カワサキ zx25r。 カワサキの人気バイク、Ninjaの新型は4気筒!?「ZX

カワサキNinja ZX

カワサキ zx25r

バイクの新型ニュースなどをよく検索する人はご存知の方が多いと思いますがカワサキの大人気車種であるNinjaシリーズの次世代の新型は 『ZX-25R』という 4気筒エンジンのバイクだというほぼ確定の噂が流れています。 この新型Ninjaである『ZX-25R』が何故そこまでバイク世間を騒がせているのかと言うと、まず第一に カワサキの代表的な人気シリーズNinjaである事と、 250ccクラスに4気筒という事が大きいです。 4気筒エンジンと言うのは、エンジン内部のシリンダーと呼ばれる筒をピストンが往復しエンジンが動いているのですが、このシリンダー (いわゆる筒)が4個あるという事で4気筒となっています。 シリンダーが4つならピストンも4つだね! でもそのシリンダーが4つあるのがそんなに重大? 250ccクラスで4気筒と言うのが珍しいんだ。 これから軽く説明していくよ。 250ccクラスでは数年前から4気筒モデルが 生産されていません。 もう少し詳しく言うと、 キャブレター車の生産を中止し インジェクション車の生産がメインになってからは250ccクラスの4気筒バイクは生産されなくなりました。 つまり、250ccクラスの 4気筒バイクはキャブレター車で出回っている中古車が 絶滅危惧種状態だったんです。 その為、キャブ車の250cc4気筒の代表達である 『バリオス』『ホーネット』などなどが…「もうすぐ250cc4気筒バイクがレアになるから大事に乗っておいた方がいいかも」と言われていました。 という状態で時が進み、今に至るわけなので話題になる事は必然と言うわけです。 この新モデルの噂は 『カワサキファン』だけで無く、多くの 『バイクファン』が気にしている状態となっています。 倒立フォーク• Frブレーキはダブルディスクの1POTキャリパー採用• ヘッドライト、ウィンカーは恐らくLED• カワサキのZX-〇Rの様なフロントフェイス• フロントからタンクへ伸びているダクト (ZXR250みたい) あくまで予想CGイラストなので当然この様な見た目になるとは限りません。 ただ…倒立フォーク自体は今の250ccスーパースポーツでは結構採用されており、125ccクラスでも採用されている程なの で恐らく確定かと。 Frブレーキのダブルディスクもあながちありえない話では無いでしょう。 この理由は後に書きます 最高出力 (パワー・馬力)数値からの予想です。 灯火類のLEDは恐らく確定です。 LEDヘッドライトやウィンカーが結構主流となっている流れですし、 Ninjaの名前とカワサキZXシリーズを受け継ぐモデルならこのぐらいの装備は当たり前な気がします。 フロントフェイスは全体的に鋭くなる気がしますが、ラムエアーダクト (眉間の穴)があるかどうかは微妙。 フロント部からタンクへ伸びているダクトはフロントフェイスにラムエアーダクトが付いていたら付いている可能性がある程度ですね。 ZX-25Rの出ているスペック情報• 250ccの4気筒エンジン• スロットルバイワイヤ (電子制御式スロットル)• 最高出力60PS、発生回転数20. 000rpm• 倒立フォーク• フロントダブルディスク• 灯火類LED 250ccの4気筒エンジンであり、スロットルバイワイヤ、最高出力が60PSと言うのはヤングマシン8月号に乗っている情報であり、仮に市販車が出たとしてもこのままのスペックなのかも不明。 何度も言いますが、あくまでも予想情報なので全てを鵜呑みにしない様にしましょう。 ここまでが 主に日本で流れている情報のようです。 そして、Ninja250は インドネシアでも大人気の車種という事で向こうでも注目と情報となっており、予想しているサイトがある様です。 ( サイト内インドネシア語?)というサイトでもZX-25Rの情報が書かれています。 直列4気筒250cc• 最高出力40~45PS• ツインバー• 倒立フォーク• フロントダブルディスク という様に予想された情報が出ているのですが、最高出力がかなり違いますね。 もちろん市販車化された時に仕様国の違いでこの辺の差が出る場合もありますが、60PSだと狙っているライダーはかなり嬉しいでしょうが40~45PSの方が 現実味がありますね…w その他の情報 まずライダーとして気になる情報が250ccの4気筒と聞いたら 『スペック』だったと思います。 ただ、狙っている人や「ああだったら、こうだったら考えてみようかな」という人もいるかと思います。 スペック以外で気になる点と言えば 『価格とカラバリエーション』ですよね。 今のところカラーバリエーションの情報は出ていない様ですが、絶対に外さないのが 「カワサキグリーン」なのは間違い無いでしょう。 それに続いて、最近頑張っている 『ブラック系』や 『グレー系』が熱いかもしれません。 価格の方はどこの情報も大体 90万円オーバーじゃないか?と予想しています。 現代の250ccクラスの状態から見ても4気筒エンジンを積んでいるインジェクション車と言うだけで 話題性や注目度がかなり高いし、 スペックも間違いなくトップに君臨くらいのものになると思うので、価格もトップクラスである事は間違い無いでしょう。 ZX-25R(仮)の発売日は恐らく2020年だろうという事で、まだまだ日取りがありますので、今後情報が明るくなってくるのに期待しましょう。

次の

ZX

カワサキ zx25r

最近国内メーカーや海外メーカーからチラホラ250クラスの新機種が登場しています。 そしてつい先日、カワサキが250クラスを発表! しかし他と明らかに違うのがエンジンなんです。 現行唯一の4気筒 ZX-25R こちらが発表されたZX-25R。 現行の Ninja250とほぼ同様のスタイリングとなっていますが、全く同じではなく細かい部分が少しづつ違っています。 なんと言っても 一番違うのはエンジン。 250ccクラスで4気筒エンジンなんです。 通称250マルチ、と呼ばれているタイプですが、 もはや過去の産物化していました。 規制などの関係で もう作れないとまで言われていたこのタイプはどういうエンジンなんでしょう? 250cc4気筒って何? 最近の250ccのエンジンは 大体単気筒か2気筒。 要は ピストンが1つか2つのエンジンですが、4気筒は4つ動いています。 わかりやすいところで言うとCB400や大型クラスのZX-6R、10Rなども4気筒。 排気量が大きいクラスだと普通なんですが、 250などの低排気量クラスでは珍しいタイプなんです。 フィーリングや伸びなども違いますが、一番違うのは音。 250ccで4気筒の場合かなり 高回転型になるため物によっては20,000回転まで回るモデルも(単気筒だと回って12,000回転)。 単気筒の排気音が「バババババッ!!」と歯切れの良い音。 しかし 4気筒は「カァーーーン!!!」と途中に切れのないレーシーなF1サウンドなんです。 実は80年代〜00年代までは250ccにも普通にこういうエンジンがありました。 それこそ今回発表されたZX-25Rならぬ、ZXR250というバイクもあります。 他にも90年代のCBR250RR、ホーネット250、バリオス250、Bandit250など今でも高い人気を誇るモデルです。 これに共通して言えるのが レーシーな排気音と超高回転型エンジン、そして 他の250クラスとは比べ物にならないくらいの速さとパワーです。 しかし250cc4気筒の弱点、 回さないとパワーが出てこないという点もあります。 今回のZX-25Rはその点がどうなってるのか気になるところ。 昔の250マルチは超高回転エンジンなので回して走ると法定速度なんてあっという間に超えてしまい、 ゆったりのんびり乗れるフィーリングにはならないため衰退したエンジンですが、最新モデルでは扱いやすいマルチになっているのかもしれません。 まとめ 今回は参考出展として発表されたので 発売日や値段などは公開されていません。 しかし灯火類も付いていて、これをそのまま出しても問題ないレベルで作り込まれているので、遅くとも来年中くらいには公道で見かけることがあるかもしれません。 終わったとされていた250マルチの復活はライダーにとって嬉しい話! 続報が届き次第お伝えします!•

次の

ZXR250(カワサキ)のバイクを探すなら【グーバイク】

カワサキ zx25r

バイクの新型ニュースなどをよく検索する人はご存知の方が多いと思いますがカワサキの大人気車種であるNinjaシリーズの次世代の新型は 『ZX-25R』という 4気筒エンジンのバイクだというほぼ確定の噂が流れています。 この新型Ninjaである『ZX-25R』が何故そこまでバイク世間を騒がせているのかと言うと、まず第一に カワサキの代表的な人気シリーズNinjaである事と、 250ccクラスに4気筒という事が大きいです。 4気筒エンジンと言うのは、エンジン内部のシリンダーと呼ばれる筒をピストンが往復しエンジンが動いているのですが、このシリンダー (いわゆる筒)が4個あるという事で4気筒となっています。 シリンダーが4つならピストンも4つだね! でもそのシリンダーが4つあるのがそんなに重大? 250ccクラスで4気筒と言うのが珍しいんだ。 これから軽く説明していくよ。 250ccクラスでは数年前から4気筒モデルが 生産されていません。 もう少し詳しく言うと、 キャブレター車の生産を中止し インジェクション車の生産がメインになってからは250ccクラスの4気筒バイクは生産されなくなりました。 つまり、250ccクラスの 4気筒バイクはキャブレター車で出回っている中古車が 絶滅危惧種状態だったんです。 その為、キャブ車の250cc4気筒の代表達である 『バリオス』『ホーネット』などなどが…「もうすぐ250cc4気筒バイクがレアになるから大事に乗っておいた方がいいかも」と言われていました。 という状態で時が進み、今に至るわけなので話題になる事は必然と言うわけです。 この新モデルの噂は 『カワサキファン』だけで無く、多くの 『バイクファン』が気にしている状態となっています。 倒立フォーク• Frブレーキはダブルディスクの1POTキャリパー採用• ヘッドライト、ウィンカーは恐らくLED• カワサキのZX-〇Rの様なフロントフェイス• フロントからタンクへ伸びているダクト (ZXR250みたい) あくまで予想CGイラストなので当然この様な見た目になるとは限りません。 ただ…倒立フォーク自体は今の250ccスーパースポーツでは結構採用されており、125ccクラスでも採用されている程なの で恐らく確定かと。 Frブレーキのダブルディスクもあながちありえない話では無いでしょう。 この理由は後に書きます 最高出力 (パワー・馬力)数値からの予想です。 灯火類のLEDは恐らく確定です。 LEDヘッドライトやウィンカーが結構主流となっている流れですし、 Ninjaの名前とカワサキZXシリーズを受け継ぐモデルならこのぐらいの装備は当たり前な気がします。 フロントフェイスは全体的に鋭くなる気がしますが、ラムエアーダクト (眉間の穴)があるかどうかは微妙。 フロント部からタンクへ伸びているダクトはフロントフェイスにラムエアーダクトが付いていたら付いている可能性がある程度ですね。 ZX-25Rの出ているスペック情報• 250ccの4気筒エンジン• スロットルバイワイヤ (電子制御式スロットル)• 最高出力60PS、発生回転数20. 000rpm• 倒立フォーク• フロントダブルディスク• 灯火類LED 250ccの4気筒エンジンであり、スロットルバイワイヤ、最高出力が60PSと言うのはヤングマシン8月号に乗っている情報であり、仮に市販車が出たとしてもこのままのスペックなのかも不明。 何度も言いますが、あくまでも予想情報なので全てを鵜呑みにしない様にしましょう。 ここまでが 主に日本で流れている情報のようです。 そして、Ninja250は インドネシアでも大人気の車種という事で向こうでも注目と情報となっており、予想しているサイトがある様です。 ( サイト内インドネシア語?)というサイトでもZX-25Rの情報が書かれています。 直列4気筒250cc• 最高出力40~45PS• ツインバー• 倒立フォーク• フロントダブルディスク という様に予想された情報が出ているのですが、最高出力がかなり違いますね。 もちろん市販車化された時に仕様国の違いでこの辺の差が出る場合もありますが、60PSだと狙っているライダーはかなり嬉しいでしょうが40~45PSの方が 現実味がありますね…w その他の情報 まずライダーとして気になる情報が250ccの4気筒と聞いたら 『スペック』だったと思います。 ただ、狙っている人や「ああだったら、こうだったら考えてみようかな」という人もいるかと思います。 スペック以外で気になる点と言えば 『価格とカラバリエーション』ですよね。 今のところカラーバリエーションの情報は出ていない様ですが、絶対に外さないのが 「カワサキグリーン」なのは間違い無いでしょう。 それに続いて、最近頑張っている 『ブラック系』や 『グレー系』が熱いかもしれません。 価格の方はどこの情報も大体 90万円オーバーじゃないか?と予想しています。 現代の250ccクラスの状態から見ても4気筒エンジンを積んでいるインジェクション車と言うだけで 話題性や注目度がかなり高いし、 スペックも間違いなくトップに君臨くらいのものになると思うので、価格もトップクラスである事は間違い無いでしょう。 ZX-25R(仮)の発売日は恐らく2020年だろうという事で、まだまだ日取りがありますので、今後情報が明るくなってくるのに期待しましょう。

次の