ツイイター。 ツイッター、トランプ大統領の動画削除 リンキン・パークの曲無断使用:時事ドットコム

「こんな夜更けにバナナかよ」公式ツイッター 三浦さんを追悼「あなたの輝きを私たちは永遠に忘れません」(スポニチアネックス)

ツイイター

同社は何者かが従業員の社内システムへのアクセス権を盗み出し、不正アクセスしたのが原因としている。 11月の米大統領選を控え、言論基盤としての信頼性に大きな傷を負うかたちとなった。 著名人らのアカウントの乗っ取りは現地時間の15日昼ごろに始まった。 最初に注目を集めたのは3600万人超のフォロワーを抱える米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)のアカウントだ。 暗号資産(仮想通貨)「ビットコイン」を送金すれば「2倍にして返す」という内容のツイートが繰り返し投稿され、ツイッター上でマスク氏が乗っ取りの被害にあったのではないかとの見方が広がった。 その後、バイデン氏やオバマ前米大統領、米マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏、米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCEOらのアカウントも一時、同様の被害を受けたことが判明した。 アップルやウーバーテクノロジーズなど米主要企業の公式アカウントも標的になった。 ツイッターは声明で、人間の心理的な隙やミスにつけ込んで情報を盗み出す「ソーシャルエンジニアリング」と呼ぶ手法により、社内システムなどへのアクセス権を持つ一部の従業員が標的になったことを明らかにした。 何者かが従業員から盗んだアクセス権を使ってアカウントを乗っ取り、著名人になりすましてツイートしたという。 ツイッターは問題の把握後、直ちに乗っ取られたアカウントを凍結し、投稿されたツイートを削除したという。 同社は被害の拡大を防ぐため、「認証バッジ付き」と呼ぶ著名人らのアカウントについて投稿などの機能を一時制限したが、15日夕までにほぼ復旧した。 今回ビットコインの送金を呼びかける投稿が相次いだ。 送金先に指定されたビットコインのアドレスが同じだったため、同一のハッカーによる詐欺行為とみられる。 米メディアの報道によると、該当するアドレスには15日夕までに10万ドル(約1070万円)相当が送金されたようだ。 情報セキュリティーに詳しいの岡本勝之氏によると、ビットコインを使い送金を促す手口は過去にも使われているという。 「暗号資産は匿名性が高く、悪用されるケースが続いている」という。 米国ではトランプ米大統領もツイッターを情報発信で積極的に利用しており、同社のSNSは言論活動の基盤にもなっている。 11月に大統領選に向け、今回の乗っ取りの手口が政治的なメッセージの発信などで悪用される可能性もある。 事態を重くみた共和党のホーリー上院議員は同日、ツイッターのジャック・ドーシーCEOに米司法省の捜査などに協力するよう求める書簡を送った。 ホーリー氏は今回の問題について「すべての利用者のプライバシーとデータセキュリティーへの脅威を示すものだ」と述べ、同社の技術力に強い懸念を表明した。 ツイッターは世界で1億6600万人が日々利用している。 17億人を超えるフェイスブックに比べ業績は振るわず株価も出遅れている。 3月には米著名アクティビスト(物言う株主)のエリオット・マネジメントがドーシーCEOの解任を一時求めるなど、近年は株式市場の圧力にもさらされていた。 ドーシー氏は15日夕、「我々にとって厳しい日だ」と自らのアカウントに投稿した。 今回の危機管理対応で投資家の失望を招くようなら、解任への圧力が再び強まるおそれもある。

次の

ツイッターを襲ったのは古典的な手法だった…ソーシャルエンジニアリングから組織を守るには

ツイイター

開幕から1カ月で16勝7敗1分けで2位ヤクルトに3ゲーム差をつけ首位を走る巨人の原動力は誰か。 まずはコメント欄を使い自由に意見を募集し、多くの票を得た上位4人で決選投票。 2万4139人のフォロワーは岡本和真内野手(24)に最多投票も、中継ぎの高木京介投手(30)が4位に食い込むなど、ファンならではの粋な意見も目立った。 事前に行ったアンケートでは原監督、高木、岡本、戸郷の名前が上位4人に挙がった。 その意見を基に「日刊スポーツ巨人担当」ツイッター上で、正午から午後3時まで決選投票を行うと、2091票の声が集まった。 56%を獲得し、1位となったのは開幕から4番に座り続ける岡本だった。 打率3割3分、31安打、9本塁打、25打点、チーム4冠の主砲に「岡本さま」との声が相次いだ。 24試合で23通りの日替わり打線を組み、坂本や丸にも犠打のサインを出す原監督が26%で2位。 高卒2年目以内で開幕ローテ入りし球団初の3戦3勝を挙げた戸郷が11%で3位と続いた。 注目したいのは7%で4位の中継ぎ左腕高木だ。 ファンがたまらないのは、ピンチの場面での火消しだろう。 今季ここまでリーグトップの15試合に登板し、防御率3・48で失点は4。 イニング途中からの登板での失点は1点のみ。 得点圏での被打率は1割3分3厘。 味方のつくったピンチで救援し、相手打線を抑え込んでいる。 阪神との開幕カードで2戦連続ボーアを2死満塁のピンチで抑えた場面も記憶に新しい。 決選投票開始後も次々とコメント欄に意見が集まった。 多くあったのが「1人に絞れない。 全員」という意見だ。 6連勝中のチームには若手、ベテラン、助っ人関係なく、チャンスの場面にみんなで盛り上がる雰囲気が漂う。 首脳陣を含め、チーム一丸となって戦う姿にファンは強さを感じていた。 ハクション大魔王にもトイ・ストーリーのMr.ポテトヘッドにも似た外見と、その愛くるしさから既にチームになじんでいる。 「特に好きなのはウィーラーの明るさ」というコメントも複数あった。 元SMAPの中居が事務所の退所記者会見で使用した「フラッシュの点滅にご注意ください」と書かれたプラカードをテレビ番組で譲り受け、使用する約束をしていた。 盗塁を決めた後の2死二塁、丸の二塁への内野安打の間に一気に本塁へ。 ヘッドスライディングでタッチをかいくぐり、左手1本で本塁に触れて同点。 直後の岡本の勝ち越し弾につなげた「神走塁」。 広島から横浜に移動した17日、夏服使用となったチームを代表するイケメン2人に多くのいいねが付きました。 もちろんマスク着用です。 6日に阪神戦に向け新大阪まで移動した際の1枚。 チームを支える93年世代の3選手がランクインしました。 たまたまですが、3人とも黒色のマスクを着用していました。 坂本の2000安打達成を祈念して行われた企画。 photo• 野球 ロッテ マリーンズ麦わらハット8・15、16配布 []• プロ野球 [7月22日 12:10]• コラム [7月22日 11:00]• プロ野球 [7月22日 10:28]• プロ野球 [7月22日 10:17]• プロ野球 [7月22日 10:00]• コラム [7月22日 10:00]• プロ野球 [7月22日 10:00]• プロ野球戦評 [7月22日 9:29]• プロ野球戦評 [7月22日 9:29]• プロ野球戦評 [7月22日 9:29]• プロ野球 ロッテ マリーンズ麦わらハット8・15、16配布 []• プロ野球 [7月22日 12:10]• プロ野球 [7月22日 10:28]• プロ野球 [7月22日 10:17]• プロ野球 [7月22日 10:00]• コラム [7月22日 10:00]• プロ野球 [7月22日 10:00]• プロ野球戦評 [7月22日 9:29]• プロ野球戦評 [7月22日 9:29]• プロ野球戦評 [7月22日 9:29]• プロ野球戦評 [7月22日 9:29]• 高校野球 【動画で体感】健大高崎・下慎之介は球速にこだわる []• 高校野球 [7月22日 8:00]• 高校野球夏の地方大会 [7月22日 6:56]• 高校野球夏の地方大会 [7月21日 20:26]• 高校野球夏の地方大会 [7月21日 20:25]• 高校野球夏の地方大会 [7月21日 20:24]• 高校野球夏の地方大会 [7月21日 20:20]• 高校野球夏の地方大会 [7月21日 20:11]• 高校野球夏の地方大会 [7月21日 19:38]• 高校野球夏の地方大会 [7月21日 19:37]• 高校野球夏の地方大会 [7月21日 19:31]• 大学・社会人 プロ注目の大商大・吉川貴大が好救援、スカウト評価 []• アマ野球 [7月21日 13:19]• アマ野球 [7月21日 7:53]• アマ野球 [7月20日 21:40]• アマ野球 [7月20日 20:29]• アマ野球 [7月20日 18:20]• アマ野球 [7月20日 17:57]• アマ野球 [7月19日 17:15]• アマ野球 [7月16日 19:55]• アマ野球 [7月15日 21:38]• アマ野球 [7月13日 19:55]•

次の

「こんな夜更けにバナナかよ」公式ツイッター 三浦さんを追悼「あなたの輝きを私たちは永遠に忘れません」(スポニチアネックス)

ツイイター

今では誰もが知る有名なサービスであっても、本来作ろうとしていたものではなく、空いた時間に趣味の延長線上、いわゆる"課外活動"で生み出されたケースが意外と多いことがある。 特にスタートアップ企業などは、最初はなにをやるかがはっきり決まっていないことも多く、途中で方向転換(ピボット)することも珍しくない。 その結果、当初予定していたプロダクトとは全く別のものが大ヒットを生み出した事例も多々存在する。 メインよりヒット率が高い? Y Combinatorは必ずサイドプロジェクトを聞く。 そんなこともあり、シリコンバレーのアクセレレーターの代表的存在の、Y Combinatorでは、応募チームに対して、メインのプロダクトに加え、サイドプロジェクトの内容も聞くようにしている。 実際にサイドプロジェクトが評価され、合格したスタートアップもあるという。 我々が日本企業向けに提供しているプログラムでも、メインの事業プランとは別に参加者の一人が"勝手に"作っていたサービスが注目を集め、新規事業に結びついたケースも存在する。 今回は、実際の事例を交えながらそのプロダクトが生み出された経緯や、なぜサイドプロジェクトの方が上手く行く可能性が高いかなどを説明する。 今回紹介するサイドプロジェクトから生み出されたプロダクトは下記の通り。 Twitter/Airbnb/Instagram/Slack/GitHub/Groupon/Twitch/WeWork/Unsplash/Fond/Basecamp/Lamborghini Miura/任天堂ゲームボーイ 元々はサイドプロジェクトから始まった著名サービス では、実際にどのようなサービスやプロダクトが課外活動から生み出されたのかを紹介する。 Odeoの創立時に入社したJack Dorsey(現Twitter CEO)が社内ハッカソンで生み出したアイディアを、CEOであるEvan WilliamsとCo-FounderのBiz Stoneが気に入り正式にプロジェクトを進め、リリース。 従業員同士のつぶやきを中心に利用され始めた。 記念すべき初のツイートは2006年3月21日にJack自身による"setting up a twttr. "というもの。 その当時はtwttrと呼ばれていた。 彼はその日の午後に"Inviting coworkers"とツイートし、従業員への利用を促した。 Jack Dorseyによる記念すべき初ツイート しかし、肝心のOdeoの人気が伸びない状況下でのサイドプロジェクトリリースに対し、当時のTechCrunchには下記(和訳)のように書いている。

次の