テセウスの船 さつき。 テセウスの船木村先生を原作ネタバレ!さつきの犯した罪やラストが悲惨?|mama♡sapu

【テセウスの船】さつき黒幕説を考察!鍵穴から覗いてた目がヒントか

テセウスの船 さつき

竹内涼真さん演じる主人公・田村心が、タイムスリップした過去で無差別殺人事件の謎を追う姿を描く連続ドラマ「日曜劇場 テセウスの船」(TBS系、毎週日曜午後9時)。 31年前の過去は心優しい女性教師だったが、現代パートでは、父・佐野文吾(鈴木亮平さん)の無実を証明しようと奮闘する心の行動を阻むべく恐るべき手段をとり続けている木村さつきを演じている麻生祐未さん。 31年前の平成元年で事件を止めるために奮闘した心だったが、第4話で、31年前の世界から現代に帰還。 ところが、文吾は変わらず犯人として死刑判決を受けており、かつては生きていた母の和子(榮倉奈々さん)と兄の慎吾(番家天嵩くん)は心中。 生き残った姉の鈴(貫地谷しほりさん)は、顔と名前を変え、被害者・木村みきお(安藤政信さん)の内縁の妻となっていた。 そんな鈴にとってしゅうとめにあたるのが、麻生さん演じるさつきだ。 かつては明るい人柄で生徒からも慕われていたさつきだったが、事件を機に身寄りのないみきおを引き取り養子として育てていた。 一方、部屋に監視カメラを設置し、息子の妻にあたる鈴の行動を逐一監視。 「村田藍」の名前で素性を偽っていた鈴が文吾の娘であることを突き止めるのだった。 なぜか文吾の冤罪(えんざい)を晴らそうとする動きを阻もうとするさつきは、鈴に正体を知っていることを明かして、協力するように強要する。 情報提供を申し出た松尾紀子(芦名星さん)が心を自宅に呼び出すが、さつきの差し金で急きょ鈴も同席。 31年前に金丸(ユースケ・サンタマリアさん)を殺害した犯人に心当たりがあると明かす紀子だったが、肝心のところで、さつきから渡された薬を飲んだ鈴が倒れて救急車で運ばれたせいで証言は中断。 その後、紀子の元をさつきが訪れて自分が作った芋ようかんを勧めた後、紀子は殺害されてしまい、その傍らでさつきは病院に運ばれていった……というストーリー。 安藤さんの義母役ということで、原作より年齢設定を上げるうえで、「麻生さんだったら、怖いんじゃないかな」と考えたという。 NHK連続テレビ小説「半分、青い。 渡辺さんも「素の麻生さんは平成元年のさつき先生に近い、優しくて朗らかな方ですよ」と笑顔を見せる。 31年前は、人懐っこい印象で心にも優しく接していた麻生さん演じるさつきの変貌ぶりとギャップに、SNS上でも驚きの声が上がったが、渡辺さんも「原作でも、さつきはエキセントリックになっていますけど、よくあそこまでやっていただけているなと。 ありがたいですよね。 怖いですもん」と語る。 冤罪の証拠を隠蔽(いんぺい)するために、鈴を操るだけでなく、殺人を犯し、自分の身まで犠牲にしようとするさつきの姿は、最も真犯人に近いようだが、逆に命がけで真犯人をかばっているようにも見える。 第5話のラストには、オレンジジュースらしき液体が入ったポットを手にした謎の人物のカットも描かれ、まだまだ物語が続くことを暗示している。

次の

テセウスの船|木村さつきは共犯?それとも黒幕!?

テセウスの船 さつき

「テセウスの船」日曜劇場 2020年1月スタート・毎週日曜日夜21:00~/TBSドラマ ドラマは、東元俊哉さんの同名タイトルの漫画が原作となっています。 父の冤罪をはらしたい心が、タイムスリップしたことで、未来の流れが変わっていきます。 この物語には、「木村さつき」という小学校の先生が登場します。 木村さつきも、事件により運命が変わっていく人物の一人です。 木村さつき先生は6年生を担当することになりました。 ちょうどその頃、主人公の田村心が、過去の音臼村にタイムスリップして、佐野家に住まわせてもらっていた時期です。 音臼村は、教員不足で、先生の数が足りず困っていましたが、木村さつき先生の勧めもあり教員免許を持っているという主人公の田村心に、佐野文吾のお願いもあって、臨時教員を依頼します。 木村さつき先生は6年生の担任を受け持ち、主人公の田村心は5年生のクラスを受け持つことに。 木村さつきの実家は、お父さんが木村鍍金工場を経営しています。 (鍍金(ときん)は、メッキです。 ) メッキを扱う工場なので、毒物系の薬品も扱っています。 (後に音臼村の小学校で起きる、毒物混入事件でも使用される薬品を使用しています。 ) そんなある日、工場に保管していた薬品が、何者かによって盗まれていることが発覚しました。 そして、木村さつきは、教え子の加藤みきおが祖母と暮らす家の近くに住んでいます。 小学校への通勤時には、みきおの家の前を毎日通って通勤していました。 木村は、みきおが、複雑な家庭環境の下で育ち、両親の都合で祖母に引き取られた経緯を知って、何かと気にかけていました。 もし、祖母に万が一のことがあった場合は、加藤みきおを引き取って育てることも考えていました。 しかし、後に起こる、小学校の毒物混入事件の被害者となった、木村さつきは帰らぬ人となっていくはずでした・・・。 スポンサーリンク 【テセウスの船】木村さつきに何が起こったのか? みきおを養子として引き取った、木村さつきですが、その後31年たったのち、かなりの変貌を遂げてしまっています。 音臼村の小学校の先生をしていた頃は、綺麗で、上品。 とても優しい先生で、生徒から愛される教師でしたが、現在の彼女はまるで別人の姿に変わり果てていました。 いかにも性格が悪そうで、話し方も下品になっていたのです。 本日発売の週刊モーニングに「テセウスの船」63話載ってます。 よろしくお願いします。 木村さつきの最期を見届けてやって下さい。 新聞配達員の、長谷川翼が同棲中の佐々木紀子に命令して、佐々木のパート勤め先である、木村鍍金工場で使う薬品を盗むように指示した工場でもあります。 平成から令和へと、元号が変わる間にも、不景気の波は音臼村にも押し寄せて、工場が倒産してしまい、莫大な借金を抱えたのではないでしょうか。 借金を苦に、さつき先生の父が、自ら命を絶ったことも考えられます。 そのため、木村さつきも金銭的にかなり困窮して生きていかざるを得ない状況だったのかと予想します。 大人になったみきおは、村田藍(田村心の姉、鈴の偽名)という女性と同棲することになったことがきっかけで、さつきはまたも、破滅の道に進んでいきます。 さつきは、みきおの荷造りを手伝っている時にカセットテープを発見します。 このテープには、これまでの事件の犯行が全てみきおの行ったことが分かる内容が録音されていました。 そんなある日、音臼村に、昔住んでいた佐々木紀子という女性が、佐野文吾の無実を晴らすために証言したいと名乗りを上げます。 木村さつきは、みきおの婚約者の村田藍が、音臼村の小学校の同級生だった、鈴という事 や、佐々木紀子が佐野文吾の無実を証明する証拠を持ってくることを知ります。 証明や証拠発言により、みきおが捕まることを恐れた木村さつきは、行動を起こします。 先廻りして、佐々木紀子を見つけ会いに行くのです。 そこで木村さつきは村田藍に佐々木紀子の飲み物に毒を入れるように誘導します。 みきおが犯人だという事を伝えて。 みきおの子供を身ごもっていた村田藍は動揺し、その場を逃げだします。 そして、証拠をもって戻ってきた佐々木紀子の命を、木村さつきが奪うのです。 さつきは、自らのお腹も刺して、自分で救急車を呼びます。 そこへ、暴走した義母を許す事が出来なかったみきおは、木村さつきに毒を飲ませて命を奪ってしまうのでした。 木村さつきは犯罪者になったうえ、守りたかったみきおに命を奪われという、なんとも悲惨な最期を迎えます。 スポンサーリンク ドラマでは木村さつきもタイムスリップする? テセウスの船のストーリーは、田村心が父の冤罪をはらすために、未然に事件を防いだりすることで、本来なら起こるはずの事件が起こることなく終わります。 でも、そうやって、田村心が動いても、木村さつきの状況は変わるどころか、みきおの件で、佐々木紀子が証言台に立とうとするなど、悪化しています。 原作では養子に迎えたみきおの本当の正体を明らかにされたくない、木村さつき。 ドラマでは、さつき先生もタイムスリップして、自分の運命のために動いていく・・、という展開もあるかもしれません。 もしそのような展開となるのなら、マンガにはなかった、木村先生の結末が描かれるでしょう。 木村さつきは、少しでも子供たちに悲しい想いをさせたくないと考えて、加藤みきおの面倒をみようとしたことが、このような悲劇を招いてしましました。 みきおの本当の真実を知ることがもっと早くに出来ていたら、さつき先生の運命がもっと違ったものになっていたんだと思います。 「テセウスの船」は、ミステリーのスリリングさを含みながら、「家族愛」とは何かについても考えることの出来る物語です。 ドラマでは原作マンガにはない、オリジナルの展開もあるかな~っと期待しています。

次の

テセウスの船・さつき先生がみきおを養子にした理由は何?監視が目的?|アレって気にならない?

テセウスの船 さつき

そして、木村さつき役の麻生祐未さんもお腹辺りに手を当てていてちょっとゆったりした服装ですよね! 過去では木村さつきは未婚でどんな人と結婚するのか夢を見ている様に見えましたが、当時の年齢で恐らく30代中頃以上の年齢ではないかと思います。 ここからは、木村さつきが養子にした理由と妊娠説について深堀して行きたいと思います。 今までの木村さつきの言動や行動を見たい方。 もう一度加藤みきおの怪しい点を見たい方。 木村さつきが事件の真実を隠そうとしていたり、青酸カリのボトルを持っているのはその父親を庇おうとしている可能性もありますね~。 加藤みきおが真犯人だと気づき、母親として庇っている? もしかすると、木村さつきは加藤みきおを母親の様な気持ちで見ていた事からみきおが真犯人である事に気付いたのではないでしょうか? そう考えと、加藤みきおの犯行を影で支え手伝っていたという可能性もあります。 その事もあって、事件の真相を隠そうとしたり養子に取ったのも実はそういった裏があるからかも知れません。 文吾に罪を擦り付けたのも木村さつきではないでしょうか? 金丸刑事の事件も真犯人の他にもう一人協力者がいたと思われます! 5話のオレンジジュース男について気になる方はこちらの記事がおすすめですよ^^! 最近の投稿• カテゴリー• 155• 146• 181• 107• 115• 132• 178• 2 お問い合わせ.

次の