サッチムシ進化。 イオルブ

ポケモンの一覧 (810

サッチムシ進化

30 概要 ポケモン剣盾に登場するポケモンの一種である。 毎度おなじみ序盤虫の例に違わず芋虫型だが、テントウムシの幼虫をモチーフとしている為、チョウやガには進化しない。 過去にもが存在していたが、彼らとは異なり幼虫から進化していくケースとなっている。 畑に多く生息し、体から生えた毛で常に周囲の様子を伺っている。 こうして得た情報のおかげで知能は高いものの、やはり幼虫だけあって非力。 どれくらい非力かと言うと 合計種族値がと並び全ポケモン中ワースト2位タイである。 とくぼうとすばやさ以外の数値は全て20台で、ステータスだけ見れば歴代の幼虫ポケモンでも最弱クラス。 更には レベルアップで覚える技が「」しかない。 やよりも酷い有様である。 幸いにもタマゴ技で「」や「」といった有用な技を遺伝させることはできる。 剣盾では最初の草むらの時点でランダムエンカウントで入手可能だが、上記の通り貧弱極まる性能なので、マトモに活躍させられる機会は進化してからになるだろう。

次の

サッチムシ

サッチムシ進化

30 概要 初登場は『』。 その姿の通り、、に続くがモチーフのポケモンだが、テントウムシのサナギをモチーフにしたのはこのポケモンが初となる。 テントウムシのサナギにヒゲのような触角を生やしたポケモンとなっており、攻撃時には背中の斑点が発光する。 サイコパワーで周囲の様子を伺いながら進化の時をひたすら待つ。 歴代サナギポケモンに例に漏れず、進化するまで動くことは無いが、外敵に抵抗する力はきちんと身につけており、や程度なら使う事が出来る。 しかし、他のサナギポケモンと大きく違う点はわざマシンによって覚えられる技が豊富である点でからといった強力な技を数多く習得出来るのだが、 如何せんレベルアップでは覚えない技ばかりなので野生下において敵にレベルアップ技で抵抗しても力及ばず食べられる可能性が非常に高い。 これらのサイコパワーはというじみたらしい経歴の持ち主。 虫なのに。 、共に高さが0. 4mのまま変わらない。 また、分類のレドームとは通信アンテナを防護する為の覆いの事。 進化前のサッチムシが触角をアンテナ代わりに情報を収集する習性があった事からも伺えるように非常に彼ららしい分類であると言える。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

【ポケモンソードシールド】「サッチムシ」の評価と入手方法【ポケモン剣盾】

サッチムシ進化

概要 進化• 10で• 30で ポケモンずかんの説明文 ほぼ うごかないが いきている。 のまずくわずで からに こもるうち ちょうのうりょくに めざめたらしい。 漢字 ほぼ 動かないが 生きている。 飲まず食わずで 殻に こもるうち 超能力に 目覚めたらしい。 からの なかで せいちょうちゅう。 サイコパワーで そとの ようすを うかがい しんかに そなえている。 漢字 殻の 中で 成長中。 サイコパワーで 外の 様子を うかがい 進化に 備えている。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 入手方法 バージョン 野生 その他 レベル 場所 レベル 方法 ソード・シールド Lv. 16-18 !エンカウント - - Lv. 26-28 !エンカウント/天候「きり」 Lv. 27-29 !エンカウント/天候「はれ」「くもり」 Lv. 26-28 !エンカウント/天候「あめ」「すなあらし」 Lv. 27-29 !エンカウント/天候「はれ」「くもり」 Lv. 26-28 !エンカウント/天候「あめ」「ごうう」「ゆき」「ふぶき」「すなあらし」「きり」 Lv. 26-28 !エンカウント/天候「あめ」「ごうう」「ゆき」「ふぶき」「すなあらし」「きり」 Lv. 28-30 シンボルエンカウント/全ての天候 備考 アニメにおけるレドームシ マンガにおけるレドームシ ポケモンカードにおけるレドームシ• を参照。 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。

次の