クッキング プロ。 クッキングプロの口コミや評判は?プレッシャーキングプロとの違いやデメリット!

クッキングプロの口コミや評判は?プレッシャーキングプロとの違いやデメリット!

クッキング プロ

ごはん2合を調理した場合の電気代• 食材の種類や状態、調理手順により異なります レシピ・子育て・節約の様々な分野のプロが検証! 「クッキングプロ」のほったらかし調理で実現するライフスタイルとは 電気圧力なべ「クッキングプロ」は、調理の時短化や、メニューのレパートリーの拡充はもちろん、料理初心者の方でも本格料理を簡単に調理できるツールとして、ご家庭のクッキングライフをサポート。 また自動調理によるほったらかし調理で、調理時間から解放し、新たにうまれた時間を活用することで、忙しい現代人のライフスタイルの充実を応援します。 今回、様々な分野のプロの方に実際に使用していただき、「クッキングプロ」を使うことによる、クッキングライフの充実や、ういた時間の有効活用方法について検証していただきました。 (協力:All About) クッキングプロは、加圧時のけたたましいシューシュー音がなく蒸気もほとんど出ないので火傷の心配がありません。 小さいお子様がいるご家庭でも安心して使って頂けます。 ピピッとボタンの簡単操作でいつのまにか料理が完成!加圧が終了した段階でアラーム音でお知らせ。 またピンが下がって減圧が完了したときも ピンがきちんとフラットにおさまるので目で見てわかりやすい設計となっています。 そして大きな魅力がタイマー予約ができること。 翌日の朝ご飯の準備は夜にやってしまいましょう。 圧力を利用しない炒め機能、スロー調理機能もラインナップ。 簡単操作でほったらかし調理ができます。 空いた時間は別のことに使っちゃいましょう!忙しい主婦の方にぜひ一度試してみて頂きたいおすすめの商品です。 個人の感想です。 クッキングプロのおかげで、我が家では夕食前に「ゆとりの15分」が生まれました。 家庭教育の基本として毎日短時間でも机に向かって学習習慣をつけることが大切ですが、幼児を抱える家庭では短時間でも捻出が難しいもの。 私自身、仕事をしながら5歳と2歳の子供を育てる中で、時間の確保に苦慮していました。 しかしクッキングプロを導入してから、毎日の夕食準備時間の中に、子供と一緒に机に向かう時間を組み込めるようになりました。 たかが15分、されど15分。 絵本を一緒に読んだり、鉛筆の持ち方を直したり。 慌ただしい生活の中のゆとりの15分は、私にとっても気持ちをリフレッシュできる大切な時間になっています。 個人の感想です。 材料(約500g : 3~4人前)• 豚ばら肉(かたまり)(5cm角に切って下ゆでする):500g• 長ねぎ(青い部分)(10cm幅に切る):1本分• しょうが(薄切りにする):1かけ• A 〔水 200ml、しょうゆ 100ml、酒・みりん 各50ml、砂糖 大さじ2〕• からし:適量• 圧力切り替えバルブを「圧力」に合わせる。 「肉・豆」ボタンで30分加圧。 加圧後、加圧表示ピンが下がるまで待つ。 圧力切り替えバルブを「圧力」に合わせる。 手羽元の洋風煮込み 材料• オリーブオイル:大さじ1• ニンニク:小さじ1• 冷凍の鶏手羽元:6本• じゃがいも:200g• かぼちゃ:120g• 玉ねぎ:1/2個• なす:2本• ホールトマト:1缶• 水:1/2カップ• コンソメ:1個• 塩:小さじ1• 「肉」ボタンで20分加圧。 加圧後、加圧表示ピンが下がるまで待つ。 無水豚じゃが 素材の水分で仕上げる無水調理だから、水っぽくならずに食材本来のおいしさが引き出されます。 材料(2人分)• 豚肩ロース肉(薄切り):200g• サラダ油:大さじ1• じゃがいも(乱切り):600g• にんじん(乱切り):1/2本• たまねぎ(くし切り):1/2個• しらたき(下ゆでする):100g• A〔しょうゆ・酒・みりん・砂糖 各大さじ2〕• サラダ油をひき、肉をいためる。 「シチュー・スープ」ボタンで10分加圧。 加圧後、加圧表示ピンが下がるまで待つ。 「煮詰め/炒め」ボタンで9分調理。 サラダチキン 材料(2人分)• 手羽先:6本• 雑穀米(洗ってザルにあげる):30g• しょうが(薄切り):1かけ• にんにく(半分に切る):1かけ• 塩・こしょう:各適量• 長ねぎ(小口切り):適量• 糸とうがらし:適量• A〔水 2カップ、酒 1/4カップ、乾燥なつめ 2個、クコの実 6粒、松の実 6粒、塩 小さじ2/3、こしょう 適量〕• 「シチュー・スープ」ボタンで10分加圧。 加圧後、加圧表示ピンが下がるまで待つ。 愛用者の声 新婚の高橋真麻さんも絶賛! クッキングプロは料理のパートナー! 料理生活を変えたい全ての人に自信をもっておすすめできます 料理自体すごく好きで、両親も料理が好きなので、食事はただお腹を満たすために食べるものじゃなく、一緒に作ったり「美味しいね」って共有する家族とのコミュニケーションを深めるための場所でした。 クッキングプロは料理革命!同じ材料を使っていても、お肉が骨からほどける具合や、味のしみこみの早さが、普通のお鍋で炊いたり煮たりしたのとは違いますね。 直火では出せないまろやかさや、優しさがあって、素材本来のおいしさを引き出してくれるんです。 ボタンを押せば目を離していても勝手に調理してくれて、 きちんと美味しくお料理ができるのもすごいですよね。 どうやって作ったのとかそういう話にもなるし、元々コミュニケーションの場だった食事の時間をより豊かなもの、そして家族との楽しい時間にしてくれたと思います。 フリーアナウンサー 高橋真麻さん• 個人の感想です クッキングプロの愛用者の声 今までの圧力鍋からは考えられないほど操作もお手入れも簡単! 料理が大好きでおいしいものを作りたくて、圧力鍋を買ったことがあったんです。 でも、使うときは鍋から目が離せないし、手入れも大変で、シンクの下に眠っていました。 クッキングプロは、びっくりするほど操作も手入れも簡単で。 ボタンの文字も大きくて見やすいから私たちにはとても使いやすいです。 それに、火やガスを使わないから、消し忘れの心配もなくて。 調理時間もものすごく短いので、お米を炊き忘れても、味噌汁を作ったり、納豆のネギを刻んでいる間にあっという間にできあがって、おいしい炊き立てを食べられるから、すごく便利。 今まで挑戦できなかった牛すじ料理もできるようになって、料理のレパートリーがさらに増えて、主人が喜ぶのが嬉しいです。 クッキングプロは夫婦円満の秘訣ですね。 予熱時間は含みません。 食材の量や、状態により異なります。 ほったらかしで料理ができるから、 家事が効率的になって、自分の時間ができるように! 仕事と育児に追われているので、料理をすると他のことが全くできなかったり、料理の時間があまりとれないことがずっと悩みでした。 だからといって料理を簡単に済ませようとすると、レパートリーが狭まって、家族の栄養バランスに偏りが出てしまいがちになってしまって。 でもクッキングプロは、ボタンを押すだけで調理ができるので、料理中にいろんなことができるんです。 鍋から離れられるから、育児や家事との両立がしやすくなりましたし、自分の時間も持てるようになりました。 寝る前に翌日の朝ごはんをセットして、起きたらできたての料理が食べられるので、朝の時間にもゆとりができたのが嬉しいです。 これ1台で煮込んだり、炒めたり、ご飯を炊いたりといろんなことができるので、手の込んだ料理が早く簡単にできるし、レパートリーも広がりました。 そのうえ、調理器具が少なくてよくなりましたし、洗い物も減って本当に助かってます。 時間の設定範囲は? ボタンによって変わりますが、1~120分の間で1分単位で変更可能です。 本体の大きさはどれくらいですか? 約285mm x 約273mm x 約295mm 容量はどれくらいですか? 内釜の満水容量 約3. 6kg 消費電力と電気代を教えてください。 消費電力は700Wです。 1時間使用した場合、最大で約19円となります。 使用方法について 使用できない食材はありますか? 圧力によって膨らむ食材は使用できません。 例)おもちや重曹を使った調理など また、油による揚げ物はできません。 カレールーなどとろみのある食材は、圧力調理後にふたを開けてから入れ、「煮込み」で加熱調理してください。 タイマーの時間設定は? タイマーは何分後に調理を開始するか設定できる機能です。 設定時間は12時間まで10分単位で設定できますが、傷みやすい食材を使う場合や室温が高い場合は食材の腐敗の原因になりますのであまり長時間で設定しないようお気を付け下さい。 圧力があがるまでにはどのくらい時間がかかりますか? 食材の量や内容によって異なりますが、10~30分程度が目安です。 どこでも使えますか? 電源が使用できる場所であれば可能ですが、本体の周囲に十分な空間を確保してご使用ください。 壁や家具から10cm以上離して設置してください。 また、天面は30cm 以上あけてください。 レシピの数はいくつある? 取扱説明書に10品掲載しています。 また、食材別の加圧調理時間も掲載があります。 お手入れ方法について.

次の

クッキングプロでできるラクチンほったらかし調理

クッキング プロ

クッキングプロの口コミや評判をチェックした結果 では、まずはクッキングプロの口コミや評判を調べた結果から。 公式サイトのショップジャパンに、多くの口コミや評判のレビューが投稿されていますね。 それらをチェックしてみると…• 美味しい料理を作ることができた• 角煮や手羽先のサッパリ煮などがカンタンに!• プレゼントしたら喜ばれた• ご飯もしっかり炊けます• 単身赴任者にぴったり• 内なべが軽いので洗いやすい などなど、購入してよかった!という口コミがたくさん並んでいましたよ。 また、ショップジャパンは、「プレッシャーキングプロ」という、よく似た電気圧力鍋を取り扱っていました。 (といいますか、この記事を書いている時点でも、まだ取り扱っています) で、前バージョンとも言える、プレッシャーキングプロの口コミや評判も、かなりたくさんありました。 なので、ちょっと特殊ですが、前バージョンである、プレッシャーキングプロに関する評価も書いておきます。 料理のレパートリーが一気に増えた• 本当にお肉がホロホロになった• ご飯も美味しく炊ける• 放ったらかしで料理ができるのが凄い• 他の圧力鍋よりも怖くない(音が小さい)• ショップジャパンのサポートがしっかりしていて嬉しかった といった感じで、これまた、「買ってよかった!」系のものがたくさん並んでいましたよ。 個人的に、これはいいな!と感じたのは、 「ある程度ほったらかしで、料理ができる」というところですね。 これって、育児や介護をしている人にとっては、ものすごいメリットですよ。 実は私、在宅介護をしていますが… お年寄りで、認知症でも足腰は元気、みたいな場合。 少し目を離したら、どこにいくか、何をするか分かりません。 下手をすると、勝手に外に出ていったりすることも。 ある意味、育児よりもキツイ、という人もいますね。 だから、在宅介護でお年寄りを見ながら料理を…ってとてもタイヘン。 ) でも、もしもクッキングプロがあれば。 火を使わず、放ったらかしで料理ができるわけですよ。 これって、ムチャクチャ便利だと思いませんか。 後、介護食とまでは行かなくても、柔らかい食べ物じゃないとダメ、何ていう場合も。 クッキングプロのような電気圧力鍋なら、カンタンに柔らかい料理を作れちゃうわけですよね。 柔らかいもの以外を食べるのがムズカシイ、というお年寄りにも、色々な食品を食べてもらうことが出来るというのは、凄いことですよ。 テレワークや在宅勤務、育児の合間にパパっと準備できる もちろん、テレワークや在宅勤務、育児で料理を作る時間がなかなか取れない!という人にとっても、便利な電気圧力鍋となっていますよ。 レシピにもよりますけど、材料を準備して、切って、下ごしらえして、ボタンを押すだけで、待っていれば料理が完成しますから。 クッキングプロの場合、テレワークや在宅勤務、育児のちょっとしたスキマ時間にパパっと準備をすれば… 火の番などをする必要がないので、調理中は別のことが出来ます。 この、ほったらかしでOKというのは、本当に嬉しいですよ。 すいません、ちょっとアツく語り過ぎちゃいました。 以上、クッキングプロ、ついでにプレッシャーキングプロの口コミを書いてみました。 もっとたくさんの口コミや評判が見たい!という方は、販売店をチェックしてください。 色々な評価が分かるようになっていますよ。 悪い口コミはないのか、ということを気にする人もいると思います。 で、当たり前ですが悪い口コミも、少しですがあります。 だって、100人中100人が満足するような調理器具なんて、この世に存在しませんからね。 では、どんな悪い口コミがあるのかというと… 思ったよりも時短にならなかった、という意見があります。 テレビCMなどでは、調理時間がめちゃめちゃカットされているような印象を受けますよね。 ですが、実際は、加圧や減圧(圧力を加えたり、圧力を下げたりする)に時間がかかるため、そこまで大きな時短にはならなかった、という意見です。 実際、私も使ってみて、 調理が終わった後、圧力が戻るのに時間がかかるな、というのは感じました。 ですがこれ、取扱説明書の13ページに、 時間を一気に短縮する方法が書かれています。 手動操作になってしまうのですが、急いでいるときには一気に時短ができますよ。 といった感じで、クッキングプロで時短できるかどうか、に関しては、人それぞれ、思うところがあるでしょう。 個人的には、口コミのところで書いたように、 放ったらかしで料理ができる、というのが最大のメリットだと感じています。 急いで調理をしたい(時短したい)なら、手動で圧力を抜くこともできますからね。 それなら、そこまでの問題ではない、と感じています。 プレッシャーキングプロとの違いや機能について 続いては、先ほどから書いている、プレッシャーキングプロと、クッキングプロとの違いや、機能について書いておきます。 一台6役から一台8役にパワーアップ! 最大の変更点は、1台で6役だったプレッシャーキングプロが、更にパワーアップして、1台8役になったということですね。 具体的には、クッキングプロは…• 圧力料理• 無水調理• 温め直す• 煮込み• スロー調理• 炒め の8つの機能を備えています。 で、最後の、「スロー調理」と「炒め」が追加されたものです。 スロー調理というのは、沸騰させずにじっくりと煮込む機能のことです。 ただでさえ、いろいろな料理ができそうだったのに、更にレパートリーが増えますね。 これ、個人的には料理のレパートリーが増えることよりも嬉しいです。 「たくさんの料理を作れるよ!」というよりも、 「調理方法が分かりやすいよ、カンタンだよ」という方がいいな、と感じますから。 焦げるのを抑えてくれる また、クッキングプロは、内釜のコーティングがパワーアップしているのだとか。 より焦げ付きにくく、洗いやすくなっているとのことですので、これもいいですよね。 他にもいろいろな特徴がありますが、文章で書いてもあまりうまく伝わらないことも多いです。 ですので、もっとクッキングプロの事を知りたい方は、販売店をチェックしてみてください。 画像つきでかなり詳しく解説してくれているので、分かりやすいですよ。 ということは、電気を使うわけですね。 では、クッキングプロの消費電力や電気代はどうなのかというと。 消費電力は700Wで、電気代は 1時間使用した場合、 最大で約19円です。 と書くと、けっこう電気代がかかりそうに思えますが。 あくまでも最大であり、 調理法によってだいぶ変わってきます。 例えば、 2合のお米を炊く場合は、約3円です。 これは、普通の炊飯器と同等レベルですね。 実際、私の家でもクッキングプロを使いだして結構なりますけど、電気代の大きな変化はないですよ。 また、消費電力が700Wというのも、古い家に住んでいる私としては、かなり嬉しいです。 というのも、昔の家って、キッチンで同時に使える電化製品が限られてくるじゃないですか。 例えば、私の家の場合。 炊飯器とホットプレートを同時に使うと、ブレーカーが落ちます(笑) それぐらいのオンボロキッチンです。 最新のオール電化のキッチンとかなら、こんな心配は必要ないでしょうけど、古い家に住んでいる人なら、かなり重要なことです。 消費電力が700Wというのは、 古い家のキッチンで使ってもブレーカーの心配は大丈夫だ、といえるレベルです。 私みたいな心配をしている人、結構いるのではないでしょうか。 実際に使ってみたレビューや体験談、よければドウゾ で、実はこのクッキングプロ、実際に使ってみました。 とは言っても、先程も書いたように、私の家のキッチンは、築40年は経っているのにリフォームしていない、超オンボロキッチンなので、 使っているところの写真はないです。 写真は撮ってみたものの、周りが酷すぎて、恥ずかしくて公開できません! ですが、クッキングプロが実際に届いた後、開封してどんな物が入っていたのかは、別室で写真を撮りましたので、気になる方はドウゾ。 ショップジャパンは、かなり丁寧な通販ショップです では、開封したときの感じを。 まずかなり大きめの箱で送られてきました。 その中に、• 取っ手付きの白い箱(クッキングプロが入ってました)• 小さめの箱(蒸しプレートが入ってました)• 黄色い丸いもの• レシピ本 が入っていました。 上の写真では、蒸しプレートだけ、箱から出しています。 ちなみに、黄色い丸いものは、シリコン落しぶたですね(まだ使っていません)。 そして、白い箱の中には、クッキングプロ本体と、取扱説明書、兼保証書、カンタン使い方ガイドが入っていました。 あ、計量カップと、しゃもじも入ってました。 ちなみに、 包装は、かなり丁寧でしたよ。 最初の大きな箱にも、緩衝材が入っていましたし、白い箱の中も、クッキングプロ専用っぽい形の発泡スチロールで、しっかりと梱包されていましたから。 白い箱に取っ手がついていて、持ち運びしやすく考えられているのも好印象です。 また、レシピ本とかも袋に入っている念の入り用です。 さすが、ショップジャパンは、老舗の通販ショップなだけありますね。 実際に使ってみてのレビュー(体験談)は… で、クッキングプロを実際に使ってみてのレビューというか、体験談を。 「使ってみた」といっても、普段あまり料理をしない私が、お米を炊いてみたり、大根を煮てみたり、といった程度ですので、そこまで期待しないでくださいね。 まず、操作は思った以上にカンタンです。 お米も普通に炊けました。 (当たり前か) 大根を煮る、というのも試してみて、うまくいきました。 料理の経験があまりない、私でも出来るので、誰でも出来るのではないでしょうか。 ただ、あまり料理の経験がない私が使っての感想ですし、マダマダ使っている回数が少ないので、参考にならないかもしれませんね。 あ、ちなみに、悪い口コミのところでも書きましたが、「調理が終わった後、圧力が下がるのが遅いからトータルの調理時間が長く感じる」といったものがありました。 実際使ってみると、たしかに、調理終了から圧力が下がりきるまで、意外と時間がかかるな~という感じはしましたよ。 ただし、取扱説明書の13ページを見ると、 一気に解決できる方法が書いてあります。 内容は変更される可能性があります。 ) この方法を使えば、圧力を手早く下げることが出来るので、調理時間を出来る限り短くしたい人は、取扱説明書をしっかり読んで、試してみてくださいね。 クッキングプロのレシピ本は必須!?蒸しプレートは? クッキングプロには、「おまかせレシピ100」という、レシピ本が付いているセットがあります。 本当に100レシピあるのかまでは数えていませんが、ページ数は90ページ以上あります。 しかも、内容も、あまり料理をしたことがない私でも分かるぐらい、丁寧です。 材料の切り方の目安も、写真付きで載っているレベルです。 実は、特典ということで、そこまで期待していませんでしたが、かなりしっかりとしたレシピ本だったので、驚きました。 一応、クッキングプロの取扱説明書にも、少しはレシピが載っています。 ですが、クッキングプロを買うのであれば、 追加のレシピ本は、絶対にあったほうがいいと断言できます。 もし持っていないのであれば、追加で買うべきです。 それぐらい分かりやすい本ですよ。 後、専用の蒸しプレートが付いているセットもあります。 …まだ使っていないので分からない、というのがホンネです。 もちろん、料理の幅を広げるという意味では、あったほうがいいでしょうし、レシピ本でも、この蒸しプレートを使ったものが載っています。 ですので、蒸し料理もガンガン作っていきたい、という方はあったほうがいいでしょうね。 クッキングプロの販売店をチェック! では、ショップジャパンのクッキングプロはどこで注文できるのか、その販売店を書いていきます。 私がチェックしたタイミングでは、1つ前の「プレッシャーキングプロ」しかありませんでした。 ただ、もしかしたら入荷されているかもしれませんので、amazonでも見たい方はドウゾ。 価格や最安値について。 ショップジャパン公式と楽天、どちらがいい? 次に、クッキングプロの価格や最安値情報について書いておきます。 といっても、実は、バシッと「ここが安い!」と書くことは出来ません。 理由は、クッキングプロに限らず、 ショップジャパンは、よく色々なキャンペーンを行うからです。 しかも、ショップジャパン公式と、楽天のショップジャパン直営店でも、行っているキャンペーンが違うことがあります。 どちらかというと、公式のほうが、よりお得なキャンペーンを行っていることが多いですが。 楽天直営店のほうも、負けてませんし、楽天ポイントが貯まったり使えたりするメリットも強烈ですよね。 ですので、楽天がいいか、ショップジャパン公式がいいか、決めるなら。 両方ともチェックしてみて、どちらがオトクなのかをしっかり考えてから注文してください。 amazonって、ショップジャパン公式や、楽天直営店で注文する場合に比べると、返品などのサポートが受けられない可能性があります。 「届いたあとからが、ショップジャパンです」というキャッチフレーズにもあるように、ショップジャパンは、サポートがかなりしっかりしているのも特徴です。 だから、サポートがどうなるか分からないamazonで注文するのは、ちょっともったいないと思いますよ。

次の

クッキングプロの残念なデメリットをぶっちゃけます

クッキング プロ

料理初心者の方(簡単で失敗が少ない)• 高齢の方(軽い、火を使わないので安全)• 小さなお子さんがいる方(時短、簡単調理)• 圧力鍋を使うのが怖くて躊躇している(火力調整が不要で静か)• 魚の骨まで食べたい(骨まで柔らかくなる) レビューをみるとご両親へプレゼントしている方が結構いらっしゃいました。 火を使わないので、火の消し忘れの心配がないのは高齢者家庭にとっては安心ですね。 また、普通の圧力鍋のような激しい蒸気もでず、軽くて、お手入れ簡単なので、使うのが億劫でありません。 >> クッキングプロで料理をしたレビュー レシピブックに載っている料理を中心に実際にクッキングプロで料理してみました。 内釜に水量メモリがついているので、炊飯器で炊くのと同じ感覚です。 とても簡単に ふっくらつやつやの美味しいご飯が炊きあがりました! ごはん2合を調理した場合の電気代はわずか約3円。 圧力調理は電気代がかかるのではないか心配でしたが、これなら電気代を気にする必要もありませんね。 ふっくらとかなり美味しく出来上がりました! 下ごしらえは不要なので、だれでも簡単に美味しいお赤飯が作れます。 これはかなりおすすめです! 無水カレー トマトの水煮缶で無水カレーを作ってみました。 人参は中まで柔らかくて、濃厚なカレーで美味しかったです。 釜がコーティングされていて、それほどくっつかないので、後片付けも楽でした。 さんま・いわしの甘露煮 さんまとイワシで甘露煮を作ってみました。 鍋に材料を入れて加圧30分、その後約10分煮込んで完成です。 加圧は30分ですが、予熱調理や煮詰めたりする時間も含めると、所要時間は全部で約1時間でした。 自宅でこんなに簡単にできるものだとは思いませんでした。 3分炒め+1分加圧調理で美味しいパスタができました。 トータルで約30分かかりましたが、お湯を沸かす鍋が不要で材料を入れたらほったらかしでよいので、普通にパスタを作るより簡単です! 筑前煮 人参やレンコンなどの根菜類も圧力調理で簡単に柔らかくなりました。 里芋の煮っころがし 加圧時間3分で柔らかくなりました。 今回は生の里芋を使いましたが、冷凍里芋でもできるようです(冷凍のまま入れてOK)。 普通の鍋で作るのに比べると断然楽でした。 普通の鍋で煮込むより圧力鍋のほうが断然美味しいです! クッキングプロで何人分まで作れる? 料理の種類によりますが、2~4人家族に適している大きさだと思います。 レシピブックは2人分が掲載されています。 我が家はいつも2人分で作っていますが、2人分だとなべにまだ余裕があるので、倍量の4人分は作れると思いますが、食べ盛りのお子さんがいる4人家族だと量が足りないかもしれません。 クッキングプロのメリットとデメリット クッキングプロを実際に使ってみて感じたメリットとデメリットをあげてみます。 メリット• 自動調理で火力調整が不要なので簡単!• 圧力調理中も音がしなくて静か(怖くない!)• 後片付けが簡単(内釜を洗うだけ)• 周囲が熱くならない(特に夏場は重宝する)• 時短(特に煮込み料理) 以前はガスで使う普通の圧力鍋を使っていたのですが、『重い、調理中の音がシューシューとうるさい、後片付けが面倒…』などの理由で結局使わなくなってしまいました。 今回、クッキングプロを手に入れて、数年ぶりに圧力調理をしましたが、以前使っていた圧力鍋とは比べ物にならないほど使いやすい商品だと感じました。 電気圧力鍋は初めて使いましたが、圧力調理中も蒸気がでないため、とても静かなことに驚きました。 また、軽くてコンパクトな内釜を洗うだけなので後片付けが楽なのも継続できる理由です(以前の圧力鍋は重くて、こびりついたりで洗うのが大変でした)。 デメリットと注意点 大きなデメリットは感じていませんが、いくつか気になる点を書いておきます。 「時短」という謳い文句について 例えば、『炊飯6分!』と紹介されていますが、実際にはすべてトータルで約30分かかりました。 6分というのは加圧調理時間であって、 予熱や料理後の減圧時間がそれぞれ10~20分かかります(急ぐ場合には、バルブで強制的に減圧することもできます)。 なので、予熱や減圧を含めた全体の時間としては、 調理時間+30分程度と考えておくのがよいでしょう。 また、『材料を入れてボタンを押すだけで出来上がり!』みたいな謳い文句で宣伝していますが、ちょっと大げさかなぁと思います。 炊飯などは材料を入れてボタンを押すだけで出来上がるのですが、自動調理が終わった後に10分程度煮込みが必要になる料理もあります。 煮込みと言っても、フタを開けてボタンを押すだけなので、作業自体はほとんどありませんが…。 1回ボタンを押したら出来上がり…ではなく、何度かボタンを押す必要があります。 「煮込み・炒め」モードは3分固定&火力調整できない 使っていて不可解なことが一つあります。 それは「煮込み・炒め」の調理時間が3分に設定されていて変更できないこと。 そのため、レシピに『煮込み9分』とある場合、「煮込み・炒め」を3回押す必要があります(3分経つと自動で切れるため)。 「煮込み・炒め」は火加減の調整ができなくて、2分位すると火力が結構強くなります(コンロだと中~やや強火に相当すると思います)。 あえて3分と短い時間に設定してあるのは、長時間煮込みすぎて焦げ付いたりするのを防止する目的なのかもしれません…。 スロー調理の温度が変更できない スロー調理とは沸騰するよりも低い温度で加熱することで煮崩れをおこさずに食材を柔らかく煮込むことができます。 クッキングプロの口コミ・評判 インターネットでレビュー評価を調べたところ、5点満点中の5をつけている人が多く、満足度が高いことがわかります。 「時短で美味しい料理が作れる!」といった感想が多いです。 最新の購入者レビューは公式サイトで確認できます。 >> まとめ クッキングプロがあれば、短時間で煮込み料理ができたり、ほったらかし調理ができます。 シャープのホットクックのような撹拌機能はないので、最後に自分で混ぜたりする必要はありますが、コンロで調理するのに比べると非常に便利です。 クッキングプロの本体の色は シルバーと レッド(赤)があり、レシピ本、蒸しプレートなどがついたお得なセットもあります! 公式サイトでは< 39日間返品保証>があるので、使用後でも満足できなかった場合は、39日以内であれば、返品することができます。

次の