ユニセフ 寄付。 ユニセフ募金の税制上の優遇措置について(寄付金控除)

ユニセフ募金の税制上の優遇措置について(寄付金控除)

ユニセフ 寄付

UNICEF(ユニセフ)への募金・寄付に関する寄付控除とは? 日本の税制には寄付による税制優遇措置というものがあります。 ユニセフへの募金や寄付にもそれが適用されるのですが、個人の税制であれば所得税、相続税、一部の自治体における個人住民税、法人の税制における法人税がその対象となります。 しかし、税制は計算が面倒なうえにいろいろ必要な書類もあり、よく分からない方も少なくないでしょう。 だからといって、募金や寄付をしているのに控除を受けないのはもったいないですし、これから寄付を考えていらっしゃる方も、控除できることを知っていれば募金や寄付がしやすくなります。 ぜひともここで寄付控除の仕組みなどを知っていただければ幸いです。 ここからはそれぞれの税制の控除について詳しくご紹介します。 所得税の寄付金控除 まず所得税については2011年の税制改正によって寄付金控除として 「所得控除」か「税額控除」のどちらかを選択できます。 これにより有利な方を選択できるようになったのですが、年間寄付金額や所得税率によっても異なるものの、一般的に 税額控除を選択するほうが所得税額を減らすことが可能です。 どちらの控除を受けるにしても、確定申告の手続きが必要となってきます。 ユニセフから毎年1回、1月から12月までに募金あるいは寄付した領収書が送られてくるので、 領収書を添付して税務署に申告することで控除を受けることができます。 また税額控除の場合は、「税額控除に係る証明書」も併せて添付する必要があります。 この証明書は、ユニセフから送られてくる領収書の裏面に印刷、あるいは領収書に同封されていますが、万が一無い場合はユニセフのサイトからダウンロードすることも可能です。 ただし、 有効期限が異なるので必ず確認してからダウンロードするようにしましょう。 寄付金控除(税額控除)の計算式 実際の控除額の計算も知っておきましょう。 まず寄付金控除(税額控除)額の計算は以下のようになります。 寄付金控除(所得控除)の計算式 続いて寄付金控除(所得控除)額の計算は以下のようになります。 (寄付金合計額-2,000円)= 所得控除額 この計算で出た金額が、確定申告時に所得金額から差し引かれ算出されます。 ただしこちらも 寄付金合計額は年間所得金額の40%までが限度額となります。 また所得税率は年間の所得金額によって異なるので、自身の所得税を確認の上、一度国税庁のホームページで確認することをおすすめします。 個人住民税の寄付金控除 個人住民税は、都道府県・市区町村が それぞれの条例で指定した寄付金額が、個人住民税の軽減措置(寄付金控除)の対象となっています。 基本的には寄付金額から2,000円を差し引いた額から計算されますが、都道府県と市区町村では割合が異なります。 申告は所得税の確定申告の際に個人住民税の寄付金控除も併せて行うことができます。 (出典元: ふるさと納税以外の寄附金税制) 相続税の寄付金控除 相続税は家族が相続された財産(現金)の中から寄付した場合、 寄付した財産には相続税が課税されません。 相続税の場合は相続財産全体から、基礎控除と寄付金額を差し引いた額が課税遺産総額になります。 相続税非課税扱いを受ける場合は、発行される領収書とともに 「公益法人証明書」が必要となるので、ユニセフに連絡し用意してもらう必要があります。 相続税の申告期限が 相続開始後から10ヶ月以内なのでご注意ください。 UNICEF(ユニセフ)の寄付は2通りから選択可能 ユニセフの寄付は2通りから選択することができます。 その ユニセフ・マンスリーサポート・プログラムに参加する方法と都度募金する方法です。 どちらも寄付金控除を受けることができますが、それぞれの寄付には違いがあるため、領収書をもらえるタイミングと一緒にご紹介していきます。 ユニセフのマンスリーサポーターになる ユニセフ・マンスリーサポート・プログラムは参加申込みをすることで、 毎月一定の寄付金を定期的に自動で寄付できる方法です。 退会はいつでも可能で、金額も少額から選ぶことができるので、 無理なく継続的に寄付できます。 特典として、 年4回発行される「ユニセフ・ニュース」があり、寄付したお金がどのように使われているのか、どのような活動に活かされているのかを知ることができるのも魅力です。 これなら忘れることなく、またどのような支援に貢献できているのか分かるので、安心して寄付することができます。 領収書はいつもらえる? 領収書の発行スケジュールは寄付に指定した金融機関もしくはクレジットカード会社により異なり、前年12月に 寄付した金額の確認が取れ次第発行されることになるので、発行時期に違いが生まれます。 大抵の金融機関あるいはクレジットカード会社では1月上旬に発行される予定となっていますが、一部1月中旬や下旬に発行されることもあるので注意してください。 また郵便事情などで遅れることもあるので、そちらも考慮しておく必要があります。 その都度の募金 その都度の募金はゆうちょ銀行や金融機関、クレジットカード、コンビニエンスストア、インターネットバンキングと様々な送金方法があり、 自分で決めた任意の金額を募金できます。 また、 自分で金額を入力して指定することも可能です。 すでにオンライン登録済ませていれば、ログインIDとパスワードだけで申込みできますし、まだしていなくても申込みフォームから必要事項を記入すれば可能となっています。 その都度募金するのは頻度が高いと少々面倒に感じるかもしれませんが、 家計やお小遣いなどに余裕があるときなど自分のペースで寄付したいときにできるので、無理がないのがポイントです。 領収書はいつもらえる? 領収書は申込みごとに入金を確認してから送付されます。 ただしこれは送金方法によって大きく異なるので注意が必要です。 ゆうちょ銀行や金融機関は2~3週間程度ですが、地方銀行だと最大で2ヶ月かかることがあります。 クレジットカードだと2ヶ月から最大4ヶ月ほどかかってしまうこともあるので、予め領収書発行までの期間を考慮しておいた方が良さそうです。 UNICEF(ユニセフ)に募金・寄付するなら寄附金控除を利用しよう 世界中で発生している紛争や自然災害など様々な問題に苦しめられる子どもたちを支援するため、ユニセフは日々活動しています。 私たちが支援のために現地へ赴くことはできないので、必然的にユニセフのスタッフに一任するしかありません。 そうなると私たちがその手助けをしようと思うと募金や寄付になるのです。 すでに募金や寄付をしている方もいらっしゃいますが、これからしようと考えていらっしゃる方もいるでしょう。 世界で苦しんでいる人々を助けるために寄付をしているのですから、 自身の負担を減らすためにも寄付金控除はぜひ利用しましょう。

次の

書き損じはがき募金 | 神奈川県ユニセフ協会

ユニセフ 寄付

「つなぐよ子に」の批判は?サポートしている人は何に賛同してる? ユニセフ「つなぐよ子に」の評判をTwitterで調べてみると、賛否両論さまざまな口コミが見つかりました。 ユニセフ「つなぐよ子に」は怪しい?批判の声 まずは、ネガティブな口コミからご紹介します。 団体への疑問や、CMの訴求の仕方など、多くの批判が見つかりました。 ユニセフって「彼らには時間がありません」「つなぐよ子に」とか検索させて募金活動してるけど、そのCM資金全額恵まれない子供たちに寄付すればいいのに。 まだ経済的に厳しいので最低額の月額1,000円です。 就職が決まったら額を増やす予定です。 ユニセフのサポートは有効?継続的支援の効果をチェック 上記のような口コミがありますが、実際はどうなのでしょうか? ユニセフが行なっている支援の効果をチェックします。 栄養治療食で、重度の栄養不良にある子どもを救う 世界には、重度の栄養不良により命の危険に晒されている子どもが1,660万人もいます。 急激にやせ細った消耗症の子どもは、今すぐ手を打たなければ、命を落としてしまいます。 この重症の消耗症の子どもを見つけて「治療」する方法を「治療的食餌療法 Therapeutic Feeding」と呼び、主に緊急援助的な場面で実施されます。 この治療的食餌療法は、いわゆる一般の食料援助とはまったく違うものです。 なぜならば重症の消耗症の子どもは多くの場合は感染症などのほかの病気を合併していたり、もはや食欲がなくなってしまったりしていて、普通の食事を普通にあげるだけではなかなか回復が望めない状態になってしまっています。 日本ユニセフ協会HP ただ食料を送るのではなく、 緊急時の治療を行なっているのが支援のポイントのようです。 栄養治療食「プランピー・ナッツ」 私たちの寄付金は、こうした栄養治療食に充てられます。 緊急サポートのほか、野菜のタネやひよこを配り、自力で栄養を取れるようにする長期的な活動も。 支援の効果に関するデータをチェックすると、時間の経過とともに状況は改善されているものの、まだまだ取り残されている子どもがいる、というのが実際のようです。 ワクチンで、予防可能な病気から子どもを守る 世界には5歳の誕生日を迎える前に亡くなる子どもが、年間530万人もいます。 これは、約6秒にひとりのペースで命を落としている計算です。 そして、その多くは本来ワクチンがあれば防げるはずの病とのこと。 5歳未満児の3大死亡原因は、肺炎、下痢性疾患、マラリア。 2016年に5歳未満で死亡した世界の子どもたちの3分の1は、これらが死因となって命を落としている。 日本ユニセフ協会HP ユニセフは子どもたちにワクチンを届け、予防接種を実施しています。 ワクチンは、デンマークのコペンハーゲンにあるユニセフ物資供給センターにて調達・保管されたのち、必要としている地域へ発送されます。 たった一本のワクチンで、助かる命がある。 2018年に行われた予防接種の実績としては、 「6,550万人の子どもが三種混合ワクチン(ジフテリア/破傷風/百日咳)を3回接種」などがあります。 また、予防接種を受けられる子どもとそうでない子どもでは、生まれた地域や家庭の格差が関係しているため、安価にワクチンを調達できるように支援団体と共に働きかけています。 これにより、たとえば、下痢や肺炎に対する新ワクチンの価格が3〜6倍低下したそうです。 こうした継続的支援により、 1990年には1,260万人いた5歳未満児死亡数が、最初にご紹介した530万人にまで減っているとのこと。 この数字をゼロに近づけるべく、不断の取り組みがあるのでしょう。 ユニセフを支援する方法は?募金プログラムのポイント 「つなぐよ子に」の中でも紹介されていた、マンスリーサポートの概要を、3つのポイントから解説します。 ポイント1:毎月、一定金額を口座またはカード引き落としで寄付 マンスリーサポートは、毎月引き落としで寄付する、という募金の仕方です。 「つなぐよ子に」では、なぜ1回の募金でなく、この方法が訴求されているのでしょうか? それには、大きく2つの理由があります。 予算の見通しが立てやすくなり、より継続的支援が可能になる• 募金活動費が削減でき、より必要な支援を現地に届けられる つまり 「ひとりでも多くの子どもの命を守るためには、マンスリーサポートがより有効な手段だから」というワケです。 引き落としの金額は私たちが任意で決めることができ、途中で金額を変更することも、予め期間を決めて支援することも可能です。 解約の手続きについては、以下の記事にまとめましたので、こちらもご参考にして下さい。 ポイント2:寄付金の81. 日本ユニセフ協会とは、ユニセフの公式な日本窓口で、広報や募金活動など世界で起きている問題を、私たちに正しく伝えるのがミッションです。 日本ユニセフ協会HPより引用 上図のように、私たちの寄付金(ユニセフ募金)の81. 経常費用計の19. 日本ユニセフ協会HP こうした国内事業により、私たちは途上国の現状を知ることができます。 ポイント3:所得税や一部の個人住民税など、税金控除の対象に マンスリーサポートによる寄付は、寄付金控除の対象です。 たとえば東京都三鷹市にお住まいの鈴木さんが、毎月3,000円(年36,000円)寄付したとすると、• さらにこれを日割りに直すと、1日約52円ほどですので、外出先で自販機の利用を控えたりすれば十分に検討可能な金額ではないでしょうか。 税金控除の詳しい計算方法については、以下の記事でも解説していますので、こちらもご参考になさってください。 ここまで、ユニセフ公共CM「つなぐよ子に」の口コミと、実際の支援の効果、募金プログラムのポイントについて解説して参りました。 マンスリーサポートに申し込む際は、実際に寄付を始めた体験記もあるので良かったら読んでみてください。 あなたも、世界の子どもたちも、幸せになる寄付ができることを願っています。

次の

ユニセフ募金の税制上の優遇措置について(寄付金控除)

ユニセフ 寄付

ユニセフ「マンスリーサポート・プログラム」 継続的な支援の停止・解約は、電話・FAX・Eメールでの連絡で受け付けているとのこと。 「ご登録のお名前とご住所(もしくはマンスリーサポーター番号)の情報」を、以下の窓口まで連絡すればよいそうです。 jp (より) また、停止については決済方法ごとに「手続きが間に合う月からの手配」となるそうなので、注意しましょう。 金融機関口座からの引き落とし:振替日の1ヵ月前まで• クレジットカードからの引き落とし:振替日の1〜2ヵ月前(カードの種類によって異なります)まで 国境なき医師団「毎月の寄付」 「毎月の寄付」は「停止のご連絡をいただかない限り、自動継続」ですが、解約・停止はで受け付けているそうです。 解約の手続きが完了したら、「解約通知」を郵送してもらえるとのこと。 WEBフォームでやめる手続きをできて、その履歴が郵送で手元にも残るのは、支援者の視点からは便利かつ安心感がありますね。 ユニセフと同じく、「タイミングによっては、振替日、請求日がご希望通りにならない場合も」あるそうなので、注意しましょう。 解約手続き前に引き落としの手続きが完了していた寄付につきましては、解約することができません。 引き落としの手続き完了から実際の引き落としまでに時間差があるため、解約後も引き落としが続いているように思われる場合がございます。 国境なき医師団からの請求停止につきましては、解約手続き完了の確認書をご確認ください。 (より) ワールド・ビジョン「チャイルド・スポンサーシップ」 には、「支援を続けられなくなった場合はご連絡ください」とのことですが、連絡先が記されていませんでした。 「1番簡単なのは、WEBの問い合わせから連絡すること」と書かれていたブログもありましたので、それにならうとよいかもしれません。 () よくあるご質問には「」に対して・・ 支援期間は自由ですが、支援の成果を実感していただくためにも、1年は継続していただければと願っています。 様々な事情で支援を続けられなくなった場合はご連絡ください。 お手続きをさせていただきます (より) 支援者向けのマイページにも、「支援をやめる」方法は書かれていませんでしたし、支援地域の「チャイルド」と手紙のやり取りをするという支援方法も相まって、「途中でやめにくい」印象を受けました。 これから入会される方は詳しく調べたうえで、一定期間は「続ける」意思をもって申し込みをされるとよいかもしれません。 国連UNHCR協会「毎月倶楽部」 「毎月倶楽部」による寄付は、「ご都合による中止、あるいは金額の変更は可能です」とのこと。 電話とで受け付けているそうです。 0120-540-732(通話料無料)または 03-4366-7373 [平日10時~19時]、 もしくは「毎月寄付の金額・寄付方法の変更・解約」ページより当協会までご連絡ください。 (より) フォームにたどり着くまでは、WEBサイトの寄付ページやGoogle検索などでを調べてもなかなか見つけられなかったのですが、フォームし、はスマホからも入力しやすそうです用意していることは親切な印象を受けました。 あしなが育英会「あしながさん」など WEBサイトからは、解約の窓口や方法が見つかりませんでした。 その他の団体では「よくあるご質問」や「FAQ」といったページに、「寄付は途中でやめられますか?」といった質問の答えとして、停止の手続きなどが記されているものですが、では見つかりませんでした。 支援者とはオフラインのやり取りが主体のためか、オンラインはまだ充実していない印象も受けています。 「ご寄付など支援についてのお問い合わせ」はで受け付けているようです。 問合せ先の電話番号も見つからなかったので、そちらに連絡してみるとよいかもしれません。 セーブ・ザ・チルドレン「SCサポート」 毎月1,500円〜の支援「SCサポート」ですが、寄付の中止は電話やメールで連絡を受け付けているそうです。 公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン ドナーサポート係 Tel:03-6859-0068(平日9:30~18:00) Eメール:donation savechildren. jp (より) 「ご希望される1カ月前までに、事務局までご連絡ください。 」とのこと。 書面や電話だけでなく、メールでも退会を受け付けているとのことでした。 まとめ これまで6つのNGO・NPOの事例をもとに、マンスリー・サポーターの解約・中止の方法や窓口をお伝えしました。 調べるなかで気づいた点を記させていただくと・・• ほとんどの団体は、WEBサイトにも「自由にやめられる」ことやその方法・窓口が公開されていましたが、Googleで検索をしたりサイトを深くたどっていかないと見つからないこともあるのが、寄付者の立場からは不便に思えたこともありました。 また電話や郵送・FAXといった方法をとらなくても、Eメールで手続きをできるのは便利ですが、フォームを用意していてさらにスマホでも入力しやすいようにしているのは、寄付者の利便性を考えている印象を受けますね。 マンスリーサポーターによる寄付は、寄付者にとっても少額から続けやすく、また団体にとっても長期的な収入増につながり、素晴らしい仕組みです。 一方、継続的に支援をするつもりでも、「転職をして給料が下がった」や「家族の事情で出費を切り詰めなければいけなくなった」など、どうしても寄付を続けなくなる可能性もありますね。 したがって、「やめる」「解約する」方法がしっかりと明示されていたり、手続きに負荷がかからないような仕組みだと、支援もスタートしやすいはずです。 新たに支援を始めようと検討されている方は、解約や中止の方法も事前に調べておくと安心でしょう。 また今マンスリーサポーターで支援をしている方には、この記事が解約・中止の窓口を見つかるのに役立てば嬉しいです。

次の