こちらはnttドコモです おかけになった電話はお客様のご都合により通話ができなくなっております。 「都合により通話ができなくなっております」

「都合により通話ができなくなっております」

こちらはnttドコモです おかけになった電話はお客様のご都合により通話ができなくなっております

こんにちは。 かなり前になりますが、ドコモの開通に携わっていましたので、参考になればと思い書き込みさせて頂きます。 メッセージに関しては、質問の内容を読む限り 1 料金未払いで止められている。 になりますよ。 拒否設定の場合は二通りあり、端末より拒否をした場合は相手側には通話中音が流れます。 もう一つは、迷惑電話ストップ等の指定番号着信拒否などの場合は、「お客さまのご要望により~」とガイダンスが流れます。 そして休止の場合は「お客さまのご希望により~」と言うガイダンスですね。 メールに関しては 1 料金未払いで止められている場合 3 休止の場合 センターにて720時間の保存後、削除されますので、お相手にメールが戻る事はありません。 私の説明で伝わり辛い事がありましたら、他の回答者さま補足をお願い致します。 (この場合は相手の履歴に残ります。 ですから、これだけで「拒否されている!!!」と思い込むのは、早すぎです。 」という音声ガイダンスが2回流れて、自動的に通話が切れる。 (この場合、携帯電話会社側で自動的に拒否するため、相手の携帯電話機の呼び出し音は全く鳴りません。 もちろん履歴には残りません。 ) A ベストアンサー あくまでもドコモの一般の番号に発信した場合ですが、概ね下記のようです。 (ただし、ガイダンス内容で受信者側の対応状況が明らかなケースは省略させて頂きました。 ) 「こちらはNTTドコモです」で始まって 1.解約・休止など 通常 「おかけになった電話番号は現在使われておりません。 恐れ入りますが番号をお確かめになって、おかけ直し下さい。 」 2.電話番号変更 通常 「おかけになった電話番号は現在使われておりません。 恐れ入りますが番号をお確かめになって、おかけ直し下さい。 この電話はおかけ出来ません。 」 5.料金滞納 「おかけになった電話はお客様の都合により通話が出来なくなっております。 」 6.電波状況又は電源OFFなど 省 略 7.ドライブモードなど 省 略 8.番号通知お願い 省 略 9.ドニーチョ 通話時間帯以外 省 略 なお、いわゆる端末側での着信拒否の場合には、話中音?が鳴るだけのようです。 あくまでもドコモの一般の番号に発信した場合ですが、概ね下記のようです。 (ただし、ガイダンス内容で受信者側の対応状況が明らかなケースは省略させて頂きました。 ) 「こちらはNTTドコモです」で始まって 1.解約・休止など 通常 「おかけになった電話番号は現在使われておりません。 恐れ入りますが番号をお確かめになって、おかけ直し下さい。 」 2.電話番号変更...

次の

ドコモ携帯料金の滞納を解決する方法!最適な支払い方法とは?

こちらはnttドコモです おかけになった電話はお客様のご都合により通話ができなくなっております

電話をかけた時に「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」というアナウンスを聞いたことはありませんか。 たまたまタイミングが悪くてつながらないときもあれば、何度かけても「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」というアナウンスにつながるというときもあります。 そんなとき「あれ、着信拒否されてるのかな」と疑ってしまいますが、実はそうではないということを知っていましたか。 この「お呼びしましたがお出になりません」というアナウンス、実は言葉以上にいろいろな意味が含まれています。 単に「今出られません」だけではありません。 今回はこのアナウンスのさまざまな意味をまとめていきます。 まず一番に考えられるのが「着信拒否」です。 特定の電話番号を登録してそこからの電話を一切取り次がないシステムです。 各携帯電話の会社が行っているサービスです。 しかしトラブルを避けるため、「お客様の電話は着信拒否の設定になっています」とストレートにアナウンスすることはあまりありません。 携帯電話会社によってアナウンスは違うので、それはまた後程紹介します。 今回のように「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」というアナウンスは着信拒否の時には流れません。 しかし格安スマホや設定によってはこのアナウンスが使われることがあります。 電話をかけている相手が、格安スマホの場合はすこし疑ってみてみ良いでしょう。 どうしても知りたい人は各携帯電話の会社に直接問い合わせるしか方法はありません。 会社によっては個人情報保護の関係で教えてくれないところもあります。 携帯電話の設定の中に、睡眠中や仕事中に着信などの通知をOFFにする設定があります。 機種によっては着信の通知のみONにして、そのほかのSMSやLINEの通知をOFFにするという設定もできます。 この設定をすると、画面上に三日月のマークが表れます。 手動でON/OFFを切り替えることもできますし、アラームと連動させて時間を区切ることもできます。 iPhoneの場合はロック画面の時だけお休みモードを使うことができます。 お休みモード設定後、ロックを解除して使い始めると、着信も通常どおりはいるようになります。 お休みモードのとき電話を掛けると、auでは「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」というアナウンスが流れます。 しかしすべての携帯電話会社でアナウンスが流れるわけではなく、中には「プープープー」と話し中かのような音が流れ続けるものもあります。 一般的には通話中の場合、コール音が数回なって「プープープー」という通話中の音声が流れます。 そのあとこちらが何もしていないのに通話が一方的に切られてしまいます。 もしくは電話をかけた瞬間に「ぷつっ」と切れてしまう場合もあります。 しかし、携帯のキャリアによっては、通話中のアナウンスが「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」となる場合もあります。 この場合は、相手にも着信履歴が残ったり、携帯電話会社からショートメールで着信記録が送られてきたりします。 また、通話中の相手側にも「プープープー」と音声が割り込みで入ってくるのでわかります。 このことから相手の通話が終われば、折り返しかけてくる場合があります。 電話をかけている相手の事情で、電源が入っていなくてつなげないというケースもあります。 たとえば飛行機に乗っていて電源を切っている、もしくは航空機モードにしている場合です。 または携帯電話の充電が切れて使えなくなっている場合もあります。 この場合は電源を入れなおしたときや充電が回復したときに、不在着信としてあとから相手に通知がいきます。 最近の携帯電話会社は、電源が入っていなくて携帯本体に記録を残せない場合は、電話番号をつかったたショートメールで後から通知してくれます。 そのためもし相手の都合で携帯が使えない状態だったなら、相手から折り返しが来る場合があります。 または相手の携帯が回復した時にかけなおすと、通常通りつながります。 このため、着信拒否ではなく相手の都合でつながらなかったとわかります。 「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」のアナウンスが流れる場合をいくつか紹介しましたが、いずれも着信拒否ではないことがわかります。 ほとんどが相手の都合で通話ができない状態になっているということです。 通信技術が以前より向上して、山奥でもトンネルの中でも通話ができるようになりました。 しかしその反面、それ以外の理由で通話ができないということが増えました。 それぞれこちらからどうしてつながらないのか個別の理由を判断することは難しいですが、この「~お出になりません」というアナウンスが流れても、着信拒否ではないので安心してください。 では、着信拒否の場合はどのようなアナウンスが流れるのでしょうか。 auには「迷惑電話撃退サービス」という着信拒否サービスがあります。 このサービスは主に迷惑電話や不要なセールスの電話を着信拒否するときに使います。 「迷惑電話撃退サービス」に加入すれば、携帯電話を通して個別に「非通知拒否」「公衆電話拒否」「海外の電話番号拒否」といった設定をすることができます。 ほかにも着信履歴やアドレスから個別に着信拒否を設定することができます。 こちらの設定は手軽にできますが、着信履歴から直接設定するので、電話をかけたくない相手にご発信をしてしまう恐れがあり、それが怖い人はサービスへの加入をおすすめします。 着信拒否の場合のアナウンス softbankでは携帯電話本体で設定する「番号指定拒否」「非通知着信拒否」の方法とオプションサービスの「ナンバーブロック」の方法とがあります。 携帯電話本体で設定する場合は、機種によって設定方法が違います。 一般的な方法は、「設定」を開き、その中の「通話」もしくは「電話」の項目を開きます。 そこから「発着制限」もしくは「着信拒否設定」を選択します。 そこで電話番号を個別に登録しましょう。 着信拒否をした番号からの着信は、機種本体には履歴が残りません。 「ナンバーブロック」のサービスは月額100円(税抜き)で利用可能です。 このサービスを使えば最大20件まで登録可能で、アナウンスも選ぶことができます。 着信拒否のアナウンス 1こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。 2こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまの申し出により現在お断りしております。 3この電話はお受けできません。 4この電話はお繋ぎすることができません。 5この電話はお客さまのご都合によりお繋ぎできません。 6せっかくお電話いただきましたが、この電話をお受けすることができません。 7 電話番号をお間違えではないですか?この電話はお繋ぎできません。 8おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。 9This is SoftBank. By the customer's request, this call can not be completed. このサービスではアナウンスを番号ごとに登録可能です。 いかがだったでしょうか。 「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」というアナウンスの中には、さまざまな理由があります。 「もしかして着信拒否されたのかな」と不安に思っていた人は安心してください。 このアナウンスは、相手の都合でつながらない状態にあるというだけです。 着信拒否の場合はそれぞれ携帯電話会社によってアナウンスが違うので、心配な人はそれらを確認してみてください。 電話のアナウンスの設定も機種によってさまざまな種類があります。 自分が使っている携帯電話にはどんな機能がついているのか一度調べてみるのもいいでしょう。 実は知らないだけでとても便利な機能がついているので、自分なりに設定を変えてみるのもいいでしょう。

次の

Docomoの「お客様のご都合により通話ができなくなっています」とは?

こちらはnttドコモです おかけになった電話はお客様のご都合により通話ができなくなっております

毎月の利用料金が安い格安SIM、私も利用しています。 数ある中から私が利用しているのがLINEモバイル、LINE・Twitter・Facebook・Instagramの通信量が無料のコミュニケーションフリープランは一押しです。 毎月の料金も1,110円~(データ契約)と手軽です、私は音声通話機能と10分間かけ放題をオプションで申し込んで月3,000円ほどです。 そんなLINEモバイルですが、つい先日私の手違いで利用停止になってしまいました(汗)。 意外に知られていない格安SIMの利用停止について書いてみようと思います。 LINEモバイルの強制解約までの流れ 毎月5日に利用料金が引き去られる LINEモバイルは、毎月5日にマイページで登録した支払い方法から利用料金が引き落とされます。 5日の利用料金の引き去りが出来なかったらメールが届く 利用料金の請求が出来なかったら、LINEモバイルからメールが届きます。 同月15日に利用料金の再請求をするので、再請求日(15日)の前日までに支払い方法を変更するか、登録した支払い方法で支払えるようにしておきます。 件名:【 LINEモバイル】お支払い方法変更のお 願い 本文: いつも LINEモバイルをご利用いただきましてありがとうござい ます。 請求の手続きをさせていただきましたが、 ご登録いただいている支払方法で決済ができませんでした。 15日に再請求をさせていただきますので、 お手数ですが14日までに下記のページからログインいただき、 有効な支払方法への変更、クレジットカード情報の更新、 または別のクレジットカードの登録をお願いいたします。 今一度登録情報のご確認をお願いいたします。 今後とも LINEモバイルをよろしくお願いいたします。 既に支払方法を変更いただいているお客様は、 そのまま再請求処理をお待ちください。 お心当たりのない場合やご不明な点などございましたら、 下記のお問い合わせ先までご連絡ください。 再請求は15日の早朝に行われます、引き落としができないとスマートフォンの画面に「決済できませんでした」とポップアップ画面が表示されます。 通知はポップアップのみで、お知らせ画面等には掲載されません。 翌日お昼頃にLINEモバイルから「【LINEモバイル】利用料金お支払いのおねがい」と書いたメールが届きます。 メール内にはPay-easy(ペイジー)で利用料金を支払うよう書かれています。 メールにはお支払い期日として10月29日が指定されていました。 この翌日に強制解約になるようです。 件名:【 LINEモバイル】利用料金お支払いのお ねがい 本文: いつも LINEモバイルをご利用いただきましてありがとうござい ます。 お客様の LINEモバイルご利用料金のお支払いが確認できなかっ たため、ご連絡させていただきます。 大変お手数ではございますが下に記載のあるお支払い方法にてご利 用料金のお支払いをお願い致します。 なお、 ご請求金額にはペイジー利用手数料として324円(税込) を加算させていただいております。 また、 マイページにてご登録頂いているお支払い方法の変更も併せてお願 い致します。 お手続きする場所を決めてください。 ペイジーは日本全国の多くの銀行ATMやオンラインバンクで手続 き可能です。 本メールに記載の収納機関番号、お客様番号、 確認番号を入力の上、指定の金額をご入金ください。 弊社にて入金が確認でき次第、 回線回復手続きを行いますのでしばらくお待ちください。 (通常、 払込日翌日になります。 通話や通信が出来なくなります。 ここで初めて利用停止となります。 18日中にPay-easy(ペイジー)から利用料金の支払いを済ませることで利用停止を回避できたようです。 」というガイダンスが流れます。 この辺の対応としては優秀と思えます、何故なら料金未納と疑われないからです。 因みに料金未納時のガイダンスは「お掛けになった電話は、お客様のご都合により、お繋ぎできません」や「こちらはNTTドコモです おかけになった電話はお客様のご都合により通話ができなくなっております」となります。 未払い料金をPay-easy(ペイジー)で支払う Pay-easy(ペイジー)で支払います。 LINEモバイルの収納機関番号は58091の「イーコンテクスト」です。 Pay-easy(ペイジー)は金融機関のATMやインターネットバンキングから支払えます。 しかし、イーコンテクストに対応している金融機関でなければ支払えません。 私はメインバンクに楽天銀行を使用していますが、対応していませんでした。 イーコンテクストで対応している金融機関は次の通りです。 入金確認には時間がかかります Pay-easy(ペイジー)で未払い料金を支払ったからといって、即利用再開になるわけではありません。 収納機関であるイーコンテクストからLINEモバイルに支払情報が送られるのは翌日20日の昼頃でした。 私の場合20日の11時40分頃に利用再開となりました。 その後、LINEモバイルから「【LINEモバイル】利用停止解除のお知らせ」のメールが届きました。 件名:【 LINEモバイル】利用停止解除のお知ら せ 本文: いつも LINEモバイルをご利用いただきましてありがとうござい ます。 ご利用料金のお支払いが確認できましたので、 利用停止の解除をさせていただきました。 引き続き LINEモバイルを宜しくお願いいたします。 お心当たりのない場合やご不明な点などございましたら、 以下のお問い合わせ先までご連絡ください。 1回目の請求が出来なかった場合は、15日に再請求• 15日の再請求ができなかった場合、29日迄にPay-easy(ペイジー)で支払うようメールが届く• 19日の夕方に利用停止(通話や通信が出来なくなる)• 10日後の29日迄利用料金の支払がなかった場合は、翌日30日に強制解約 大手キャリアより厳しい内容となっています。 とはいえクレジットカードの期限の喪失と考えると納得される方も多いのではないでしょうか。 今回このような体験をした理由として、LINEモバイルの支払い方法を私が勘違いをしたことにあります。 LINEモバイルの支払い方法 LINEモバイルでは、支払い方法に「クレジットカード払い」と「LINE Pay払い」の2つが利用できます。 口座振替等はありません、格安SIMで口座振替が利用できる会社は少数となっています。 LINE PayカードとLINE Payは同じ物だろうと認識していました。 でも実際は違いました。。 LINE PayカードとLINE Pay ・LINE Pay 予め登録してあったクレジットカードから利用料金を支払うサービス ・LINE Payカード 予めチャージした金額から支払うプリペイドカード (使い方はクレジットカードと同じ) 私はうっかりLINE Payを支払い方法に設定し、LINE Payカードに利用料金をチャージして15日を迎えていました。 LINE Payに予め登録したカードは楽天JCBデビットカードでした。 デビットカードがLINE Payに登録できたのには驚きました。 大抵の場合、デビットカードやプリペイドカードは登録できないからです。 楽天JCBデビットカードの口座には1000円程度しか入っていませんでした。 でもLINE Payカードには利用料金を払えるだけの金額をチャージしたので、オートチャージ機能は働かないと思ったのです。 結局、LINE Payカードで利用料金を支払うには「クレジットカード」として支払い方法を登録しなければならなかったようです。 という具合に経験したので、忘備録として書いておきます。 カテゴリー タグ, , , , , , , , , , クレアさん コメントありがとうございます@管理人です。 今日(15日)早朝に再引き落としがかかったかと思います(管理人も再引き落としで難を逃れましたw) さてご質問の件ですが、今日(15日)再引き落としが出来ない場合はブログの通り利用停止となります。 支払の流れとしては… 1. LINE Payにチャージします。 (コンビニなどでLINE Payカードに不足分のお金をチャージします) 2. LINEモバイルマイページから、料金明細 or 支払方法のページから未払い料金の支払いができます。 記憶が定かではないのですが、そのページで未払い料金の支払方法(LINE Pay or クレジットカード)の選択肢があり、そこでLINE Payを選択することで支払いができます。 支払い後、回線が復旧するまで数時間(早くて2~3時間程度)で復旧するかと思われます。 (午前中支払いで、午後3時前後に復旧?)。 利用停止してしまうと復旧まで支払後数時間かかるので、できる限り再引き落とし日の前日までに入金することをおすすめします。 最近ではLINE Payのチャージ方法に、ゆうちょ銀行やジャパンネット銀行、楽天銀行等からもチャージできるようになりました。 銀行の残高が1000円に満たず、ATMから下ろせないお金をチャージできるので、複数の銀行からお金を集めて支払いに充てることもできます。 (管理人は裕福でないので、色々考えていますw) 参考までに。

次の