紋と足跡があった。 (NEW) 1話の伏線・推理 なぜ尾野は、翔太だけをガン見した? 引越しの当日。 奈菜と翔太が、尾野幹葉の部屋に挨拶に行くと、尾野は「きょうだいですか?」と質問しました。 夫婦だと答えた途端、尾野は奈菜のことは一切見ずに、翔太だけをガン見。 かつて303号室(今は空室)に住んでいた夫婦も尾野に狙われ、夫婦仲が壊れてしまいました。 管理人の手作りネームプレート 管理人は、ネームプレートを入居者全員にプレゼントしているとのこと。 誰も使っていない中、唯一、尾野だけがプレートを使っています。 管理人と親密な仲だった? それとも尾野がリメイクした? (弁当箱を手作りしたぐらいだから、プレートもリメイクできそう) 個人的な予想ですが、このプレートには、 盗聴器orカメラが仕込んであるのではないかと推測しています。 いつもタイミング良く翔太の前に現れていますし。 かつての303号室の男性のことも、カメラで見張っていたのではないでしょうか? また、カメラが仕込んであったとすれば、奈菜が廊下で話していた内容も尾野にバレています。 たとえば、久住が「僕が袴田吉彦と書いた」という会話も知っていたことになるのです。 管理人の鍵のくだりは、翔太の誘導? 翔太&奈菜が住む302号室に、なぜか管理人の鍵が落ちていました。 (ソファの下) 25分時点で部屋が映ったときには無かった鍵が、どうしてソファの下にあったのか。 考えれば考えるほど、一連の流れが翔太の誘導に思えてしまいます……。 早苗のチェインストーリーを見る限りでは、誰かに脅されていたようです。 実行犯は早苗で確定しましたが、早苗が紙を引いたかどうかはまだ不明。 しかしどれだけ探っても、タナカマサオの正体が分かりません。 そんな時、藤井が勤めている病院に、 タナカマサオという名の患者が現れました。 あまりにもタイミングが良すぎる!きっと誰かが藤井とタナカマサオを 引き合わせたのでは? 藤井を脅していた早苗も、タナカマサオの正体を知らなかったはず。 よって、藤井とタナカを引き合わせたのは早苗ではないと思います。 とすると、殺してほしいと思っていたシンイーが2人を引き合わせたのでは?ブータン料理店でバイトをしていたシンイーなら、ドルジ店長(=タナカマサオ)であることを知っていたはずです。 つまり黒幕の仕業。 それから、【赤池夫妻・浮田・奈菜】には、共通していることが2点あります。 赤池夫妻は、浮田が「美里の名前を書いた」と暴露する 前に殺害されました。 書いた浮田本人と、 引いた人以外は。 4話の伏線・気になること ・赤池美里は、浮田が話しかけるとそっぽを向く ・黒島のゴミ袋から、香典袋が出てくる ・田宮は監視カメラの映像を見て以降、部屋に引きこもっている。 新聞チェック。 ・ 引いた紙の名前を暴露しあう。 暴露に参加したのは(浮田、石橋、黒島、奈菜、早苗)の5名。 聞いていたのは【奈菜・黒島・早苗】の3名のみ。 ・浮田が暴露したあと、浮田に脅迫文が届く。 ・警察が到着したとき、赤池家の誕生日ケーキのプレートが消えていた。 ・翔太は引越しを提案するが、奈菜は拒否。 ・翔太は「交換日記をしよう」と提案するが、奈菜は拒否。 なぜ? ・田宮は、住民会に参加した 黒島を凝視し、驚く。 (早苗と黒島が知るのはもっと後です) 直後、久住に脅迫文が届きます。 よって、私は奈菜が脅迫犯だと思っていました。 しかし、尾野の玄関プレートに盗聴器が仕込まれていたなら? 久住が奈菜に打ち明けた場所は、302号室の玄関前。 十分盗聴できるはずです。

次の

田中圭『あな番』でバズった 考察 という新たなドラマの楽しみ方

あな番 考察

あなたの番です 尾野幹葉 奈緒 の特徴・行動 伏線 を振り返る まず始めに、ドラマ『あなたの番です』7話終了時点での、尾野幹葉 奈緒 の特徴や行動を振り返って伏線部分を洗い出してみました。 第1話 尾野幹葉の特徴・行動 伏線 ・管理人のネームプレートをずっと付けている ・兄弟ですか?と手塚夫婦に聞いた後、翔太にしか話をしない ・住民会の席で菜奈に「虫を殺すのが好きなんですね」と嫌味たらしく言う ・交換殺人ゲームの引いた紙をすぐにバッグに入れる 第2話 尾野幹葉の特徴・行動 伏線 ・電話で「寿司とくなが」という店にアレルギー表記がしていないとクレームを入れる。 他に経験したことがないことある?と聞く。 何でもいいから翔太の初めての相手になりたいと言う 第3話 尾野幹葉の特徴・行動 伏線 ・マンションの階段で藤井に「ドクター山際の生首があるんじゃない?」と聞く ・みんな不安だと言う石崎洋子に対して「何で不安なんですか?」と聞く ・住民会で田宮と浮田の口論に対してニコニコしている ・紙に書いてある「殺人教唆」の意味を説明する菜奈に「詳しいんですね、手塚さんがコピーしたの?」と決めつける ・ゲームに無理やり参加させられたと言う ・翔太が働きに出かける時に自分の玄関の隙間から覗いている、そして朝一緒に合流し「何かもらえると予想していました?」と言う。 ここで雷おこしを渡す。 翔太に対して何を企んでいたのか、執着した理由と目的を考察していきます。 尾野幹葉の正体! マンションで尾野が住んでいる3階では空き室があり・手塚夫婦が来る302号室も元は空き室でした。 今まで隣に入居してきた男性すべてに、異常な愛情を押し付けていたのではないかと思われます。 男性も初めは不思議な女性として興味を示す人もいるが、思い込みが激しく厄介で面倒くさい女性として見られ、最後は捨てられてしまうことになります。 そんな男性を許すことが出来ない尾野は、脅迫・脅しを始め、男性は命の危険を感じ取って引越しして行ったのではないでしょうか。 だから、尾野の周りに住民の出入りが多いのではないかと考えてられます。 そんな、過去を繰り返す毎に、精神的に不安定となりメンヘラ化していったと考察します。 これが尾野幹葉の正体です。 何を企んでいたのか? 若い女性であれば、誰もがいつか結婚して幸せな家庭を手に入れたいと考えるでしょう。 尾野が企んでいたのは、単に自分が思い描いていた理想の家庭像だったのではないでしょうか。 幼い時に幸せな家庭ではなかったとして、空想の家庭像を描いて、それを近くにいる男性に強く望んでしまったのでしょうね。 翔太に執着した理由と目的は? これまでの男性は、尾野に対して無視したり・馬鹿にしたり・逃げたりと相手にされませんでした。 しかし、翔太は優しく接してくれています。 好意を持たれていると勘違いから、この人が今までの中で最高の結婚相手と思い込んでしまったのが、執着した本当の理由ではと考えられます。 元々、尾野は人の持っているものを欲しがったり、手にしたいと思ったらどんな方法でも取って奪ったりするタイプの女性です。 菜奈から翔太を奪ったら菜奈がどんな顔をするのか見てみたい。 人が困った顔を見るのが愉快で楽しくてたまらないと言った、相手を不幸にさせる目的ではないかと思います。 思い込みが激しく、依存性が高い、相手の幸せを不幸させるといった表れが行動に出始めてきている 壊れる尾野幹葉の今後は、どのような行動を起こすのか、結末はどうなってしまう!? そんな、独りよがりの強烈な尾野幹葉劇場に、私たちは一気に引き込まれそうになりながらも、何だかんだ笑いも込み上げてきますよね 笑 7話終了段階では、302号室の手塚夫妻に危害を加えるのではないかと思い、翔太が尾野に命を狙われるのか、もしくは菜奈が狙われるのかと考えられます。 年上の姉さん女房の菜奈が、機転を利かす、そして翔太が命を張って菜奈をかばおうといった2人で協力して助け合うのを想像しています。 ここで、夫婦愛が深まるのではないかとも思ったりしています。 すでに交換殺人ゲームは、順番通りに " あなたの番です"が成り立っていないことが、徐々に明らかとなっていますよね。 交換殺人ゲームとは又別の犯人(黒幕)が、ゲームを装いながら次々と殺していき闇の中に身を潜めています。 翔太をモノにできないと思った尾野は、やけくそになって殺人犯に暴露してやると、挑戦的な態度をとって犯人(黒幕)に殺されてしまうのではないかと予測しています。

次の