台風 温暖 化。 温暖化の影響 Q2 台風やハリケーンによる被害の増加は温暖化の影響?

温暖化は豪雨や台風と関係があるのか?気になる可能性と対策

台風 温暖 化

台風・豪雨の被害に遭われている皆様に心よりお見舞い申し上げます。 近年の台風や豪雨は、日本各地に甚大な被害をもたらしています。 今月のスーパー台風・台風19号では、交通網、住宅、工場、農業などビジネスに破滅的な被害がありました。。 86人にのぼる人命も奪われました。 激化する台風に、「もしや地球温暖化の影響?」との声も聞こえてきます。 では、台風と地球温暖化にはどんな関係があるのでしょうか? 台風を短時間で激化させる地球温暖化 今回の台風19号について、研究者が注目したのは、熱帯低気圧からカテゴリー5の猛烈な台風になるまで、たったの24時間しかたっていなかったということです。 コロラド州大学のKlotzbach博士によれば、こんな短時間でこんなに台風が強くなったのは、この23年間で初めてのこと。 Source: 様々な研究で、台風やハリケーン、サイクロンが、近年、その威力を短時間で急激に増すようになっていることが指摘されています。 そして、、それが地球温暖化と関係することが明らかにされています。 地球温暖化が進み、海水温が上昇すれば、それだけ急速に台風の威力が増すことになります。 、現在のところ「100年に1度」レベルの嵐の激化は、2100年までに、「5〜10年に1度」というレベルになる恐れがあるとされています。 今回の台風19号が日本に上陸する数日前からその深刻さが明らかになっていたのは、我々にとって重要なことでした。 なぜなら、予め予報をおこない、それを周知し、事前に防災対策をしたり避難したりする時間があったからです(それでも死者が出るのは避けられませんでした)。 しかし、今後地球温暖化が進行すれば、十分な時間的余裕をもって予め台風の上陸を予測し、対策をしておくことが困難になるかもしれないのです。 最悪なのは、弱かったはずの嵐が上陸する直前に急速に強い台風に成長するような場合です。 そのようなケースでは、自治体も住民も対策や避難ができないまま強烈な台風の直撃を受ける恐れがあります。 風の強さと地球温暖化にも関係が また、台風19号の極めてひどい強風は、地球温暖化によって世界的に嵐がその強さを増すという傾向に合致するものです。 科学者は、地球温暖化がさらに進めば、海面水温の上昇によってスーパー台風がより一層ひどくなると。 実際、10月上旬、西太平洋の海面温度は、例年よりかなり高い状態にありました。 西太平洋の海面温度(2019年10月6日) (色は、長期の平均気温との違いを表す。 国連事務総長、千葉・神奈川の被災者が求める「脱石炭」 国連事務総長のアントニオ・グテーレス氏は、「納税者が一生懸命おさめた何兆ドルもの税金を、ハリケーンを巨大化させ、熱帯病を広め、紛争を激化させるような、死にゆく化石燃料産業に渡すのは終わらせる。 そのためにもっと前進する必要がある」と言っています。 日本の私たちは、このメッセージに謙虚に耳を傾けなければなりません。 なぜなら、日本の政府および企業は、地球温暖化の最大の原因である、最も大量のCO 2を排出する石炭火力発電所を国内外で未だに増やしているからです。 そこには、私たちの税金も使われています。 グテーレス氏は、石炭の環境負荷を問題視し、「2020年までに新規の石炭火力を確実になくすために、前進する必要がある」とも話しています。 しかし、。 台風19号で被災した千葉や神奈川のある住民グループは、「台風に伴う竜巻被害も甚大で、今までにないような破壊的な事象が身近に起こっていることを目の当たりにしました」、「石炭火力発電所の新規建設を中止するとともに、既存の石炭火力発電所も2030年までに廃止するよう、政策・事業を見直しすることを求めます」との。 もっとひどい気候災害が当たり前になる前に 最近、私は自問自答を繰り返しています。 強い台風や豪雨がきて、「温暖化の影響かも?」って言いつつ、石炭火力発電も温室効果ガス排出もそのまま放置するという過ちを、私たちはいつまで続けるのでしょうか? 「実際に被害が出て復興もままならない中、そんなことを言うなんて不謹慎だ」という人もいるかもしれません。 しかし、誰もがその被害に関心を向けている今でないと、政治家たちは真剣に受け止めないでしょう。 台風が去れば、被害の深刻さも、復興の困難さも、緊急の温暖化対策の必要性も忘れ、すぐに元通りになるでしょう。 これまでがそうでした。 国連気候行動サミットでスピーチを行ったグレタ・トゥーンベリさんが話題になっていますが、科学に学び、「気候危機」に向き合うよう呼びかけている将来世代にとって、気候災害は大きな懸念のひとつです。 大量に化石燃料を燃やすことでそのような過酷な運命を次世代に押し付け、このような気候災害の根本の原因に目を向けない政治家は、「不謹慎」というよりもむしろ「無責任」です。 今こそ科学的知見に学び、気候災害の根本原因に目を向け、対策を強化する必要があります。 「子供らを被害者に 加害者にもせずに この街で暮らすため まず何をすべきだろう?」 (Mr.

次の

強力化する台風 列島上陸リスク増大|日本列島 どこで何が起きるのか|災害列島 命を守る情報サイト|NHK NEWS WEB

台風 温暖 化

この数年は台風の季節になると、地球温暖化により影響を受けて巨大化・凶暴化した台風が数多く上陸するといった論調のマスコミ報道が目立つようになってきました。 確かに子供の頃の記憶と比べると、この10年ほどは巨大な台風がたくさん上陸して、日本の各地に大雨や洪水、土砂災害などの甚大な被害を与えている印象があります。 マスコミの地球温暖化報道もあり、これは二酸化炭素の増大で地球が温暖化してきた結果なのではと心配な気持ちになってきますね。 そこで、台風が地球温暖化によって影響を受けているのは本当なのかを調べてみました。 近頃の台風は巨大化しているのか?数が多くなっているのか?など、客観的なデータを見てみましょう。 ぜひ最後までお付き合いくださいね。 台風は地球温暖化の影響を受けている? 結論から書くと、 台風が地球温暖化の影響を受けているという説に根拠はありません。 日本で気象観測が始まったのは1871年で、およそ150年の歴史を持ちます。 その150年間 、台風の規模が巨大化しているとか数が増えているというデータはありません。 実際のところ、観測史上で最も巨大な台風が日本に上陸したのは1961年のこと。 地球温暖化説が広く流布したのが1990年頃ですので、そこから数えても30年近くも前の話です。 「でも経済活動が活発化してCO2濃度が上がり始めたのは1700年代末からだ。 200年かけて徐々に台風の勢力が強くなっている筈だ」という反論が出そうです。 しかし、観測機器を使って気象データを取り始めたのは1800年代初頭のことで、それ以前の客観的データは存在しません。 つまり「人間の活動で二酸化炭素がたくさん出て温暖化し、台風に影響を与えた」という証拠はないのです。 そもそもの話として、地球は本当に温暖化しているのかといった懐疑的な意見も多くあります。 さらにIPCC(気候変動に関する政府間パネル)という国際機関でも「温暖化」と言わずに「気候変動」という言葉を使っています。 では実際のところ、台風の規模は巨大化しているのか?していないのか?過去のデータと合わせて見ていきましょう。 地球温暖化で台風が巨大化している? 結論としては、 地球温暖化により台風が巨大化しているという事実はありません。 これを客観的に見るために、気象庁が公表している台風の規模に関するデータを見てみましょう。 まずは台風の規模に深く関係している中心気圧の歴代10位までです。 中心気圧は上陸時のものです。 順位 中心気圧 hPa 上陸年月 1 925 1961年9月 2 929 1959年9月 3 930 1993年9月 4 935 1951年10月 5 940 1991年9月 5 940 1971年8月 5 940 1965年9月 5 940 1964年9月 5 940 1955年9月 5 940 1954年8月 ご覧のように、中心気圧の歴代10位までを見ると殆どが1950年代、1960年代に上陸した台風です。 90年代に上陸したものは2個、2000年以降のものはランクインしていません。 もしも地球温暖化の影響で台風が巨大化しているのなら、温暖化の対策が始まった1990年代の台風がたくさんランクインしているはず。 でも実際にはこの様に、温暖化などという言葉はなかった時代にはとても強い勢力の台風が上陸していました。 では台風が日本に上陸した数を比較するとどうなるでしょうか?続いてご覧下さい。 地球温暖化で台風の数が増えている? データを見る限り、 1990年代や2000年代になって台風の数が増えているとは言えません。 これも台風の強さと同様に、気象庁のデータから数字を見てみましょう。 ご覧いただくのは台風が上陸した年の歴代10位です。 順位 西暦年 上陸数 1 2004年 10 2 2016年 6 2 1993年 6 2 1990年 6 5 2018年 5 5 1989年 5 5 1966年 5 5 1965年 5 5 1962年 5 5 1954年 5 このように、最多は2004年の10個と他の年と比べて突出しています。 続いて2016年、1993年、1990年が6個。 さらに5個の中にも2018年、1990年、1989年と近年のものが多くランクインしています。 しかし、このデータを見て「やはり近年になって台風の数は増えているんだ」と考えるのは早計です。 逆に、上陸した数が少なかった年のデータも見てみると驚くべき事が分かります。 順位 西暦年 上陸数 1 2008年 0 1 2000年 0 1 1986年 0 1 1984年 0 5 2009年 1 5 1995年 1 5 1987年 1 5 1980年 1 5 1977年 1 5 1973年 1 5 1957年 1 これを見れば一目瞭然でしょう。 上陸0個の年が4回あり、そのうちの2回は2000年代になってからのことです。 他に上陸1回の年は1970年代から2000年代までに分布しています。 こうしたデータを素直に見れば、「昔から台風が多い年も少ない年もあって、最近だけ多いわけじゃないんだ」という結論になるでしょう。 逆にこれらのデータを元に「近年になって台風が多い年と少ない年の両極端になり始めた!」と主張する人は、よほど頭が固いか素直じゃないかどちらかだろうと思いますが、どうでしょうかね? 関連して、本当に温暖化は進んでいるのか、二酸化炭素との関連はあるのか、などをこちらの記事で解説しています。

次の

地球温暖化と台風災害

台風 温暖 化

関東上陸 過去最強クラス 台風上陸前夜、2019年9月8日午後9時すぎ。 東京から南に約170キロ離れた神津島で暴風が吹き荒れていました。 最大風速43. 4メートル、最大瞬間風速58. 1メートルを観測。 気象庁は台風の強さのカテゴリーを「強い台風」から「非常に強い台風」にアップさせました。 神津島 2019年9月8日夜 台風の最大風速の統計が残る昭和52年(1977)以降、関東に接近・上陸した台風は125。 このうち最大風速44メートル以上の「非常に強い」勢力に発達した台風は今回が4例目でした。 東京湾が最も強い風の領域にあたり、しかも南風が吹き付ける。 そうなると東京湾の湾奥で高潮の被害が発生した可能性が考えられます。 東京湾の一番奥で数メートルの高潮が起きても不思議ではなかったと思います。 89メートルの高潮が発生しましたが、台風15号が50キロほど西を通っていて大潮や満潮といった潮位の条件が重なっていれば、伊勢湾台風に匹敵するような高潮かそれを超えるような高潮が起こっても不思議ではなかった。 東京湾沿岸には非常に多くの施設、交通を含む人間活動がありますので大きな影響が出ていたと考えられます。 進路の東側にあたる伊勢湾の沿岸部で記録的な高潮が発生、台風災害としては明治以降最悪となる5,000人を超える人が犠牲になった。 地球温暖化が台風を強化 さらに坪木教授はこう話します。 中心気圧が955ヘクトパスカルくらいの台風が関東地方にさえ来るようになった。 関東地方はもちろん、それ以外の日本の各地域でこれまでにないような強い台風が上陸する可能性が増大しているということを示していると思います。 将来、より強力になると考えられている台風。 その背景にあるのは地球温暖化です。 気象研究所のシミュレーションでは、今世紀末に世界の平均気温が3度から4度ほど上がるというシナリオで温暖化が進んだ場合、世界で発生する台風の数は現在より3割ほど減るということです。 一方で、日本の南の太平洋に限ってみると中心気圧920ヘクトパスカルほどの猛烈な台風の発生・通過は、現在10年間で平均3つ程度なのに対して、今世紀末には10年間で5つほどに増える予測となっています。 2018年台風26号 日本のはるか南で中心気圧900hPaまで低下 坪木教授:肌感覚として、非常に強い台風が日本に接近する上陸することが多いと感じることがあると思います。 その延長として、今世紀末にかけて温暖化が進んでいくと強い台風がさらに強くなる、強い台風の数が増えると考えられます。 すなわち、日本を含む中緯度の台風のリスクが増大しているということになるわけです。 本州辺りにこれまで来なかったような強い台風が、接近・上陸することも示されてきています。 地球温暖化という気候の大変動の時代に台風も強化していく傾向にあり、それに伴う災害も発生しやすくなるのが今後の予想です。 これまでの経験ではなく、未来の予測を考慮した、未来の予測にあうような対策を立てていくことが重要だと思います。

次の