医療事務 口コミ。 医療事務講座(通学)は、ニチイか日本医療事務協会どちらが...

総合病院や大学病院の医療事務ってどうですか

医療事務 口コミ

ニチイ学館ってどんな派遣会社? 株式会社ニチイ学館は、医療・介護の事業を柱として、人材教育から就業までをサポートし全国に展開している企業です。 医療関連事業では、全国の医療機関 病院、診療所、クリニック との契約により、診療報酬請求の医療事務受託事業を請負、医療機関に対するコンサルティングなどを行っています。 また、教育部門として医療事務講座を全国で開講しているのもニチイ学館の特徴です。 株式会社ニチイ学館の支店は全国にあり、医療事務講座の資格取得後に、医療機関へ就職をサポートしているので、就活することがなく医療事務ですぐに働きたい人には魅力的な企業になります。 株式会社ニチイ学館の基本情報 派遣会社 株式会社ニチイ学館 本社住所 東京都千代田区神田駿河台2丁目9番地 電話番号 03-3291-2121 代表 主な業種 医療関連事業 教育事業 給料日 月末締め、翌25日払い 公式 ニチイ学館の特徴• 全国に約9,000件の契約医療機関がある• ニチイの講座は、通学、通信と学び方を選べる• 医療機関への就業をサポート• 安心の『東証一部上場企業』 医療事務業界では、株式会社ニチイ学館は全国的に見てもかなりの大手企業です。 全国に 約9,000件の契約医療機関があるのも東証一部上場企業ならではの強みでしょう。 医療事務講座を展開している場所は全国にあり、受講の延長や、休学制度などを設け充実した指導をしています。 修了後の就業までをサポートする体制が整っていて、希望にあった就業先を斡旋してくれます。 ニチイ学館では、全国に 約50,000人が活躍しており、 東証一部上場企業になるので信頼性は抜群です。 ただ、給料面では他にライバルとなる大手企業がないために、他社と比較する事が難しく、仕事内容と給料が合わないと感じる事もあります。 株式会社ニチイ学館の登録方法と就業開始までの流れ 口コミ体験談 『医療事務の仕事がしたい』と思っていた時に、たまたまネットで ニチイ学館の医療事務講座を知りました。 医療事務の通信教育はたくさんあったのですが、就業先を紹介してくれるのはニチイ学館だけでした。 実は、医療事務の仕事は、資格があってもスキルや経験が伴わないと、なかなか医療機関では雇用してもらえません。 給料もそれほど良い訳ではありませんが、医療事務としての知識やスキルを磨くにはニチイ学館が最も良いと思い医療事務講座を申込みました。 ニチイ学館から紹介された医療事務の仕事は総合病院の医療事務員で、いろいろと勉強もできましたし、知識や経験も身につきました。 現場で体験しながら自分のスキルアップにはニチイの派遣の仕事は最適な場所です。 ただ、全体的には満足はしている物の、欲を言えば 「もう少し給料が仕事面において評価されれば、ニチイ学館はもっと良いのでは!?」と感じました。 私の時給は 870円ですし、時給相場から考えても、それほど高くはないので、高時給の医療事務の派遣の仕事を探しているなら、他社と比較することをオススメします。 0 こんな人にオススメ• 医療事務の資格が取りたい• 医療事務として働きたい• 大手の企業に登録し、就業先を紹介してほしい• 総合病院など運営がちゃんとしているところで働きたい 医療事務の仕事は女性に特に人気の職業です。 人気の理由は全国に仕事があることのほかに、やる気さえあれば誰でも資格を取って就業する事が可能だからです。 就業したての最初のころは、医療事務講座で習得した知識以上の大変さもありますが、プロ意識をもって仕事に取り組めば、医療事務員としての専門知識も身につき、自分のスキルを向上させる事ができます。 勉強会なども充実していて、女性が多く働きやすい仕事なので、ニチイから仕事を始めてみることも検討してみてください。

次の

【登録前に必見!】医療事務派遣の時給相場・求人例・口コミ

医療事務 口コミ

医療事務の仕事とは、病院、診療所で健康保険による診療費をまとめ、診療報酬明細書を作成する仕事です。 医療事務には、医療の複雑な専門知識がいらないところが特徴です。 また、医療事務の仕事は女性にとって働きやすく長く続ける事の出来る仕事です。 医療事務の仕事はどこの医療機関でも仕事内容にさほど違いが無いからです。 このことから、とても人気のある資格になっています。 医療事務の資格は民間資格になっていて、基本的には医療事務の仕事をするのに資格の取得は義務付けられていません。 この資格を取得することによって得られるメリットは、医療事務資格の取得が仕事能力を量る基準となるというところです。 医療事務は、普段の健康管理や病気の予防にも役立てることが可能になっています。 これから資格を取られる方は、資料請求をして検討してみるといいと思います。 評価 2 この資格は民間資格ですが、主催している団体によって随分レベルが違う扱いをされていると思います。 一応日本で統一するための、医療事務試験というのがあるようですが、病院によってそこそこの団体の主催の医療事務技術者を望むというランクの違いがまちまちなので、仕事につける人と、つけない人の落差が非常に激しい資格だと思います。 仕事をサポートすると言いながら、あまり親身になってくれない団体が多い気がします。 一定の基準で将来は国家資格にしてくれないかと思う資格です。 自分は正直言ってスクールが力になってくれず、役に立たなくて残念な資格になりました。 地方では人材がいないということで、優遇された人もいるようです。

次の

【保存版】医療事務おすすめ通信講座はどれ?口コミ評判を徹底比較!

医療事務 口コミ

医療事務の資格とパソコン経験はありましたが、初めて医療事務(調剤事務)というお仕事をさせていただきました。 病院の横にあるような薬局の医療事務とは違って、ここではパソコン作業や処方箋受付以外にも電話対応やお客様対応も臨機応変に対応します。 (店舗による) 良かった点は、個人的に人間関係が良かった(職場の人達との相性が良かった)ことでした。 他店の応援も行きましたが、店舗の色があって面白いと思いました。 パソコンが使えれば薬剤師も嫌な顔せず、比較的優しい人が多かったです。 休憩で楽しく会話したり、薬のことを教えて貰えたり、社割が使えました。 登録販売者の資格を働きながらとれるのも利点です。 悪かった点は、17時などの忙しい時間帯では定時で帰れません。 16時でも人手不足だからか、嫌な顔をされます。 時給が安い分、長く働かされているような気がしました。 忙しい店もあるので一律時給には不満でした。 お客様に商品を聞かれてレジもバタバタしていて忙しい時は案内したり、臨機応変の接客が多いなと思いました。 薬剤師がエリア移動でコロコロ入れ替わるので、人に合わせるのが上手な方だと仕事しやすいのかもしれません。 教えてくれるのは薬剤師、背後から指示したりで怖い。 間違えた所を教えて欲しいと薬剤師に伝えたら「自分でやった方が早い。 」不機嫌になると何も教えないし、指示も出さない。 一切触るなの状態です。 応援者の薬剤師はまちまちで教えてくれる薬剤師もいれば教えないで携帯見てる状態、携帯の充電が無くなれば調剤室で充電してる始末!上の人に異動をお願いしてもそこにいての繰り返し、精神的に疲れる。 教えてくれないから置物状態。 教えてくれないのでと、置物状態が嫌です。 と、ハッキリ言ったらフロアで品出しの手伝いやって欲しい。 品出しの手伝いならいいんですけど、肝心な事は何も教えてくれない。 医療事務が、いてもいなくても関係ない場所です。 そこに医療事務として入ったら全て薬剤師が、一人でやるので医療事務として入った意味は全くないです。 お客様で市販薬について説明も曖昧で無愛想だからとか聞いても答えてくれないなどクレームは多々ありました。 勿論調剤で一包化を30分以内で作って欲しいとの要求に無理があるのに「出来ます!」どこから自信があるのかわかりません。 患者様は出来ないならハッキリ言ってくれと言ってくれてるんですが…。 まず、患者様が来てもすぐには調剤室から出てきません。 ある薬とない薬自分で調べてから来て下さいって社内規程で薬剤師に確認して患者様に伝える。 社内規程は、意味ないです。 医療事務のパートとして、面接のその場で採用された。 本部での研修システムと、かなり細かいマニュアルがベースにあるせいか、現場での教育システムがあまり整っていない。 お客様は買い物ついでに処方せんを出していく方も多く、処方せんだけポンと出してそのまま居なくなってしまったり、保険証の提示をお願いすると「なんで?他の店舗ではそんな事言われた事ないけど!」といちいち突っかかってきたり、マニュアル中心で仕事を覚えるようにいわれるが、現場ではかなりの対応力が必要とされる。 20代の若い薬剤師が多く、毎日のように他店から応援に来るが、相当社員の労働環境が悪いのか、手空きになるたび愚痴ばかり吐いていて「それは医療事務がやればいい事だ」といった発言も多々あり。 どうやら現在の医療事務増員は薬剤師の労働環境改善のためであるようで、パートの仕事内容はかなり幅広いものになっていると感じるが、他店から応援に来た薬剤師ほど、医療事務の動きが悪いと露骨に不満そうだったり、更に質が悪い薬剤師は、お客様の目前であってもいびってくる。 他のパートさんや上の立場の薬剤師はきちんとしているが、中間層の社員への教育が行き届いていない印象と、仕事内容の多さと複雑さ、薬剤師との連携の難しさ、現場での教育システムが整っていない等、とにかく一言で言えば働きにくく、すぐ退職しました。

次の