最高 ハングル。 最高の一発~時空を越えて~

ハングルは一覧表で覚えるな!?

最高 ハングル

ハングルの名言を座右の銘にしよう!心に響くことわざの意味や例文もチェック 人生に迷った時や困難に遭遇した時など、自分を奮い立たせ、パワーを与えてくれる名言や座右の銘。 人それぞれ違うでしょうがあるものではないでしょうか。 とても大事なフレーズとして思い出すそんな名言や座右の銘ですが、もちろんハングルでも存在しています。 多くの座右の銘は、偉人の名言であったり、有名なことわざ(諺)であったりするものですが韓国ではどんな名言があり、座右の銘とされているのでしょうか。 いい言葉であれば是非知っておきたいですよね。 そこで今回はそんな名言や、座右の銘、またことわざまでを意味や例文と共に探してみたいと思います。 昔からあることわざや名言は日本語と似ているものもありますし、韓国独特のものまであります。 ちょっと一歩進んだハングルの知識としてチェックしておきましょう。 この記事の目次 ハングルの名言や座右の銘やことわざをチェックしてみよう 座右の銘はモットーとも呼ばれています。 自分の尊敬する人物や偉大なる先人の残した名言や、古くから伝わることわざ(諺)などが座右の銘となることが多いですよね。 どんなシチュエーションでその言葉に出会ったかなどでも、そのフレーズの持つ意味は人によってとらえ方が異なることだってあるでしょう。 また、どんな名言やことわざを座右の銘としているかでその人の考え方や生き方、スタイルなども理解できますし、チャンスがあれば聞いてみたいことですよね。 そんな座右の銘や名言、ことわざはもちろんハングルにもたくさんあります。 昔からの名言やことわざなどは発祥ガン本と同じで似たような意味で使われているものもありますし、また全然私たちが知らないハングルの名言やことわざも存在しています。 人となりを知るうえで重要なキーとなる座右の銘や名言、ことわざをハングルでも調べてみましょう。 よく座右の銘にされるハングルの名言 それでは、よく韓国で座右の銘とされる名言を見ていきましょう。 최고 보다는 늘 최선을 다하라 (チェゴポダヌン ヌル チェソンヌル タハラ) 最高ではなく、いつも最善を尽くせ。 잘 살기 보다는 올바르게 살자 (チャル サルギ ポダヌン オルパルゲ サルジャ) よく生きるより正しく生きよう。 포기하는 것은 선택이지 운명이 아니야 (ポギハヌンゴスン ソンテギジ ウンミョンニ アニダ) 放棄することは選択で運命ではない。 피할 수 없는 고통이라면 즐겨라 (ピハルス オンヌン コトンイラミョン チュルギョラ) 避けられない痛みなら楽しめ。 항상 처음처럼… (ハンサン チョウンチョロン) 常に最初のように… 생각하는 하루, 노력하는 한 달, 결실 맺는 일 년 (センガッカヌン ハル、ノリョッカヌン ハンダル、キョルシル メンヌン イルニョン) 考える一日、努力するひと月、結果を結ぶ一年。 새벽이 오리라는 것을 알아도 눈을 뜨지 않으면 여전히 깊은 밤중일 뿐이다 (セビョギ オリラヌン ゴスル アラド ヌヌル トゥジアヌミョン ヨジョニ バンジュンイル プニダ) 夜明けが来ることを知っても、目を覚まさなければ、まだ深い夜のことだ。 오늘 걷지 않으면 내일 뛰어야 한다. どれも、ハングルですが、読んで意味を知るとなるほどと思うものばかりですね。 心に響くハングルのことわざと意味 次はハングルのことわざを見ていきましょう。 가는 말이 고와야 오는 말이 곱다 (カヌン マリ コワヤ オヌンマリ コップタ) 行く言葉が美しければくる言葉が美しい。 비온 뒤에 땅이 굳어진다 (ピオン ティヘ タンイ クドジンダ) 雨が降った後は地面が固くなる 무소식이 희소식 (ムソシグン フィソシッ) 無消息は喜消息(便りが無いのは良い知らせ) 밥 먹고 바로 누우면 소가 된다 (パプ モッコ パロ ヌウミョン ソガトェンダ) ご飯を食べてすぐ横になると牛になる 쇠뿔은 단김에 빼라 (ソップルン タンガメ ペラ) 牛の角は一気に抜き取れ 소 잃고 외양간 고친다 (ソ イルコ ウェヤンカン コチンダ) 牛を失ってから牛小屋を直す(=後の祭り) 산토끼 잡으려다 집토끼 놓친다 (サントキ ジャブリョダ ジップトキ ノッチンダ) 野ウサギを捕まえようとして飼っているウサギを逃す 범에게 날개 (ポメゲ ナルゲ) 虎に翼(=鬼に金棒) 고생 끝에 낙이 온다 (コセン クテ ナギ オンダ) 苦労の末に楽が来る 시작이 반이다 (シジャギ パニダ) 始めが肝心 (始まりが半分だ) 작은 고추가 더 맵다 (チャグン コチュガ ト メプタ) 小さい唐辛子ほど辛い いかがでしょうか。 日本語と全く同じようなことわざもあれば、言い方は違うけど意味は似ているものから、韓国独特の言い回しのものまでたくさんありますね。 名言や座右の銘に関するハングルフレーズ それではここからは、名言や座右の銘、ことわざを使ったハングルのフレーズを見ていきましょう。 あなたの座右の銘は何ですか? 당신의 좌우명은 무엇입니까? (タンシネ チャウミョンウン ムオシンミカ?) 父がよく話していたこの言葉が私の座右の銘です。 아버지 잘 했던 이 말이 내 좌우명입니다. (アボジガ チャル ヘットン イマリ ネ チャウミョンインミダ) あの先輩は名言が多い。 그 선배는 명언이 많다. (ク ソンベヌン ミュンオンイ マンタ) 韓国でも学校でことわざを習いますか? 한국에서도 학교에서 속담을 배워요? (ハングゲソド ハッキョヘソ ソッタムル ペウォヨ?) ことわざや名言は、その人の性格や国民性が知れるので仲良くなったら話題にしてみると楽しいかもしれませんよ。

次の

【ポゴシポ】韓国語やハングルで「会いたい」気持ちの伝え方をご紹介!「会いたい」보고 싶어(ポゴシポ)~!|韓国語からカカオフレンズ

最高 ハングル

— 2015年11月月11日午後6時40分PST 利用規約 以下、公式配布サイトのライセンスの項目を要約した内容を記載させていただきます。 商用無料:印刷物・広告・オンライン上(webバナーやサムネなど)をはじめとする商業目的で自由に利用することが可能。 注意事項:フォント自体を再配布したり、変形するなどしての利用は禁止。 また、本フリーフォントを利用した制作物は、予告なくピングレ社のプロモーションとして事例紹介に利用されることがある。 より詳しいライセンス内容は公式サイトで各自ご確認ください。 独特なかわいいカーブが特徴のハングルフォントでこちらもおすすめ! 現在티몬 TMON社 で配布されているフリーフォントも 2種類あり、こちらはハングルフォントと、英フォントに分けて配布されている模様です。 ハングルフォントが「 몬소리체 モンソリ体 」で、 TIUM体 この티몬체 TMON体 も、韓国国内の本当にあらゆるシーンで利用されていて、街やTVなどで「確かにみたことある!」と思えるかと思いますw それくらい結構有名どころのフォントです。 フォント利用事例はのサイトに丸っと掲載されてるのでチェックしてみるのもアリです。 利用規約 以下、公式配布サイトのライセンスの項目を要約した内容を記載させていただきます。 商用無料:印刷物・広告・オンライン上(webバナーやサムネなど)をはじめとする商業目的で自由に利用することが可能。 注意事項:フォント自体を再配布したり、変形するなどしての利用は禁止。 また、本フリーフォントを利用した制作物は、予告なくTMON社のプロモーションとして事例紹介に利用されることがある。 より詳しいライセンス内容は公式サイトで各自ご確認ください。 利用規約 以下、公式配布サイトのライセンスの項目を要約した内容を記載させていただきます。 商用無料:印刷物・広告・オンライン上(webバナーやサムネなど)をはじめとする商業目的で自由に利用することが可能。 >>公式サイトにある 글리프とは下記の素材のことらしいです。 注意事項:フォント自体を再配布したり、変形するなどしての利用は禁止。 また、本フリーフォントを利用した制作物は、予告なくSWAGGER社のプロモーションとして事例紹介に利用されることがある。

次の

ハングル キーボード(韓国語 入力)

最高 ハングル

2日、韓国・聯合ニュースによると、インドネシア・ブトン島に住む少数民族チアチア族が、公式文字にハングルを採択して10年がたった。 資料写真。 2日、・聯合ニュースによると、インドネシア・ブトン島に住む少数民族チアチア族が公式文字にハングルを採用して10年がたった。 現在はチアチア族の小学生1000人ほどがハングルで書かれた教材を使ってチアチア語を学んでいるという。 特派員が島を訪れ現状を詳しくリポートしている。 ブトン島はスラウェシ州に位置し、人口50万人ほど。 チアチア族はそのうち約7万人で、バウバウ市のソラウォリオなどの地域に暮らしている。 1万7000ほどの島からなるインドネシアでは約700の言語が使用されているが、ローマ字で表記するインドネシア語が公用語となって以来、少数民族言語が急減しているという。 チアチア族も独自のチアチア語を使用しているが、表記する文字がなかった。 このためバウバウ市が2009年に訓民正音学会からの建議を受け入れ、チアチア語をハングルで表記することを決め、ソラオリオ地区の小学校に導入したという。 チアチア族の子どもたちは通常の授業はインドネシア語で受けているが、ハングルの教材を使ってチアチア語を学んでいる。 さらに1年前からはバウバウ市から25キロ離れた別の地域でもハングルを用いた授業を始めているほか、市内の高校では韓国語の授業も行われているという。 関係者らは「生徒たちはハングルを学ぶことが大好きだ。 授業時間を心から楽しんでいる」と話している。 現在、現地にいる韓国人教師は2010年3月に派遣された男性ただ1人で、2014年に設立された「韓国チアチア文化交流協会」からの寄附金で教育を続けている。 韓国政府や自治体からの支援はないという。 協会長を務める誠信女子大学のキム・ハンラン教授は「現地のハングル教師を多数養成することが第1段階。 第2段階はチアチア族に伝わるおとぎ話や童謡を集め、ハングルで書かれた本を作り、彼らの文化継承をサポートすること」だと話している。 この記事に、韓国のネットユーザーからは「彼らの言語をハングルで表記するなんて。 ハングルは素晴らしいな」「(ハングルを創製した)世宗大王は神」「世宗大王、ありがとう」「ハングルは本当に韓国の誇り、韓国最高の発明品だ」「他のインドネシアの言語を見ていて、英語よりハングルで表記した方がずっといいと感じることが多い。 不思議と発音が似ているものが多いんだ」「ハングルこそ、韓国の競争力だ」など、ハングルを称賛する声が多数寄せられている。 一方で「英語とアルファベットを学べば世界中で使えるのに、なぜわざわざハングル?」との声も見られた。 また「国が支援すべきだ」「教育省がどんどん支援し、短期的にでも講師採用をすれば、雇用問題の解決、ハングルの宣伝、韓国語教育の一石三鳥になる」「政府が学校を設立して教師を派遣するといい」など、韓国政府に支援を求めるコメントも多数上がっている。

次の