遠慮なくご連絡ください 英語。 何か質問があったら遠慮なく言ってくださいって英語でなんて言うの?

「遠慮する」、「遠慮しない」は英語で何と言うのでしょうか?|独学で英語をマスターする為の英語学習ポータルサイト:マスターランゲージ

遠慮なくご連絡ください 英語

「何なりと」や「ご遠慮なく」には、「気兼ねせずに」や「どんなことでも」、 「自由に」といった意味があります。 「何なりと」の後には、「お申し付けください」のような丁寧な言葉が続きます。 また、「ご遠慮なく」は、「遠慮なく」に敬語表現である「ご」を付けて、丁寧な言い方にしたものです。 そのため、「何なりと」や「ご遠慮なく」を用いた場合も、上司など目上の方に問題なく使用することが出来るのです。 また「お気軽に」という言葉を用いることもあります。 この「お気軽に」には、「堅苦しくない」や「面倒くさがらずに行動する」という意味があります。 少しでも気になることや分からないことがあったら、「こんなことを聞いたら迷惑かな。 などと考えたり躊躇したりしないで質問してくださいね」というニュアンスになります。 「お問い合わせください」とは、「質問してください」という意味があります。 そのため、不明なことがあった場合には質問して欲しいと伝えていることになります。 また、「ご連絡ください」の「連絡」には、相手と繋がるという意味があります。 そのため、電話やメールなど手段は何でも良いので、不明な点があった時には伝えて欲しいというニュアンスが含まれています。 「お申し付けください」は、「申しつける」を丁寧にした言葉です。 この「申しつける」には「言いつける」という意味があります。 「言いつける」といっても、依頼や希望のような優しいニュアンスのものとなります。 「お申し付けください」について、詳しく知りたいという方にオススメの記事がこちらの「お申し付けくださいの意味と敬語と使い方」です。 「お気軽に」や「何かございましたら」などを 「お申し付けください」の前につける使い方なども紹介されていますので、ぜひ参考にしてください。 ご不明な点がございましたらのビジネスメール例文 ここまで、「ご不明な点がございましたら」の使い方について紹介してきました。 「ご遠慮なく」や「何なりと」、「お気軽に」を使った例文や「お問い合わせ」「ご連絡ください」、「お申し付けください」を使ったビジネスメールに使用できる文例を紹介していきます。 ご不明な点がございましたらのビジネスメール例文• ・不明点がございましたら、ご遠慮なく申し付けください。 ・ご不明な点がございましたら何なりとお聞かせください。 ・ご不明な点がございましたら、お気軽に問い合わせください。 ・ご不明な点がございましたら、お問い合わせ下さい。 ・不明な点がございましたら、ご連絡ください。 ・ご不明な点がございましたらお申し付けください。 ・ご不明な点がございましたら、電話またはメールにてご連絡ください。 ご不明な点がございましたらに対する返信は? 不明な点がある場合の返信する方法 ご不明な点がございましたらに対する返信方法として、不明な点があった場合の返信の仕方について紹介します。 不明な点が発生する状況としては、何かについて口頭で説明されたときや、受け取った書類やメールを読んで気になることがあったときなどがあげられます。 そのような時は、気になる点や確認したいことなどについて問い合わせるようにします。 分かりやすく、疑問点をリストにするなどして、返信を受け取った相手が何について聞いているのか明確に分かるようにすることが大切です。 ビジネスシーンにおいて、不明な点があったときなど質問をメールで送りたいとき、どのように書いたら良いか悩んでしまう事ありませんか。 そのような方にこちら「ビジネスメールの質問の書き方」という記事を紹介します。 不明な点があったときの返信の際にも役立つ情報がまとめられていますので、ぜひ参考にしてくださいね。 「ご質問がございましたら」は、「何か聞きたいことがあったら」という意味になります。 そのため、「ご不明な点がございましたら」と同じような使い方をすることが出来ます。 また、「等」を付けて「ご質問等」にする事が出来ます。 「ご質問」が「ご質問等」となることで質問以外に気になることが合ったら問い合わせてくださいということになります。 例文としては「ご質問がございましたらお申し付けください」や「ご質問等がございましたらお気軽にご連絡ください」となります。 意味としては「ご不明な点がございましたら」とほとんど同じとなります。 ですが、「等」が付くことによって「不明な点以外の気になることについても聞いてください」というニュアンスが含まれることになります。 例文としては「ご不明な点等ございましたら何なりとお申し付けください」や「ご不明な点等ございましたら、お問い合わせください」、「ご不明な点等ございましたら、お気軽にご連絡ください」となります。 ご不明な点がございましたらの英語と例文は? 英語表現は「Ifyouhaveanyquestions」 ご不明な点がございましたらの英語表現は「If you have any questions」です。 「If you have any questions」の意味は、「何か不明な点や質問があったら」となります。 またその他のご不明な点がございましたらの英語表現としては、「for any inquiries」や「if you have any comments」などがあります。 こちらの英語には「不明点があれば」や「どんな質問でも」という意味があります。 ご不明な点がございましたらの例文 続けて「ご不明な点がございましたら」の英語表現である「If you have any questions」や「for any inquiries」、「if you have any comments」を使用した例文を紹介します。 ご不明な点がございましたら英語表現の例文• ・If you have any questions, please feel free to let me know. 不明な点がございましたらお気軽にお伝えください。 ・Please feel free to ask any questions. 不明点などございましたら、気軽にお問い合わせください。 ・Please contact me if you have any questions. 不明点がございましたら連絡ください。 ・Please feel free to contact us anytime for any inquiries. ご不明な点がございましたら、連絡ください。 ・Please let me know if you have any comments. 何かございましたらお声がけください。 状況に合わせた「ご不明な点がございましたら」を使っていこう 「ご不明な点がございましたら」の様々な使い方について紹介してきました。 問い合わせの出来ない状態の場合、自分が伝えたいことと相手が理解したことの内容が食い違ってしまうことがあります。 不明なことや分からない点があったときに「ご不明な点がございましたら」の一言があるだけで、相手の方は質問しやすい状況になります。 自分と相手の理解度を一致させるためにも「ご不明な点がございましたら」は、とても大切な言葉です。 「ご遠慮なく」や「何なりと」を用いるとより問い合わせがしやすくなります。 状況に合わせて「ご質問がございましたら」や「ご不明な点等ございましたら」のように伝え方を変えることも出来るので、その場にふさわしい「ご不明な点がございましたら」を使って、伝えたいことが上手に伝わるように出来ると良いですね。

次の

「気兼ねなく」の意味と使い方とは?敬語表現や類語も例文で解説

遠慮なくご連絡ください 英語

Please feel free to reach me. (気兼ねなく私に連絡してください。 Please don't hesitate to ask me, if there is anything that you aren't satisfied with. (ご不満な点がございましたらお気兼ねなくご連絡ください。 Please feel free to contact us if you have any requests. (ご要望などがございましたらお気兼ねなくお申し付けください。 Please let me know if you need anything. (気兼ねなく言ってください)• Just tell me what you want. (遠慮なく言ってください)• You can be honest with me. (遠慮なく言ってください).

次の

「遠慮なく」の使い方・敬語・謙譲語・ビジネス|ご遠慮なく

遠慮なくご連絡ください 英語

「遠慮なく」という言葉の意味は、字や響きのとおり、「遠慮することなく」という意味だと 予想できます。 何かの物事をおすすめしたり、相手に何かを渡したりする際に使われる言葉となっていますが、より具体的な使い方や言い回しはどのようになっているのか、知っておきたいところです。 そこでまず始めに、「遠慮なく」の基本的な使い方についてご紹介していきます。 「遠慮なく」の使い方【1】:ご遠慮なく 「遠慮なく」という言い回しをする際、大抵の場合は、「ご遠慮なく」という言い回しで使用します。 「ご遠慮なく」という言い回しについている「ご」という言葉は、丁寧な意味を示す「ご」だと考えられます。 ですから、「遠慮なく」という言い回しよりも、「ご遠慮なく」という言い回しの方が、より丁寧だと言えるでしょう。 そのため、目上の立場の人物や、クライアント・お客様といった敬意を払うべき人物に対して、気兼ねなく何かをしてもらいたい時などには、「遠慮なく」よりも「ご遠慮なく」という言い回しを使った方が、確実と言えるでしょう。 「遠慮なく」の使い方【2】:遠慮なくお申し付けください 「遠慮なく」を使用した言い回しの中でも、特によく耳にする言い回しの1つとして、「遠慮なくお申し付けください」という言い回しも挙げられます。 「お申し付けください」とは、「申し付ける」という言葉が原型となっていると考えられる言い回しです。 「申し付ける」という言葉には、以下のような意味があります。 上の者が下の者に命令する。 「お申し付けください」という言い回しは、上記のような意味を持つ「申し付ける」という言葉に、丁寧さを意味する「お」を付けた形だと言えます。 ですから、「遠慮なくお申し付けください」という言い回しは、目上の人に対して、気兼ねなくお願いなどをしてほしい時などに使う言い回しだと言えそうです。 しかし、「お申し付けください」という丁寧な表現に対して、「遠慮なく」という言葉はやや雑と言えるでしょう。 ですから、「遠慮なく」にも丁寧な表現である「ご」を付け、「ご遠慮なくお申し付けください」という言い回しにするのが一般的です。 「遠慮なく」の使い方【3】:遠慮なく頂戴いたします 「遠慮なく」という言い回しは、相手に対して使うだけでなく、自分に対しても使用することが可能です。 自分の言動に対して「遠慮なく」を使う言い回しの例として、「遠慮なく頂戴します」という言い回しが挙げられます。 「遠慮なく頂戴します」という言い回しは、主に相手から物などを受け取る時などに使われる言い回しとなっています。 相手から、物や名刺などを受け取る際に、「遠慮なく頂戴します」と返すことで、感謝の気持ちやお礼の言葉を伝えることができると考えられます。 「遠慮なく」の使い方【4】:遠慮なく仰ってください 上記では、「遠慮なくお申し付けください」という言い回しをご紹介しましたが、同じような意味を持つ言い回しとして、「遠慮なく仰ってください」という言い回しも挙げられます。 「仰ってください」という言葉の原型とも言える、「仰る」という言葉は、以下のような意味を持つ言葉となっています。 「言う」の尊敬語。 言葉を口にお出しになる。 言われる。 おおせられる。 上記の解説から、「仰る」という言葉は、敬語の1種であることが読み取れます。 ですから、「遠慮なく仰ってください」という言い回しは、基本的には目上の人など、敬意を払いたい相手に対して使う言い回しだと言えるでしょう。 「遠慮なく」の類語 続いて、「遠慮なく」の敬語について考察していきます。 敬語とは、敬意を払うべき相手に対して使う言葉ですが、「遠慮なく」を敬語として使うことは可能なのか、気になるところです。 「遠慮なく」の敬語表現については、以下のような見解が存在しています。 「遠慮なく」は敬語ではありませんので、自分の行為についてはそのまま「遠慮なく」と言えば良いのですが、相手の行為についての敬語表現では「ご遠慮なく」と言います。 上記の解説から、「遠慮なく」の敬語は、丁寧な意味を持つ「ご」を付け加えた「ご遠慮なく」という言葉だと言えそうです。 また、相手の行為や行動に対して「遠慮なく」を使う場合は、「ご遠慮なさらず」といった言い回しをすることも可能です。 目上の人に対して使う場合 上記では、「遠慮なく」の敬語表現として、「ご遠慮なく」という言い回しをご紹介しました。 しかし、中には、目上の人に対して「遠慮なく」や「ご遠慮なく」といった言葉を使うことは、たとえ文法や敬語として誤った使い方をしていなかったとしても、失礼だという見解や意見も存在します。 そもそも、上司などの目上の人が遠慮するような状況を作り出すこと自体が、失礼だという見解もあるのです。 そのため、「遠慮なく」「ご遠慮なく」といった言葉よりも、「何なりと」といった言葉を使った方が、丁寧な気遣いが感じられるという意見もあります。 「遠慮なく」の謙譲語.

次の