舌用マウスピース。 いびき防止の最強アイテム!マウスピースによるいびき抑制効果とは?

歯ぎしりマウスピースのメリットデメリット!効果は美容にも関係?!

舌用マウスピース

いびきがすごく大きくいびき外来にいったところ睡眠時無呼吸症候群と診断されてしまった岩城です。 ので、ほかにいびきが軽減できるいびき防止グッズを色々試してみました。 今回はそんな いびきに悩む僕が実際に使ってみて良かったいびき防止グッズを効果、感想とともに口コミレビューしてみます。 僕にとって効果が高かったものの順に紹介しています。 新しいグッズを使ったときは追加していきたいと思います。 通常時のいびきラボのスコアです もっとひどい人もいますが、これでもいびきの録音を聞くとすごいうるさいです。。 さらにお酒を飲むとスコアは「大きい」でいっぱいになります。 通常時はこちらなので、こちらを基準に比較していきます。 いびき外来の先生にすすめられて 基本的には横向きで寝るようにしています。 (いびきは仰向けに寝ると大きくなります。 のど回りの筋肉が寝ると緩んで下に落ちるので空気の通り道が狭くなり、いびきが大きくなります。 特に歳をとるとたるみも大きくなるのでさらに大きくなる。 横向きに寝るとそれがましになります。 ) ただ寝てるときに勝手に仰向けになっているので、意識して横向きに寝るようにしてなれる必要があると思います。 あと僕の場合、夜になると鼻づまりがひどいので、病院で鼻スプレー処方されています。 僕のからだの状態 ・中肉中背で太ってはいません。 BMI23程度です。 ・夜になると鼻づまりがひどいです。 ・寝てるときは口呼吸になっています。 ・睡眠時無呼吸症候群です。 ・お酒を飲むといびきはさらに大きくなります。 ・加齢とともにいびきが大きくなってきています。 昔からいびきは大きいです。 それでは行ってみましょう。 おすすめ順です。 ブリーズライト 鼻孔拡張テープ「ブリーズライト」 色々試してみて一番よかったのはブリーズライトです。 ちょっと昔からある有名なグッズですよね。 過去にも使ってみたことがあって、そのときも鼻の通りがよくなったのですが、今回改めて買って試してみました。 すると衝撃のスコアでした!(結構びっくり) ブリーズライトをつけて寝た時のいびきラボのスコアです 色々試したあとのほうに買ったのですが、 いびきラボのスコアがこんなに顕著によくなったケースがなかったのでびっくりしました。 スコアはほぼ「軽め」になりました。 録音したいびきを聞いてみても、「ぐおー」という音ではなくて、ほぼ寝息の音です。 僕の場合は、 鼻づまりがひどいのでブリーズライトをつけると、かなりそれだけでも鼻の通りがよくなるのが実感できます。 明らかに呼吸自体楽になるのでいびきも軽減されるのも納得です。 僕のように 鼻づまりがあり、口呼吸になっている人は効果がでやすいかもしれませんのでおすすめです。 あと、ほかのグッズよりも つけるのも楽ですし、 コストも比較的安い部類なのも良いです。 1つづつ個包装されています。 ノーズピン mute ノーズピン「mute」 その次はノーズピンのmuteです。 こちらもブリーズライト同様に鼻の気道を確保するようなグッズです。 使い方は鼻の穴にシリコンゴムをセットして鼻の通りを良くします。 鼻の穴を物理的に広げるという商品です。 箱がおしゃれですね。 かたちの違う2タイプが4サイズ入っています 中には2種類のシリコンゴムが入っていて、XS、S、M、Lの4サイズ入っています。 上の画像の左の形状のほうは少し硬いです。 右側のほうが柔らかいです。 僕は右側のほうが良かったです。 左は少し形状のせいか右のより同じサイズでも小さめの形です。 muteをつけて寝た時のいびきラボのスコアです スコアはさらに衝撃で、 ブリーズライトより良いスコアです。 録音したいびきを聞いてみてもいびきの音ではなく、寝息の音です。 スコアだけを見るとブリーズライトよりも良いですが、このくらいのスコアの差はほぼ違いがないくらいです。 日によってもスコアは結構変わりですので、だいたいの目安でみてください。 ブリーズライトを1位にしてこちらは2位にしています。 理由ですが、このノーズピンミュートは、 寝てる間に必ずと言っていいほど取れてしまいます。 (あくまでも僕の場合です) 僕が神経質なのかもしれませんが、初めてつけて寝たときは鼻になんかついて苦しい夢を見ました。。 (笑)次からはないですが ですが、取れてしまうのは毎回です。 装着したときに鼻に違和感があるのと、 少し窮屈です。 小さめのサイズをつけると鼻の奥にいってしまうのと、違和感があるのは変わりません。 上のいびきラボのスコアはなんとか付けなおして朝までつけて寝た時のものです。 途中で外れたときはスコアも途中から大きくなるので、効果は明らかにあると思います。 つけても気にならないのであれば、ブリーズライトよりもコストは安くなるのでこちらが良いですね。 こちらも鼻づまりがひどい人には効果が大きいかもしれないのでおすすめです。 ネルネル 鼻呼吸を促す口閉じテープ「ネルネル」 次は口テープのネルネルです。 口テープはいびき外来の先生にもすすめられました。 口テープはいびきに効果があるのは間違いないようです。 1シート3枚づつです ほかにも口テープは試してみましたが、僕はこのネルネルが一番良かったです。 何が良かったかというと、 大きさと質感です。 サイズも大きく、横幅もあるので取れにくいです。 それと質感が紙テープ?に近い感じで違和感も少ないです。 ほかの口テープは寝てる間に取れやすいのですが、このネルネルはいつも朝まで取れずに完走できます。 さっきのmuteもそうですが、効果があっても 取れずに朝までその状態をキープできるのかは大きいです。 ネルネルをつけて寝た時のいびきラボのスコアです スコアもそれなりに効果があるようです。 いびきは減っています。 スコアはこんな感じなのですが、録音したいびきを聞いてみるとところどころ「ぐおー」といういびきをかいています。 おそらく、口テープで口は閉じられているのですが、口呼吸を通常しているので、 口の隙間から口呼吸していると思います。 口テープは口呼吸を促す目的もあるので、 貼ることでいびきは軽減しています。 そもそも いびきの原因のほとんどは口呼吸です。 病院で診察してもらったときに見せてもらって教えてもらったのですが、 口を閉じているといびきは出ないです。 いびきは口を開けて口呼吸していることでのどが振動しいびきがでます。 (人によっていびきの原因は違うので全員ではないですが、ほとんどの場合がこれが原因のようです) 2つ3つ貼って隙間をなくせばさらにいびきは減ると思いますが、僕の場合、鼻づまりがあるので完全に口を閉じてしまうのは多分無理なので(鼻呼吸できないので自然と口呼吸になる)鼻を改善する必要もあります。 いびき改善では、口テープは必須だと思います。 口テープと合わせてほかのグッズも併用するかたちで考えた方が良いと思います。 僕も必ずつけるようにしています。 鼻づまりがあまりない人は、口テープで大きく改善できる可能性があります。 口テープではこれが一番おすすめです。 ねむるん 看護師おすすめ口呼吸テープ「ねむるん」 次も口テープですが、口テープのねむるんです。 これは Amazonでベストセラーになっていて口テープで一番売れています。 値段も安いのも理由だと思います。 なので僕も最初に買って試してみました、 1シート5枚づつです サイズも ネルネルに比べると幅が狭いです。 男性用女性用として鼻に部分の切れ込みの大きさが上下で入れ替えらますがこれはあまりどちらでも良いですね。 女性にはこちらの方が狭いので良いのかもしれないです。 男性では小さいと思います。 質感はかなり薄くて、薄いバンドエイドのような質感です。 ねむるんをつけて寝た時のいびきラボのスコアです スコアも効果が出てるのが分かるスコアです。 付けたほうがいいですね。 いびきの大きさもネルネルと同じような感じです。 いびき軽減効果は口テープはどれも同じようなくらいです。 劇的に改善することはないかもしれませんが、確実にいびきは小さくなります。 口テープの重要なポイントは、 朝まで取れない。 つけても違和感がない。 ものを選ぶといいと思います。 これは個人差がありますのでいくつか試してみるといいと思います。 舌用マウスピース 舌を沈下させないようにする舌用マウスピース 舌にはめるマウスピースです。 舌用マウスピースとか舌安定マウスピースとか言われています。 Amazonで検索すると同じような商品がたくさん出てきます。 (おそらくどれも同じです。 ) 舌用マウスピースにノーズピンが一つ。 あとケースと説明書が入っています。 マウスピースで睡眠時の舌を前方に固定することで喉奥の気道を開き呼吸を楽にするという商品です。 舌を強引に口の外で固定する感じです。 装着した感じはおしゃぶりをしゃぶっている感じになります。 (ちょっと見た目恥ずかしいかもですね。 ただ僕が使ってみた感じは かなり強引に口呼吸をさせないようなつくりになっているので、口呼吸になっている人は いびき改善にかなり効果があると思います。 ただ僕が使った感じではいくつか難点があり、 「違和感がある」「よだれがでる」、というのがありました。 (これは個人差があると思います。 数回使うと慣れたというのもあります。 )このあたり使ってみて気にならない、問題ないのであれば効果が大きいと思います。 値段も高くないので一回試してみる価値はありおすすめです。 口呼吸が原因でいびきが大きくなっている人は ほかのどの商品よりも強引に口呼吸をできなくさせると思います。 試してみてください。 12追記: 僕が購入した商品は現在Amazonでは販売されていないみたいですので同じような商品で一番売れているもののリンクを貼っておきます。 違いはないと思います。 上でも書きましたが、いびきの原因のほとんどは口呼吸していることが原因ですので、口テープは必要で口呼吸から鼻呼吸で寝られるようにすることが重要だと思います。 (鼻通りを良くして口呼吸から鼻呼吸にさせる) 口呼吸になっている人は、舌の筋力が弱い場合が多いので口呼吸を改善する「あいうべ体操」はおすすめです。 あいうべ体操をして舌の筋力をつけて、口テープで鼻呼吸になれていくというのが良いと思います。 あいうべ体操はこちらが分かりやすいです。 同じ人が書いています。 あとこちらでは紹介していませんが、枕を変えることも効果があります。 人によっては大きく変わると思いますので試してみてください。 CPAPを使うことでいびきを一切なくすことはできましたが、継続していくことができなかった僕は、現時点では、ブリーズライトと口テープのネルネルを併用しています。 それでいびきの大きさはかなり劇的に改善できていますので、当面はこれで続けていこうと思います。 参考にしてください。 2018-05-29 おまけ:試したみたけど僕にはあまり効果が感じれなかったもの 紹介した商品以外にも結構な数のいびき防止グッズを試してみてはいますが、僕にとっては効果がなかったけど話題なものも、気になったものも紹介しておきます。 またその逆もあると思います。 詳細記事のリンクを貼っていますので、興味のある方はご覧ください。 いびきサプリ「サイレントナイト」 サプリもいくつかありますが「サイレントナイト」という商品を試してみました。 だいたいどのサプリも成分は似たり寄ったりで、コエンザイムQ10がいびきに効果があるとしています。 1袋で1ヶ月分くらい入っています。 サプリなので物理的に何か変化があるわけではないので、期待せずに試してみましたが、1ヶ月飲み続けましたが僕には何もこれといった変化はありませんでした。

次の

いびき防止にマウスピースって実際どう?効果的な使い方と方法をご紹介

舌用マウスピース

いびきがすごく大きくいびき外来にいったところ睡眠時無呼吸症候群と診断されてしまった岩城です。 ので、ほかにいびきが軽減できるいびき防止グッズを色々試してみました。 今回はそんな いびきに悩む僕が実際に使ってみて良かったいびき防止グッズを効果、感想とともに口コミレビューしてみます。 僕にとって効果が高かったものの順に紹介しています。 新しいグッズを使ったときは追加していきたいと思います。 通常時のいびきラボのスコアです もっとひどい人もいますが、これでもいびきの録音を聞くとすごいうるさいです。。 さらにお酒を飲むとスコアは「大きい」でいっぱいになります。 通常時はこちらなので、こちらを基準に比較していきます。 いびき外来の先生にすすめられて 基本的には横向きで寝るようにしています。 (いびきは仰向けに寝ると大きくなります。 のど回りの筋肉が寝ると緩んで下に落ちるので空気の通り道が狭くなり、いびきが大きくなります。 特に歳をとるとたるみも大きくなるのでさらに大きくなる。 横向きに寝るとそれがましになります。 ) ただ寝てるときに勝手に仰向けになっているので、意識して横向きに寝るようにしてなれる必要があると思います。 あと僕の場合、夜になると鼻づまりがひどいので、病院で鼻スプレー処方されています。 僕のからだの状態 ・中肉中背で太ってはいません。 BMI23程度です。 ・夜になると鼻づまりがひどいです。 ・寝てるときは口呼吸になっています。 ・睡眠時無呼吸症候群です。 ・お酒を飲むといびきはさらに大きくなります。 ・加齢とともにいびきが大きくなってきています。 昔からいびきは大きいです。 それでは行ってみましょう。 おすすめ順です。 ブリーズライト 鼻孔拡張テープ「ブリーズライト」 色々試してみて一番よかったのはブリーズライトです。 ちょっと昔からある有名なグッズですよね。 過去にも使ってみたことがあって、そのときも鼻の通りがよくなったのですが、今回改めて買って試してみました。 すると衝撃のスコアでした!(結構びっくり) ブリーズライトをつけて寝た時のいびきラボのスコアです 色々試したあとのほうに買ったのですが、 いびきラボのスコアがこんなに顕著によくなったケースがなかったのでびっくりしました。 スコアはほぼ「軽め」になりました。 録音したいびきを聞いてみても、「ぐおー」という音ではなくて、ほぼ寝息の音です。 僕の場合は、 鼻づまりがひどいのでブリーズライトをつけると、かなりそれだけでも鼻の通りがよくなるのが実感できます。 明らかに呼吸自体楽になるのでいびきも軽減されるのも納得です。 僕のように 鼻づまりがあり、口呼吸になっている人は効果がでやすいかもしれませんのでおすすめです。 あと、ほかのグッズよりも つけるのも楽ですし、 コストも比較的安い部類なのも良いです。 1つづつ個包装されています。 ノーズピン mute ノーズピン「mute」 その次はノーズピンのmuteです。 こちらもブリーズライト同様に鼻の気道を確保するようなグッズです。 使い方は鼻の穴にシリコンゴムをセットして鼻の通りを良くします。 鼻の穴を物理的に広げるという商品です。 箱がおしゃれですね。 かたちの違う2タイプが4サイズ入っています 中には2種類のシリコンゴムが入っていて、XS、S、M、Lの4サイズ入っています。 上の画像の左の形状のほうは少し硬いです。 右側のほうが柔らかいです。 僕は右側のほうが良かったです。 左は少し形状のせいか右のより同じサイズでも小さめの形です。 muteをつけて寝た時のいびきラボのスコアです スコアはさらに衝撃で、 ブリーズライトより良いスコアです。 録音したいびきを聞いてみてもいびきの音ではなく、寝息の音です。 スコアだけを見るとブリーズライトよりも良いですが、このくらいのスコアの差はほぼ違いがないくらいです。 日によってもスコアは結構変わりですので、だいたいの目安でみてください。 ブリーズライトを1位にしてこちらは2位にしています。 理由ですが、このノーズピンミュートは、 寝てる間に必ずと言っていいほど取れてしまいます。 (あくまでも僕の場合です) 僕が神経質なのかもしれませんが、初めてつけて寝たときは鼻になんかついて苦しい夢を見ました。。 (笑)次からはないですが ですが、取れてしまうのは毎回です。 装着したときに鼻に違和感があるのと、 少し窮屈です。 小さめのサイズをつけると鼻の奥にいってしまうのと、違和感があるのは変わりません。 上のいびきラボのスコアはなんとか付けなおして朝までつけて寝た時のものです。 途中で外れたときはスコアも途中から大きくなるので、効果は明らかにあると思います。 つけても気にならないのであれば、ブリーズライトよりもコストは安くなるのでこちらが良いですね。 こちらも鼻づまりがひどい人には効果が大きいかもしれないのでおすすめです。 ネルネル 鼻呼吸を促す口閉じテープ「ネルネル」 次は口テープのネルネルです。 口テープはいびき外来の先生にもすすめられました。 口テープはいびきに効果があるのは間違いないようです。 1シート3枚づつです ほかにも口テープは試してみましたが、僕はこのネルネルが一番良かったです。 何が良かったかというと、 大きさと質感です。 サイズも大きく、横幅もあるので取れにくいです。 それと質感が紙テープ?に近い感じで違和感も少ないです。 ほかの口テープは寝てる間に取れやすいのですが、このネルネルはいつも朝まで取れずに完走できます。 さっきのmuteもそうですが、効果があっても 取れずに朝までその状態をキープできるのかは大きいです。 ネルネルをつけて寝た時のいびきラボのスコアです スコアもそれなりに効果があるようです。 いびきは減っています。 スコアはこんな感じなのですが、録音したいびきを聞いてみるとところどころ「ぐおー」といういびきをかいています。 おそらく、口テープで口は閉じられているのですが、口呼吸を通常しているので、 口の隙間から口呼吸していると思います。 口テープは口呼吸を促す目的もあるので、 貼ることでいびきは軽減しています。 そもそも いびきの原因のほとんどは口呼吸です。 病院で診察してもらったときに見せてもらって教えてもらったのですが、 口を閉じているといびきは出ないです。 いびきは口を開けて口呼吸していることでのどが振動しいびきがでます。 (人によっていびきの原因は違うので全員ではないですが、ほとんどの場合がこれが原因のようです) 2つ3つ貼って隙間をなくせばさらにいびきは減ると思いますが、僕の場合、鼻づまりがあるので完全に口を閉じてしまうのは多分無理なので(鼻呼吸できないので自然と口呼吸になる)鼻を改善する必要もあります。 いびき改善では、口テープは必須だと思います。 口テープと合わせてほかのグッズも併用するかたちで考えた方が良いと思います。 僕も必ずつけるようにしています。 鼻づまりがあまりない人は、口テープで大きく改善できる可能性があります。 口テープではこれが一番おすすめです。 ねむるん 看護師おすすめ口呼吸テープ「ねむるん」 次も口テープですが、口テープのねむるんです。 これは Amazonでベストセラーになっていて口テープで一番売れています。 値段も安いのも理由だと思います。 なので僕も最初に買って試してみました、 1シート5枚づつです サイズも ネルネルに比べると幅が狭いです。 男性用女性用として鼻に部分の切れ込みの大きさが上下で入れ替えらますがこれはあまりどちらでも良いですね。 女性にはこちらの方が狭いので良いのかもしれないです。 男性では小さいと思います。 質感はかなり薄くて、薄いバンドエイドのような質感です。 ねむるんをつけて寝た時のいびきラボのスコアです スコアも効果が出てるのが分かるスコアです。 付けたほうがいいですね。 いびきの大きさもネルネルと同じような感じです。 いびき軽減効果は口テープはどれも同じようなくらいです。 劇的に改善することはないかもしれませんが、確実にいびきは小さくなります。 口テープの重要なポイントは、 朝まで取れない。 つけても違和感がない。 ものを選ぶといいと思います。 これは個人差がありますのでいくつか試してみるといいと思います。 舌用マウスピース 舌を沈下させないようにする舌用マウスピース 舌にはめるマウスピースです。 舌用マウスピースとか舌安定マウスピースとか言われています。 Amazonで検索すると同じような商品がたくさん出てきます。 (おそらくどれも同じです。 ) 舌用マウスピースにノーズピンが一つ。 あとケースと説明書が入っています。 マウスピースで睡眠時の舌を前方に固定することで喉奥の気道を開き呼吸を楽にするという商品です。 舌を強引に口の外で固定する感じです。 装着した感じはおしゃぶりをしゃぶっている感じになります。 (ちょっと見た目恥ずかしいかもですね。 ただ僕が使ってみた感じは かなり強引に口呼吸をさせないようなつくりになっているので、口呼吸になっている人は いびき改善にかなり効果があると思います。 ただ僕が使った感じではいくつか難点があり、 「違和感がある」「よだれがでる」、というのがありました。 (これは個人差があると思います。 数回使うと慣れたというのもあります。 )このあたり使ってみて気にならない、問題ないのであれば効果が大きいと思います。 値段も高くないので一回試してみる価値はありおすすめです。 口呼吸が原因でいびきが大きくなっている人は ほかのどの商品よりも強引に口呼吸をできなくさせると思います。 試してみてください。 12追記: 僕が購入した商品は現在Amazonでは販売されていないみたいですので同じような商品で一番売れているもののリンクを貼っておきます。 違いはないと思います。 上でも書きましたが、いびきの原因のほとんどは口呼吸していることが原因ですので、口テープは必要で口呼吸から鼻呼吸で寝られるようにすることが重要だと思います。 (鼻通りを良くして口呼吸から鼻呼吸にさせる) 口呼吸になっている人は、舌の筋力が弱い場合が多いので口呼吸を改善する「あいうべ体操」はおすすめです。 あいうべ体操をして舌の筋力をつけて、口テープで鼻呼吸になれていくというのが良いと思います。 あいうべ体操はこちらが分かりやすいです。 同じ人が書いています。 あとこちらでは紹介していませんが、枕を変えることも効果があります。 人によっては大きく変わると思いますので試してみてください。 CPAPを使うことでいびきを一切なくすことはできましたが、継続していくことができなかった僕は、現時点では、ブリーズライトと口テープのネルネルを併用しています。 それでいびきの大きさはかなり劇的に改善できていますので、当面はこれで続けていこうと思います。 参考にしてください。 2018-05-29 おまけ:試したみたけど僕にはあまり効果が感じれなかったもの 紹介した商品以外にも結構な数のいびき防止グッズを試してみてはいますが、僕にとっては効果がなかったけど話題なものも、気になったものも紹介しておきます。 またその逆もあると思います。 詳細記事のリンクを貼っていますので、興味のある方はご覧ください。 いびきサプリ「サイレントナイト」 サプリもいくつかありますが「サイレントナイト」という商品を試してみました。 だいたいどのサプリも成分は似たり寄ったりで、コエンザイムQ10がいびきに効果があるとしています。 1袋で1ヶ月分くらい入っています。 サプリなので物理的に何か変化があるわけではないので、期待せずに試してみましたが、1ヶ月飲み続けましたが僕には何もこれといった変化はありませんでした。

次の

【いびき防止サプリ】無呼吸には効果なし?舌用マウスピースは?|戌年夫婦の雑記ブログ

舌用マウスピース

ただ寝ていただけなのに殴られたり、モノを投げつけられたりした経験はあるだろうか? 僕にはある。 というか毎晩だ。 嫁や息子に叩かれ続けてきた。 なぜ暴力を受けるかというと、僕のいびきがとってもうるさいから。 「イビキうるさい!」「横向いて寝て!」 と、殴られるわけだ。 家族の安眠を妨げたくないし、なにより寝ている間に叩かれるのはみじめだ。 だから、イビキ防止まくら、口を閉じるテープやサプリなど、色々と試してきたんだけど、こいつらは全くと言っていいほど効果が無かった。 なかば諦めていたんだが、ダメ元でAmazonで買ってみたのが舌用のマウスピース。 2個入りで価格は1,000円ちょっとなんで、かなり安いんだけど、この舌用マウスピースが効果絶大だった。 いびきに悩んでいるなら、一回試してみる価値はあると思う。 素材は柔らかいシリコンで、中が空洞になっている。 まずはそこに舌を入れる。 その状態でマウスピースの先端をすこし摘むと、中の空気が抜けて圧力が下がり、吸い付いて固定される。 子供がコップを口にあてて息を吸い、コップを口の周りに吸い付かせて「見て~」とやることがあるけど、原理はあれと一緒だ(たぶん)。 「舌を出したままの状態にする」というのが、この舌用マウスピースの「ミソ」だ。 なんでかと言うと、寝ているあいだに舌が奥に落ち込むことが、いびきの原因になるからだ。 仰向けで大いびきをかく原因は舌根沈下 「舌根沈下(ぜっこんちんか)」という言葉を聞いたことがあるだろうか。 僕は、このページを執筆していて初めて目にした。 意味は読みどおりで、舌の根っこが沈み込むことだが、これがいびきの原因になっていることが多いそうだ。 なぜ舌根沈下がいびきを起こすかというと、睡眠時の気道を狭くするからだ。 左:意識不明時 右:気道確保時 上のイラストは、意識を失った人の気道を確保するための処置を説明するものだけど、いびきの原因の説明にも分かりやすい。 左側は、意識不明で気道確保処置の前の状態だ。 意識を失うと筋肉が弛緩する(ゆるむ)ため、舌全体が落ち込んでしまう。 意識不明の状態では、この舌根沈下によって完全に気道が塞がれてしまい危険なので、後頭部を下げて顎を上げる処置で気道を確保する(イラスト右側)。 いびきをかく人の場合、舌根沈下で完全に気道が塞がれることはないが、気道が狭くなることで大いびきになってしまう。 舌用マウスピースは、舌を出した状態でキープするから、舌根沈下を防いでくれる。 しかも、口は閉じた状態になるから、自然と口呼吸ではなく鼻呼吸になる。 結果、いびきが出なくなる。 シンプルなロジックだけど、いびき解消の効果があるのも納得できる。 日中の眠気や疲れやすさも軽減されるかも 舌根沈下は、単なるいびきだけでなく、寝ている間に息が止まってしまう「睡眠時無呼吸症候群」の原因でもある。 睡眠時無呼吸症候群の最も重いケースでは、日中の活動時間帯に突然意識を失ってしまう(寝てしまう)こともある(少し前に、電車の運転手がコレで意識を失ってニュースになった)。 そこまでいかなくても、「睡眠時間は十分なはずなのに、日中眠い」「寝ても疲れが取れない」という感覚があるなら、寝ているあいだに無呼吸になっている可能性がある。 無呼吸になることで、脳や身体が酸欠状態になって、寝ても疲れがとれないからだ。 僕の体験談にすぎないけど、舌用マウスピースでいびきがほぼ無くなった後のほうが、日中の眠気はかなり減ったのは確かだ。 実は、いびき解消よりもこっちのほうが嬉しかったりする。 日中の眠気や、朝起きたときのダルさや頭痛に悩んでいるなら、睡眠時無呼吸症候群を疑って、舌用マウスピースを試してみてほしい。 舌用マウスピースのデメリット ここまで、「舌用マウスピースを試さない理由は無い」ぐらいの勢いで書いてきたが、一つ大きなデメリットがある。 それは、舌がちょっと痛くなること。 舌用マウスピースは、空気圧で吸い付けることで舌を出したままキープする仕組みだ。 この圧力で、舌がちょっと痛くなる。 これが最大のデメリットだとおもう。 付けている最中はそれほど痛みを感じないが、翌朝、舌の裏側がちょっと痛いことに気づくはずだ。 痛みの種類としては運動したあとの筋肉痛に近く、「痛くて我慢できない!」という感じではない。 マウスピースの吸い付き度合いは調節できるので、痛みがひどい場合は、軽くしてみてもよいかもしれない。 実際、しっかりと舌を引っ張り出さなくても、「ちょっとだけ出しておく」ぐらいでもいびきは軽減される。 他にもデメリットはある。 マウスピース装着の違和感で寝付けない。 寝ている途中に外れる。 見た目がおしゃぶり。 説明書が英語。 まず、舌用マウスピースをつけると、かなりの違和感がある。 「こんなんじゃ寝れねーわ!」と思うかもしれない(僕は思った)。 ただ、慣れると全然寝れるので、諦めずにトライしてみてほしい。 また、寝返りをうったりすると、途中で外れることがある。 外れると、舌が落ち込んですぐにいびきが始まるはずだ。 完全に固定しているわけではないので、仕方ないと割り切るしかない。 マウスピースをつけるのは慣れれば簡単だから、寝ている途中で外れたことに気づいたら、すぐにスチャッと付けられる。 さらに、舌用マウスピースをつけた姿はだいぶ間抜けだ。 これもデメリット。 おしゃぶりをした赤ちゃんは可愛いけど、おしゃぶりをしたおじさんはインパクトが大きすぎる。 実際、はじめて舌用マウスピースを付けた僕を見た子どもたちは、「え?」と目を丸くしていた。 けど、いびき解消のメリットの前には誤差レベルのデメリットだと思う。 最後に、商品の説明書が英語だったのもデメリット。 でも、装着方法はAmazonの商品説明欄にイラストつきで日本語で書いてあるので、実際は問題はないはず。 まとめ• いびきの原因は「舌根沈下」。 舌用マウスピースは舌根沈下を防ぎ、いびきを無くす。 舌用マウスピースのデメリットは「舌の痛み」。 舌用マウスピースをつけていびきがほぼ無くなってから、夜中に殴られることも無くなった。 これが1つ目のメリットだ。 もう1つのメリットは、悩んでいた日中の眠気がかなり軽減されたこと。 個人的にはこっちの方が嬉しかった。 たぶん、これまで軽い睡眠時無呼吸症候群が続いていたのだと思う。 同じ悩みがあるなら、試してみてほしい。

次の