前川昭一。 今話題の前川喜平氏。中野区で講演予定も歓迎はされていない様子。

中曽根康弘の家系図!孫は結婚?妻、息子、娘、父親、兄弟、家族は?

前川昭一

前 川 昭 一 志村産業株式会社 会長 【経歴】 昭和 2年(1927年) 父前川喜作((株)前川製作所及び公益財団法人和敬塾創立者) と母八代の長男として東京に生まれる。 父喜作の実家奈良県御所市では、家業が林業であるが、子供がなく林業の跡継ぎがいないので、戸籍上は喜作の兄前川喜一ときみの長男として入籍され奈良で育つ。 昭和 19年(1944年) 奈良県立畝傍中学 5年生のとき、戦時下で学業を中止し名古屋の三菱重工に勤労動員される。 米軍の空襲により畝傍中学生7名爆死。 昭和 20年(1945年) 第一早稲田高等学院入学。 昭和 22年(1947年) 宗教法人和敬会に入会。 臨済宗師家釈大道老師に入門参禅 大学卒業まで続く。 昭和 26年(1951年) 早稲田大学政治経済学部卒業 昭和 27年(1952年) 株式会社前川製作所大阪支社の前身川口冷凍株式会社社長 昭和 35年(1960年) ジェトロがソ連モスコーで日本産業見本市開催。 前川製作所は自社の冷凍機を出品。 前川昭一はそのアテンダントとして訪ソす。 見本市終了後、ソ連政府と直接に前川製作所は 10, 000トンの肉を入れるプラント一式を12セット受注し、モスクワで調印する。 これが戦後の日ソ間のプラント輸出の第1号となる。 昭和 39年(1964年) 株式会社前川製作所2代目社長 そのため養父母を含む一家は奈良を引き上げ東京に転居する。 昭和 46年(1971年) 株式会社前川製作所の親会社 前川産業株式会社 社長 昭和 50年(1975年) 朝霧ジャンボリーゴルフクラブ 理事長 昭和 51年(1976年) 財団法人和敬塾 理事長 昭和 60年(1985年) 志村産業株式会社 社長 昭和 61年(1986年) 公益財団法人和敬塾 塾長 平成 10年(1998年) 財団法人日本ゴルフ協会 理事 ジュニア育成委員長 平成 14年(2002年) 国際ロータリー第 2580地区(東京・沖縄)ガバナー 兼 ガバナー会議長 平成 16年(2004年) NPO法人日本ジュニアゴルファー育成協議会 理事長 平成 17年(2005年) 国際ロータリー会員組織地域コーディネーター( RRIMC) 平成 18年(2006年) 一般財団法人比国育英会バギオ基金(日系フィリピン人の子弟に奨学金を出す組織)会長 平成 20年(2008年) 日台ロータリー親善会議 総裁 平成 25年(2013年) 志村産業株式会社 会長 著書 街と人(1996年) 欧亜の人々(1999年) 宗教法人和敬会について(2015年) 歌集 清涼(2002年) 浮雲(2008年) 【家族】 長男 前川喜平(元文部科学省 事務次官) 長女 真理子(参議院議員 中曽根弘文に嫁す) 次女 マヤ(小泉グループ株式会社社長 小泉和久に嫁す) 孫 中曽根康隆(衆議院議員) 【リンク】.

次の

中曽根康弘の家系図!孫は結婚?妻、息子、娘、父親、兄弟、家族は?

前川昭一

、にて 生まれ。 小学校4年時の1963年、東京へ転居、1967年、へ入学。 宇宙物理学者を志望し理科三類(進学課程)受験クラスに在籍したが、で挫折し文転 、1973年、入学。 第二外国語で選択。 、に興味を持ちに所属。 進学、にを学ぶ。 2年の後、1979年に東大法学部を卒業。 を4番目の成績で合格し 、入省。 1986年9月、に出向し同県教育委員会行政課長。 1989年2月、一等書記官。 1992年3月、文部省官房政策課政策調査官。 1993年4月、同省官房政策課政策企画官。 1994年6月、文部大臣秘書官事務取扱 として「文部省と(日教組)との歴史的和解」に関与。 1995年10月、同省教育助成局財務課教育財務企画室長。 1997年7月、へ出向、文化部宗務課長。 1998年7月、高等局主任視学官兼事務局参事官。 2000年6月、文部省教育助成局教職員課長。 2001年1月、に伴い文部科学省に変わり、同省初等中等教育局教職員課長。 2001年7月、同省初等中等教育局財務課長。 2004年7月、同省初等中等教育局初等中等教育企画課長。 2007年7月、(初等中等教育局担当)。 2010年7月、大臣官房。 2012年1月、。 2013年7月、長。 2014年7月、。 2016年6月、。 2017年1月20日に、を受け、退任。 2018年4月から日本大学文理学部講師 非常勤。 主な主張と活動 [ ] 義務教育費国庫負担制度 [ ] 制度について初等中等教育企画課長在職中に開設したブログの中で 、ので、公立小中学校の教職員給与の国の負担が2分の1から3分の1に引き下げられたことを巡って「義務教育費削減は道理が通らない」「と引き換えに義務教育が守れるなら本望」と与党を批判。 数学必修廃止論 [ ] 数学は義務教育の範囲で十分である。 高校数学は高度すぎるため必修科目から外すべきであると主張した。 大学の設置・認可 [ ] 、の答申を受け、のがほか2大学(、)を新設不可とする方針を公表したが 、就任間もない大臣が大学認可という重要事項を一存で決められるものではなく、事務方の意向に沿ったとした田中について、大臣官房長だった前川は「 『今は認可しない』 ということと 『不認可』 とは異なる」 として、官僚側と田中には意思疎通の齟齬があったと批判。 3大学関係者は民主党のに認可見送り撤回を要望。 認可決裁が下り、9日に文科省は認可証を発行した。 朝鮮学校無償化についての対応 [ ] 在任中、無償化に対しての意向を受け、旗振り役となったと報じられた。 後、文部科学相が朝鮮学校無償化を適用対象外とする方針を表明すると、前川はこの方針への覆すための行動を取らなかった。 であるは、前川の「適用可否がはっきりしない状況が続いて生徒たちを不安な気持ちにさせ、申し訳ないと思っている。 (朝鮮学校への)理解が日本人にも広がっているのは良いこと」との発言を掲載。 2017年7月、無償化の適用可否について、とで相次いで異なったが出たことについて、「今更どの面下げてという話だが、せめて司法で救済してほしい」などと述べている。 『江戸しぐさ』の道徳教材への掲載 [ ] 初等中等局長の時、文部科学大臣の指示の元、文部科学省の道徳教材にを掲載した。 論争 [ ] 出会い系バー問題 [ ] 、は、前川が文部科学省在職中にやの交渉の場になっているのに頻繁に出入りし、店内で気に入った女性と同席し値段交渉したうえで店外に連れ出していたと報じた。 同報道では、店に出入りしている女性の「女の子と値段交渉していた」「私も誘われた」といった証言も紹介された。 同じく5月22日、は、前川は文部科学審議官であった2015年頃から歌舞伎町の出会い系バーに頻繁に出入りするようになったと報じた。 報道に対し前川は25日に行った記者会見で出会い系バーへ行ったことを認めたうえで「ドキュメント番組で女性の貧困について扱った番組を見て実際に話を聞いてみたいと思った。 話を聞く際に食事をし小遣いをあげたりしていた」「そこで出会った女性を通して女性の貧困と子供の貧困が通じていることがわかった。 実地の調査の中で学べることが多く、ああいうところに出入りしたのは意義があった」と述べた。 また、読売新聞の報道に関しては「私の個人的な行動を読売新聞がどうしてあの時点(退官後半年余りを経過)で報じたのか」と疑問を呈した。 菅官房長官は26日の定例会見で「女性の貧困問題の調査のためにいわゆる出会い系バーに出入りし、かつ女性に小遣いを渡している」という主張に強い違和感を覚えたとし、当時の上長にあたる官房副長官のに確認したところ、前川が事務次官時代に出会い系バーに出入りをしていたことを知って厳しく注意したという報告を受けたと述べた。 前川は、7月10日の衆院閉会中審査で、歌舞伎町の「出会い系バー」通いの理由を「女性の貧困について実地の視察調査」と説明していたことについて、「『調査』という言葉は適切でなかったかもしれない」と述べている。 出会い系バーで前川と会ったとする女性の証言 [ ]• 2017年7月号は、2年前か3年前(2014-2015年)にテレビのドキュメント番組で出会い系バーを知ったとの本人の証言を掲載した。 は、出会い系バーで会っていたという女性のインタビューを掲載した。 今は百貨店に勤めるという女性は2011年に前川と出会い、前川とは最も親しかったといい、前川には身の上の相談や就職に関する相談にのってもらったとしたうえで、前川のおかげで今があると思っていると証言した。 報道については、今になって真実とは思えない報道がなされていると疑問を呈した。 また性的な関係があったのかという問いに対しては、前川から口説かれたことも手を繋いだこともなく有り得ないと述べている。 同記事の中で前川は「確かにあの店で出会って一緒にお寿司を食べたり、ダーツをやったりもしました。 でも遊ぶことが目的だったわけでなく、彼女の生い立ちや現状について話を聞かせてもらうとともに生活や就職の相談に乗っていました」と説明している。 出会い系バー問題の批評 [ ] この節はに基づく疑問が提出されているか、議論中です。 そのため、中立的でない偏った観点から記事が構成されているおそれがあり、場合によっては記事の修正が必要です。 議論はを参照してください。 ( 2018年4月)• 」と、前川を批判した。 ノンフィクション作家は、本当に貧困調査を目的としていたのか検証が必要と主張。 は紙上で、前川を「正義感あふれる人格者」と伝えるメディアに違和感を覚えると記した。 は、出会い系バーへ通う時間があるならを訪問し「地域の実情に目を向けるべき」と批判。 2017年3月30日、は斡旋問題で最終処分を下した。 前川は1月に処分を受け、依願退職に追い込まれたが、その前川前事務次官も停職相当の処分を受けた。 二重に処分を受けた格好になり、一事不再理の原則に反する。 前川が足繁く通っていた出会い系バーには、が立件に向け、写真撮影等の内定を行っていた。 そこに浮上したのが前川で、 連れ出した女とラブホへ入るというような 買春の証拠写真を突き付けられ、仕方なく辞めたのが1月処分の実相ではないのか。 はコラムで、この件が読売新聞に掲載されたことについて「権力はピンチになれば何でもする」との見解を掲載。 不祥事 [ ] 天下りあっせん問題 [ ] 「」も参照 2017年2月7日の衆議院予算委員会では他の関わったや現役の文部科学省の官僚と共に招致されて、前川は「文科省と日本政府への(国民の)信頼を損ねた。 万死に値する」として謝罪した。 2017年1月上旬、文科省から官邸側へ前川の定年延長の打診がされたが官房副長官のが「前川氏は責任を取って辞めるべきで、定年延長は難しい」と回答し、前川から「せめて(定年の)3月まで次官を続けさせてほしい」という要求があったが杉田が「こうした問題に関する処分は、まずは事務方のトップが責任を取ることを前提に議論しないといけない」と無理であることを直接伝える。 1月20日に辞任が認められ、その際に文部科学省全職員へ、自身を反面教師とし遵法意識の徹底に努めるべきとするメールを送信していることが、で報じられている。 前川は「引責辞任は自分の考えで申し出た」と主張する一方、のは「私の認識とは全く異なる」「当初は責任者として自ら辞める意向をまったく示さず、地位に恋々としがみついていた。 その後、天下り問題に対する世論の厳しい批判にさらされ、最終的に辞任した」と述べている。 退職金は2月17日付で支払われ、前川と同じ勤続条件37年で事務次官で自己都合退職の場合の支給額は約5610万円であると報じられる。 一連の問題を巡り、前川は2017年1月に2ヵ月間減給10分の1のを受けた。 さらに同年3月、による停職相当の懲戒処分が発表された。 前川は後に、2017年6月23日のの記者会見で、「再就職等監視委員会の指摘を受けて、改めて違法行為というものが明るみになって、その時点で私は違法行為についての認識をするに至ったということですから、知っていたのに是正しなかった、ということは当たらないと思っております」と発言している。 また、文部科学省事務次官の退職意向を申し出た日付について、前川は2017年1月5日であると述べているが、文部科学大臣のは同日について「京都視察で10人近くが常に一緒にいた。 込み入った話を受けられる状況ではなかった」と述べ、前川の主張を否定している。 5日当日の松野のスケジュールは、朝から夕方まで「の京都市内の移転対象4カ所の視察」に行き、前川ら文科省の幹部職員10名程度が帯同したまま昼食を取り、夕方には次の場所に移動したと述べている。 松野は、前川から辞意を意向を聞いたのは1月中旬頃であったと述べている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 毎日新聞社 2016年11月2日. 2017年10月28日閲覧。 8-11• 窪田順生 2017-05-30. ITmedia ビジネスオンライン アイティメディア. 2017年10月29日閲覧。. 日経ビジネスオンライン 日経BP社. 2017-09-07. 2017年10月29日閲覧。. 産経ニュース 産業経済新聞社. 2017年7月13日. 2017年10月28日閲覧。 日本経済新聞 日本経済新聞社. 2011年12月27日. 2017年10月28日閲覧。 日本経済新聞 日本経済新聞社. 2016年6月10日. 2017年10月28日閲覧。 47NEWS. 共同通信社 全国新聞ネット. 2017年10月4日. 2017年10月29日閲覧。 著書『前川喜平「官」を語る』• 日テレNEWS24 日本テレビ放送網. 2017年1月20日. 2017年10月28日閲覧。 日本経済新聞 日本経済新聞社. 2017年3月31日. 2017年10月28日閲覧。 産経ニュース 産業経済新聞社. 2017年5月25日. 2017年10月28日閲覧。 週刊東洋経済 2018年4月14日号 24P• 読売新聞 読売新聞社. 2012年11月3日. の2012年11月3日時点におけるアーカイブ。 2017年10月29日閲覧。 朝日新聞デジタル 朝日新聞社. 2012年11月6日. の2012年11月6日時点におけるアーカイブ。 2017年10月29日閲覧。 産経新聞 2017年12月8日• 中日新聞社. 2017年8月14日. 2017年10月28日閲覧。 論座 2019年05月11日• 2017年5月22日. 2017年5月28日閲覧。 産経ニュース 産業経済新聞社. 2017年5月26日. 2017年5月26日閲覧。 2017年7月10日. 2017年7月10日閲覧。 文藝春秋 2017年7月号 p101上段• 産経新聞. 2017年5月28日. 2017年5月28日閲覧。 2017年5月30日. 2017年5月30日閲覧。 2017年6月9日. 2017年7月7日閲覧。 2017年6月12日. 2017年7月7日閲覧。 須田慎一郎が地上波を斬る [ ]• 沖縄タイムス• 日本経済新聞社. 2017年2月7日. 2017年5月26日閲覧。 産業経済新聞社. 2017年6月7日. 2017年5月28日閲覧。 朝日新聞デジタル 朝日新聞社. 2017年1月20日. 2017年5月28日閲覧。 産業経済新聞社. 2017年5月25日. 2017年5月26日閲覧。 産業経済新聞社. 2017年2月22日. 2017年7月13日閲覧。 毎日新聞社. 2017年2月8日. 2017年7月13日閲覧。 産業経済新聞社. 2017年7月11日. 2017年8月3日閲覧。 自己公表された情報源・公式サイト・プレスリリース [ ].

次の

志村産業株式会社

前川昭一

第56回を数える総会では、田邊昌博幹事長代行 北・11 が司会進行、塾歌斉唱のあと安川啓利支部長 北・52 より、前日実施した塾生募集の高校訪問 星光・明星・清風 、現下の和敬塾や塾友会の厳しい状況などについてご挨拶があった。 新役員人事案や事業・会計報告などが承認されたあと、前川塾長と柳川会長からご挨拶を頂き、前川塾長と親交が深い早稲田大学名誉教 授で京都・三十三間堂 本坊 妙法院門跡 門主の菅原信海先生からのご祝電も紹介された。 今回の記念講演では、関西支部でご活躍頂いている大成建設 株 西日本営業部統括部長 福本太一郎氏 南・60 を講師に迎え、『関西を元気にする為のインフラ整備~交流人口の視点から~』というテーマで、関西のインフラ整備の展開、関西の目指すべき戦略 ゲートウェイ+成長エンジン や交流人口の方策など、分かりやすい緻密な資料に基づき、今後の関西の成長が期待できる有益なご講演を頂いた。 前川塾長に感謝し卒寿をお祝いする会の司会は、岩城方臣総務幹事 北・12 が担当、安川支部長より前川塾長へお祝いの言葉、高松富博相談役 北・45 よりご夫人の俳句作品、田邊幹事長代行の有希代夫 人と堀 川雅典幹事 東・16 のひとみ夫人より記念品を贈呈、前川塾長よりご挨拶を頂いた。 続いて奈良大学文学部教授の上野誠氏 北・59 はじめ、全国の塾友からのご祝電やご祝儀をご紹介し、高松相談役の乾杯で祝宴をスタート。 ご来賓の冨永嘉文 中国支部支部長 北・50 、下荒地修二 首都圏支部支部長 南・45 、野上 繁 四国支部元支部長 南・35 、米村 哲 北陸支部幹事長 北・56 、古閑善丈 首都圏支部幹事長 北・16 、浅井紀三夫 北陸支部幹事 北・3 よりご挨拶を頂いた。 そして今回初参加の若手塾友が紹介され、谷口 奨氏 北・3 、吉田実平氏 北・15 、横矢 等氏 北・18 、田中貴浩氏 東・18 、最年少の太田和希氏 南・27 より、フレッシュなスピーチも頂いた。 最後に鳴川雅也副支部 長 北・59 よ り力強い中締めのご挨拶を頂き、今後益々の関西支部の結束力を再確認して散会。 2次会はホテルのバーや同期会などへ移動、さらに3次会はファミレスや藤井寺の居酒屋などへ場所を移し、楽しい関西支部の熱い夏を満喫した。 参加者は次のとおり。 敬略 前川昭一 塾長 佐藤一義 専務理事 福本太一郎 S60・南 柳川邦衛 S33・南 冨永嘉文 S50・北 城野雄博 S61・南 下荒地修二 S45・南 野上 繁 S35・南 米村 哲 S56・北 古閑善丈 H16・北 浅井紀三夫 H3・北 篠原克明 S34・北 河村敏介 S36・北 宮本滎市 S36・西 谷口善志郎 S36・南 高嶋定弘 S37・南 西 祐作 S37・西 稲本義久 S37・西 大石紀夫 S37・北 西垣文雄 S38・北 阪口嘉平 S40・西 萩野康哉 S41・北 鈴木 功 S41・北 松下 勤 S41・北 北條弘一郎 S41・北 田中榮一郎 S42・北 林 宏 S42・北 江間範夫 S42・南 岩城本臣 S44・北 髙松富博 S45・北 松浦健次 S46・南 西本 真 S51・北 藤田道夫 S51・西 安川啓利 S52・北 平田太介史 S52・北 吉井友実 S52・南 佐々木茂樹 S55・北 柏原義之 S56・西 鳴川雅也 S59・北 吉村 明 S59・南 沖垣佳宏 S60・西 吉田 治 S60・北 谷川正秀 S61・北 立川哲哉 H1・西 吉村剛史 H1・西 山川雅行 H1・西 中野和正 H1・北 谷口 奨 H3・北 生島啓二 H5・北 田邉昌博 H11・北 岩城方臣 H12・北 松本直哉 H14・東 吉田実平 H15・北 田垣内学司 H15・北 堀川雅典 H16・東 玉山勝崇 H17・北 横矢 等 H18・北 上野 潤 H18・南 田中貴浩 H18・東 太田和希 H27・南 川渕純江 田邉有希代 堀川ひとみ 記・生島 カテゴリー: , 平成29年6月吉日 和敬塾塾友会関西支部 平成29年度総会・前川塾長に感謝し卆寿をお祝いする会のご案内 拝啓 時下 塾友の皆様にはますますご清栄のこととお察し申し上げます。 平素より、関西支部の運営・活動にご理解ご協力を賜わり、心より感謝申し上げます。 さて本年は、大成建設 株 西日本営業部統括部長の福本太一郎氏 南・60 を記念講演の講師にお迎えして、 下記のとおり平成29年度総会を開催するとともに、前川昭一塾長のご指導・ご支援に感謝し、卆寿をお祝いする会を実施する運びとなりました。 つきましては、公私ご多忙の折とは存じますが、是非この機会ご家族様お誘い合わせの上、多数ご出席頂きますようご案内申し上げます。 なお昨年度より実施されました支部会費につきましては、多数の支部塾友の皆様のご理解・ご協力を賜り、心より感謝申し上げますとともに、 本年度も引き続きご協力のほどお願い申し上げます。 当日ご欠席の皆様は、お手数をおかけしますが、下記口座までお振込お願いできれば幸いであります。 皆様のご理解・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。 敬具 安川 啓利 (1)日 時 平成29年7月29日(土)午後3時〜 (2)場 所 シェラトン都ホテル大阪 3F 葛城の間 近鉄 大阪上本町駅直結 06-6773-1111 www. miyakohotels. 新しいメール返信アドレス wakeikansaishibu gmail. テーマは『スキー専門店という小売業』、スキー業界や年間の売上動向、販売や仕入など、より具体的な数値に基づき、分かりやすく会社経営全般について、貴重なご講演頂いた。 さらに同日、副支部長の谷川正秀 北・61 が会長を務める尼崎市仏教会主催の花まつりで、『万葉びとに学ぶ、仏教に学ぶ』をテーマに幹事の奈良大学文学部教授の上野誠氏 北・59 の特別講演も行われた。 今回は、阪神尼崎と淀屋橋で関西支部らしいイベントがダブ ルヘッダーになったが、楽しい関西支部の春の贅沢な一日を満喫した。 和敬塾塾友会関西支部 春の茶話会 及び 四国・中国・関西支部合同事業のご案内 拝啓 時下、塾友の皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は、関西支部の運営・活動にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。 春の茶話会では、「スキーが上手くなるお店」老舗の 株 タナベスポーツ 代表取締役社長 田辺 昌博氏 北・11 を講師にお迎えし、同氏は幹事長代行としてご活躍されており、当日は『スキー専門店という小売業について』というテーマでご講演を頂く予定であります。 また当日は、近隣で懇親会も予定しております。 時節柄ご多忙と存じますが、お誘い合わせの上、多数ご出席頂きますようご案内申し上げます。 また6 月3 日(土)~4 日(日)、恒例の四国・中国・関西3 支部合同事業が、昨年に日露首脳会談が開催された山口県の長門湯本温泉「大谷山荘」で開催される予定です。 今回、下記の返信で併せて参加希望のご返信よろしくお願い申し上げます。 別途、参加希望の方には後日詳細をご案内申し上げます。 メール返信は、wakeikansaishibu gmail. まだ納入されていない場合、大変恐れ入りますが、下記口座までお振込お願いできれば幸いでございます。 皆様のご理解・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。 なお既に納入頂きました皆様にはご案内の重複をご容赦頂きたく、よろしくお願い申し上げます。 カテゴリー: , 関西支部年賀交歓会 42名が参加! ~平成若手も多数交流~ 平成29年1月28日、関西支部恒例の年賀交歓会がリーガロイヤルホテル大阪で開催され、ご来賓の前川昭一塾長、北陸支部幹事の山本淳司氏 南・5 、長崎支部から若手の橘高裕季氏 西・17 はじめ42名の塾友・ご夫人が出席した。 今回は、同ホテル戦略チーム次長の上村統氏 北・15 のお世話により、お昼からダイニングリモネの綺麗な貸切個室で、絶品のローストビーフなど飲み放題のビュッフェスタイルで実施して頂いた。 当日の司会は若手の堀川雅典氏 東・16 、安川啓利支部長 北・52 の年頭ご挨拶や前川塾長のご挨拶のあと、この度相談役にご就任頂いた高松富博氏 北・45 の乾杯でスタートし、セラーバーでの2次会、さらに京橋での3次会では若手3名と合流し、楽しい関西支部のお酒と交流を楽しんだ。 中でも8月26日 土 ~27日 日 に奈良県天川村あたらしや旅館で記念すべき第100回を迎える山の会、未来の塾生である双子の男の子が誕生した熊野速玉神社の後継者の上野潤氏 南・18 ら、新年明るい話題で盛り上がり、関西支部の平成29年がスタートした。 次回は、春の茶話会は4月8日 土 午後4時より中央総合法律事務所で、2月に関西テレビ『よ~いドン!』で紹介されたタナベスポーツの代表取締役社長で、幹事長代行の田辺昌博氏 北・11 を講師に迎えて開催の予定。 参加者は次のとおり。 敬略 塾長 前川昭一 北陸支部 5 南 山本淳司 長崎支部 17 西 橘高裕季 34 南 片岡隆 34 南 瀬尾宏郎 36 南 谷口善志郎 36 南 河村敏介 36 西 宮本榮一 37 南 高嶋定弘 37 西 西祐作 37 西 稲本義久 42 南 江間範夫 42 北 田中栄一郎 45 北 高松富博 51 北 西本真 51 西 藤田道夫 52 北 安川啓利 52 北 平田太介史 52 南 吉井友実 55 北 佐々木茂樹 58 西 柏原義之 59 南 吉村明 59 北 鳴川雅也 60 西 沖垣佳宏 1 西 立川哲哉 1 西 山川雅之 3 北 西田裕亮 5 北 生島啓二 11 北 田辺昌博 12 北 京谷宗悟・京谷照美 12 北 岩城方臣 15 北 上村統 15 北 田垣内学司 16 東 堀川雅典・堀川ひとみ 17 北 玉山勝崇 17 西 奥村俊介 17 西 竹田正邦 18 西 国廣幸一 18 西 實藤翔 18 南 上野潤 記・生島 北・5 カテゴリー: , 7月9日土曜日、東大阪市の石切温泉ホテルセイリュウで関西支部創立55周年記念講演・平成28年度総会が開催され、多数の若手塾友はじめ55名が参加した。 当日は、ご来賓として前川昭一塾長、佐藤一義専務理事、柳川邦衛本部会長 南・33 、下荒地修二首都圏支部支部長 南・45 、久野温士中部支部副支部長 西・60 、足立憲泰中部支部幹事長 北・1 、橋本剛長崎支部幹事長 西・4 、山本淳司北陸支部幹事 南・5 にご臨席を頂いた。 平成28年度総会は、田辺昌博拡大委員長 北・11 の司会で始まり、安川啓利支部長 北・52 のご挨拶のあと、新幹事などの役員人事や事業会計報告が承認され、前川塾長と柳川会長よりご祝辞を頂き、佐藤専務理事より和敬塾の現況などについてご報告を頂いた。 続いて55周年記念講演では、関西支部初代支部長で大同化学工業 株 代表取締役社長の黒川一氏 南・33 より、「時に感ずること」をテーマにご講演を頂いた。 特に政界に幅広い人脈をお持ちで、多くの歴代総理と交流されたご経験などから、今後の貴重なご示唆を頂いた。 懇親会は、玉山勝崇IT幹事 北・17 が司会を担当、前川塾長の89才のお誕生日を祝し、新婚ホヤホヤの堀川雅典幹事 東・16 のひとみ夫人、竹田正邦広報幹事 西・17 の佐紀子夫人より記念品を贈呈、元副支部長の瀬尾宏郎氏 南・34 による乾杯、飲み放題・食べ放題で世代を越えた交流を楽しみ、西本真副支部長 北・51 の一本締めで閉会した。 さらに二次会は、貸切展望ラウンジへ移動、元支部長の谷口善志郎氏 南・36 の乾杯でスタート、300 万ドルの綺麗な大阪の夜景を眺めながら、飲み放題で懇親を深め、鳴川雅也幹事 北・59 の力強いエールで散会、楽しい関西支部の夏を満喫した。 今回の創立55周年にあたり、関西支部伝統の強い結束力を再確認するとともに、今後ますます支部を超え、そして世代を超えて、地方から和敬塾を盛り上げるべく、創立60周年に向けてオール関西でスタートを切った。 参加者は次のとおり。 敬略 【講師】S33南 黒川 一 前川昭一塾長 佐藤一義専務理事 S33南 柳川邦衛 S45南 下荒地修二 S60西 久野温士 H1北 足立憲泰 H4西 橋本 剛 H5南 山本淳司 S34南 瀬尾宏郎 S34北 篠原克明 S36南 松井精朗 S36南 谷口善志郎 S37北 大石紀夫 S37西 西祐作 S37南 高嶋定弘 S37西 稲本義久 S38北 西垣文雄 S41北 鈴木功 S41北 松下勤 S41北 萩野康哉 S41南 渡辺 武 S42北 上田正三 S42北 田中 榮一郎 S44西 阿部雄次 S44北 岩城本臣 S45北 髙松富博 S47北 山野 謙二 S51南 南 昌一 S51北 西本 真 S52北 安川啓利 S52北 平田太介史 S52南 吉井友実 S58西 柏原義之 S59北 鳴川雅也 S60西 沖垣佳宏 S61北 谷川正秀 H1北 中野和正 H1西 山川雅行 H1西 立川哲哉 H5北 生島啓二 H10南 志野博三 H10南 小山慎二 H11北 田邉昌博 H12北 岩城方臣 H12北 京谷宗悟 H14東 松本直哉 H15北 田垣内学司 H15北 上村統 H16東 堀川雅典・ひとみ H17北 玉山勝崇 H17西 竹田正邦・佐紀子 H17東 喜多謙吾 記・生島 カテゴリー: , 平成28年5月吉日 和敬塾塾友会関西支部創立55周年 平成28年度総会・記念講演のご案内 拝啓 時下 塾友の皆様にはますますご清栄のこととお察し申し上げます。 平素より、関西支部の運営・活動にご理解ご協力を賜わり、心より感謝申し上げます。 さて本年は、関西支部創立55周年の記念すべき年にあたり、関西支部初代支部長の大同化学工業 株 代表取締役社長 黒川 一氏 南・33 を記念講演の 講師にお迎えして、下記のとおり平成28年度総会を実施する運びとなりました。 つきましては、公私ご多忙の折とは存じますが、是非この機会ご家族様お誘い 合わせの上、多数ご出席頂きますようご案内申し上げます。 メール返信アドレス wakeikansai yahoo. 平素は、関西支部の運営・活動にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。 今回の茶話会は、本部及び関西支部で若手リーダーのおひとりとしてご活躍頂いている 株 きんざい大阪支社支社長 立川 哲哉氏 西・1 を講師にお迎え して、『これからの金融のゆくえ ~グローバル化と地域密着化~』というタイムリーかつ興味深いご講演を頂く予定であります。 また当日は、近隣で懇親会も 予定しております。 時節柄、ご多忙と存じますが、お誘い合わせの上、多数ご出席頂きますようご案内申し上げます。 なお四国・中国・関西3支部合同事業が、今年は6月4日 土 ~5日 日 、四国支部のお世話により『高知県四万十川』で開催される運びとなり、清流・四 万十川の屋形船でホタルを鑑賞しながら、天然うなぎやカツオのタタキなど堪能できる懇親会など滅多に経験できない魅力的な企画をして頂いており、この機会 是非ともご参加を頂きたく併せてご案内申し上げます。 追って参加希望者の皆 様には詳細をご連絡申し上げます。 メール返信の場合は、wakeikansai yahoo. 平素より、関西支部の運営・活動にご理解とご協力を賜わり、 心より御礼申し上げます。 本年は、伏見稲荷大社・石切神社などを巡る和敬塾創立60周年3支部合同記念事業、あべのハルカスでの前川喜平文部科学審議官を お迎えしての記念講演・総会&前川昭一塾長の米寿をお祝いする会など、多数の塾友のご参加ご協力のもと各種事業を実施できましたこと、重ねて御礼申し上げ ます。 さて平成28年の関西支部創立55周年のスタートといたしまして、下記のとおり、大阪難波に誕生した日本初上陸の本格的シンガポール料理店で恒例の年賀交 歓会を実施する運びとなりました。 時節柄、公私ご多忙の折とは存じますが、お誘い合わせの上、多数ご出席頂きますようご案内申し上げます。 wakeikansai yahoo. ) 平成27年9月吉日 和敬塾塾友会関西支部 秋の茶話会のご案内 拝啓 時下、塾友の皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は、関西支部の運営・活動にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。 前回は、文部科学審議官 前川喜平氏を記念講演の講師にお迎えし、67名様の塾友・ご家族のご参加のもと、大阪マリオット都ホテルで平成27年度総会と前川塾長の米寿をお祝いする会が実施でき、重ねて御礼申し上げます。 さて今回の茶話会は、関西支部幹事で日亜鋼業 株 取締役管理本部長の沖垣 佳宏氏 西・60 を講師にお迎えして、『教科書で教えない日本史の裏話・こ ぼれ話と歴史から紐解く日本の特性』と題し、「モラルハザードが招いた天下大乱、そして武士政権の誕生」、「偽計による南北朝の合一と後南朝の悲劇」、 「本能寺の変~6月2日決行の意味」、「坂本龍馬暗殺の実行犯と指示者」「歴史から紐解く日本の特性」等についてご講演頂く予定であります。 なお当日は、 近隣で懇親会も予定しております。 時節柄、ご多忙と存じますが、お誘い合わせの上、多数ご出席頂きますようご案内申し上げま す。 2日目は、パワースポットで人気の天河弁財天を参拝、日本の名水、ごろごろ水のわらび餅や道の駅のこんにゃくなどを堪能し、初の若手交流会により、楽しい秋の思い出を作ることができた。 来年の若手交流会は、5月ごろに滋賀県の琵琶湖で開催予定。 中部支部・関西支部、さらに北陸支部のより多くの若手の皆さんに楽しくご参加を頂き、さらに各支部との相互交流を深めていきたい。 参加者は次のとおり。 敬略 大西良一 北・49 安川啓利 北・52 平田大介史 北・52 足立憲泰 北・1 平手秀典 北・3 立川哲哉 西・1 山本淳司 南・5 生島啓二 北・5 神谷俊一 南・8 田邉昌博 北・11 ・有希代・紗希・実希 松本直哉 東・14 ・葉子・紗弥 田垣内学司 北・15 ・恵理・二葉・秀太郎 竹田正邦 西・17 ・佐紀子・紗良・ゆり・薫 佐竹祥明 北・17 菊池啓太 東・17 記・生島 カテゴリー: , 8月1日、日本一高いあべのハルカス・大阪マリオット都ホテルで、前川昭一塾長のご長男で文部科学審議官の前川喜平氏を記念講演の講師にお迎えして、関西支部総会と前川塾長の米寿をお祝する会が、柳川邦衛本部会長 南・33 ・平見勇雄四国支部長 北・58 ・城野雄博中部支部長 南・61 、足立憲泰中部支部幹事長 北・1 はじめ、67名の塾友・ご家族のご参加のもと実施された。 当日の総会では関西支部会則が承認され、今後さらに安定した自立的な運営基盤の強化を図り、支部独自の活動を展開していくとともに、新幹事として各界で活躍されている小山慎二氏 南・10 、田辺昌博氏 北・11 、上野潤氏 南・18 の平成の若手が加わり、より一層の若手人材の充実も図ることができた。 … 今回の記念講演は、前川喜平様より『教育再生の動向』というテーマで、安倍政権の進めている現下の教育政策の一端をより身近かにご講演を頂き、前川塾長の米寿をお祝いする会では、安川啓利支部長 北・52 より感謝の言葉を頂き、ささやかながら記念品や花束をお送りし、前川塾長のご挨拶のあと、高松富博元奈良支部長 北・45 の乾杯でスタート、ますますお元気で各方面でもご活躍さている前川塾長を囲み、初参加で最年少の渡辺俊充氏 南・24 はじめとする平成若手の皆様の自己紹介など、和やかで楽しい和敬塾の時間を過ごすことができた。 関西支部では、9月にご家族含め約30名が出席予定の中部支部・関西支部プレ若手交流会を若手自らが企画、大西良一元奈良支部長 北・49 の奈良県天川村の洞川温泉あたらしや旅館で実施、BBQに川遊び、温泉・花火、松茸やぼたん鍋などを楽しむ予定で、今後ますます中部・北陸・四国・中国の各支部との連携強化を図りながら、さらに近隣支部との交流や絆を深めていくとともに、『飲む・楽しむ・学ぶ』、出会いと魅力そして感動があふれる支部づくりを楽しく進めていきたい。 参加者は次のとおり。 前川喜平様 長田正樹 S51西 前川昭一 塾長 南 昌一 S51南 柳川邦衛 S33南 安川啓利 S52北 城野雄博 S61南 浅井康平 S52北 平見勇雄 S58北 平田太介史 S52北 足立憲泰 H1北 吉井友実 S52南 山本淳司 H5南 柏原義之 S56西 古住茂 S33南 鳴川雅也 S59北 小野益美 S33南 吉村明 S59南 篠原克明 S34北 沖垣佳宏 S60西 瀬尾宏郎 S34南 鈴木康豊 S60南 片岡隆 S34南 福本太一郎 S60南 河村敏介 S36 北 吉田おさむ S60北 谷口善志郎 S36南 吉村剛史 H1西 松井精朗 S36南 山川雅行 H1西 大石紀夫 37北 生島啓二 H5北 稲本義久 S37西 黒崎泰典 H5西 高嶋定弘 S37南 小山慎二 H10南 西垣文雄 S38北 志野博三 H10南 渡辺武 S41南 田邉昌博 H11北 萩野康哉 S41北 岩城方臣 H12北 北條弘一郎 S41北 京谷宗悟 H12北 林宏 S42北 松本直哉 H14東 吉村典晃 S42西 田垣内智司 H15北 川渕秀和 S42西 堀川雅典 H16南 江間範夫 S42南 玉山勝崇 H17北 北村翰男 S43西 堀端勇司 H17北 阿部雄次 S44西 竹田正邦 H17西 岩城本臣 S44北 菊地啓太 H17東 髙松富博 S45北 佐竹祥明H17北 松浦健次 S46南 渡辺俊充 H24南 栗本一男 S46南 岩城敏子様 西本真 S51北 髙松早基子 様 上野純子 様 記・生島 北・5 カテゴリー: , 平成27年6月吉日 和敬塾塾友会関西支部 平成27年度総会・記念講演のご案内 拝啓 時下 塾友の皆様にはますますご清栄のこととお察し申し上げます。 平素より、関西支部の運営・活動にご理解ご協力を賜わり、心より御礼申し上げます。 5月の和敬塾創立60周年・塾父生誕120周年記念 四国・中国・関西3支部合同事業では、60名近い塾友・ご家族様のご参加のもと、菅居正紀氏 西・53 よりご講演を頂いた伏見稲荷大社などを楽しく巡ることができ、重ねて御礼申し上げます。 さて本年度総会は、前川昭一塾長のご長男で文部科学審議官の前川喜平氏を記念講演の講師にお迎えして、下記のとおり日本一高いあべのハルカスで前川塾長の米寿のお祝いの会を兼ねて実施する運びとなりました。 つきましては、公私ご多忙の折とは存じますが、是非この機会ご家族様お誘い合わせの上、多数ご出席頂きますようご案内申し上げます。 当日は、前川昭一塾長・佐藤一義専務理事・柳川邦衛会長 南・33 ・石川信介幹事長 北・40 ご夫妻・森本栄史北陸支部長 南・52 ・城野雄博中部支部長 南・61 はじめ58名様の塾友・ご家族様のご参加を頂いた。 … 初日は、「いしきりさん」でお馴染みの石切神社の参拝と参道散策、幹事の沖垣佳宏氏 西・60 からスポット解説を頂いた後、元春日・河内国一の宮で、大阪最古の神社と言われる枚岡神社を正式参拝した。 ホテルセイリュウに戻り、露天風呂の天然ラジウム温泉で汗を流した後は、スカイラウンジで飲み放題の大懇親会を開催。 安川啓利支部長 北・52 の歓迎のご挨拶、前川昭一塾長と柳川会長に印刷出来立ての塾友会名簿2015年版の贈呈などを行い、岩城本臣前関西支部長 北・44 の乾杯、ラグビーの聖地・「荒ぶる魂」の原点でもある近鉄花園ラグビー場から打ち上げの1,000発の花火を鑑賞し、大阪の300万ドルの夜景を一望しながら、大先輩から平成の若手まで世代、そして支部を超えた懇親を深めた。 2日目は、「行ってよかった」外国人に人気の日本の観光スポット2014第1位の「お稲荷さん」で有名な伏見稲荷大社を訪問。 伏見稲荷大社の菅居正紀氏 西・53 より、『伏見稲荷大社よもやま話』というテーマでご講演を頂き、本殿を正式参拝。 史跡の荷田春満旧宅などを特別に見学させて頂いた後、老舗「祢ざめ家」で京都・伏見名物の焼鳥やうなぎの蒲焼、そして日本酒などで打ち上げ、大いに盛り上がった。 来年は、四国支部のお世話で足摺岬と四万十川で開催される予定。 今後もさらに近隣の各支部との交流や連携を深め、もって塾友会全体を盛り上げていきたい。 また「行きたくなる・ワクワクする・飲みたくなる」、そういう魅力のある元気で楽しい関西支部を目指し、安川支部長を中心として支部が結束して自立的な支部運営を進めていきたい。 なお次回は、8月1日 土 午前11時から、日本一高いあべのハルカス・大阪マリオット都ホテルで前川喜平 文部科学審議官をお招きして記念講演・支部総会を開催する予定である。 記・生島啓二 北・5 参加者は次のとおり。 記念講演講師 菅居正紀 S53西 、和敬塾塾長 前川昭一、和敬塾専務理事 佐藤一義、塾友会会長 柳川邦衛 S33南 、塾友会幹事長 石川信介 S40北 、北陸支部支部長 森本栄史 S52南 、中部支部支部長 城野雄博 S61南 、中国支部支部長 冨永嘉文 S50北 、四国支部支部長 平見勇雄 S58北 、小野益美 S33南 、篠原克明 S34北 、片岡隆 S34南 、瀬尾宏郎 S34南 、宮本榮市 S36西 、谷口善志郎 S36南 、高嶋定弘 S37南 、大石紀夫 S37北 、谷口佳照 S38西)西垣文雄 S38北 、近森新 S39南 、阪口嘉平 S40西 、田中榮一郎 S42北 、江間範夫 S42南 、川渕秀和 S42西 、上田正三 S42北 、岩城本臣 S44北 、渡辺優 S47北 、山野謙二 S47北 、岡林高弘 S47北 、大森誠二 S47北 、鈴木修 S47北 、西本真 S51北 、安川啓利 S52北 、浅井康平 S52北 、平田太介史 S52北 、髙橋真 S52北 、吉井友実 S52南 、澤西徳幸 S53北 、柏原義之 S56西 、鳴川雅也 S59北 、吉村明 S59南 、沖垣佳宏 S60西 、谷川正秀 S61北 、立川哲哉 H1西 、山川雅行 H1西 、梅本浩一朗 H4西 、山本淳司 H5南 、生島啓二 H5北 、田邉昌博 H11北 、岩城方臣 H12北 、田垣学司 H15北 、堀川雅典 H16南 、玉山勝崇 H17北 、竹田正邦 H17西 、石川洋美、川渕純江、谷川美加、吉井理子 カテゴリー: , 和敬塾創立60周年・塾父生誕120周年記念 四国・中国・関西支部合同事業のご案内 拝啓 時下 塾友の皆様におかれましては、ますます御清栄のこととお慶び申し上げます。 コリー新聞2015年新春号で予告をさせて頂きましたが、今回初めて関西支部が、2回目となる四国・中国・関西3支部合同事業を、和敬塾創立60周年・前川喜作塾父ご生誕120周年を記念して企画・担当することになり、大阪や京都の魅力を再発見・満喫して頂けるよう、約1年間の準備を経て、下記のとおり実施することになりました。 時節柄ご多忙と存じますが、多数ご参加頂きたくご案内申し上げます。 ご家族同伴も大歓迎です。 なお当日は、前川塾長もご出席の予定です。 皆様のご参加を心よりお待ちしております。 当日は、これに先立ち、幹事の中野和正氏 北・1 のご案内により、春日大社正式参拝と奥山めぐりも実施され、横山 章副会長 南・55 、平見勇雄副会長・四国支部長 北・58 、田中克人首都圏支部長代行 西・42 、山本淳司北陸支部幹事 南・5 をはじめ、53名の塾友・ご家族の皆様のご参加を頂いた。 今回も、幹事の京谷宗吾ご夫妻 北・12 、最年少で初参加の上野 潤ご夫妻 南・18 ら、若手も多数ご参加・お手伝いを頂き、安川啓利支部長 北・52 の年頭のご挨拶などのあと、会計監査の篠原克明氏 北・34 の乾杯でスタート、大いに年賀交歓会は盛り上がった。 後半は屋上に移動、甘酒を飲みながら若草山からの花火と伝統の山焼きを鑑賞、意外に関西でも初めてという方が多かった。 奈良・万葉若草で素晴らしい新年のスタートを切ることができたが、今年は伝統の結束力を堅持し、さらに美徳と自立を追求しつつ、近い将来若手の皆様にバトンタッチすべく、より強固な関西支部の運営基盤を確立するとともに、次回5月9日 土 ~10日 日 の大阪・京都での和敬塾60周年・前川喜作塾父生誕120周年記念四国・中国・関西支部合同事業に向けて、初めてのホスト役として、幹事会で本格的な準備を進めて参ります。 参加者は次のとおり。 田中克人首都圏支部長代行 S42西 ,横山 章 本部副会長 S55南 ,平見勇雄 本部副会長・四国支部長 S58北 ,山本淳司 北陸支部幹事 H5南 ,片岡 隆 S34南 ,篠原克明 S34北 ,河村敏介 S36北 ,,高嶋定弘 S37南 ,西垣文雄 S38北 ,忠岡賢一 S40南 ,上田正三 S42北 ,江間範夫 S42南 ,川淵秀和 S42西 ,田中栄一郎 S42北 ,吉村典晃 S42西 ,北村翰男 S43西 ,岩城本臣 S44北 ,高松富博 S45北 ,栗本一男 S46南 ,松浦健次 S46南 ,白川友則 S47南 ,大西良一 S49北 ,西本 真 S51北 ,浅井康平 S52北 ,平田太介史 S52北 ,安川啓利 S52北 ,吉井友実 S52南 ,上野誠 S59北 ,鳴川 雅也 S59北 ,吉村 明 S59南 ,沖垣佳宏 S60西 ,谷川正秀 S61北 ,中野和正 H1北 ,山川雅行 H1西 ,生島啓二 H5北 ,小山慎二 H10南 ,志野博三 H10南 ,岩城方臣 H12北 ,京谷宗悟 H12北 ,松本直哉 H14東 ,田垣内学司 H15北 ,堀川雅典 H16東 ,竹田正邦 H17西 ,玉山勝崇 H17北 ,上野 潤 H18南 (同伴者様)河村敏介様御夫人,川淵秀和様御夫人,田中陽子様(田中栄一郎様御夫人),瀬尾宏郎様御夫人,吉井妙子様 吉井友実様御夫人 ,吉井理子様(吉井友実様御令嬢),京谷照美様(京谷宗悟様御夫人),上野潤様御夫人 記・生島啓二 北・5 カテゴリー: , 和敬塾創立60周年・塾父生誕120周年記念 四国・中国・関西3支部合同事業のご案内【予告】 今回初めて関西支部が、四国・中国・関西3支部合同事業を企画・担当することになり、大阪や京都の魅力を再発見・体験して頂けるよう、支部の総力を上げて鋭意準備を進めております。 正式な予定や会費などは、後日メールまたは郵送であらためてご案内いたします。 他支部からのご参加、ご家族同伴も大歓迎です。 皆様のご参加を心よりお待ちしております。 平素より、関西支部の運営・活動にご理解とご協力を賜わり、心より御礼申し上げます。 さて平成27年の関西支部のスタートといたしまして、下記のとおり今回は初の試みとなる若草山山焼きの鑑賞を兼ねた年賀交歓会を実施する運びとなりました。 時節柄、公私ご多忙の折とは存じますが、奥様・ご家族様ご同伴・お誘い合わせのうえ、多数ご出席頂きますようご案内申し上げます。 今回の講師は、関西支部幹事で産経新聞社の吉村剛史氏 西1。 阪神支局・社会部や夕刊フジなどでご活躍、台北支局長を務められ、現在は関西空港支局をご担当。 その台北支局長のご経験から、日米中で生きるアジアの縮図とも言える台湾の最近の情勢について、期待どおり和敬塾しか聞けないリアルでオフレコのご講演を頂き、活発な議論も交わされた。 続いて山の会・ゴルフ会・猛虎会の活動報告、京都フィル音楽監督・齋藤一郎氏 西4 のコンサートのご案内もあり、さらに趣味の会も充実・発展、ますます活発に活動している。 懇親会は淀屋橋のビヤホールで開催、そして居酒屋での2次会、さらに難波の日本酒豊祝の立呑へ、最後はフラフラになったが、関西支部らしい秋の楽しい一日だった。 次回は新企画!平成27年1月24日土曜日午後3時から、奈良若草山の山焼き鑑賞・年賀交歓会を春日野荘で開催する。 ご家族同伴でのご参加も大歓迎。 皆様のご参加をお待ちしております。 詳細は、後日あらためてご案内いたします。 参加者は次のとおり。 平見勇雄 北58 四国支部長 小野益美 南33 片岡隆 南34 篠原克明 北34 松井精朗 南36 宮本榮市 西36 谷口善志郎 南36 高嶋定弘 南37 西垣文雄 北38 古川英紀 西39 登坂忠夫 北40 北條弘一郎 北41 上田正三 北42 江間範夫 南42 田中栄一郎 北42 河口正隆 北43 岩城本臣 北44 岩田勝弘 北45 高松富博 北45 松浦健次 南46 栗本一男 南46 武村文男 南46 長田正樹 西50 西本真 北51 安川啓利 北52 吉井友実 南52 平田太介史 北52 浅井康平 北52 柏原義之 西56 沖垣佳宏 西60 谷川正秀 北61 大供真一郎 西62 平成26年8月吉日 和敬塾塾友会関西支部 秋の茶話会のご案内 拝啓 時下、塾友の皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上 げます。 平素は、関西支部の運営・活動にご理解とご協力を賜り、 厚く御礼申し上げます。 前回は、元奈良支部長でダイドードリンコ株式会社取締役会長の高 松 富博氏 北・45 を記念講演の講師にお迎えし、過去最高の 76名様のご参加のもと、盛大に平成26年度総会が実施でき、重 ねて御礼申し上げます。 今回の茶話会の講師は、関西支部幹事で産経新聞社 前台北支局長 の吉村 剛史氏 西1 、テーマは『最近の台湾情勢』についてで あります。 台北支局長として3年間ご活躍され、本年6月に帰国さ れたところであり、台湾情勢など日本を取り巻く現在の国際状況な どについて、和敬塾でないとお聞きできないご講演を頂く予定であ ります。 なお当日は、懇親会も予定しております。 時節柄、ご多忙 と存じますが、お誘い合わせの上 、多数ご出席頂きますようご案内申し上げます。 jpまでご連絡お願い致します。 〆切:9月30日(火) カテゴリー: , 8月21日、阪神の首位浮上への期待が高まる中、関西支部有志で京セラドーム大阪での阪神vs中日公式戦を観戦し、阪神が勝利した。 吉井友実会長 副支部長・南52 のお世話で関西支部の趣味の会にスポーツ観戦が加わり、さらに活発になった。 第1回は、6月9日に甲子園で行われた阪神vsソフトバンク交流戦。 甲子園特有の臨場感と浜風を感じながら観戦した。 阪神の完封負けだったが、近くの中華料理万里での打ち上げで盛り上がった。 今回の打ち上げは、大阪なんばにある阪神ファンが集う炭火焼鳥とつけ麺の店きゅうじへ移動、川渕秀和名誉会長 元塾友会会長・西42 の乾杯でスタート、今後の阪神や関西支部の展望などを語り合った。 参加者は以下のとおり。 川渕秀和 西42 西本真 北51 小林由美 吉井友実 南52 平田太介史 北52 山本淳司 南5 -北陸支部 生島啓二 北5 小山慎二 南10 京谷宗吾 北12 京谷夫人 記・生島 カテゴリー: , 平 成26年7月5日土曜日、大阪・中之島のリーガロイヤルNCBで関西支部平成26年度総会が開催され、佐藤一義 和敬塾専務理事、島田元幸 本部副会長兼 群栃支部長 西50 、城野雄博 本部副会長兼中部支部長 南61 、平見勇雄 本部副会長兼四国支部長 北58 、下荒地修二 首都圏支部長 西 45 、田中克人 首都圏支部長代行 西42 、森本栄治 北陸支部長 南52 をはじめ、過去最高となる75名が参加した。 当日は、京フィル音楽監督として活躍中の斉藤一郎氏 西4 の指揮による塾歌斉唱に始まり、事業報告と会計報告のあと役員改選が行われ、4年間多大なご尽力を頂いた岩城本臣氏 北44 から支部長代行の安川啓利氏 北52 に支部長が交代、新幹事に沖垣佳宏氏 西60 、吉村剛史氏 西1 、田垣内学司氏 北15 、竹田正邦氏 西17 が加わり、さらに世代交代を進めた。 今 年は、地元のダイドードリンコ株式会社取締役会長で元奈良支部長の高松富博氏 北45 が、『夢を追いかけたら、自販機ビジネスがヒット』というテーマで 記念講演。 ご自身でも初めてという貴重なご講演で、会社の歴史や商品開発、日本の祭りの取り組みなどとともに、和敬塾が大好きという思いも披歴された。 猫も杓子もW杯で騒がしかった2週間余りでしたが、結局日本の実力はまだまだ世界には遠いという事でしょうか。 2014年6月15日はW杯コートジボワールとの最初の重要な一戦という、どこの家庭でもTVにかじり付いていた重要な日曜日でした。 TVも見たいが、一生に一度の古稀を迎えても誰も祝ってくれない為、「自分たちで自分たちを祝おう!」という合言葉で祭り開催を決めた。 丁度その日は、父の日でもあったが、ここまで来られた功績大は奥様達であるとばかりに、お礼の意味も込めて多くの奥様にも参加して貰った。 此処までこぎつけるまでは、奥様達からは、「また和敬塾? この間も会ったじゃないの!」「50年も前の仲間なんでしょう?」「和敬塾と家族とどっちが大事なの? 」というつぶやきや非難の目もあったが、下打ち合わせ会という名目で祭りの準備は着々と進められていた。 今までも42年組はなんだかんだ理由を付けては、「酒祭」だとか「柿祭」という集まりをしては騒いでいるが、体の節々もコキコキ言って来たので今度は「古稀祭」だという。 関西同期でどうしても参加できない友も3人ほどいたが、当日は福島や東京から42年組が駆けつけてくれたし、既に古稀は遠く昔に通り過ぎた大先輩も四国や関西各地から差し入れと共にお祝いに来て下さった。 勿論、関西支部長の指示のもと、支部の若手も手伝いを兼ねて、10数年後には迎える古稀の下見に来てくれたことは言うまでもない。 先日まで台湾の支局長をしていた某後輩 後輩にしては随分巨体だが も終盤に転がり込んでくれ、一部ファンと称する人たちやなじみの飲み屋のマスターも加わって、総勢40名ほどの会費制、フリードリンク制の「古稀祭」であった。 冒頭、仲間の黙祷 関西42年同期:喜多広育、中川隆雄 を初めに行い、残念ながら「古稀祭」に加われなかった彼らにも聞こえるように「塾歌」を全員で斉唱して古稀祭は始まった。 某I先輩は興に乗って、スーザンを引っ張り出してワルツを踊りだす程であった 注:上田正三は奥さんを何故かスーザンと呼んでいるらしい。 エディ上田は今でも現役で舞台に上がっているが、お金を取れない舞台は久しぶりだとつぶやいていた。 歩き方、話し方、老け方、歌い方・・・。 その中の一つである東映太秦流(うずまさ)殺陣の「基本10の作法」は20年の年季が感じられた迫真の演技で斬られ役の司会者も腰を引いていた。 正眼、上段、下段、切り上げ、八双、鍔迫り合い、払い、抜き、切り下げ、突き。 本職はいったい何?いい会社だねえ! という声がしきりに飛んでいた。 口三味線というのであろうか、「チントンシャン・・・ペペンペンペン」いやはや恐れ入りました。 それぞれ、年季が入った味のある内容で参加者一同も感激してくれたと思います。 最後に全員で,You are my sunshine を合唱し、一同「東京オリンピックまでは元気に生きよう」という言葉を心に誓ったのであった。 駆けつけて下さった先輩、同期の仲間、そして後輩から多くの差し入れを戴き紙上を借りて御礼申し上げます。 余りの多さに、全員に空くじなしでお土産としてお持ち帰りいただきました。 そして、残念ながら参加がかなわなかった、前川正一塾長、京都フィルの音楽監督に就任した斉藤一郎君、同期の川崎清明君からの心のこもった祝詞は途中でご披露させていただきましたところ拍手喝采であったことをお伝えしておきます。 興奮冷めやらぬ一部の先輩、同期の面々並びに奥様方は準備されていた2次会の場で更に盛り上がったのでありました。 こういう古稀祭を開催することで、和敬塾の良さ・伝統・結束が全国に広がれば、塾のPRにもなるものと信じています。 継続イベントである全国ゴルフ会、ニューイヤーコンサート、囲碁大会、山の会等に古稀祭も加えて頂ければありがたい。 文責:川淵秀和 出席者:35野上繁、36谷口善志郎、39池田泰雄、41萩野康哉、42山田恭久夫妻、江間範夫夫妻、上田正三夫妻、平澤洋爾夫妻、田中栄一郎夫妻、林宏夫妻、寺本保英夫妻、吉村典晃夫妻、川淵秀和夫妻、田中克人、鈴木邦彦、44岩城本臣、48江間康雄、51西本眞、52浅井康平、安川啓利、吉井友実、56尾崎好輝、60沖垣佳宏、吉田治、H1吉村剛史、H5生島啓二 カテゴリー: , 梅雨の晴間、6月4日(水)兵庫県は播磨の地にある「武庫ノ台ゴルフコース」において、第44回関西支部ゴルフ会が開催された。 この会は年4回の頻度で開催されており、早や11年間続いている歴史あるゴルフ会だ。 この会は、開催当初より、大会世話人として瀬尾宏郎氏(34・南)と西祐作氏(37・西)両名の絶大なるご尽力により続いている。 今回は参加者13名、4組の小ぢんまりとしたゴルフ会ではあるが、和気あいあいとした雰囲気の中、9時15分のスタートで始まった。 この種のゴルフコンペでは、ダブルぺリア方式が多い中、この会は歴史のある会にも拘らず大会世話人のご努力により、ハンディキャップ(HC)方式である。 と云うことは、 この方式ではより平等を期するため、数年に1回、HCの改正が行われ、常に新しいHCで競技が続けられているのである。 試合結果は、優勝者が何と7アンダーの99で回った小生であった。 いかに今までの成績が悪かったかの裏返しであるが、次回のHCは21と云う二度と優勝が不可能なものとなった。 2位は、今回のベストグロスと云う栄冠を勝ち取った大会世話人の西祐作氏で、グロス91、ネット69と云う素晴らしいスコアだ。 3位は、萩野康哉氏(41・北)で、グロス106、ネット70であった。 競技には参加されなかった大会世話人である瀬尾氏は、わざわざ表彰式にご出席いただき、懇親会を盛り上げて下さった。 次回の第45回大会は、9月24日 水 を予定しており、多くの方の参加を約し散会となった。 皆様、ご苦労様でした。 江間範夫 〈記〉 〈参加者〉 森篤(36・北)、森本欽公(36・西)、松井精朗(36・南)、中村信三(37・西)、西祐作(37・西)、比果雅次(37・西)高嶋定弘(37・南)、萩野康哉(41・北)、江間範夫(42・南)、田中榮一郎(42・北)、福田稔(43・西)、徳永明夫(44・北)、高松富博(45・北) カテゴリー: , 1月25日土曜日、大阪新阪急ホテルで、富田康行本部副会長 北・46 、富永嘉文中国支部長 北・50 、平見勇雄四国支部長 北・58 、田中克人和敬ニューイヤーコンサート事務局長 西・42 はじめ37名様のご参加を頂き、年賀交歓会を開催した。 この度京フィル音楽監督に就任した斎藤一郎氏 西・4 の指揮による塾歌斉唱で、関西支部の新年のスタートを切った。 当日、東京五輪大会組織委員会 会長森元首相 の副事務総長に布村幸彦氏 北・52 が就任というニュースが新聞で発表された。 同期の安川啓利支部長代行 北・52 よりご紹介のあと乾杯、世代を越えて楽しく歓談し、盛り上がった。 斎藤一郎氏と関西支部世話役の上田正三氏 北・42 より、4月19日の京都コンサートホールでの京フィル音楽監督就任披露コンサートのご案内や今後の支援のお願いがあり、さらに田中栄一郎前支部長 北・42 から、6月15日、42年卒の塾友による北新地のライヴハウスでの古希の会の開催も紹介された。 毎年なんと約12時間飲み続ける年賀交歓会、今年も午後12時にスタートした一次会、そして二次会、若手を中心に梅田から鶴橋へ場所を移し、延羽の湯で天然温泉に入り三次会、深夜に天王寺でお開きになった。 来年の年賀交歓会は、奈良市の若草山の山焼きを鑑賞しながら新年の宴を開催する案も提案された。 東京五輪やクラシックなどで大いに盛り上がった年賀交歓会だったが、今年も話題盛りだくさんの関西支部前半の活動予定は次のとおり。 さらにオール関西で各支部との連携強化を図り、多彩な交流事業も展開をしていく。 春の茶話会ー4月26日 土 午後3時 中央総合法律事務所 講師ー 株 アテクト代表取締役社長 小高得央氏 西・61 平成26年度総会・記念講演ー7月5日 土 午後3時 場所未定 講師ーダイドードリンコ 株 代表取締役社長 高松富博氏 北・45 【記・生島啓二 北・5 】 参加者は以下のとおり。 富田康行 北・46 田中克人 西・42 富永嘉文 北・50 平見勇雄 北・58 小野益美 南・33 瀬尾宏郎 南・34 片岡 隆 南・34 谷口善志郎 南・36 西 祐作 西・37 高嶋定弘 南・37 稲本義久 西・37 谷口佳照 西・38 北條弘一郎 北・41 上田正三 北・42 江間範夫 南・42 田中栄一郎 北・42 川渕秀和 西・42 岩城本臣 北・44 大西良一 北・49 西本 真 北・51 浅井康平 北・52 平田太介史 北・52 安川啓利 北・52 吉井友実 南・52 大野正康 北・53 佐々木茂樹 南・55 服部豊信 西・55 柏原義之 西・56 生島啓二 北・5 岩城方臣 北・12 京谷宗吾 北・12 田垣内学司 北・15 玉山勝崇 北・17 同伴 小林 明 京フィル理事長 下田雅史 京フィルマネージャー 芝 沙織 カテゴリー: 平成25年12月 吉日 和敬塾塾友会関西支部 平成26年 年賀交歓会のご案内 拝啓 今年もあとわずかになりましたが、塾友の皆様にはますますご清栄のこととお察し申し上げます。 平素より、関西支部の運営・活動にご理解とご協力を賜わり、心より御礼申し上げます。 前回、日本最大級の農産物直売所『まほろばキッチン』見学会では、JAならけんセレモニーホール所長の平田 太介史氏 北・52年 のご案内のもと、JAならけんの地産地消や観光の具体的なお取り組みを勉強させて頂きました。 さて平成26年の関西支部のスタートといたしまして、下記のとおり、恒例の年賀交歓会を実施する運びとなりました。 開催場所につきましては、種々協議致しました結果、例年通りの会場での開催となりました。 時節柄、公私ご多忙の折とは存じますが、お誘い合わせの上、多数ご出席頂きますようご案内申し上げます。 幹事 のJAならけんセレモニーホール所長平田太介史氏(S52年・ 北)にお世話をいただき、施設見学の他にも、新鮮で豊富な地元野 菜をはじめとした食材のショッピング、大和の食を楽しむ昼食など を企画していただきました。 日本の農業再生やTPP問題、食の安全が話題となっていることも あり、隣県の和歌山県橋本市議会議員松浦健次氏(S46年・南) のお誘いで和歌山県橋本市木下善之市長、同市秘書課中谷課長が飛 び入りで参加され、最初から最後まで皆と行動を共にされました。 JAならけんで幹部として活躍中の平田氏と長く奈良県庁で畜産振 興に関係された三浦 生好氏(S47年・西)の案内で、偽装する時間的余裕もないとれ たての野菜・偽装の対象になるぐらい美味しい「大和地鶏」の開発 の苦労話などを聞きながら、買い物さらには新鮮な材料をふんだん に使ったバイキングを楽しみました。 また、今回塾友会関西支部の旗を作成し、日本の歴史発祥の地大和 で初披露をしました。 尚、出席者は次の通りでした。 瀬尾 宏郎(34南),片岡 隆(34南),片岡 節子(片岡氏夫人),谷口善志郎(36南), 田中榮一郎(42北),田中 陽子(田中氏夫人),岩城 本臣(44北・支部長),松浦 健次(46南),三浦 生好(47西),西本 真(51北),平田太介史(52北・幹事),浅井 康平(52北),安川 啓利(52北),服部 豊信(55西),山本 淳司(H5南・北陸支部),田垣内栄司(H15北),木下橋本市 長(松浦氏同伴),中谷秘書課長(松浦氏同伴) 計18名 文責 岩 城 本 臣〔44年・北〕 カテゴリー: , 平成25年7月13日、初めての会場となる中之島のリーガロイヤルホテルで、田中省吾本部幹事長、足立憲泰中部支部幹事長はじめ40名のご参会のもと、平成25年度総会を開催した。 当日は、「世界遺産『熊野』-悠久の自然史と滝と深層崩壊-」というテーマで、京都大学防災研究所教授の千木良雅弘氏 北・53 より記念講演を頂き、インターネット中継による配信も実施した。 今年度の関西支部アジェンダとして、下記の内容を推進する。 1 塾友会初の茶話会などのインターネット中継やフェイスブック開設などの情報発信力No. 1の強化・充実 2 若手の茶話会講師への起用やインターネットの有効活用になどによる平成卒の若手の参加促進と交流 3 高知県室戸岬探訪など、四国・北陸・中部支部の近隣支部との連携強化と更 なる交流と親睦 4 伝統の茶話会はもとより、昨年の陸上自衛隊今津駐屯地 滋賀県 に続き、本年度は日本最大級のJAならファーマーズマーケット「まほろばキッチン」 奈良県 の見学会など、郊外型体験事業の実施 さらに若手の参画を進めるとともに、関西の魅力や素晴らしさを体験できる活動も展開していく。 記・生島啓二) なお、記念講演については動画サイトyoutubeでご鑑賞いただけます。 タイトルは「和敬塾塾友会関西支部13講演『世界遺産 熊野』」です。 検索用タグを「塾友会関西13」で設定しております。 平素より、関西支部の運営・活動にご理解とご協力を賜わり、心より御礼申し上げます。 前回、インターネット中継による全国配信を試みた茶話会では、清風情報工科学院校長の平岡 憲人氏 北・1年 より『日本の心「和の精神」のみなもと~古伝から分かったこと~』というテーマでご講演を頂き、日本語の由来や文化から、今後の有意義なご示唆を頂きました。 さて本年度の総会では、京都大学防災研究所教授として、我が国の防災研究をリードされている千木良 雅弘氏 北・53年 を記念講演の講師にお迎えして、下記のとおり実施する運びとなりました。 つきましては、公私ご多忙の折とは存じますが、是非この機会ご家族様お誘い合わせの上、ご出席頂きますようご案内申し上げます。 平岡氏は、コンピューター専門学校「清風情報工科学院」 の校長としてご活躍中です。 日本民族の文化の本質は、「和」つまり、 個性を重視する文化ではなく、 集団の秩序と安寧、 また礼儀と作法を重視した文化である。 その原点は、 漢字が伝えられる以前に日本に存在したと考えられる古代文字によ る文献から純粋な形で読み取ることができる。 との考えのもとに、 縄文・弥生時代に存在した日本固有文字「ヲシテ」 についてご講演いただきました。 「ヲシテ」とは何か? 江戸時代に発見されたヲシテ文献「ホツマツタヱ」 の中に使われていた日本固有の古代文字。 現代の「仮名」に相当する48文字で構成。 字形で意味・ 文法と音を表します。 この「ヲシテ」の48文字を平岡氏が独自開発した、 コンピュータープログラムで解析すると、 母音文字「あ・い・う・え・お」と「あ・か・は・な・ま・た・ ら・さ・や・わ」の 組み合わせであることを発見されたそうです。 これらの解析結果をもとに、「ヲシテ」が、 現代の日本語にも生きている事例を「ヲシテ」と「現代用語」 を比較しながら解説して頂きました。 非常に難解な内容をPPTを使用しながら丁寧に解説していただき 、 参加者一同、 平岡氏の熱のこもったお話に引き込まれていきました。 なお、今回の茶話会は、初の試みとして、Ustream インターネットライブ動画配信サービス)で「全世界」 に同時生中継され、 会場に来られなかった塾友にもUstreamを通じて、 平岡氏の講演をライブ中継で楽しんで頂きました。 「ヲシテ」については、平岡氏の著書『よみがえる日本語』( 明治書院)に詳しく書かれております。 今回の茶話会では、関西支部IT委員長としてホームページ作成などにご尽力を頂いている 若手の学校法人 清風明育社 清風情報工科学院 校長 平岡 憲人氏 北・1 を講師に迎え、 下記のテーマで茶話会を開催する運びとなりました。 なお当日は、家庭料理まこで懇親会も予定しております。 時節柄、ご多忙と存じますが、お誘い合わせの上、多数ご出席頂きますようご案内申し上げます。 日 時 平成25年4月13日(土)午後3時~• 場 所 中央総合法律事務所 5階セミナー室 大阪市北区西天満2-10-2 幸田ビル 電話• 会 費 1,500円• テーマ 『日本の心「和の精神」のみなもと~古伝から分かったこと~』• 講 師 平岡 憲人氏 北・1 学校法人 清風明育社 清風情報工科学院 校長• 出欠返信 4月8日(月)までに、このメールにてご返信お願いいたします。 参加費は1万円程度 交通費別。 ご参加希望の方には、後日詳細をご案内いたし ます。 当日は、この冬一番の厳しい寒さの中東京からお越し頂いた堂垣内塾友会副会長 48西 や平見四国支部長 58北 はじめ塾友32名の参加を得て、盛会となりました。 年賀交歓会では、塾歌3番までの斉唱から始まり、世代を超えた交流で盛り上がりました。 塾歌を熱唱する塾友 恒例の参加者の一言コメントでは、司会役の生島幹事長 H5北 の紹介にも熱が入り、塾創設当時の貴重なお話から現在の塾生の状況など様々な話が聞けました。 そして、終了予定の午後2:30を大幅に時間超過し、終了したのは、なんと午後4時過ぎとなりました。 生島氏による熱の入った名司会 最後になりましたが、関西支部では、若手の参加を招き活躍してもらうべく、平成卒の塾友を講師に招き、フレッシュな活気ある茶話会を企画しております。 今後とも塾友の絆を深め、発展できるよう頑張りますので、ご支援の程よろしくお願いします。 H2北 金光秀人 記 平成卒同士の交流 [参加者] 順不同、敬称略 堂垣内重晴 48西 、平見勇雄 58北 、小野益美 33南 、瀬尾宏郎 34南 、片岡隆 34南 、篠原克明 34北 、谷口善志郎 36南 、河村敏介 36北 、西祐作 37西 、高嶋定弘 37南 、稲本義久 37西 、中村信三 37西 、大井宏 40北 、川淵秀和 42西 、上田正三 42北 、岩城本臣 44北 、高松富博 45北 、大西良一 49北 、吉井友実 52南 、浅井康平 52北 、大野正康 53北 、佐々木茂樹 55北 、吉田治 60北 、平岡憲人 H1北 、金光秀人 H2北 、生島啓二 H5北 、山口真生 H9北 、京谷宗吾 H12北 、松本直哉 H14東 、田垣内学司 H15北 、堀川雅典 H16東 、玉山勝崇 H17北 カテゴリー: 塾友の皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は、関西支部の運営・活動にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。 平成25年の関西支部のスタートとして、下記のとおり年賀交歓会を開催する運びとなりました。 時節柄、ご多忙と存じますが、お誘い合わせの上、多数ご出席頂きますようご案内申し上げます。 以上 カテゴリー: , 関西支部(岩城本臣支部長)の創立50周年記念行事が23年9月24、25日に開催されることが決まった。 「共に感謝し、共に楽しもう。 …塾友、家族とともに…」が開催テーマである。 前夜祭は奈良県天川村洞川温泉「あたらしや旅館」で、また「橿原ロイヤルホテル」で講師に上野誠奈良大学教授を迎えて記念講演などが行われる予定である。 *22年10月21日に茶話会 22年10月21日(木)午後6時30分から、関西支部茶話会が大同化学工業会議室(大阪駅前第2ビル14階)で開催される。 塾友の零細中小企業サポーター龍村豊氏(北41)が『JICAシニアボランティアのコロンビア奮戦記』のテーマで講演する。 ご連絡は担当幹事生島氏(携帯090 — 2282 — 3312)まで。 カテゴリー: 新春 1月22日正午から、新阪急ホテル地下バーラウンジを借り切り、塾友会関西支部年賀会が開催されました。 前川昭一塾長を初め平見四国支部長、岡本北陸支部副支部長のご出席をいただき、さらに新進気鋭の平成16年卆会員2名も迎え、賑やかに親しく交歓、大いに盛り上がり、予定時刻が過ぎても歓談が尽きず、別室での2次会にまで流れ込みました。 特に今年は、塾友会関西支部結成50周年にあたり、岩城支部長以下幹事諸兄が盛りだくさんの事業や行事を企画、参会者全員でこれを盛り立てようという機運で沸き立ちました。 子息が入塾する人、国会議員に出馬する人、司法修習に励む人、ゆったりとセカンドライフを楽しむ人、いつものことながら楽しく頼もしい塾友の集いでした。 平素より、関西支部の運営・活動にご理解とご協力を賜わり、心より御礼申し上げます。 今回の茶話会では、阪急十三・サンポードシティを経営されるなど外食産業界でご活躍され、大阪観光大学や大阪学院大学で非常勤講師も勤めておられる山川 雅行氏(西・H1年卒)を講師にお招きして、『外食産業とリスクマネジメント』というテーマで、下記のとおり茶話会を開催する運びとなりました。 つきましては、公私ご多忙の折とは存じますが、お誘い合わせの上ご出席頂きますようご案内申し上げます。 関西支部支部長 田中 栄一郎 日 時 平成21年 4月 16日(木)午後6時30分~ 場 所 大同化学工業 会議室(大阪駅前第2ビル14階) 06 — 6346 — 5111 会 費 3,000円 内 容 演 題:『外食産業とリスクマネジメント』 講 師:有限会社 サカエマチ中央ビル取締役社長 山川 雅行 氏(西・H1年卒) 出欠返信 4月10日(金)までにこのメールで返信ください。 担当幹事 吉井(携帯:090 — 2385 — 1976 Mail: ・金光・松本・生島 今後の関西支部の主な行事予定 6月27日(土)関西支部総会・斉藤一郎氏スペシャルコンサート(大阪市中之島公会堂) 9月12日(土)塾友会全国ゴルフ大会前夜祭(大津プリンスホテル)、13日(日)ゴルフ大会(瀬田カントリー) *その他の各同好会行事は、ホームページなどでご案内しております。 【塾友会関西支部IT委員会】 カテゴリー: 新春1月22日新阪急ホテル地下バーラウンジで塾歌を大声で斉唱して年賀会は開催されました。 本部から平島50周年事業実行委員長、 四国支部から平見支部長をお迎えして、これまでにない大勢の塾友が集い、予定時間が過ぎても歓談が尽きない楽しいひと時でした。 幹事諸氏は不足した席の設営やら、料理の追加などに大童でうれしい悲鳴を上げていました。 塾友会結成50周年、関西で開催する全国ゴルフ大会、山の会の活動、支部ゴルフ会などの紹介がなされました。 特に、6月27日に中ノ島公会堂で開催する支部総会は、指揮者の斉藤一郎氏(H04西)のコンサートが何よりの魅力との紹介がありました。 平素より、関西支部の運営・活動にご理解とご協力を賜わり、心より御礼申し上げます。 新年の行事として、下記のとおり年賀交歓会を開催いたします。 つきましては、公私ご多忙の折とは存じますが、お誘い合わせの上、ご出席頂きますようご案内申し上げます。 支部長 田中栄一郎 日 時 平成21年1月22日(木)午後6時30分~ 場 所 大阪新阪急ホテル 地下1階 メインバー リード 大阪市北区芝田1-1-35 TEL 06 6372-5101 会 費 5,000円(パーティ料理&飲み放題) 出欠返信 1月15日(木)までにこの e-mail でご返信お願いします。 担当幹事 吉井(携帯:090-2385-1976 Mail: ・松本・生島 今後の関西支部の主な行事予定 平成21年 4月16日 木 茶話会(大同化学工業会議室) 平成21年 6月27日 土 関西支部総会(中ノ島公会堂 平成21年 9月12日 土 全国ゴルフ大会 前夜祭 大津プリンスホテル 13日 日 ゴルフ大会 その他の各同好会行事は、ホームページなどでご案内しております。 カテゴリー: 塾友の皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素より、関西支部の運営・活動にご理解とご協力を賜わり、心より御礼申し上げます。 先般の平成20年度総会では、東京大学大学院法学政治学研究科教授 北岡 伸一氏(南・46年卒)のご講演を頂くとともに、前川 昭一塾長のご臨席のもと、関西支部と奈良支部の合同が承認されました。 今回は、新たな関西支部のスタートとして、世界遺産である奈良春日大社 権宮司の岡本彰夫氏(北・52年卒)を講師にお招きして、下記のとおり茶話会を開催する運びとなりました。 つきましては、公私ご多忙の折とは存じますが、是非お誘い合わせの上ご出席頂きますようご案内申し上げます。 支部長 田中 栄一郎 日 時 平成20年10月22日(水)午後6時30分~ 場 所 大同化学工業 会議室(大阪駅前第2ビル14階) 06-6346-5111 会 費 3,000円 内容 演 題:『春日大社の秘儀・式年造替~伝えたい日本の心~』 講 師:春日大社 権宮司 岡本 彰夫氏(北・52年卒) 出欠返信 10月15日(水)までにこのメールでご返信お願いします。 担当幹事 吉井(携帯:090-2385-1976 Mail: ・安川・金光・生島 今後の関西支部の主な行事予定 平成21年1月22日 年賀交歓会(阪急ターミナルビル17階) 平成21年4月 茶話会(大同化学工業会議室) その他の各同好会行事は、ホームページなどでご案内しております。 カテゴリー: 【大阪7月12日=関西支部特電】政府国連代表部次席代表などを歴任した北岡伸一・東京大学大学院教授(法学政治学研究科・法学博士、46南)が12日夕、「日本の国連外交ー課題と展望ー」と題して、大阪市中央区の大阪商工会議所で開催された塾友会関西支部の平成20年度総会で講演を行った。 北岡氏は「国連は万能ではなく、無駄や欠点も多いが、国際社会の意志を決定する重要な組織だ」と紹介。 自身の体験をもとに現場の苦心や裏話を明かし、あわせて問題も提起。 出席した塾友ら約60人も固唾を飲んで耳を傾け、世界の中の祖国の役割について意識を新たにした。 「日本には、優秀な人材ほど『出る杭』として打たれるという、国際社会においては非常に損な風土がある」「大国に阿(おもね)らず、小国を侮らず。 国連組織の長所をよく見極めて利用してゆくならば、日本は充分に世界的な役割を果たせる」などなど、北岡氏一流の見識にもとづく痛烈な批判や、熱情にもとづく冷静な分析の連続だったという。 実は講師の北岡氏は奈良県吉野町出身。 塾友会関西支部では今総会から、奈良支部と23年ぶりに正式合流したが、講演会はその記念行事としての特別に企画され、当日は前川昭一塾長をはじめ、塾本部や塾友会首脳らも多数臨席。 関西支部の再出発に花を添えた。 この日の講演で北岡氏はまず、言葉の壁や、多額の分担金を拠出している一方で邦人職員が少ない現状、また意思決定にかかわる主要ポストからも縁遠く、過去10年の国連総会で、日本国首相の出席が3回程度しかない実態などを紹介した。 国力に比較して外交上の制約の多い中、それでも日本が安保理のポストを得るために払っている努力については、相手の国力の大小にかかわらず「飲みにケーション」を駆使するなどで、現在、2009年からの非常任理事国入りに向け、涙ぐましい現場の努力があることを紹介。 「拒否権抜き」などの条件や、国際情勢の変化なども念頭に、「障害が大きくとも、堅実に、着実に橋頭堡を築き、日本の存在感を示してゆかなければならない」などと語りかけた。 (詳細は次号コリー新聞に掲載予定) (関西支部 記) 国連での日本の現状と努力について語る北岡伸一氏 北岡氏の講演に熱心に聞き入る参加塾友 北岡博士と前川昭一塾長と山川氏と吉村氏(講演会後に) カテゴリー: 去る7月12日(土)午後4時、大阪商工会議所において約60名の塾友が参加して開催されました。 当日は、前川昭一塾長、岩崎嘉夫専務理事、松波寛塾友会会長、平島博行50周年実行委員長平見勇雄(四国支部長)、高松富博(奈良支部長)の来賓に加え、記念公演のため、北岡伸一東大大学院教授(46南)もご来場いただき盛会となりました。 開会に先立ち、全員で塾歌を斉唱し、議事滞りなく進められました。 今総会の最大の議題は「奈良支部」を「関西支部」に合同することでした。 塾父前川喜作先生がご出身地の奈良をこよなく懐かしまれたことから、昭和60年1月、関西支部から独立して運営され今日に及びました。 その間、歴代役員のご活躍で発展を続けてきました。 また、諸行事には奈良、関西支部ともに相互に、案内を出し隔てなく参加をするという間柄を続けてまいりました。 また、奈良支部会員の多くは職場が大阪にあることから、行事開催も大阪のほうが参加しやすいと言うことも次第に明らかになってまいりました。 このような事情から、23年の時を経て再び合同することなり全会一致で承認されました。 奈良支部前支部長大西良一氏、現支部長高松富博氏は関西支部顧問に、安川啓利幹事長は、関西支部副支部長に夫々就任されることになりました。 なお、奈良支部役員諸氏は、事前に前川喜作先生の墓前に合同の意思を伝えお許しを得たとの事です。 総会に引続き催された「記念講演」は、国連の役割と現状、国連外交の実態、日本外交の現状と問題点、更に安保理常任理事国入りの重要性などを明快に話されました。 詳細は後日コリー紙上に掲載される予定です。 更に第3部の懇親会では本部からの情報、今後の行事への呼びかけなどを含め大いに盛り上がりました。 前川昭一塾長、岩崎嘉夫専務理事、松波寛会長をはじめ、来賓諸氏の列席 田中栄一郎関西支部長(総会にて) 前川昭一塾長 中左 と松波寛塾友会長 右 と 田中栄一郎関西支部長 中右 と高松富博奈良支部長 左 国連における日本の現状について語る北岡伸一氏 懇親会でも本部と支部の交流をはじめ、大いに盛り上がる 奈良支部、関西支部合わせて、約60名が集い、新支部体制がスタート カテゴリー: 拝啓 梅雨の季節となりましたが、皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素より、関西支部の運営・活動にご理解とご協力を賜わり、心より御礼申し上げます。 4月には塾友である関西経済連合会・大阪商工会議所の両専務理事をお迎えしての和敬塾バーチャル屋上集会『激論!!関西復活』も盛会に開催することができ、重ねて御礼申し上げます さて、本年度関西支部総会を下記のとおり開催することとなりましたのでご案内申し上げます。 今回の総会では、国内外でご活躍されている東京大学大学院法学政治学研究科教授 北岡 伸一氏(南・46年卒)を講師にお招きして、下記のとおり記念講演を頂きます。 滅多にない機会であり、 是非ご家族様にもご出席いただきたくご案内申し上げます。 さらに和敬塾本部より、前川昭一塾長および岩崎専務理事(北・43卒)にもご臨席を頂き、和敬塾の現況をお伺いできる予定であり、この機会に在塾生のご父母様ご家族様にもご出席頂きたくご案内いたしております。 つきましては、塾友及びそのご家族様並びにご父母様には、公私ご多忙の折とは存じますが、是非お誘い合わせの上ご出席頂きますようご案内申し上げます。 支部長 田中 栄一郎 日 時 平成20年7月12日(土)午後4時~午後8時 場 所 大阪商工会議所(総会・記念講演会…4階 401号会議室、懇親会…6階 末広の間) 〒540-0029 大阪市中央区本町橋2番8号 地下鉄堺筋線・堺筋本町駅より徒歩8分、 地下鉄谷町線・谷町4丁目駅より徒歩8分 会 費 7,000円(ご同伴者:5,000円) 式次第 第一部 総会(午後4時~) 1.活動報告 2.会計報告 3.奈良支部との合同 4.新役員選出 第二部 記念講演会(午後4時30分~) 演 題: 『日本の国連外交~課題と展望~』 講 師: 東京大学大学院法学政治学研究科教授 北岡 伸一氏【南・46年卒】 (奈良県吉野町出身・元日本政府国連代表部次席大使・元立教大学教授) 第三部 懇親会(午後6時~午後8時) 出欠返信 7月8日(火)までにこのメールにご返信お願いします。 担当幹事 吉井(携帯:090-2385-1976 Mail: 山川・金光・生島 今後の関西支部の主な行事予定 平成20年10月 茶話会 平成21年1月 年賀交歓会 平成21年4月 茶話会 その他の各同好会行事は、当日の懇親会にてご案内いただく予定です。 本総会では、上記のとおり奈良支部との合同の件をご承認いただくことになっております。 その意味でも、賑やかな総会にいたしたいと願っております。 重ねて、多数のご参加をお願い申し上げます。 カテゴリー: 初めてのシンポジウムには約50名の塾友が参加し、熱っぽい議論が交わされました。 議論は尽きず参会者の多くから、是非もう一度同じテーマで開催をしようとの声が出るほど盛り上がった会合となりました。 まず、関経連専務の奥田真弥氏が関西の現状について基調講演をされました。 カナダに匹敵するほどのGDPを持ちながら、どこを元気にすれば良いのかという焦点が曖昧。 大きな蓄積がありながら、教育にしてもインフラにしても今一歩足りない。 一方、中部地区では輸送機と電機産業の2業種で設備投資の70%を占める富士山型であるのに対し、関西は7業種でいわば八ヶ岳型、将来の可能性は大。 空港も滑走路の合計は6本、研究拠点も国に頼らず民間の出資によるもので運営の仕方で期待できる。 関西広域連合構想も将来につながって行くだろう。 次に、大阪商工会議所専務の灘本正博氏が、「大阪賑わい創出プラン」についてされた。 また、元衆議院議員の吉田おさむ氏は、大阪の産業の歴史を踏まえた上での政治の流れについて話をされた。 コーディネーターの産経新聞敏腕記者吉村剛史氏が強いリーダーに欠ける関西は何を以って世界に訴えて行けるのかと、強烈なパンチでパネラーに迫っていった。 参会者からの質問も相次ぎ、身内だけのオフレコのシンポジウム故、パネラー諸氏の本音を聞くことが出来たのは何よりの収穫でありました 文責 塾友会関西支部IT委員会) カテゴリー: 塾友2人が時を同じくして関西経済団体の専務理事に就任されました. そこで、今回は伝統の「茶話会」の形を一新し『シンポジューム』を開催します。 ご家族・友人を誘ってご参加ください。 塾友以外の方の参加も大いに歓迎します。 担当幹事 吉井友実・塩見 朗・生島けいじ・松本直哉 塾友会関西支部IT委員会 HP: の塾友ログ にも掲載しています。 カテゴリー: 投稿ナビゲーション.

次の