ご教示ありがとうございます 意味。 「ご教示」「ご教授」の意味とビジネス時の「教えて」を表す敬語と例文

教示、教授、指導、指南の違いは?同じ意味でも微妙に違った!│知って得する!お役立ちCLIP

ご教示ありがとうございます 意味

「ご教授」の意味 ご教授の読み方は 「ごきょうじゅ」です。 ご教授は、相手が自分よりも詳しいこと、専門にしていることに対して、教えを請いたい時に使います。 専門分野について教えてもらう他、比較的長いスパンで教えてもらいたい場合にも、使うことができます。 例文:貴社の販売戦略ノウハウを、ぜひ弊社にも ご教授ください。 「ご教示」の意味 ご教示の読み方は 「ごきょうじ」です。 ご教示には、「示す(しめす)」という文字が含まれていますよね。 その通り、例題を示して欲しいときなどに、よく使われる言葉です。 例えば手順や内容、相手のスケジュールや対処方法などを、はっきりさせて欲しい時に使います。 例文:来週か再来週の平日午後にミーティングを行いたいのですが、都合のよい日程をご教示ください。 「ご指導」の意味 ご指導の読み方は 「ごしどう」です。 指導という言葉からは、スポーツや部活動などを連想しませんか? 未熟な自分を教え導いてください、引っ張ってください、というような意味合いで使われます。 「ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。 」という定型文が、丁寧かつ一般的な使われ方です。 例文:今後とも ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。 「ご指南」の意味 ご指南の読み方は 「ごしなん」です。 指導によく似た言葉ですが、指南は武術や芸事の教えに使われます。 例えば、柔道や剣道、囲碁や将棋、茶道や華道や舞踊などで使用されます。 語源となった「指南車」は、古代中国で作られたからくり仕掛けの車で、上に載った仙人の人形が常に一定の方角を指し示していたことから、正しい目的地に導くことを意味します。 指南車はもともと戦車の役割をしており、視界の悪いところでも行き先を見失わないように用いられました。 指し示す方角は必ずしも「南」とは決まっておらず、最初に操作者が設定した方角をずっと向き続ける仕組みです。 「南」という文字が使われたのは、『易経』という書物に出てくる「聖人は南面して天下を聴き、明に嚮(むか)いて治む」という一節からで、南という方角が、高貴な方角として尊重されたからです。 因みにこの一節は「明治」という元号の由来となっており、「明」と「治」を取って名付けられたそうです。 例文:(囲碁や将棋で自分より格上の人と対戦するとき)一局、 ご指南ください。 「ご教授」「ご教示」「ご指導」「ご指南」の違い、使い分け方 本来の意味に立ちかえると、 「ご教授」は「学問や技芸を 教え授けること」となります。 「ご教示」は「知識や方法を 教え示すこと」です。 「ご指導」は「 教え導くこと」という意味になります。 「ご指南」は「 正しい方向に向かうように示すこと」という意味になります。 使い方としては、 「ご教授」は比較的長期間に渡って相手の専門分野を教えて頂くことを意味します。 「ご教示」の場合は一度限りのことやご教授よりも軽めのお願いに使われます。 あるいは具体例を知りたい場合ですね。 「ご指導」だと、相手にリードして欲しい、引っ張っていって欲しいという意味合いが強くなります。 「ご指南」は「武術や芸事に限って使われる」と覚えておくといいでしょう。 「ご教授」「ご教示」「ご指導」「ご指南」の語尾のバリエーション 今回は「~ください」という形で四種類の使い分けを提示しました。 ビジネスメールの場合には、「~ください」の形は比較的軽めの言い回しとして受け取れますので、語尾を変えるバリエーションをいっしょに覚えておきましょう。 社内文書や内々での連絡に、よく使われます。 他社へのメールの末尾に、使いやすい形です。 公式な文書や年賀状などの挨拶文章によく使われます。 優しい雰囲気として相手に受け入れられやすくなりますよ。 他社に丁寧に協力をお願いしたい時に、使いやすい形となります。 「教えてください」という意味一つでも、さまざまな言い回しができることが分かりましたね。 使い分けに迷ったときは、漢字を分類して、それぞれの文字が持つ意味を考えていくと、分かりやすくなりますよ。 もちろん教えて頂いた後には、「ありがとうございます」という感謝の気持ちを忘れずに伝えましょう。

次の

「ご提示」の意味、使い方!「ご呈示」「ご教示」との違い、類語、英語

ご教示ありがとうございます 意味

例えば先生、または上司や先輩といった目上の人に問題のヒントやアイデアを教えてもらうことが「ご助言」にあてはまります。 自分の【助け】となる提案やアドバイス、口添えを指した【言】葉で「助言」を意味しています。 「じょげん」と「じょごん」の読み方の違い どちらの読み方を使っても間違いではありませんが、現代では「ごじょげん」のほうが一般的とされ、「ごじょごん」は古い読み方になります。 古くは「じょごん」のほうが多く用いられていましたが、近代日本に入ってからは読み方が「じょげん」へと移り変わっていきました。 夏目漱石の小説の一節にも「じょごん」というフリガナが振られています。 「ご助言」をビジネスシーンで使用する際の注意点2つ 目上の人にアドバイスをもらうときに使用する「ご助言」。 使い方を間違えてしまうと相手に対して失礼な言葉になってしまいます。 ビジネスシーンで使用する際に 気をつけなければならない「ご助言」の注意点を2つご紹介しましょう。 お礼をするときには「ご助言」を使わない 目上の人からの「助言」にはしっかりとした言葉で敬意を示すことが大切です。 「ご助言」は【助言=アドバイス】であることから、相手が教えてくれた知識や技術までが「アドバイス程度の軽いもの」と相手に思われてしまう危険性があります。 目上の人から教わったときのお礼に「ご助言」を使うと失礼になるため注意してください。 「ご助言」は社外に向けて使用しない 「ご助言」は目上の人からアドバイスをもらいたいときに使う言葉ですが、むやみに使用するのは避けた方がよいです。 「助言」は丁寧な言葉ですが、 敬語のなかでは尊敬度が低い表現になります。 ビジネスシーンでは「ご助言」を失礼と受け取る人も少なくないので、使用するなら距離感の近い目上の人に限定するのが無難です。 取引先の相手など、社外に向けて使う場合は別の丁寧な言葉に言い換えましょう。 「ご助言」の正しい使い方と例文 「ご助言」は安易に使うと失礼になってしまいますが、決して悪い言葉ではありません。 使う相手を選んで正しく使えばビジネスシーンでも使用できる丁寧な表現です。 正しい「ご助言」の使い方についてチェックしていきましょう。 このたびはご教示くださり、誠にありがとうございました。 これからも物事がスムーズに運べそうです。 今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 「ご助言」をもらった場合の返事は「助言」の類語を用いて感謝の言葉で結ぶのがベターです。 お礼の際には「ご助言」の結果報告を忘れずに行いましょう。 「ご助言」の類語(言い換え表現)と使い分け 「ご助言」以外にアドバイスと同じ意味の「ご教示」と「ご指導」は、どちらも【教える】という意味をもつビジネス敬語です。 厳密には「ご助言」とは少し意味が異なる ご助言の類語と使い分けについて解説します。

次の

ビジネス文書・メールで頻出!「ご教示」の意味と正しい使い方

ご教示ありがとうございます 意味

「ご教授」の意味 「ご教授」の意味は「教え授かる」 「ご教授(ごきょうじゅ)」とは「教え授(さず)かる」という意味があり、主に学問や技芸を長期間教わる場面で使われます。 接頭語の「御(ご)」がついた丁寧な言葉であるため、上司や取引先の担当者など目上の人へ使えます。 「ご教授ください」は教えを求める表現 「ご教授」を使った言い回しのひとつが「ご教授ください」です。 目上の相手に、学問や技芸を教わるシーンで「ご教授ください」が使えます。 「ご教授ください」という言葉単体で使うこともできますが、多くの場合が「お願いします」と合わせて使います。 「ご教授ください」だけでも意味は通じるのですが、あくまで教えてもらう立場であることを忘れずに丁寧なお願いを心掛けることが大切です。 例えば「ご教授くださいますようお願い致します」や「ご教授くださいますよう、よろしくお願い申し上げます」など、丁寧な言い回しをしましょう。 「ご教授」の目上への使い方(メールの場合) 「ご教授」はメールで使える 「ご教授」は話し言葉の他にも、メールなどの書き言葉として使用できます。 ただ、メールや文書では相手の表情や声色が分からないため、話し言葉よりも丁寧である必要があります。 「ご教授」を願うシーンでは「ご教授ください」だけでなく、上記で説明したように「ご教授くださいますよう、よろしくお願い申し上げます」などと、丁寧な言い回し方をする方いいでしょう。 「ご教授」は使い方によって失礼に 「ご教授」はメールなどの書き言葉でも使用できることを説明しました。 注意が必要なのは、教えてもらう内容が学問や技芸など専門的な分野であるため、「メールなどの文面で教わることはできない」ということです。 専門的な内容をメールで簡単に「教えて」というのは相手に失礼ですし、そもそも1度の返信で教われるような内容量ではありません。 仕事をする上で確認したいことや不明な点を聞くのであれば類語の「ご教示」を使いましょう。 メールの場合は、教えてもらったことへの感謝を伝える場面で「ご教授」が使われます。 今後ともよろしくお願い致します」という文面だと、メールで教えを求めているのではなく、教えてもらったことへ感謝を表していることになり失礼にはなりません。 「ご教授」の使い方(お礼を伝える場合) ご教授いただきありがとうございます 「ご教授」をうけたことへのお礼の言葉として「ご教授いただきありがとうございます」が使えます。 引き続きよろしくお願い致します」となります。 「ありがとうございます」は、ビジネスシーンでは比較的くだけた表現であるため、相手や状況に応じて使いましょう。 ご教授いただき感謝いたします お礼の言葉の1つが「ご教授いただき感謝いたします」です。 「感謝いたします」は「ありがとうございます」よりもかしこまった表現と言えます。 「感謝申し上げます」や「お礼申し上げます」に言い換えることもできるため、相手によって使い分けてください。 「ご教授」と類語「ご教示」の違い 「ご教示」の意味は「教え示す」 「ご教授」の類語となる「ご教示」は、「教え示す」という意味の言葉です。 接頭語の「御(ご)」がついた丁寧な言葉であり、目上の相手へ使えます。 「ご教授」と同じく相手に教えを乞う場面で使われる言葉ですが、教わる内容で使い分ける必要があります。 「ご教授」と「ご教示」の違いは教わる内容 「ご教授」が学問や技芸など、専門的なものを教わる場面で使われるのに対し、「ご教示」は方法や情報を教わる場面で使われます。 また、「ご教授」は長期間に渡り教わりますが、「ご教示」はその場で答えが返ってくる場合が多く、継続的な教わり方はしません。 例えば取引先の担当者へ、打ち合わせの日程を決めるために空いている日を確認するとします。 上記の場合、空いている日にちを教えてもらうのであって専門的なものを継続して教えてもらうわけではないため、「ご教示ください」が使われます。 「ご教示」の使い方「ご教授くださいますよう」 「ご教示」を使った言い回しのひとつが「ご教示くださいますよう」です。 後に続く言葉としては「お願い致します」や「お願い申し上げます」などがあり、相手に教えを乞うシーンで使われます。 「ご教授」のその他の類語と同音異義語 「ご指南」や「ご指導」も「ご教授」の類語 「ご指南」や「ご指導」も「ご教授」の類語となります。 「教え示す」や「教え導くこと」を意味する「ご指南」と、「目的に向かって、教え導くこと」を意味する「ご指導」は類語ではあるものの、「ご教授」と同じ場面で使えるというわけではないため状況に応じて使い分けてください。 「ご教授」の同音異義語「ご享受」 「ご教授」と同じ読み方をする「ご享受(きょうじゅ)」という言葉ですが、意味は全く違うため注意が必要です。 「享受」とは、「与えられたものを受け入れ、楽しむこと」を意味する言葉で、相手から教わるという意味は含まれていません。 同じ読みでも意味が全く違うため、メールなどの書き言葉として使う場合は、変換を間違えないようにしてください。 まとめ 「ご教授」とは学問など専門的な知識を継続して教わることを意味します。 ビジネスシーンで日程や情報を教わる場合は類語の「ご教示」を使いましょう。 目上の人へ使える丁寧な言葉ではありますが、メールでの使い方によっては失礼となる場合もあるため使い方に注意してください。

次の