レビー 小 体型 認知 症。 レビー小体型認知症 家族を支える会

レビー小体型認知症とは?その原因や症状を大解剖

レビー 小 体型 認知 症

レビー小体型認知症は、比較的新しい類型の認知症です。 しかし、決して数が少ないわけではなく、診断される方は増えてきています。 このページではレビー小体型認知症の特徴や、治療法などについて解説します。 【目次】 レビー小体型認知症とは? レビー小体型認知症はかつてパーキンソン病の症状だと考えられていましたが、小阪憲司医師により発見され、1996年に診断基準が確立された認知症です。 認知症全体の約2割がレビー小体型認知症とされ、女性よりも男性に発症が多い傾向があります。 レビー小体型認知症が起こるしくみ レビー小体型認知症はレビー小体という変性した細胞が、脳の大脳皮質や脳幹部に生じ、その影響で脳神経細胞が破壊され生じる認知症です。 なぜこうしたレビー小体が生じるのかはまだわかっていません。 また、他の認知症と比較すると進行が速いのが特徴です。 脳にレビー小体が生じることにより引き起こされる病気には、他にパーキンソン症候群があり、併発が多くみられます。 そのため、レビー小体型認知症への治療・対応と並行し、パーキンソン症候群への治療・対応も必要となります。 発症は高齢者が多いですが、若いときにパーキンソン症候群を発症し、レビー小体型認知症へ移行していくこともあります。 症状と進行 レビー小体型認知症においては、他の認知症類型と同じく物忘れなどの記憶障害や、時間や場所、人の認識がうまくできなくなる見当識障害、ものごとを計画立てて行うことが難しくなる実行機能障害などの症状もみられますが、以下のような レビー小体型認知症に特有の症状がみられます。 パーキンソン症状• レム睡眠行動障害• 自律神経症状• 認知機能や意識レベルの極端な変動• 抗精神病薬薬剤の過敏症 個人差がありますが、おおむね以下のような経過で症状が表れ進行していきます。 初期 初期から認知機能の低下がみられることは少なく、以下のような特有の症状から表れはじめます。 パーキンソン症状 下記のようなパーキンソン症候群に特有の症状が先行して表れます。 手足がふるえる(振戦)• 動きが遅くなる(無動)• 筋肉が硬くなる(固縮)・無表情• 姿勢のバランスが悪くなる(姿勢反射障害・前かがみ歩行)• 歩幅が小さくなり、歩き始めの足が出しづらくなる一方、歩行し始めると突進してしまう 幻視 視覚を司る後頭葉が障害を受け、存在しないものが見えてしまう症状です。 そのため、以下の例のような行動に出てしまう場合もあります。 レビー小体型認知症の方は、レム睡眠時に大声を出す、暴れるなど、寝ぼけているとはいえない程度の異常な行動がみられることがあります。 自律神経症状 自律神経のバランスが崩れ、立ちくらみや寝汗、頻尿や便秘、動悸やだるさなど、多様な身体の不調が生じてきます。 レム睡眠障害での不眠や自律神経症状による不調から抑うつ状態になることもあります。 また、このような症状に周囲が困惑し混乱する時期でもあります。 中期 初期症状の変動が大きくなり、改善と悪化の波を繰り返しながら、徐々に症状が強まっていきます。 また、記憶障害や見当識障害など、認知機能の低下もみられはじめます。 このころから進行が早まってきます。 認知機能、意識レベルの変動 レビー小体型認知症は日によって調子の波が大きく、一日のうちでも変動し、特に夕方に悪化する傾向があります。 自律神経症状も加わり、食後に急に無動状態になったり、夕方に幻視を頻繁にみることもよくあります。 抗精神病薬薬剤への過敏性 認知機能の低下に対する抗認知症薬、パーキンソン症状に対する抗パーキンソン薬などの投薬治療が行われますが、抗精神病薬に対する過敏性があり、人により薬の副作用が出ることもあります。 量や種類を変更したときなどに症状が悪化する場合もあります。 後期 パーキンソン症状が強くなり、ちょっとしたきっかけで転倒や転落などの危険性があります。 自律神経症状によるふらつきや立ちくらみにも注意が必要で、身体介護の必要な場面が増えてきます。 また、飲食物を飲み込む嚥下機能の低下も生じやすく、むせて誤嚥性肺炎を引き起こす可能性も高まります。 誤診されやすい病気 レビー小体型認知症は、以下のような違う病気や他類型の認知症と診断されることもあります。 パーキンソン病 レビー小体型認知症とパーキンソン病が併発しているのに、パーキンソン病だけが診断される。 うつ病 ぼんやりとしているなどの意識レベルの低下や変動から診断される。 その他の精神疾患 幻視とそこからくる異常な言動により診断される。 アルツハイマー病 認知機能の低下により診断される。 上記のような診断が誤診の場合、適切な対応が遅れるだけではなく、時として、下記の例のように症状の悪化を招いてしまうこともあります。 抗精神病薬を増量して処方・投与 これではご本人にもご家族にも辛い結果となります。 誤診を防ぐため、レビー小体型認知症が疑われる場合は認知症に詳しい専門医を選び、周囲の方はご本人に表れた特徴的な症状をしっかり伝えましょう。 診断と治療 診断 レビー小体型認知症は他の認知症と違い、脳の萎縮や死滅が目立たないため、MRIやCTによる画像診断では判断できないことがほとんどです。 認知症の診断では、症状の原因が認知症によるものかどうか、認知機能、記憶、実行機能などについて、口頭質問や、文字・図形・絵などを描いて検査する神経心理学検査が実施されます。 この中で、レビー小体型認知症では記憶や計算機能などの課題よりも、時計を描画するなど、視覚を使う課題がうまくできない傾向がでます。 MIBG心筋シンチグラフィという、自律神経機能を計測する検査も行われることがあります。 幻視やレム睡眠障害、パーキンソン症状など、日常で表れる特有の症状の存在が診断の大きなポイントになります。 正しい診断のために、周囲の方は、 ご本人の症状を把握し医療側に伝えることが大切です。 治療 薬 認知機能の低下についてはアルツハイマー病と同じく、症状の進行を抑えるため抗認知症薬(アリセプトなど)が処方されます。 パーキンソン症状については抗パーキンソン薬が処方されます。 しかし、薬剤への過敏性があるため、薬剤が副作用を起こさず適切な効果を現す量の調整は非常に難しく、信頼できる医師・看護師・薬剤師等との密な連携が重要です。 服薬して体調はどうか、薬剤の量を変更したら症状にどんな変化があったかなど、薬剤の影響を想定しつつ状況を観察し、医師に報告してください。 リハビリテーション 動作に支障が出るパーキンソン症状には、運動療法が効果的とされています。 理学療法士などのサポートを受けながら、散歩など日常的な運動に取り組みましょう。 レビー小体型認知症の人への対応 環境整備 前かがみ歩行、小刻み歩行やバランスの悪さなどにより、転倒リスクが高まります。 レビー小体型認知症の症状の進行は比較的緩やかですが、転倒し骨折などして身体機能の制限を受けると、認知症の症状の進行が急激に進む危険性もあります。 屋内での段差の除去や、適切な手すりの設置など、転倒や転落を防ぐ対策が有効です。 ご本人への対応 対応の基本はアルツハイマー型認知症の方への対応と共通していますが、レビー小体型認知症の特徴的な症状への対応のポイントと具体例は以下のとおりです。 幻視があるとき 周囲を驚かせる幻視を訴えることもありますが、ご本人にははっきりと見えています。 否定したり無視したりせず、 ご本人が安心することを大切に対応します。 例:「そこに怪しい人影がいる」と訴える 「そんな人いないわよ!」と否定する。 「私も見回りしてみますね」など、本人が落ち着ける声をかける。 レム睡眠障害があるとき 夜中に様子が変わったご本人を目の当たりにすると家族は驚くかもしれませんが、レム睡眠は長時間継続しないものです。 ご本人の安全を確認しながら、しばらく静かに様子を見守ると、自然とノンレム睡眠に移行し穏やかになります。 例:夜中に突然大声を上げ起きて歩き回る 「しっかりしてよ!」と起こす。 あらかじめ、ベッドから落ちても大事故にならないように低床にしておいたり、転倒しないように通路の障害物をどけておく。 症状が出たら、外に出ないように見守りながら、再び眠るまで待つ。 認知機能や意識レベルが下がったとき 認知機能や意識レベルは、多くの場合、それぞれに一定の変動周期がみられます。 無理に活動させたり起こしたりせず、状態が良いときに行うようにしましょう。 例:昨日はリハビリができたのに今日は指示通り動かない 「しっかりがんばって!」と励ます。 どんな周期で意識が清明になるかデータをつけ、意識がはっきりしていそうなときにリハビリ時間を設定する。 レビー小体型認知症とともに生きるには、適切な薬の調整、リハビリテーション、転倒予防などとともに、周囲の方がご本人の状態を詳細に把握することが大切です。 医師や専門職としっかり連携を取り、ご本人が安全に、安心して生活できる環境を構築していきましょう。 イラスト:安里 南美.

次の

レビー小体型認知症とは?症状と接し方から診断までの流れ

レビー 小 体型 認知 症

レビー小体型認知症は、認知症の中でアルツハイマー型認知症に次いで患者数が多く、高齢者が発症する認知症の約20%を占めます。 発症率は男性の方が高く、1990年の後半に知られるようになった新しい認知症です。 もの忘れなどの認知機能障害だけでなく、幻視やうつ病、歩行障害などが出現するパーキンソン症状、レム睡眠行動障害などの症状が現れます。 中でも多くみられる幻視症状では、本人がおかしなことを言っていても否定せず、じっくりと話を聞いてあげることが大切です。 このページでは、レビー小体型認知症の具体的な症状や治療方法、患者への接し方のポイントを説明します。 日本認知症学会の理事で、横浜市立大学保健管理センター長の小田原俊成教授に教えてもらいます。 そのため、神経細胞を死滅させたり、脳の神経細胞間のネットワークを破壊したりすることで認知症になるとされています。 レビー小体自体は脳だけでなく、末梢の神経にも出現するので、起立性低血圧や下痢などの自律神経障害もしばしばみられます。 特にレビー小体は、脳のドパミン神経に出現しやすいという特徴があります。 ドパミン神経は手足や顔の動きをコントロールしていることから、 体が上手く動かなくなるのです。 このため、レビー小体型認知症では記憶障害などに加えて、体の動きに障害が出るようにもなります。 上記の図で中心的症状となっている 認知機能障害は、レビー小体型認知症と診断するために必須の症状とされている、認知症として核となる症状です。 この認知機能障害は進行性で、徐々に悪化していきますが、調子が良いときと悪いときの差が大きくなることが特徴です。 日や時間帯によって症状がほとんど現れないこともあるため、周囲の人から「認知症ではない」と見過ごしてしまうケースもあります。 特に、認知症初期の頃は、認知機能の低下が目立たないこともあり、ほかの病気に誤診される場合が少なくありません。 そして 図の中核的特徴となっている、認知機能変動、幻視、パーキンソニズム、レム期睡眠行動異常症は、診断をするときに重視される4つの症状を指します。 幻視症状が現れると、夜に現れやすく、人や小動物など、実際にはそこにいないものが本人にはっきりと見えるようになります。 さらに、パーキンソニズムとは、手足の震えや筋肉のこわばりなどの症状が出現し、転倒を繰り返すようになることが多くあります。 また、睡眠時に異常行動を起こす「レム睡眠期行動異常症」も、レビー小体型認知症に多い症状。 これらの症状を、進行の経過として見ていくと、認知症初期の頃は、幻視やレム睡眠行動障害などが現れる割合が高くなります。 それから 症状が進むにつれて、認知機能障害やパーキンソン症状が重くなっていきます。 そのほか、図の支持的症状とは、レビー小体型認知症では通常なら現れることの多い症状ですが、診断する重要な判断基準にはならない症状のことを指します。 それでは、症状について一つずつ詳しく見ていきましょう。 中期ではパーキンソン症状が悪化し、サポートなしでは歩行困難になることが多いです。 また、レビー小体型認知症は、初期段階では認知機能の調子が良いときと悪いときを繰り返すという症状が出るのですが、中期になると悪化している時間帯が長くなってきています。 そのため、周囲の人とコミュニケーションを取れない時間帯やもの忘れがひどくなる時間帯が増えるのです。 症状が進んでいき、中期になると顕著に現れてくるのが「BPSD(心理・行動症状)」です。 BPSDとは、徘徊(当てもなく歩き回ること)や物盗られ妄想(財布などを盗まれたと思い込むこと)など、認知症と環境などが合わさって起こる症状のことを指します。 幻視や妄想などの症状も次第に悪化する中、日常生活を送るうえで介助は不可欠なものとなり、家族が介護にかける時間も増えてきます。 レビー小体型認知症の診断にあたって必須の症状として位置づけられているのは 「認知機能障害」です。 ほかにも、中核的な症状として 「幻視症状」や 「レム睡眠期行動異常症」 「認知機能の変動」 「パーキンソン症状」があります。 そしてこれら4つの症状のうち2つが現れていると、レビー小体型認知症であると判断されます。 認知症検査においては、問診や認知機能検査のほかにMRIなどによる画像診断が行われますが、脳の画像で見た場合、レビー小体型認知症はアルツハイマー病に比べて脳の萎縮が軽度なことが多いです。 また、脳の血流状態やドパミン神経細胞の減少度合を調べるSPECT検査でも、レビー小体型認知症の特徴を見てとることができます。 さらに、自律神経の機能を調べる「MIBG心筋シンチグラフィ検査」も発症当初から異常を把握することができ、ほかの病気と区別するうえで重要となる検査です。 レビー小体型認知症と診断されるときの基準をわかりやすくまとめると、以下の通りです。 アルツハイマー病との違い アルツハイマー病と誤診されやすいレビー小体型認知症ですが、実際にはどこに違いがあるのでしょうか。 主な症状項目について、表にまとめているので、比較してみましょう。 【レビー小体型認知症】 【アルツハイマー病】 生活障害 注意障害や視覚認知障害による困りごとが多い 記憶障害が大きな症状として現れる 幻視 多く見られる 少ない 妄想 嫉妬妄想などが幻視によって引き起こされる 物が盗まれたと思い込むことがある 徘徊 少ない 多い 認知機能 良いときと悪いときの変動あり 緩やかに進行する 睡眠障害 寝ているときに突然叫ぶ、大声を出すなどの異常行動がある 一般的な睡眠障害がある パーキンソン症状 強く出る。 足などの筋肉がこわばり、動きが鈍くなったり小股で歩いたりするほか、表情がなくなるなどの症状がみられる ほとんど出ない 症状の進行を抑える薬物療法が行われる レビー小体型認知症には、 現状では根本的な治療法がないので、薬によって経過の進行や症状を改善する治療が行われています。 もともとアルツハイマー病の治療に使われていた薬ですが、レビー小体型認知症にも効果があることがわかり、用いられるようになりました。 ほかにも、抗パーキンソン病薬や自律神経障害に対する薬など、現れる症状に応じた薬物療法が行われています。 ただ、 レビー小体型認知症の人は抗精神病薬に過敏になることが知られており、副作用や薬の効きすぎなどにより、症状が悪化してしまうことも少なくありません。 日ごろから服薬管理をしっかりと行うことが重要となり、もし副作用の症状が出た場合は、担当の医師にすぐに相談する必要があります。 レビー小体型認知症では、 高頻度に幻視症状がみられます。 そこにはいない動物や虫などが見えるという症状が起こるほか、「ものが変形して見える」と訴えることも。 このような幻視症状への対応としては、 「否定しない」ということが重要です。 どんなものが見えるのか、じっくりと話を聞いてあげると、本人の心の状態が落ち着きます。 幻視は周囲が薄暗い時や不安を感じる時に起こりやすいので、部屋の明かりを調整することも重要です。 それから、パーキンソン症状が出ると、体を思うように動かせなくなるため転倒しやすくなります。 ケアを行う場合は、その点を十分に配慮・注意する必要があるでしょう。 また、レビー小体型認知症では嚥下障害が起こりやすくもなるので、食事の介助の際は、食べたものが誤って気道に入る「誤嚥」が起こらないよう気を付けなければなりません。 レム睡眠行動障害がみられる場合は、夜にしっかりと眠れるよう、日中にしっかり活動できる環境を整えることが大事です。 もし夜中に症状が現れた場合は、周囲を明るくして目が覚めるようにしてあげましょう。 なお、認知機能の状態には波があり、1日の中でも変わります。 薬への反応も強いため、もし異常があれば主治医にすぐに相談することも介護者には求められます。 安全に過ごせる環境づくり 室内に置いていてあるものを見間違うこともあるので、目の付くところに洗濯物を干すことや、特定の場所にだけ目立つ色の物を置くことは避けるようにしましょう。 パーキンソン症状もレビー小体型認知症に多い症状ですが、運動障害によってちょっとした段差でつまずき、転倒しやすくなります。 自宅のバリアフリー改修を行うなど、転ばない生活環境を確保することが大切です。 ほかにも安全に歩行できるように、段差を生む玄関マットやカーペットを外したり、室内のコード類を壁に固定したりする必要があります。 適切な接し方や環境づくりをすることで、本人も家族も安心して生活できるようにしていけるように、少しずつ取り組んでいきましょう。

次の

レビー小体型認知症の基礎知識

レビー 小 体型 認知 症

レビー小体型認知症と摂食・嚥下障害 高齢者の介護・医療に携わっている皆様にとって、「認知症」はほぼ毎日のように耳にするワードかと思います。 認知症を正しく理解し知識を深めることは、患者様、ご利用者様、ご家族様をサポートしていく上で重要な課題の一つであると言えます。 そこで、今回はレビー小体型認知症と摂食嚥下との関係についてご紹介をさせて頂きます。 レビー小体型認知症とは レビー小体型認知症は、大脳と脳幹の神経細胞脱落とレビー小体の出現を特徴とし、進行性の認知機能障害に加えて、特有の精神症状とパーキンソニズムを示す変性認知症です。 発症年齢は60~80歳代に多く、報告によりばらつきがありますが、平均死亡年齢は68. 4~92歳、平均罹病期間は3. 3~7. 7年でアルツハイマー型認知症よりも短く、予後は不良です。 老年期の変性認知症ではアルツハイマー型認知症に次いで頻度が高く、認知症のうち10~30%とされています。 歩行困難、寝たきり状態になりやすく、嚥下障害や自発性の低下から食事摂取困難となり、誤嚥性肺炎を繰り返すことも多くなります。 その為、経鼻栄養や胃瘻造設が必要になることも多くなります。 レビー小体型認知症の嚥下の特徴 このようにアルツハイマー型に次いで頻度が高く、進行も早いとされているレビー小体型認知症ですが、嚥下に関してはどのような特徴があるのでしょうか。 ・注意力障害と認知機能の変動により食べることが出来るときと出来ないときといった変動がある。 ・ 視空間障害により食べ物までの距離が正確につかめず手が届かない、食べ物の位置関係がわからず食べ残す。 ・パーキンソニズムによる振戦・無動で摂食動作に支障をきたす。 ・幻視により、食べ物の中に虫や鳥の羽が入っているなどと言い、摂食を中断または拒否する。 ・ドーパミンによる嚥下反射の低下による嚥下障害。 ・抗精神薬への過敏性による誤嚥性肺炎のリスクがある。 認知症のステージごとの嚥下機能の特徴とは では次に、「初期」「中期」「末期」と各ステージごとにどのような特徴があるのかをそれぞれご説明させて頂きます。 中期以降に関しては、レビー小体型に限らず、すべての認知症に共通してみられる特徴です。 初期 食べムラ、食べるときと食べないときの差が大きくなる。 中期 脳の萎縮が進み、失行、失認が出てくるようになる。 具体的には、食事が食べ始められない、途中で中断する、食べるペースが乱れるなどの症状が現れたり、誤嚥も見られるようになります。 末期 脳の萎縮が重度になり、嚥下機能自体が障害される。 口の中の食べ物をうまくまとめられなくなり、口の中に溜めるようになったり、食べる量自体も少なくなってきます。 ここまでくると、傾眠や意識レベル低下の影響も出てくるようになり誤嚥、窒息のリスクも高くなります。 まとめ 今回は認知症、特にレビー小体型認知症と摂食・嚥下についてご紹介をさせて頂きました。 できるだけ、食事をとり続けて頂くために認知症の特徴、ステージの特徴などを考慮し、環境調整をしていく事は非常に大切です。 正しい知識を持って、食事の様子を注意深く観察することでより長く食事をとり続けて頂くためにどうすればいいのかがより明確になるのではないでしょうか。

次の