度々 の ご 連絡 失礼 いたし ます。 「度々」の意味・使い方は?ビジネス敬語の例文・しばしばなどの類語も

間違いも多い「度々すみません」の意味と使い方|敬語表現と例文

度々 の ご 連絡 失礼 いたし ます

「急かしてすみません」の敬語の1つ目として「急なご連絡となり申し訳ございません」が挙げられます。 直接的に急かしているわけではないのですが、「急かしてすみません」という表現を敬語に言い換えるとしたらその状況に合わせて表現を選ぶ必要があり、「急なご連絡となり申し訳ございません」もその一つとなります。 この表現は「連絡が急になってしまったために納期までタイトなスケジュールとなり大変申し訳ない」というニュアンスが含まれているため、状況によっては急かしている表現となるわけです。 「ご連絡」や「申し訳ございません」という部分も、敬語表現になっているため敬語への言い換え表現であると言えるのです。 この表現についても直接的に急かしているわけではないのですが、納期に関して無理を言っている場合にはこの表現を導入文で使いつつ納期に対して急かす文章を入れていく形になります。 「ご無理」という部分に、タイトなスケジュールの納期が含まれているわけです。 これがもしも英語の場合だともっと直接的な表現に直して英訳をしないと通じないのですが、日本語の場合だとそれまでの状況や、文章の前後のニュアンスで急かしている要素を十分に出すことができるためにこの表現も急かす部類に入るのです。 この表現は上述の2つの表現に比べるとだいぶ急かしている表現となっています。 「お忙しいところ」に度々連絡を入れている時点で、相手に対して急かしているアクションをとっていると言えます。 とはいえこの表現を使うことで相手方も急かしていることに対して気を遣ってくれているんだなと感じるため、悪い気はしないはずです。 急かすこと自体はネガティブに感じられる行為ではあるのですが、この表現のような気遣いがあると良好なコミュニケーションが取れるので覚えておきたいところです。 この表現も急かしているニュアンスを直接的に表現している言い回しになっています。 元々がタイトなスケジュールになっているために急かす結果になっていることを謝罪している表現になります。 しかしながらビジネスにおいては、お互いが気を付けていたとしてもスケジューリングがタイトになってしまうことは往々にしてあるものです。 そのため、このような表現を使いつつもお互いに仕事を成功させようとするベクトルで良好なコミュニケーションを意識することでビジネスは円滑に進むことでしょう。 この表現になると催促そのものが度重なっていること自体を謝罪している表現となり、急かしていることを直接的に謝罪している敬語表現であると言えます。 ビジネスにおいて納期に間に合わせるために催促をする場面には必ずあたるものです。 日本語の難しいところは「この1つの表現を使えば失礼なく相手を急かすことができる」という表現がないことです。 ここで紹介した5つの表現を、状況や相手との関係性に合わせて使い分けていきたいところですね。 「急かしてすみません」はそのままの文章を英訳するのではなく、状況に応じて日本語自体を書き換えつつ英語に訳す作業が必要になりますので、例文のような言い回しになってくるのです。 1つ目のニュアンスがもっとも丁寧で分かりやすい例文になります。 2つ目に関しては文章よりは会話で使っていきたい言い回しになります。 3つ目は「ありがとう」というような直訳にはなりますが、このような婉曲的な言い回しが必要な場面も想定し、例文として紹介していますが英語にするとこのような表現も「急かしてすみません」の英語訳となるので覚えておきましょう。 「急かしてすみません」を英語で伝える例文• (短い期間であなたの仕事を終わらせなければならないことをお詫びします)• Sorry for so many times asking. (度々のお願いとなりまして申し訳ありません)• Thank you for your understanding about this matter. 相手方はそのタイトな納期に対して真剣に納期を間に合わせようと、他の業務とうまく調整をしながら頑張ってくれているはずで、その光景が想像できれば相手方に対しての気遣いも十分にできるはずです。 しかしながらビジネスにおいて追い詰められている状況では「前もって言っていたのに何でできないんだ」などという気持ちが相手に対して見えてしまうようなこともあるかもしれませんが、それはコミュニケーションにとってマイナスになります。 相手に対する気遣いを常に忘れずに行動するようにしましょう。

次の

「メールにて失礼いたします」の使い方・例文・書き方|文頭/結び

度々 の ご 連絡 失礼 いたし ます

日常会話でよく見かける「度々すみません」という言葉。 ビジネスシーンでは頻繁に使われていますが、正しく意味を理解し、適切な使い方ができている人はあまり多くないでしょう。 言葉の意味を理解しないまま使い方を間違ってしまうと、ビジネスシーンでは相手に悪い印象を与えることになります。 「度々すみません」とは、同じ相手に重ねて何度も同じ手間を取らせてしまったときに使う謝罪の言葉です。 「度々すみません」とは少々砕けた表現で、自分とほぼ同じ立ち位置である知人など、主に一般人向けに使われます。 それに対し、職場の上司や目上の人に対しては、敬語表現として「度々申し訳ございません」といった少し固い言い回しに変換されるのが普通です。 以下では日常生活でよく使われる「度々すみません」の言葉の意味と正しい使い方、敬語表現やビジネスシーンにおいての使い方を詳しくご紹介します。 「度々すみません」の使い方と例文 冒頭にも述べたように「度々すみません」という言葉は、生活のあらゆる場面で使われます。 しかし多くのシーンで使われるメジャーな言葉だけあって、いざ使うとなると「この使い方はあっているのか?」と不安感じてしまうことが少なくないのではないでしょうか。 ここでは、どんな場所でも臨機応変に活用できるよう、あらゆる面で応用できる例文をいくつかご紹介します。 電話での「度々すみません」 電話での使い方は口頭とほとんど変わりなく使うことができます。 クッション言葉として使うことができますので、あまり難しく感じる必要はありません。 ちなみに、目上の方に対して使うのであれば、上記した通り「度々申し訳ありませんが~」といった表現に変えるだけで使うことができます。 【例文】 ・度々すみませんが、資料を添付しましたのでご確認お願いいたします。 「度々すみません」は初対面の人には使わない 前項でお伝えした通り、度々すみませんという言葉はビジネスシーンでも多用されることが多々あります。 口頭で伝える場合は、そのまま謝罪する言葉として使うことが適しています。 しかし、ビジネスメールや電話でも、口頭と同じような使い方をするのが正しいとは限りません。 口頭では誤解なく伝わっても、ビジネスメールや電話では使い方によっては無礼にあたり、相手に悪い印象を与えかねません。 ここでは、ビジネスメールや電話にて「度々すみません」の言葉の使い方についてご紹介します。 ビジネスメールで「度々すみません」と伝える場合 ビジネスメールの場合は、口頭と使い方はほぼ同じで特別大きな違いはありません。 普段の会話と同じ使い方をしても、相手に不愉快な気持ちを与えることは稀でしょう。 ビジネスメールで使う場合は、何度も同じやり取りが続いてしまったり、同じ案件について何度も確認メールを送ってしまったときに使用するのが一般的です。 使い方は、メール文の冒頭にワンクッション置くように入れると相手にうまく伝わります。 電話で「度々すみません」と伝える場合 口頭やビジネスメールと同じく、電話でも言葉の使い方に大きな違いはありません。 ただ、電話の場合は、少々変わった使い方をするケースもあるので注意が必要です。 口頭やメールと同様、同じ相手と似たやり取りが何度も続いた際に、ワンクッション置くつもりで「度々すみませんが~」と伝えると、丁寧かつ自然な雰囲気で会話を進めることができます。 丁寧に謝罪したい場合は向いていない 何度も迷惑をかけたことに対して詫びる言葉ですが、丁寧に謝罪したい場合は、この言葉はあまり適切ではありません。 目上の方や上司に対して使うには少し誠実さに欠けますし、丁寧に謝罪をするならば別の言葉に置き換える必要があるでしょう。 例えば「度々すみません」の「すみません」を「申し訳ありません」、「申し訳ございません」といった言葉に変えることで、真摯に謝罪している気持ちが相手に伝わります。 繰り返しになりますが、誠意を持って相手に謝罪する場合は「度々申し訳ございません」といった丁寧語を併せて覚えておくと、いざというときに失礼な対応をしなくてすむでしょう。 度々すみませんとは、同じ人に重ねて迷惑をかけている場合に用いる言葉の表現です。 漢字を見ても「度々」と書かれるため、比較的わかりやすい言葉の成り立ちをしていますね。 私たちをとりまく環境では、同じ相手に立て続きに迷惑をかけてしまうことが多々あります。 この言葉は、人に何度も心理的負担を与えてしまった場合に、相手を思いやる気持ちをこめて社会の様々な場面で使われます。 目上の人には敬語表現にする 「度々すみません」という言葉を目上の人に使う場合は、敬語表現に変える必要があります。 ビジネスシーンでは、目上である取引先や上司に対して誠心誠意を持って謝罪することも少なくありません。 いざというときに困らないためにも、今から言葉の意味を正しく理解し、適切な敬語表現ができるよう訓練しておきましょう。 「度々申し訳ございません」と丁寧語に変える 度々すみませんを丁寧な敬語表現に変えるには「すみません」の部分を「申し訳ございません」置き変える必要があります。 ビジネスシーンでもよく使われるフレーズですが、この「すみません」という言葉は丁寧な表現ではありません。 特に目上の人に誠心誠意を持って謝罪する場合は、相手の気持ちに十分配慮しながら言葉を選んでいく必要があります。 意外にも言葉の選択を間違えやすいのが謝罪をするときです。 間違った敬語表現をすることで、余計火に油を注ぐような事態を招くことも予想されます。 特に自分たちがマイナスの状況に陥っているときは、適切な意思表示ができるよう気持ちを引き締めていきましょう。 謝罪には類語を使うこともできる 社会経験が浅く、敬語表現を使い慣れていないうちは、目上の人に対しても「度々すみません」と言ってしまいがちです。 うっかり言葉の選択を謝ると、相手に悪い印象を与えてしまい謝罪の意味も薄くなってしまいます。 失礼な言動をしてしまわないか、言葉の使い方に自信がない場合は、類義語を使った表現に置き変えるとよいでしょう。 間違った言葉で事態を重くするのであれば、使いやすい類語を使った方が無難です。 謝罪の類義語の例として、「重ね重ね申し訳ありません(ございません)」という表現が挙げられます。 こちらの表現もビジネスシーンではよく使われる言葉ですし、目上の人に対しても失礼になりません。 「度々申し訳ございません」という表現が使いづらい場合はこちらを使うのも良いでしょう。 多用できる言葉であるが、相手によって微妙な表現の変化を。 今回は「度々すみません」という言葉の意味と使い方についてご紹介しました。 このフレーズは様々なシーンで使われる表現ですが、多用できる言葉だからこそ、使うシーンや相手によって適切な表現を選ぶ必要があります。 些細な言葉の違いでも、適切な使い分けができるかで、相手に与える印象が大きく違ってきます。 社会で大切な人たちと良好なコミュニケーションをとっていくためにも、普段から言葉の使いわけは細かく行っていきましょう。 あなたの年収、適切ですか? 「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。 」 そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。 実はその悩み、転職すれば解決できる可能性があります。 転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができるかもしれません。 転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

次の

「度々」の使い方と意味!類義語や英語、正しい敬語表現まで!

度々 の ご 連絡 失礼 いたし ます

Topics• 「度々」の意味 「度々」は「たびたび」と読みます。 「度々」の意味について辞書で調べると、「何度も繰り返しおこなわれるさま」とあります。 短い頻度で繰り返されることを意味し「何度も」や「何回も」と同じ意味合いで使われる言葉であり、回数に重点を置かれた言葉です。 「度度」と表現されることもありますが、「度々」と「度度」に違いはありません。 どちらかと言うと「度々」の方が一般的によく使われています。 「度々」の使い方 「度々」は副詞であり、必ずその後に続く言葉があります。 「度々」の使い方として代表的な例をいくつかあげてみます。 度々申し訳ございません 「度々申し訳ございません」は会話やメールなど、ビジネスシーンでよく使われる謝罪のフレーズです。 同じ相手に対して同じことを繰り返してしまった時に使い、目上の人や顧客先に対しても使える敬語表現です。 例えば、先ほどまで電話をしていた相手に対し、電話を切った後に別件を思い出してかけ直す時に「度々申し訳ございませんが…」と切り出してから話しだします。 「度々すみません」や「度々失礼致します」も同じ意味合いになりますが、「度々申し訳ございません」よりくだけた言い方になります。 同僚や親しい間柄の人に対して「度々すみません。 度々失礼致します。 」を使うことは問題ありませんが、 顧客先やあまり関わりがない人に対しては「度々申し訳ございません」を使うようにしましょう。 度々ありがとうございます 先ほどの謝罪のフレーズと同様、同じ相手に対して繰り返ししていただいた行為に対して感謝の意を伝える時にも「度々ありがとうございます」などと「度々」を使います。 何度も繰り返しおこなっていただいたことに対する謝意、つまり回数に重点をあてたお礼の仕方です。 取引先が何度も訪問に来てくれた時などに「度々ご足労くださり、ありがとうございます」とお礼します。 自分からおこなう連絡については「度々の連絡」と言い、相手の連絡に対しては「度々のご連絡」という表現をします。 例えば、同じ相手に対して繰り返し連絡をする際に「度々の連絡にて、失礼いたします」などと言い、 相手から2度3度と連絡をもらい、相手の連絡に対してお礼を言う時に「度々のご連絡、ありがとうございます」と言う表現をします。 「ご連絡」という表現は、接頭語に「ご」をつける事で相手の行為を敬った言い方をしています。 そのため、その後に続く文言は「度々のご連絡をいただき」など、謙譲表現をもってくるようにしましょう。 また、自分の行為に対して「ご連絡」のように接頭語の「ご」をつけるのは間違いなので注意してください。 同じ相手に繰り返し質問をする時に「度々の質問となり、大変申し訳ございません」と言い、 相手から受けた質問に対して「度々ご質問をいただき、ありがとうございます」と言ったりします。 【スポンサードリンク】 「度々」の正しい敬語表現 「度々」という言葉自体は副詞であり敬語表現はありませんが、より丁寧な言い方として「重ね重ね」や「度重なる」という表現の仕方があります。 また、「度々すみません」ではなく「度々申し訳ございません」など、 「度々」の後に続く文言を丁寧な言葉に言い換えるだけで目上の人や顧客先にも使える正しい敬語表現となります。 「度々」ではなく、その後に続く文言に注意して使うようにしてください。 「度々」の類語表現 先ほどご紹介した「重ね重ね」や「度重なる」という言葉は「度々」の類義語になります。 「度々」と同じ意味合いでありより丁寧な表現なので、「度々」の言い換えとしてビジネスでよく使われます。 その他にも、「重ねて」や「幾度となく」、「繰り返し」などの言葉も類語に該当します。 「ちょくちょく」や「よく」も「度々」に言い換えることができますが、どちらかと言うと口語表現になるためビジネスシーンにおいては不向きです。 尚、「度々」や「重ね重ね」は重ね言葉であり、辛いことを再度連想させる言葉として結婚式やお葬式で使うことはNGとされている言葉なので注意してください。 「度々」の例文 次に、「度々」を使った例文をいくつかご紹介いたします。 お忙しい中、度々ご足労賜りまして誠にありがとうございます。 度々申し訳ございませんが、先日の会議について再度おうかがいしたいことがございます。 下請け業者の発注ミスについて度々注意をいたしましたが、改善は見られませんでした。 度々の連絡にて、失礼致します。 「度々」の英語表現 ここでは、良く使う「度々すみません」の英語表現をご紹介します。 度々すみません(2回目に使う表現)。• 度々すみません(3回目に使う表現)。• Please bear with me for asking so many times. 度々お尋ねしてしまいすみません。• I apologize for keep asking. 度々お尋ねしてしまいすみません。 まとめ 「度々」の意味は短期間で繰り返し同じことをおこなうことであり、ビジネスでもよく見られる言葉です。 「度々」自体に敬語表現はありませんが、「度々申し訳ございません」などその後に続く言葉次第で顧客先にも使えます。 また、「重ね重ね」や「幾度となく」などの類語もいくつかあり、言い換えることができます。 「度々」は重ね言葉であり冠婚葬祭では使ってはいけない表現なので注意してください。

次の