光回線 違約金負担。 光回線 違約金負担キャンペーンのあるプロバイダランキング

NURO光に違約金負担キャンペーンはある?お得に乗り換える方法を紹介!

光回線 違約金負担

Contents• So-net光の最大50,000円乗り換えサポート So-net光では、他社のネットから乗り換えで新規入会された方を対象に 最大5万円の乗り換えサポートが開始されました。 申し込み期間はないので、期間限定ではない通常のサービスとして いつでも利用できるキャンペーンとなります。 ソフトバンク光のと同様に、他社からSo-net光に乗り換えた時の契約解除料金、工事費用残債といった違約金を最大5万円まで補填してくれるキャンペーンです。 今回は乗り換えサポートがどのようなサービスなのか、概要から適用条件、注意点などを解説します。 そのため、 So-netのネットサービスからSo-netのネットサービスへの乗り換えは対象外となり、So-net運営であるNURO光からSo-net光への乗り換えなども適用対象外となります。 それ以外の適用条件を見てみると、条件には利用開始期限や必要書類などの期限が設けられていますが、違約金補償には加入必須のオプションや契約などの類はありません。 あくまで新規でSo-net光を利用することが前提となっているため、よほどのことがない限りは適用外となることはないでしょう。 自社からの乗り換えやネット以外は補償対象外 乗り換えサポートはあくまで 他社からの乗り換えを対象とした補償サービスであるため、自社サービスからの乗り換えの補償は行っていません。 つまり、 NURO光からの乗り換えだとコース変更扱いとなるために最大5万円キャッシュバックを受けることはできません。 NURO光は提供エリアが光コラボに比べて狭く、引っ越しの場合だと転居先で使える可能性は低くなります。 その場合は解約となってしまうので、契約解除料はもちろん、高額な工事費用の残債も自己負担となります。 また、 NURO光 for マンションを利用されている方で強制解約となった場合のサポートも受けられません。 違約金の自己負担を避けたい方はや他の乗り換えキャンペーンを利用することをおすすめします。 それ以外の乗り換えサポート対象外となる違約金はネット回線で使用するレンタル機器や端末の損害金、購入代金、機器残債金、機器未返却違約金など、 ネット回線以外のことで発生するものです。 ネットと機器購入の条件の契約だった場合でも適用されるのはネットのみで、機器に関する違約金は補償されません。 また、NTT加入電話回線の工事費用は補償されますが、休止や番号ポータビリティについても補償外となります。 を行う方は、それに 伴う費用は全て自己負担となります。 乗り換えからキャッシュバックまでの流れ• 他社の回線からSo-net光に新規で乗り換え申し込みを行う• 支払い方法を登録する(利用開始から6ヶ月以内)• So-net光の利用開始(申し込みから6ヶ月以内)• 解約違約金証明書貼付シートの送付(支払い方法の登録後)• 解約違約金証明書貼付シートを返送(利用開始から7ヶ月目の末日必着)• 指定口座に補償金の振り込み(上記手続き確認後の45日以内) 乗り換えからキャッシュバック受け取りまでの一連の流れは上記になります。 支払方法の登録は利用料金の支払いからキャッシュバックの振り込みで使われるので、申し込み直後に行うのが一番です。 支払い方法の登録が遅れると解約違約金証明書貼付シートの送付も遅れてしまい、 期限に間に合わなくなる可能性も高くなるので早めに済ませてしまいましょう。 全ての手続きの完了確認が終わり次第、それから45日以内にキャッシュバックが振り込まれます。 解約違約金証明書は1回線につき1枚のみ送付 他社からの乗り換えを証明するためには、So-net宛に解約違約金証明書を送付する必要があります。 解約違約金証明書貼付シートはSo-net光を利用開始した月を1ヶ月目とし、4ヶ月目には送られてきます。 この時までに支払い登録が完了していない場合、証明書の送付は翌月に繰り越されます。 シートの発送は1回目のみSo-net側が負担してくれますが、2回目以降は自己負担となってしまうので大切に保管しておきましょう。 返送期限は7ヶ月目の末日必着なので、絶対に忘れないように期限厳守で送りましょう。 証明書は原則「紙のコピー」 シートに貼り付ける証明書は領収書や違約金が発生したことの証明書となります。 解約違約金証明書貼付シートに貼り付ける紙は 原本ではなくコピーしたものが必要になります。 もしも、紙による証明が不可能な場合、登録情報から違約金や工事費用が発生したことを証明する WEB画面などの管理画面のコピーが必要になります。 送付書類は原則返却不可能なため、送付するものは原本ではなくコピーとなります。 コピーに不備(金額が不鮮明、見切れてるなど)がある場合も適用対象外なのでコピーを取る時は細心の注意を払いましょう。 証明書が複数になる場合は全て1枚にまとめて1通として返送します。 最後にSo-net側からの確認のため、解約違約金の金額や口座情報、シートのコピーや控えを手元に残しておきましょう。 その中には解約違約金の 還元金額を記入する項目があり、 不備があった場合にはキャンペーンの適用対象外となるので絶対に忘れない・間違えないようにしましょう。 還元される金額はキャンペーン対象となる違約金のみなので、 違約金総額の中に対象外の金額が含まれている場合には差し引いた金額を記入してください。 もしも、振込が完了する前にSo-net光のコース変更や退会をしている場合にはキャッシュバックは行われないので十分に気を付けましょう。 キャンペーンは契約者1名につき1契約まで 乗り換えサポートは個人1人を対象にしているサービスのため、So-net光に複数回線の乗り換えが行われても適用対象は1回線までとなります。 乗り換え補償は契約者1名につき1回線分の違約金の合計金額のみが対象です。 他社の乗り換えキャンペーンとの比較 他社からの違約金を負担することで自社のサービスに呼び込む乗り換えキャンペーン。 現在主な光回線で公式で行われているのはソフトバンク光、auひかりとSo-net光の3社です。 各社のキャンペーンの基本的な適用対象や条件は概ね同じですが、負担額が一番大きいのがソフトバンク光の最大10万円。 逆に最少額となるのがauひかりの最大3万円です。 乗り換えを考えている方、または違約金に悩んでいる方が緊急避難的に使うネットとして乗り換えキャンペーンを利用した場合、どこが一番お得なのか、会社ごとのキャンペーンの違いを3社で比較紹介します。 ソフトバンク光の場合は補償金が5,000円ごとに設定されており、違約金が3,000円なら5,000円で10,001円の場合なら15,000円が支払われます。 キャッシュバックの余剰分はしっかりともらえるのもソフトバンク光の特徴です。 この中では一番金額が大きいソフトバンク光ですが、乗り換え前のネットがモバイルの場合の補償額は42,000円に減額されます。 モバイルで4万以上の違約金が発生する状況の方が稀ですので、これはあまり問題にはなりません。 また、あんしん乗り換えキャンペーンは ソフトバンクAirにも適用されます。 キャッシュバックも1万円を超えてから1,000円ずつと補償額も他に比べると見劣りします。 So-net光は3社の中で中間的なポジションですが 、唯一現金振り込みでキャッシュバックが行われるという長所があります。 支払い時期はいずれも手続き完了確認後に行われます。 ソフトバンク光は確認が取れ次第順次ということなので、ここでは支払い時期を受付期間中の最短と最大で比較します。 一部の違約金に適用対象かそうでないかの判断が難しいものもありますが、この点は乗り換え前に確認しておくと良いでしょう。 auひかりは auスマートバリュー対象のネットからの乗り換えは対象外となっており、他社でも自社のセット割引があるネットからの乗り換えでは違約金の補償はしてもらえません。 auスマートバリューの対象ネットは多いので、必然的にキャッシュバックが受けられるネットが制限されます。 一方他の2社は自社以外の回線からの乗り換えには特に制限もなく、乗り換えも特に問題が無ければスムーズに行われます。 いくら保証してもらえると言っても、金額が少額だと違約金の全額補償とならずに残りは自己負担となってしまいます。 そういう点では 最大10万円を負担するソフトバンク光が飛び抜けていて、乗り換え後には工事費用も支払われるという特典があるのもポイントです。 モバイルブロードバンドからの乗り換えは42,000円と減額されてしまうので、その場合は最大5万円のSo-net光の方が上になります。 固定回線とモバイル回線で4万円を超す違約金自体が珍しいので、5万円以上ももらえるソフトバンク光とSo-net光は満足できる金額と言えます。 次に条件ですが、ソフトバンク光とSo-net光は特に難しいものがなく、どちらも条件はかなり緩いと言えるでしょう。 ソフトバンクの乗り換えキャンペーンはソフトバンク光とソフトバンクAirのどちらにも適用され、So-net光にのみ適用のSo-net光の乗り換えサポートより使いやすく感じられます。 一方auひかりは金額が少なく適用条件も多数のオプションが必要など、制約が多いのが他の2つに比べて目立ちます。 支払い時期は3社とも手続き完了後の確認が取れ次第支払いが行われますが、順次とだけ説明されているソフトバンク光は時期が定かではありません。 手続きが最短で終われば1ヶ月以内の可能性もあれば、それ以降にずれ込む可能性もあります。 それを考えると時期が明記されているSo-net光の方が若干安心感があるということでこのような評価になります。 支払いが現金振込なのはSo-net光のみとなり、ソフトバンク光は普通為替、auひかりは一部を普通為替かauウォレットで残りは月額料金の割引という対応になります。 現金振り込みの方がありがたみはありますが、5万以上の違約金だと普通為替でも補償してくれるソフトバンク光の方が優れています。 So-net光も悪くないけどソフトバンク光の方がお得 違約金の証明書を用意するだけで簡単に最大5万円を現金で補償してくれるSo-net光。 オプションも不要で振込までが早く、使える乗り換えキャンペーンとして好印象に感じられます。 一般的な違約金で5万円もかかることはそう多くはありませんが、万が一5万を超える違約金が発生した場合には残りは自己負担となってしまいます。 そういった起こりえるケースを考えた場合、 最大10万円まで負担してくれるソフトバンク光のあんしん乗り換えキャンペーンの方がより優れたサービスとして注目します。 違約金を負担してくれるだけではなく、工事費用相当をキャッシュバック、または月額料金割引で対応してくれるのも魅力的です。 あんしん乗り換えキャンペーンは代理店からでも受けられるため、違約金負担に加えて工事費用と代理店のキャッシュバックを受けられるのもソフトバンク光ならではのメリットと言えるでしょう。 スマホの乗り換えによる違約金負担も実施しており、スマホもネットもノーリスクで乗り換え可能です。 もちろん、 代理店からの申し込みでも適用されます。 So-net光の乗り換えサポートは優れたキャンペーンですが、高額すぎる違約金が発生した時や工事費用が気になる方には、より優れたソフトバンク光への乗り換えをおすすめします。

次の

【光回線マニアが教える】違約金負担キャンペーンでおすすめのインターネット!お得に乗り換える3つのポイント

光回線 違約金負担

画像引用元: 光回線に限らず携帯電話にも契約期間が設定されて、その年数は縛られてしまうところが多いです。 解約されないための縛りなのでしょうが、ユーザーにとっては利便性が悪いですよね… 最近では、企業もそれを感じ取っているせいか、契約期間の縛りのないサービスも増えてきました。 現在あなたは光回線を契約されていますか? 契約の更新月に解約手続きをすれば違約金がかからないと、お話させてもらいました。 しかし!場合によっては違約金はかからなくても、光回線の工事費用の残債が残っているケースがあるので注意! 注意!光回線の契約期間の縛りと工事費用について 多くの人が知っているような有名な光回線には契約期間があります。 有名な光回線とはフレッツ光、ドコモ光、ソフトバンク 光、auひかり、NURO光といったところでしょうか。 この工事費用は光回線業者によってまちまち。 キャンペーンで工事費実質無料のところも多いのですが、 実質無料という仕組みは、割払いしている工事費相当額を毎月値引きしてくれるというもの。 ちょっと、わかりづらいと思うので、わたしが実際に利用しているNURO光の明細をお見せします。 わがやの光回線の明細 赤く示した料金に注目してください。 工事費用は実際は分割払いになっていますが、工事費相当分が値引きされているのがわかりますね。 実質無料になる光回線が多い キャッシュバック なし。 または少額 高額なところが多い 契約期間 なし。 2年~ メリット• 契約期間の縛りがない• 違約金がない• スマホとセットで選べる• キャッシュバックが豪華 デメリット セット割対象スマホキャリアが少ない 更新月以外の解約は違約金が発生する 縛りなしの最大のメリットは、やはり契約期間がないこと。 縛りなし光回線は違約金がないので解約にたいするハードルが低いですね。 ただ調査の結果、縛りなし光回線とのセット割対象スマートフォンがau、UQモバイル、DTIsimだけでした。 縛りありの光回線のメリットは、利用中のスマホとセットになる光回線がえらべる事。 セット割によって、スマホの料金から毎月割引がうけられるので、光回線+スマートフォンでお得に利用できます。 au auひかり、So-Net光プラス、ビッグローブ光 eo光、コミファ光、DTI光 電力系光回線 ソフトバンク NURO光、ソフトバンク光 ドコモ ドコモ光(GMOとくとくbb) 格安SIM DTI光、enひかり 縛りあり光回線はキャッシュバックが豪華なところも多いですね。 縛りなしの光回線が向いている人は?• 引っ越しなどで光回線解約の予定が決まっている人• 希望の光回線がエリア外なので、それまでつなぎとして使いたい人 縛りなしで、いつでも解約できて違約金0円という光回線。 そのメリットを生かせる人は、引っ越しなどで、解約の予定がすでに決まっている人。 希望する光回線がまだサービス提供エリア外なので、とりあえず希望の光回線が対応エリアになるまでの繋ぎとして利用するという人にも縛りがない光回線は向いています。 短期間の利用であれば、モバイルWi-Fiルーターも選択肢に入ってきますが、やはり通信相度、安定性では光回線の方が断然上。 解約する事がきまっているのであれば、無駄な違約金は支払いたくないですよね。 契約期間の縛りなし!違約金0円!おすすめ光回線4社!• DTI光• excite光fit• enひかり• おてがる光 auユーザーが縛りのない光回線を選ぶなら「DTI光」 月額基本料金が安いのはenひかり BB. excite光fitはインターネットの通信料が少ない方がお得に利用できる縛りなし光回線。 セット割対象スマホなし• IPv6 IPoE標準装備• PPPoEの提供なし BB. excite光fitの料金は通信料に応じた段階制。 スマホのセット割はありませんが、200GB未満の料金が安く契約期間がないのがメリット。 キャンペーンで初期費用がかからないのもうれしいですね。 2020年9月末までは30GB未満のプランに+20GB増量!!.

次の

光回線の違約金を負担するサービス3選【解約を恐れること無かれ】

光回線 違約金負担

『違約金』+『工事費の残債』が解約金。 解約・乗り換えするタイミングによっては解約金は発生しません。 しかし、 違約金が発生しない数年に一度しかない更新タイミングで解約するのは簡単ではないため、多くの人は違約金を払うことになる可能性があるでしょう。 解約金を払っても、別に何かサービスを受けられたりするワケではありません。 そのため、ほとんどの人は「 解約金、高すぎ…払いたくないなぁ…」と感じるものですが、こういった 解約金を払わずに済む方法はあるのでしょうか。 【決定版】違約金0円のネット回線ベスト3! 違約金0円のネット回線情報をまとめました。 他社ネット回線の乗換え時の解約金負担をしてくれる、契約縛り&違約金なしのネット回線情報を調査・厳選しています。 回線速度 最大1Gbps 月額料金 戸建:5,200円 マンション:3,800円~ キャンペーン・特典 33,000円キャッシュバック 他社ネット回線の 解約金負担 最大10万円まで負担 セット割 ソフトバンク携帯・スマホ おすすめ窓口 ソフトバンク光は速度に定評がある光コラボ回線 ソフトバンク光は、ソフトバンクが提供する光コラボ回線です。 光コラボとは、NTTが持っている光ファイバー フレッツ光 を使って提供されている、フレッツ光の後継サービスになります。 数ある 光コラボの中でもソフトバンク光は、速度に定評のある回線です。 年に1回、速いネット回線に贈られる賞の『 RBB SPEED AWARD』を、2015年以降毎年受賞し続けており、速度重視のユーザーから高い評価を得ています。 速度の秘密はIPv6対応のBBユニット。 ソフトバンク光の速度の秘密は、IPv6対応です。 IPv6対応のBBユニットを独自に開発して貸し出しており、回線混雑が発生しがちなIPv4よりも速い速度でインターネットに接続できます。 ソフトバンク光では、解約金を10万円まで負担+33,000円キャッシュバック ソフトバンク光は、とても乗り換えしやすいサービスです。 他社ネット回線で発生した解約金 違約金や工事費の残債 を最大10万円まで負担してくれるため、どんなに 高額な解約金が発生する場合でも、金銭的な実質負担なしで気軽に乗り換えできます。 また、ソフトバンク光を から申し込みすると、解約金最大10万円以外に33,000円のキャッシュバックも受け取れます。 「 今のネット回線は解約したいけど、違約金が高くて…」と困っている場合は、解約金負担+キャッシュバックをもらえるソフトバンク光は心強い味方となるでしょう。 エヌズカンパニーは、ソフトバンク光の人気代理店 ソフトバンク光代理店エヌズカンパニーのキャッシュバックは、開通から最短2ヶ月後の振込です。 エヌズカンパニーは 正直でわかりやすいキャンペーン内容と親切なサポートを武器に、多くのユーザーから支持を得ている代理店となります。 独自光ファイバーを使っており、速度が出やすい。 一般的にインターネット回線は、実際使ってみるまでどれくらい速度が出るかはわかりませんが、当サイトで auひかりユーザー100人の平均速度を分析したところ、平均236. 6Mbpsという結果となりました。 最大3万円あれば、たいていのネット回線の違約金はカバー可能です。 しかし、違約金+工事費の残債があった場合は、解約金が3万円を超えてしまう可能性もあり、足が出てしまった分を自分で負担しなければいけません。 万が一「 今のネット回線、解約するのに5万円もかかる!」という事態になってしまった場合は、auひかりではなく、最大10万円まで負担してくれるの方が良いかもしれません。 auひかりでは、解約金3万円負担+最大52,000円キャッシュバック ここまで解説した通り、auひかりでは他社ネット回線の解約金を最大3万円まで負担してくれます。 また、 なら、3万円の解約金負担の他に最大52,000円 戸建タイプの場合。 マンションタイプの場合47,000円 のキャッシュバックも受け取れます。 ネット系の会社としてはexciteは超老舗。 excite光に他社回線の解約金負担制度はありません。 しかし、 excite光には『 契約縛りなし』『 違約金なし』という2大メリットがあります。 他社から乗り換えする際に解約金がある場合は、ソフトバンク光やauひかりと比較すると少しだけお得感に欠ける部分もありますが、『 もう契約縛りとか違約金なんてウンザリ!』という方はexcite光を検討してみるのが良いでしょう。 キャッシュバックなし、その代わり月額料金が500円~1,000円安い! excite光には、キャッシュバックキャンペーンはありません。 そういった点で言うと「 ネット回線契約で高額キャッシュバックもらいたーい!」という方にはexcite光はあまりオススメできません。 しかし、 キャッシュバックがない分、excite光の月額料金は安く設定されています。 戸建タイプ4,360円、マンションタイプが3,360円で利用できるため、 excite光の月額料金は一般的な光コラボよりも500円~1,000円前後安いと言えるでしょう。 月額料金が安いと言うことは、長く使うほどキャッシュバックをもらうよりお得になります。 年間で6,000円~12,000円安くなるので、仮に4年使えば24,000円~48,000円相当のキャッシュバックをもらったのと同じくらいお得です。 そもそも違約金ってなんでかかるの?縛りなしのネット回線はないの? 違約金が発生する場合、契約上、必ず支払わなければいけません。 しかし、違約金は安くても1万円前後するため、決して安い金額とは言えないでしょう。 では、なぜ違約金や契約縛りがあるのでしょうか? 違約金や契約縛りは、解約防止の役割が大きい 違約金や契約縛りがあるのは、やはり解約防止の役割が大きいでしょう。 ネット回線の月額料金は、1人のお客さんがどれくらいの期間使ってくれるか、利用している間いくら料金を支払って、投資額をちゃんと回収できるか、といったことを考えて設定されています。 そのため、投資額を回収できていない 短い契約期間で解約されてしまうと、サービスを提供している事業者は赤字になりかねません。 短い期間で解約されてしまうと事業者は赤字。 そういった経緯があり、一定期間の契約を約束させる契約縛りや、解約を思いとどまらせる違約金が設定されているのです。 このページの「」で解説している、他社ネット回線の解約金を負担してくれるネット回線もありますが、それでも縛りや解約金の存在はユーザーに一定以上の解約を思いとどまらせる部分はあるでしょう。 ほとんどのネット回線には縛りなしプランもあるが、月額料金が割高になる じつは、ほとんどのネット回線には『 縛りなしプラン』も存在します。 契約縛りがないため違約金も発生しない『 縛りなしプラン』は、契約縛りが嫌な人からすると魅力的に感じるかもしれませんが、月額料金は割高です。 縛りありのプランと比較すると、おおむね 1,000円以上は月額料金が高くなるため、実質違約金を分割で前払いしているのと同じで、ごく短い期間で利用する以外にはメリットはまるでありません。 しかし、最近では他社ネット回線の解約金 違約金、工事費の残債 を負担してくれる 最大10万円まで負担 や、 最大3万円まで負担 などのサービスもあります。 また、そもそも契約縛りや違約金が存在しない などもあるので、『 ネット回線の契約縛り』から逃れたい場合は、そういったサービスに契約するのもオススメです。

次の