旅行サイト 比較。 Travel Deals: Online Travel Booking

【LINEトラベルjp】国内・海外旅行の最安値比較!LINEポイントで更にお得に!

旅行サイト 比較

タップして読む• なぜ旅行サイトを比べる必要があるのか? どうしてあなたは旅行先を決めるときに、いくつかの 旅行サイトを比較するんですか? 旅行をするときっていろいろと調べることだらけですよね。 ホテルの部屋• ホテルの周辺• 旅行先でやること• 航空券• 新幹線の乗車券• レンタカー 旅行先や移動手段によっても違いますけど、下調べから予約まではやっぱり 時間と手間がかかるものです。 では、どうして旅行をするときに同じホテルなのに2個とか3個の旅行サイトを比べる必要があるのでしょう。 この答えは簡単で 同じ質の旅行でも 1番安い予約をしたいからですよね。 例えば、同じホテルの同じ部屋に泊まるのに、3,000円高いところで予約するのってもったいないじゃないですか。 (1人3,000円もあればちょっと贅沢ディナーできそうですしw) もしあなたが行く旅行がご褒美だったとしても、なりふり構わず予約をしたりはしないはずです。 ケチケチ旅行がしたいってわけではなくて、 贅沢な旅行はしたいけど無駄遣いはしたくないって心理がありますよね。 ボクはまさにそうで、せっかく行く旅行だからケチケチなんかしたくない。 でもお金が浮かせられるなら、浮かしたお金で 違う贅沢体験ができるんじゃないかって思って比較していますよ。 原価の旅行予約• 会員制サイト• ホテル、コンドミニアム• 航空券• アクティビティ などなど、旅行の予約ができる会員制のウェブサイトが 「JIFU(ジフ)」です。 JIFUには 2つの特徴があります。 最安値の旅行予約• MLMの紹介報酬 アメリカに拠点を置くJIFUは、すでに多くの方に使われている大手旅行サイトとの競争に加わりました。 JIFUの旅行サイトを使う1番のメリットは、会社利益や広告費を上乗せしていない 原価の旅行予約ができるところ。 もともと広告費はかかっていないのですが、サイト運営費などの最低限の会社利益は会員制にしてることで賄っているようです。 同じクオリティの予約ができて1回の旅行が 数百円から数万円節約できるなら、大手の旅行サイトと比較する価値があるサイトになりますね。 ただ、本当に安くなるのかは実際に比べてみないと信用できませんよ。 旅行サイトの比較|JIFUとBooking. com• 旅行先:タイ、バンコク• ホテル:シェラトン グランデ スクピット ラグジュアリーコレクションホテル• 時期:秋後半の3泊• 部屋:グランドキングルーム• Booking. comで予約した場合|JIFU 比較 世界でもトップの利用者を誇るBooking. comは、やっぱり予約のしやすさと料金の安さが見えますね。 予約画面に行く前の検索ページでは、 「61,501円」が予約した場合の金額です。 このまま予約画面まで進めていくと・・・ 決済の画面の上画像のように、 「料金の内訳」が見えてきました。 客室代• 消費税• 通貨の計算(レートによって変わる) そして「料金」って部分には記載されていませんが、内訳の下の方に 「追加料金」というのが書いてあるので注意してください。 つまり 67,211円がBooking. comで予約したときに、あなたが支払う料金ってことですね。 JIFUで予約した場合|JIFU 比較 JIFUのサイト内にも同じホテルで同じ部屋がありました。 Booking. つまり表示価格がそのまま支払う金額になるようですね。 【結果】Booking. comよりJIFUが安くなった|JIFU 比較• Booking. com:67,211円• JIFU:62,398円 2つのサイトの比較結果は、 JIFUの方が安いということになりました。 本当はそこまで安くならないんじゃないかって思っていたので、 海外旅行で4,000円強安くなるのは少し驚いています。 おそらくこの差は、予約ページにいく前の表示している価格が、 手数料もろもろ入っていない金額だったからですね。 JIFUは施設サービス料がない分、結果的に安い予約料金にできたという印象です。 今回の福岡旅行は、休みと副業の件を兼ねていく予定だったので、できる限り安く抑えたかったんですよね。 (ケチらずに安くできるならそれに越したことはありませんからw) 旅行サイトの比較|JIFUとトラベルコ• 旅行先:福岡、博多駅前• 時期:冬前半の2泊• 部屋:シングル• トラベルコで予約した場合|JIFU 比較 トラベルコはいくつかの旅行サイトの中から、最安の旅行を探せる 比較サイトですね。 Booking. comで検索をしたときみたいに、「最後に料金が上がるのか!?」って思ったらそんなことありませんでした。 ボクの旅行の条件では ANA SALESでの予約が最安だったので、 1人39,800円が支払う金額になります。 JIFUで予約した場合|JIFU 比較 JIFUはホテルと航空券を別々で予約する必要がありました。 「めんどくない!?」って思っていたんですが、思ってたほど面倒な作業はなかったです。 ホテルの予約 もちろん同じホテルの同じ部屋で予約をしました。 一緒に旅行にいく友人の予約(別々の部屋)をしたので、金額が少しわかりにくいですね。 航空券の予約 続いて、羽田から福岡までいくために ANAの航空券を予約します。 つまりトラベルコと比較するときは、ホテル(10,286円)+航空券(26,535円)の合計で計算する必要がありますね。 【結果】トラベルコよりJIFUが安くなった|JIFU 比較• トラベルコ:39,800円• JIFU:36,821円 2つのサイトの比較結果は、 JIFUが安いということになりました。 国内旅行だから海外旅行ほどは安くならないかなって思っていましたが、 2,000円強の節約ができました。 まだJIFUを使い倒しているわけではないので、予約が簡単!ってわけではないのが正直なところです。 ただ、めんどくさがりな自分としては、どの旅行サイトを使うのも苦労するのであまり変わらない感じでしたね。 ボクの友人を含めて日本人が多く使っている「トラベルコ」で最安を探しても、結果的にJIFUが最安になったのはなかなか凄いですね。 前述したように、会社利益や広告費が上乗せされていない分、 純粋な旅行費用が安い状態で予約できるのは本当のようです。 (半信半疑で比較してみた価値はあったかな〜って思いますw) 【注意】比較しても料金が変わらない場合はある 他にもいくつかホテルを見比べてみたんですけど、全部が全部安くなるわけではないようですね。 「JIFUが最安値」と言っていても、 他社サイトの限定キャンペーン割引的なものがある場合は、JIFUの方が高くなりますね。 まぁそういう割引があるのがあたりまえではないので、探すのが嫌いなボクは「JIFUを使いながら様子見しようかな」って思います。 旅行時期• 予約時期• ホテル• 航空券 JIFUの旅行サイトは基本的に、 予約情報が集まっているデータベースから引き出しているので、通常よりも高くなる心配はありません。 ただし、時期や他社と比べたときに最安にならないケースもあるんですね。 その場合は 「最安保証の返金制度」を使っちゃうのが良さそう。 もし他社サイトが最安値になっていたら、 差額+1割の返金をしてくれるという太っ腹みたいです。 JIFUで予約を完了する前にあらかじめ比較をしておけば、24時間っていう時間制限も関係なくなりそうな・・・。 JIFUと他社サイトのオススメな比べ方 正直言うと、JIFUの旅行サイトは日本企業のサイトに比べて まだまだ使いにくいです。 発展途上だからって言えば聞こえがいいですが、やっぱり 簡単に予約ができるのって外せない条件ですよね。 サイト全体の見え方• ホテルの画像や口コミ• ホテル周辺の情報• 駅などからのアクセス 上記のような部分が、まだ日本人向けとは言えないのでJIFUだけで予約するのはちょっと不安でした・・・。 そこで! ボクが今回何度か試した オススメな比較方法をサクッと紹介します。 これ、自分で試してみたらかなり調べやすかったので、JIFU使っている方にも参考にしてほしいです。 その1:大手のサイトで下見する|JIFU 比較 まずは大手の旅行サイトである程度の 下見をします。 ホテル• 航空券とのセット• 部屋の画像• ホテルの位置 などなど、旅行先を決めるときに必要なことをすべて調べちゃいます。 今回は国内旅行で楽天トラベルとトラベルコを使いましたが、トラベルコはやっぱりみやすかったですね。 その2:JIFUで同じ条件の旅行を探す|JIFU 比較• ホテル• 航空券 ある程度の目安が決まったら、他社との比較も兼ねてJIFUで同じ条件の旅行を探します。 「ホテル名で検索」って探し方があるので、これを使えば比較はあっという間にできます。 どうやらデータベースの情報的な問題で、 JIFUにはないホテルがあるようなんですよね。 これは時間が解決する問題だと思うのですが、JIFUで探しても出てこなかった・・・打つ手なしです。 その3:最終料金を比べる|JIFU 比較 他社のサイトでは検索ページに最終的な金額が出ていないことが多いので、決済確定の寸前までページを進めてみましょう。 そして旅行の予約をするつもりで、 決済画面とJIFUの予約画面を比べるのがオススメです。 どちらが安いかっていうのが明らかになるので、そのときに安い旅行を予約しちゃうのがいいですよ! 最後に・・・ ボクの旅行ではJIFUが安かった!あなたはどう? 今まであたりまえに使っているとあまり意識しなかったと思うんですけど、他社サイトでよくある 確定金額で高くなるってのは驚きましたね。 施設サービス料とかよくみてみると「何?」って思うので、気づかなかったことを気づけたのはある意味収穫でした。 今回のボクみたいに 「これから旅行にいく!」って方なら、JIFUのユーザー会員として割引を使ってみるのが良さそうですよ。 福岡への旅行で 2,800円くらい(2人分なので5,600円)節約ができたので、これからの旅行にも活用してみようと思います。 ただ、こういう記事を作ると「結局JIFUをよく見せたいんでしょ」みたいに感じる方がいるはずなので難しいところ・・・。 純粋に「使ってみたい」とか「面白そう」って感じた方だけに使ってもらえたら嬉しいかなって感じです。 まぁとは言いいながらボクも、 完全に信用してるってわけではないのと 返金保証を使ってみたいので、何回か比較を繰り返していきますけどねw これからJIFU旅行をしたら、その都度レポートをしていきます! (比較も兼ねてです。

次の

おすすめの旅行比較サイトを比較

旅行サイト 比較

昨年100万超の旅行者が利用! 阪急限定プラン満載!当社情報誌でご案内している人気施設もご案内! 大手旅行会社ならではの充実の品揃え。 憧れのあのお宿もご用意しています 近畿日本ツーリストが運営。 ポイント還元あり。 厳選のホテル・旅館の予約は一休. com。 一休限定のお得なプラン満載! 全国のホテル・温泉旅館を簡単予約。 旅行会社ならではのオリジナルプラン多数! 業界最大手のJTBが運営しているので安心です。 ホテルはすべて最低価格保証! 全てのホテルが最低価格保証。 国内も海外も予約するならアゴダ。 ドコモ以外のお客様もポイントが貯まる・使える!当日限定や直前割プランも 全国のビジネスホテルに特化した予約サイトです。 Tポイントが貯まる・使える宿泊予約サイト。 泊まって当たるキャンペーンを毎月実施中! 日本最大の宿泊予約サイトです。 楽天ポイントで還元あり。

次の

結局どこがおすすめ?人気旅行サイト10社を掲載宿数や使いやすさで徹底比較してみた!

旅行サイト 比較

会社概要 オープンドアは、日本最大級の旅行比較サイト「トラベルコ」の運営を中心にインターネットコンテンツの企画運営、ソフトウェア開発を行うWebサービスプロバイダーである。 主力事業は日本人向けの「トラベルコ」の運営であり、加えて海外ユーザーを対象としたインバウンド・海外向け多言語旅行比較サイト「TRAVELKO」や伝統工芸作品紹介サイト「GALLERY JAPAN」の運営も行っている。 沿革 同社は、1997年4月に現在の代表取締役社長の関根大介(せきね だいすけ)氏によって設立された。 社名には、「常に新しい分野の可能性を求めて、門戸を開き、挑戦し続けたい」という社長の強い想いが込められている。 同年8月に海外ツアー、海外航空券の検索サービスを行う旅行比較サイト「トラベルコちゃん(後に「トラベルコ」へ名称変更)」をオープンした。 その後2000年6月に国内ツアー、2004年12月には国内宿泊へと対象領域を拡充し、旅行比較サイトのメニューを拡大してきた。 2002年7月に携帯関連事業へ参入し、旅行事業と携帯関連事業の2本立てで事業を展開していたが、2010年度に携帯関連事業から撤退し、リソースを旅行事業に集中させた。 当時は競合の比較サイトと機能面などであまり変わりはなかったため、成長も緩やかなものにとどまっていたが、高成長を実現するために「同じ条件なら最も安い旅行が見つかる」サイト作りを目指し、すべてのメニューの改修と、足りない商品ジャンルの拡充に取り組んだことで、価格に最もシビアとされるF1層(20~34歳女性)からの支持を集め、クチコミでユーザー基盤が拡大し、成長ペースが加速していった。 また、2014年3月には海外ホテル及び海外航空券の予約サイトを運営するホテルスキップ 株 の株式を取得し、子会社化したほか、2014年10月には海外向け多言語旅行比較サイト「HotelSaurus(ホテルサウルス)」(後に「TRAVELKO」へ名称変更)と、伝統工芸作品を世界へ紹介するサイト「GALLERY JAPAN」をオープンするなど、新たな収益事業の育成にも取り組んでいる。 なお、2015年12月に東証マザーズに上場し、2016年12月に東証1部に市場変更している。 (執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲) <YM>• また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の