つる豆の育て方。 インゲン(いんげん豆)の栽培方法・育て方のコツ

【初心者】インゲンの栽培・育て方(支柱の立て方や連作障害など)|【簡単】家庭菜園の始め方と初心者におすすめグッズ

つる豆の育て方

つるなしインゲンというものがあり、通常は長いつるを這わせる支柱とネットが必要なのですが、 つるなしは枝豆のように何の支柱も煎りません。 とても早く収穫できて、枝豆よりも早くとれるものもあります。 若ザヤを食べるため、早くできるようになっています。 新鮮ないんげんのサヤを生で食べると、甘くてみずみずしくて感動を覚えることだと思います。 昔食べた苦いような、匂いのきついアジは何だったんだろう?という くらいに美味しいいんげんが簡単につくれます。 夏、秋に3回くらい種まきして栽培できます。 三度豆と言われたりもしてるようです。 つるなしインゲンの育て方 安価で簡単に手に入るいいインゲンです。 インゲンとは実に身近な食材で、完熟させた豆はご存じのものですが、若さやを食べると、これがまた違った、おかずになります。 一番、多いのがこのタイプのインゲンです。 あずき色というまさにそのものです。 発芽後、葉の形が枝豆とは違い尖っています。 鋭く、三播いの葉が伸びていたらインゲンです。 丸い葉だったら枝豆(大豆)となります。 このあたりから、葉が大きく広がってきます。 葉の一枚一枚が大きくなり、若干、サツマイモのようにも見えます。 この頃から急激に成長します。 そろそろ、花が咲き始めました。 とても綺麗です。 マメ科の花は園芸、観賞用植物でも綺麗なものが多く、たくさん商品化されています。 ほんとうにインゲンの花は綺麗だと思います。 ソラマメの次に綺麗な、いや、エンドウの次に綺麗な、とにかく、綺麗で繊細な花を咲かせます。 インゲンを育てているととても美しい花が咲くということに気が付きます。 小さいですが、これほど綺麗な花はマメの仲間ならではなのかもしれません。 品種により、白や紫、薄い紫などとあります。 また、その花から小さいサヤが伸びてくるところは初めて見たときは、たいてい驚くものです。 このように気が付くと、もう完成しています。 とれたてはトウモロコシのように甘い味がします。 このようにつるなしでも、大量に実がなります。 実にほとんどのプロの畑でみても、つるなしのタイプのインゲンが多いようです。 蔓ありの場合には大きなタイプのインゲンを育てていることが多いように感じます。 つまり、つるなしでも収穫は多く、支柱をたてて、ネットを張るという、とんでもなく面倒な行為がなくなるだけ、コストダウンとなります。 ほんとうに簡単に栽培できるので、空いている場所があったら、暇な時に種だけまいておけば何もしなくても収穫できます。 かなり、手軽な野菜だと思います。 夏野菜で実がなるものの中では一番簡単ではないでしょうか。 びっしりとインゲンが垂れ下がっています。 こちらは様子が違います。 これは大角豆の仲間だと思われます。 ほんと、不思議ですが、葉よりも実が上についています。 そして、葉の形も尖っていて三角葉で、インゲンとは違います。 すごいです。 実を完熟させて、大角豆(ささげ)として、赤飯でもつくるのかもしれません。

次の

つるありインゲン

つる豆の育て方

インゲンに含まれる栄養価はV. B・カロチン・カリウム・食物繊維などで、ビタミン・ミネラルが豊富な健康野菜です。 インゲンには弦あり種と弦無し種があります。 弦無し種を選べば支柱を立てる必要がないのでスペースが限られてしまうマンションのベランダなどでもインゲンマメの栽培が可能です。 インゲンは弦無し種の方が育てやすいので、家庭菜園初心者は弦無しインゲンからまずは育ててみましょう。 インゲンマメの種まき・植え付け・収穫カレンダー インゲンの植付時期は4月中旬~6月中旬 収穫時期は6月上旬~8月下旬 インゲンマメの栽培時に気を付けるポイント!• 雨・高温・乾燥に弱い為、早めに種を蒔くようにしましょう。• 短期間で何度も収穫出来るので時期をずらして種植えると無駄がありません。• 種は一晩水に浸けて水分を含ませてやると発芽率が良くなります。• 種の粒は重ならないように蒔きましょう。 間引きの時に株同士が近いと一緒に抜けてしまうことがあります。• 弦ありインゲンの場合は支柱立ては早めに行う様にしましょう。 支柱立てが遅れると隣同士の弦が絡んで上手く巻きつかなくなります。• 日当たりの良い場所で育てますが、花が咲いてから雨に当てると花粉の付きが悪くなってしまいますので、雨が直接当たらない場所で育てましょう。 インゲンマメの栽培に適したプランターサイズと土づくり インゲンを栽培するときのプランターサイズですが、標準タイプ(60㎝程度)以上の深型ものを利用して育てましょう。 インゲンマメは長期間に渡り収穫するので、根群を深く張らせるために深型のプランターを利用するのです。 インゲンマメの用土配合は 赤玉土6. 5に対して腐葉土が2. 5、それにバーミキュライト1を配合します。 インゲンマメをプランターで育てる場合は、排水性の高い用土で育てることが病気の発生を防ぐ最大のポイントになります。 プランターで育てる時は用土を鉢の8部目くらいまでにしておきましょう。 インゲンマメを種から育てる(種蒔き) 4月中旬頃から6月中旬頃までに種を蒔きますが、インゲンマメは多湿・高温・乾燥に弱い為、真夏は実付きが悪くなります。 地域ごとの収穫時期の気温を考えて植える時期を決定しましょう。 プランターで植える場合は株間を約20㎝取り、種を植える為のくぼみを作り、弦無し種は3~4粒ずつ、弦あり種は2粒程度、種同士が重ならないように注意して種を蒔いてやります。 種の大きさの3倍程度の盛土をして手で軽く押さえて種と用土を密着させるようにしてやりましょう。 盛土の量が多すぎると光量不足で発芽率が下がることがあります。 種を植えた後は乾燥に注意して発芽するまでの間はたっぷりと水を与えて用土が乾燥しないように注意しましょう。 インゲンマメの間引き インゲンマメは種まき後、約1週間から10日ほどで発芽します。 本葉が3~4枚になった時が間引きのタイミングです。 元気の良い苗を2本残して1箇所に2本立てにしてやりましょう。 インゲンマメの支柱(ネット)を立てる 弦ありのインゲンマメは間引きを行った後に支柱を立ててやります。 支柱は合掌式としますが、家庭菜園で育てる時は写真の様なネットを支柱の間に張って育てると管理が簡単になります。 弦無しインゲンの場合は支柱は基本的には必要ありませんが、苗が小さいうちは風邪などで茎が折れてしまう事がありますので、低い支柱を立ててそれに茎を結んでおくと良いでしょう。 弦ありのインゲンマメは草丈が2~3mにも成長します。 支柱は長めのものを利用するようにしましょう。 合掌式の場合は交点を低めの位置にして弦同士が絡まないように成長させていくようにしましょう。 インゲンは風通しを良くすることが大切です。 インゲンマメの追肥の頻度と与える量 インゲンマメはマメ科の中でも比較的多くの肥料を必要とする種類です。 蕾が膨らみ始めたら化成肥料を約10gほど株の周りにパラパラっと撒いて株もとに周辺の土と一緒に寄せてやります。 肥料をやりすぎると実が付かない事があるので適量を適期に与えることが上手に育てるポイントになります。 肥料のやりすぎには注意! 梅雨時期の管理について インゲンマメは比較的多湿を好む野菜ですが、花に直接雨が当たると受粉がうまく行われないので開花が始まったら雨には注意が必要です。 また、水やりが不十分だと花が落ちてしまいます。 水やりの回数を多めにして花に直接かからないようにすればOKです。 開花が始まったら、畑で育てる場合は敷き藁や腐葉土、プランターで育てる時は新聞紙などで株元をマルチングしてやると管理が楽になるでしょう。 インゲンマメの収穫時期 インゲンマメは開花後10日~15日くらいが収穫の適期となります。 莢の長さが10~15㎝の頃の若莢が一番おいしい頃合いです。 実を取り遅れてしまうとあっという間に莢が固くなってしまうので、莢だけが膨らみ実が膨らむ前に収穫するのがポイントです。 病気の発生を予防するために、手でもぎ取らずハサミで丁寧に莢の根元を切り取って収穫しましょう。 インゲンの「育て方と病気対策」まとめ インゲンはスペースが狭い場所で育てる時は弦無し種がおススメ。 種植え後は水やりを十分に行って乾燥には注意しましょう。 芽が出た後も水やりは多めにします。 ただし開花後は花粉の付きが悪くなるので花には直接水が掛からないように注意すること。 インゲンマメを栽培する時に発生しやすい害虫は、アブラムシ類、ハダニ類、ハモグリバエ類、フキノメイガです。 アブラムシ類、ハダニ類、ハモグリバエ類はそれぞれ薬剤で防除出来ます。 害虫を見つけたら早期対策を行いましょう。 インゲンマメは梅雨時期に病気が集中して発生します。 インゲンマメが掛かりやすい病気は「炭疽病」や「菌核病」などです。 これらの病気は採光を良くして通気性を高めてやることで予防することが出来ます。

次の

インゲン(いんげん豆)の栽培方法・育て方のコツ

つる豆の育て方

北日本に多い「夏小豆」は4月上旬~5月下旬頃、暖地向きの「秋小豆」は6月中旬~7月中旬頃に種をまいて育てていきます。 食用の乾燥豆からも育てられますが、できれば種苗店やホームセンターで販売されている栽培用の種を利用してください。 小豆は気象条件によって播種時期が異なるので、栽培地に適した品種を選ばないと上手く育たないことがあります。 鉢植え 10号鉢に1株、60cmのプランターに2株が栽培する数の目安です。 鉢は中央に1ヶ所、プランターは3ヶ所、深さ3~4cmの穴を作り、2~3粒ずつ種をまきます。 土に埋めたらたっぷりと水やりをして、土が乾燥しないよう管理していきます。 発芽後も間引きはしなくてもよいですよ。 地植え 株同士の間隔が25~30cmになるようまき穴を作り、1ヶ所に2~3粒の種をまきます。 本葉4~5枚の頃~開花までに2回ほど株元へ土を寄せ、倒れないようにしていきます。 小豆 アズキ の育て方!土作り、水やり、肥料の与え方は? 土作り 小豆は水はけのよいやせ地を好みます。 鉢やプランターでの栽培は、市販の野菜用培養土を使うのが簡単です。 地植えは、植え付ける2週間前に1㎡当たりコップ1杯(100~150g)の苦土石灰、1週間前に堆肥や腐葉土をたっぷり混ぜ込んだ土で育てます。 畑の土の表面は、黒マルチで覆っておくと乾燥や泥はねによる病害を予防できます。 水やり 鉢植えは土の乾き具合を見ながら、しおれない程度に水を与えます。 完全に土が乾き、少ししおれてきたとおもったらたっぷりと水をやるくらいでかまいません。 地植えの場合、よほど乾燥しない限り水やりの必要はありません。 肥料の与え方 植え付けるタイミングで20gくらいの肥料を土に混ぜ込んでおけば、追加で与える必要はありません。 アズキ落葉病 低温年の8月上旬〜中旬頃に発生しやすい病気です。 下葉からしおれていき、やがて株全体が枯れてしまうので、被害にあった葉茎は早めに取り除いて焼却処分をしてください。 マメ科の作物の連作を避け、前作にトウモロコシを栽培すると発生を抑えられます。 アズキ萎凋病 高温で乾燥が激しい年の6月下旬〜7月上旬頃に発生しやすく、葉脈間から黄変して葉っぱが内側に巻いて枯れ上がります。 アズキ茎疫病 不発芽や立ち枯れ症状を引き起こします。 抵抗性のある品種を選び、水はけのよい土で栽培してください。 スズメガ 幼虫 大人の小指ほどもある大きなイモムシで、小豆の葉っぱを食べてしまいます。 ほとんどの場合10匹以下の発生なので、箸やピンセットを使って1匹ずつ捕獲していきましょう。 メイガ 幼虫 サヤに小さな穴を開け、中に入り込んで豆を食べる害虫です。 侵入穴のあるサヤは摘み取り、植え付け時に防虫ネットで株を覆って成虫の飛来を防いでください。 小豆 アズキ の育て方のポイントは?.

次の