海上 保安 庁 管区。 海の相談室|海上保安庁 海洋情報部

第十一管区海上保安本部

海上 保安 庁 管区

特徴 [ ] 世界有数の混雑海域であるの他、海の難所である・、のメッカでもあるを抱えているため、の安全航行及び、災害防除、環境保全、海難救助に力を入れていることに特徴がある。 第三管区には、海保で唯一となるレスキュー隊のやを設置しており、これらは管区内の事案に際して出動するほか、日本全国にも派遣される。 この他、、などに入港する船からの・などのの水際阻止、や、・の原子力関連施設、、の警備、に基づく沖合水域のにも力を入れている。 三管関連年表 [ ]• 1948年5月1日:海上保安庁発足とともに横浜海上保安本部として設置。 管轄地域は関東地方・静岡県東部および周辺海域。 1950年6月1日:第三管区海上保安本部に改編。 清水海上保安部を第四管区より編入、山梨県・静岡県西部も管轄地域となる。 組織 [ ]• 第三管区海上保安本部(神奈川県横浜市中区)• (茨城県)• 日立分室(茨城県)• 鹿島海上保安署(茨城県)• (千葉県)• 館山分室(千葉県)• 船橋分室(千葉県)• 木更津海上保安署(千葉県)• (千葉県)• 勝浦海上保安署(千葉県)• (東京都)• (神奈川県横浜市中区)• 小笠原海上保安署(東京都)• 川崎海上保安署(神奈川県)• (神奈川県)• 湘南海上保安署(神奈川県)• (静岡県)• 田子の浦分室(静岡県)• 御前崎海上保安署(静岡県)• (静岡県)• 伊東マリンパトロールステーション(静岡県)• (神奈川県横浜市中区)• (神奈川県横浜市中区)• (東京都)• (東京都大田区)• 横浜機動防除基地(神奈川県横浜市中区)• (千葉県千葉市中央区) 主な保有船艇・航空機 [ ] ・ [ ] 第三管区保有船のうち主要なものを以下に挙げる。 :ヘリコプター2機搭載型 6,500トン(横浜)• :ヘリコプター1機搭載型 3,500トン (横浜)• :3,500トン (横浜)• :1,000トン (横浜) [ ] 三管は4機、6機を保有している。 横浜海上保安部(巡視船あきつしま) [ ]• 回転翼機• MH689 あきたか1号:ユーロコプター(あきつしま搭載機)• MH690 あきたか2号:ユーロコプターEC225LP(あきつしま搭載機) 羽田航空基地 [ ]• 固定翼機• LAJ500 うみわし1号:• LAJ501 うみわし2号:ガルフストリームV• MA722 みずなぎ1号:• MA725 みずなぎ2号:ボンバルディアDHC-8 Q300• 回転翼機• MH805 わかわし2号:アエロスパシアルL1• MH691 いぬわし:ユーロコプターEC225LP ギャラリー [ ]•

次の

海上保安庁の歴史

海上 保安 庁 管区

管区海上保安本部 () [ ]• (北海道小樽市)• (北海道)• 江差海上保安署(北海道)• 瀬棚海上保安署(北海道)• (北海道)• 苫小牧海上保安署(北海道)• 浦河海上保安署(北海道)• (北海道)• 広尾海上保安署(北海道)• (北海道)• (北海道)• (北海道)• 網走海上保安署(北海道)• (北海道)• 花咲分室(北海道)• 羅臼海上保安署(北海道) () [ ]• 青森海上保安部()• 八戸海上保安部(青森県)• 釜石海上保安部()• 宮古海上保安署()• 秋田海上保安部()• 酒田海上保安部()• (宮城県)• 石巻海上保安署()• 気仙沼海上保安署(宮城県) () [ ]• 茨城海上保安部()• 日立分室(茨城県)• 鹿島海上保安署(茨城県)• 千葉海上保安部()• 館山分室(千葉県)• 船橋分室(千葉県)• 木更津海上保安署(千葉県)• 銚子海上保安部(千葉県)• 勝浦海上保安署(千葉県)• 東京海上保安部()• 横浜海上保安部(神奈川県横浜市中区)• 小笠原海上保安署(東京都)• 川崎海上保安署(神奈川県)• 横須賀海上保安部(神奈川県)• 湘南海上保安署(神奈川県)• 田子の浦分室(静岡県)• 御前崎海上保安署(静岡県)• (静岡県)• 伊東事務室(静岡県) () [ ]• 名古屋海上保安部(愛知県名古屋市港区)• 衣浦海上保安署(愛知県)• 三河海上保安署(愛知県)• 四日市海上保安部()• (三重県)• (三重県)• 分室(三重県) () [ ]• 大阪海上保安監部()• 堺海上保安署(大阪府)• 岸和田海上保安署(大阪府)• 神戸海上保安部(兵庫県神戸市中央区)• 西宮海上保安署(兵庫県)• 姫路海上保安部(兵庫県)• 加古川海上保安署(兵庫県)• 田辺海上保安部()• 串本海上保安署(和歌山県)• 和歌山海上保安部(和歌山県)• 海南海上保安署(和歌山県)• 徳島海上保安部()• 美波分室(徳島県)• 高知海上保安部()• 宿毛海上保安署(高知県)• 土佐清水海上保安署(高知県) () [ ]• 水島海上保安部()• 玉野海上保安部(岡山県)• 広島海上保安部(広島県広島市南区)• 岩国海上保安署(山口県)• 柳井海上保安署(山口県)• 呉海上保安部(広島県)• 木江分室(広島県)• 尾道海上保安部(広島県)• 福山海上保安署(広島県)• 徳山海上保安部()• 下松分室(山口県)• 三田尻中関分室(山口県)• 高松海上保安部()• 坂出海上保安署(香川県)• 小豆島海上保安署(香川県)• 松山海上保安部()• 今治海上保安部(愛媛県)• 新居浜海上保安署(愛媛県)• 三島川之江分室(愛媛県)• 宇和島海上保安部(愛媛県) () [ ]• 仙崎海上保安部()• 萩海上保安署(山口県)• 門司海上保安部()• 小倉分室(福岡県北九州市)• 下関海上保安署(山口県)• 宇部海上保安署(山口県)• 苅田海上保安署(福岡県)• 若松海上保安部(福岡県北九州市)• (福岡県)• 三池海上保安部(福岡県)• 唐津海上保安部()• 伊万里海上保安署(佐賀県)• 壱岐海上保安署(長崎県)• 五島海上保安署(長崎県)• 佐世保海上保安部(長崎県)• 平戸海上保安署(長崎県)• 対馬海上保安部(長崎県)• 比田勝海上保安署(長崎県)• 津久見分室(大分県)• 佐伯海上保安署(大分県) () [ ]• 敦賀海上保安部()• 小浜海上保安署()• 福井海上保安署(福井県)• 舞鶴海上保安部(京都府舞鶴市)• 宮津海上保安署(京都府)• 香住海上保安署(兵庫県)• 境海上保安部()• 鳥取海上保安署(鳥取県)• 隠岐海上保安署(島根県)• 浜田海上保安部() () [ ]• 新潟海上保安部()• 上越海上保安署(新潟県)• 佐渡海上保安署(新潟県)• 伏木海上保安部()• 富山分室(富山県)• 金沢海上保安部()• 七尾海上保安部(石川県)• 能登海上保安署(石川県) () [ ]• 熊本海上保安部()• 天草海上保安署(熊本県)• 八代海上保安署(熊本県)• 宮崎海上保安部()• 日向海上保安署(宮崎県)• 鹿児島海上保安部()• 指宿海上保安署(鹿児島県)• 喜入海上保安署(鹿児島県)• 志布志海上保安署(鹿児島県)• 種子島海上保安署(鹿児島県)• 串木野海上保安部(鹿児島県)• 奄美海上保安部(鹿児島県)• 古仁屋海上保安署(鹿児島県) () [ ]• 那覇海上保安部()• 名護海上保安署(沖縄県)• 中城海上保安部(沖縄県)• (沖縄県)• (沖縄県) 海上保安航空基地・航空基地 [ ] 第一管区海上保安本部 [ ]• 千歳航空基地(北海道)• 函館航空基地(北海道函館市)• 釧路航空基地(北海道釧路市) 第二管区海上保安本部 [ ]• 仙台航空基地(宮城県) 第三管区海上保安本部 [ ]• 羽田航空基地(東京都) 第四管区海上保安本部 [ ]• 中部空港海上保安航空基地(愛知県) 第五管区海上保安本部 [ ]• 関西空港海上保安航空基地(大阪府) 第六管区海上保安本部 [ ]• 広島航空基地(広島県) 第七管区海上保安本部 [ ]• 北九州航空基地(福岡県京都郡苅田町) 第八管区海上保安本部 [ ]• 美保航空基地(鳥取県境港市) 第九管区海上保安本部 [ ]• (新潟県) 第十管区海上保安本部 [ ]• 鹿児島航空基地(鹿児島県) 第十一管区海上保安本部 [ ]• 那覇航空基地(沖縄県)• 石垣航空基地(沖縄県) その他の機関 [ ]• (神奈川県横浜市中区)• (愛知県名古屋市港区)• (愛知県)• (兵庫県)• (香川県)• (愛媛県)• (福岡県北九州市門司区)• (和歌山県)• (神奈川県横浜市中区)• (東京都大田区) 廃止された事務所 [ ]• (北海道)• 第一管区情報通信管理センター(北海道小樽市)• 第二管区情報通信管理センター(宮城県塩竈市)• 第三管区情報通信管理センター(神奈川県横浜市中区)• 第四管区情報通信管理センター(愛知県名古屋市港区)• 第五管区情報通信管理センター(兵庫県神戸市中央区)• 第六管区情報通信管理センター(広島県広島市南区)• 第七管区情報通信管理センター(福岡県北九州市門司区)• 第八管区情報通信管理センター(京都府舞鶴市)• 第九管区情報通信管理センター(新潟県新潟市中央区)• 第十管区情報通信管理センター(鹿児島県鹿児島市)• 第十一管区情報通信管理センター(沖縄県那覇市) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

第十一管区海上保安本部

海上 保安 庁 管区

海上保安庁には、11の管区があり、その担当水域は国土交通法組織令第二百五十八条 (地方支分部局)によって、以下のように定められている。 第一海上保安管区=北海道の区域及びその沿岸水域 第二海上保安管区=青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県及び福島県の区域並びに その沿岸水域 第三海上保安管区=茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県及び 静岡県の区域並びにその沿岸水域 第四海上保安管区=岐阜県、愛知県及び三重県の区域並びにその沿岸水域 第五海上保安管区=滋賀県、大阪府、兵庫県(豊岡市及び美方郡を除く。 )、奈良県、和歌山県、 徳島県及び高知県の区域並びにその沿岸水域 第六海上保安管区=岡山県、広島県、山口県(下関市、宇部市、萩市、長門市、美祢市、 山陽小野田市及び阿武郡を除く。 )、香川県及び愛媛県の区域 並びにその沿岸水域 第七海上保安管区=山口県(下関市、宇部市、萩市、長門市、美祢市、山陽小野田市及び 阿武郡に限る。 )、福岡県、佐賀県、長崎県及び大分県の区域 並びにその沿岸水域 第八海上保安管区=京都府、福井県、兵庫県(豊岡市及び美方郡に限る。 )、島根県及び 鳥取県の区域並びにその沿岸水域 第九海上保安管区=新潟県、富山県、石川県及び長野県の区域並びにその沿岸水域 第十海上保安管区=熊本県、宮崎県及び鹿児島県の区域並びにその沿岸水域 第十一海上保安管区=沖縄県の区域及びその沿岸水域 また、海上保安庁ホームページ「あなたの町の海上保安庁」からは、各管区の担当する区域を日本地図の形で見ることができる。 回答プロセス Answering process 1. 上位の法律「海上保安庁法」を見る。 第十二条に「海上保安管区の区域及び名称並びに管区海上保安本部の名称及び位置は、政令で定める。 」とあり。 2)「国土交通省組織令」を見る。 第二百五十八条(地方支分部局)に、それぞれの管区が記されている。 海上保安庁ホームページで、担当する区域を地図の形で紹介したものがないかを探す。 海上保安庁ホームページの「あなたの町の海上保安庁」に、各管区の担当する区域を日本地図の形で紹介。 事前調査事項 Preliminary research.

次の