アンドロイド テレビ と は。 Android TV

日曜劇場『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』|TBSテレビ

アンドロイド テレビ と は

スマホの画面をテレビに映す方法をiPhoneとアンドロイドそれぞれで紹介します。 またここではHDMIなどケーブルを使ってテレビとスマホを接続する方法ではなく、無線(Wi-Fi)接続でのやり方になるので、自宅にWi-Fi環境が必要になります。 HDMIなどケーブルで接続するほうが設定が必要ない点は楽なんですけど、 毎回接続する手間が面倒なのと、ケーブルの長さでテレビとの距離が制限されるのがデメリットなんですよね。 例えばリビングにテレビがあってキッチンからスマホの画像を映すにはケーブルの長さが足りないという弊害もありますし、ケーブルが短すぎてテレビ画面とスマホを操作する自分との距離が近すぎなんてこともあるので、無線(Wi-Fi)接続のほうをおすすめします。 注意点としてMiracast(ミラキャスト)に対応しているAndroidスマホが必要です。 よっぽど古い機種でなければ対応していることが多いですが、一部の端末は非対応のことがあります。 なので、製品マニュアルや購入先でお使いのスマホがMiracast(ミラキャスト)に対応しているか確認してみてください。 まずFire TV Stick端末をテレビの側面か背面にあるHDMI端子に差し込みます。 同梱されているUSB電源コードをFire TV Stick端末と電源アダプタに接続して、電源アダプタをコンセントに差し込みます。 テレビのリモコンの入力切替ボタンを押して、Fire TV Stickを差し込んだ入力チャンネルにします。 するとテレビに起動画面が表示されます。 自宅で接続しているWi-Fiネットワークを選択してパスワードを入力します(無線親機の本体裏面や側面にシールが貼ってる場合が多いです) またボタンを押すだけでWi-Fi接続できるWPSにも対応しています。 Wi-Fi接続が完了したら、最後はAmazonアカウントの確認です。 すでにAmazonカウントを持っている場合は左のボタンを押してサインイン、持っていない場合は右のボタンを押して登録します。 あとは、スマホ画面をテレビに映したいときに、Fire TV Stickリモコンのホームボタンを長押ししてクイックメニューを表示させたら、「ミラーリング」を選択します。 これで終わり。 あとは、アンドロイドスマホ画面の最上部から下にスワイプするとクイック設定パネルが出てくるので、そのなかの「キャスト」をタップすると機器名が出るのでそれをタップすると、スマホ画面がテレビに映しだされます。 ただしアンドロイドの場合は、機種によって設定名称や画面が異なります。 例えばXperiaとGalaxyでは違うみたいな。 なので、機種によっては「キャスト」「マルチスクリーン」「ワイヤレスディスプレイ」などの名称かもしれません。 また設定画面の場所も「画面」「ディスプレイ」など機種によって異なります。 リンク iPhoneの人はApple TV iPhoneの人は同じメーカーのApple TVがおすすめです。 Apple TVをテレビに接続すればスマホの画面をミラーリングできたり、AirPaly機能を使って音楽や動画再生もできます。 まずApple TVを電源につなぎます。 テレビの側面か背面にあるHDMI端子にHDMIケーブルを差し込みApple TVと接続します。 (HDMIケーブルは別売りなので注意) テレビのリモコンの入力切替で接続したHDMIのチャンネルに切り替えます。 設定画面が表示されたら、Apple TV付属のリモコンで「デバイスで設定」を選択します。 画面の指示に従っていけば、自宅で使用しているiPhoneやiPadのWi-Fi情報を転送できるので、すぐに完了します。 これで終わり。 あとはiPhone画面の右上から下にスワイプすると「画面ミラーリング」があるので、タップするとAPPLE TVが表示されているのでタップすればOKです。 iPhone7など古い機種の場合は画面の下から上にスワイプすると出てきます。 またYoutubeやAmazonプライムビデオ等をテレビに映す場合は、AirPlayボタン を押すとApple TVが表示されるので選択すればOKです。 リンク スマホ(iPhone・アンドロイド)の画面をテレビに映すことでこんな楽しみ方がある 最後に我が家の使い方についても紹介しておきます。 iPhoneをテレビ画面に映すことが多いのですが、こういった使いかたもあるのかと参考になれば。 ミラーリングで写真や動画、ネット画面を共有して楽しむ ミラーリングとは鏡という意味と思ってもらえればOK。 スマホの画面とテレビに映す画面が同じものになっている状態ですね。 例えば我が家では、 子供の運動会やおゆうぎ会、旅行に行った時の写真や動画をテレビの大画面でみんなで見られるようにミラーリングで映して楽しんでいます。 また旅行の計画やネットショッピングなど家族みんなで画面を共有してみたいときもテレビに映しています。 スマホやタブレットの小さな画面より、大きな画面のほうがより見やすいしみんなで一緒の楽しめるのでおすすめですよ。 Youtubeや動画配信サービスを見る YoutubeやHulu、Amazonプライムビデオなどの動画配信サービスもテレビに映して視聴しています。 子供がよくアニメやドラマ、映画をスマホで見るのですが、目が近いので視力が悪くなりやすいんですよね。 でも テレビにスマホの画面を映して見れば、距離をとれるので視力低下を少しは防げます。 ブルーライトの影響もスマホよりは受けにくいでしょうからね。 また子供の友達が家に来た際に、大人数でスマホやタブレット画面を見るのは見にくそうなんですよね。 それをテレビに映してあげるとみんなで楽しめるので喜んでくれてます。 音楽をテレビで楽しむ iPhoneにはAirPlayという機能があります。 iTunesやAmazonミュージックなどiPhoneやiPod touch、iPadで再生している音楽や動画、画像をAppleTVやAirPlay対応機器でストリーミング再生できるんです。 まぁ動画だけじゃなく音楽も聴けるので、 テレビで音楽を再生するのもアリってことですね。 我が家ではテレビにオンキョーの2. 1chホームシアター(サブウーファーとスピーカー2つ)を接続しているので、音質がよく音楽もテレビで聴くことがあります。 スマホ用のブルートゥーススピーカーやコンポなど音楽機器があればいいですが、スマホだけで音楽も楽しみたいって人は、テレビで音楽を再生するのも普段とは違った楽しみができるのでおすすめです。 テレビ電話を大画面で楽しむ スマホでテレビ電話をする際に画面をテレビに移せばより楽しめます。 例えば遠方のおじいちゃん、おばあちゃんらと話をする際にテレビ画面だとみんなで一緒に見ることができますし、逆にそのやり方を両親や祖母らに教えておけば向こうも子供や孫の姿を大きな画面で楽しむことができますからね。 テレビ電話をすることが多い人にはおすすめの使い方です。 まとめ iPhoneやアンドロイドスマホをテレビ画面に映す方法を紹介しました。 一人で楽しむもよし、画面が大きい分みんなで楽しむもよし。 スマホの使い方の幅が広がりますので、ぜひ試してみてください。

次の

android TV 何ができるのか、そのコンテンツは?

アンドロイド テレビ と は

スマホは使ってますよね? テレビ機能がメインのでかいスマホと思ってください。 電話はできないけど・・・ メリットとしては、HululuやYouTube、ニコニコ動画などのAndroidアプリがそのまま使えるということ。 SIMを挿せるわけじゃないと思うので、Androidテレビを設置する家に固定回線のインターネットが引いてあってWi-FIが使える環境が構築されていることが前提のはずです。 今までのテレビでもYouTubeが見られる製品ってありましたけど、ものすごく不便で、今では使いものにならない。 使おうとしても「FlashPlayerをバージョンアップしてください」と言われるだけ。 Androidテレビではそういうことがないはずです。 OSとしてのAndroidのバージョンアップがどこまで担保されているかは不明ですから、OSアップデートが提供されなくなったらプリインストールアプリのアップデートも徐々にできなくなるでしょう。 OSそのもののバージョンが古くなりすぎると、インストールできるアプリも減ってきます。 アプリをインストールすればAndroidタブレット並みのことはできるので、普通のテレビよりは汎用性が高いとは思いますが・・・ そういう製品を出している日本メーカーってソニーだけだったと思います。 海外メーカーなら1~2社出しているところがあったと思いますが、後が続いていないんですよね・・・ 今はスティック型PCがあるのでAndroidテレビの必要性って殆ど無いと思います。 値段もかなりお高いですからね。 スティック型PCにはAndroidとWindowsを採用したものがあります。 テレビの外部入力端子 HDMI に接続して使用するもので、OSのアップデートが提供されなくなったら買い換えれば良い。 テレビを買い換えるよりも手軽な価格。 高いものだと2~3万円するがAmazonのKindle Fire TV Stickだと5千円。 プライム会員だと3千円。 いずれも自宅にインターネット回線が必要ですけど、光回線を引いていればYouTubeの高画質動画を大画面で視聴できます。 音もテレビの スピーカーの 性能に依存しますがスマホやタブレットよりは高品質の音で楽しめます。 個人的にはスティック型PCで十分です。

次の

Android TV(アンドロイド ティーヴィー)で視聴する方法

アンドロイド テレビ と は

パソコンのモニターが大きければ、そのままパソコンの画面でネットフリックス等を見ればいいのですけども、もし家庭に大画面のテレビがある場合、テレビにアンドロイドTV BOXをつなぐだけで ネット動画が見れるようになります。 ネットフリックスやAmazonビデオを大画面で楽しめます。 機器によって差はありますが、アンドロイドOSなので ゲーム等のアンドロイドアプリも動かせます。 安価な製品でも、テレビの大画面でkindleを読んだり、youtubeやTverを楽しんだりできますし、スペックがやや高いTV BOXなら Google Playのゲームを快適に遊んだり出来ます アンドロイドTV BOXの特徴 ・サポートは薄いけれど高性能で安い ほとんどのアンドロイドTV BOXは中国で生産されており、あまり馴染みのないメーカーがほとんどです。 さらにサポートはメール中心ということもあって、とっつきにくいのですがその分、高性能で比較的安価に購入することが出来ます。 例外なのはAmazon Fire TVシリーズです。 こちらはサポートも返品対応も速いですし、ユーザーの数が桁違いなので、困った時の情報量も豊富です。 なので初心者の方はまずこちらからエントリーされるとよろしいかと思います。 ・価格はけっこうバラバラ 下の比較表をご覧いただくと気づかれるかと思いますが、外見は違っても中身の部品(GPU・CPU・RAM)にはそれほど違いがなかったりします。 しかし価格にはバラツキがあります。 Amazonを見ていると、ある出品者は4000円で売っているのに、ある出品者は同じ製品を4万円などとトンデモな値段をつけていたりします。 そんな商品をつかまされない為にも、下で ご紹介する比較表で大体の相場を確認しておかれるとよいでしょう。 ・プライム対象だと返品処理が楽(豆知識) 届いた製品がうまく動かないといったトラブルの際はプライムの対象商品ですと返品・返金処理がスムーズです。 一度プライム対象の動作不良で返品処理をしたのですが、送り先は国内のAmazon物流センターで3日で返金処理がされました。 対象商品でない場合、アンドロイドTV BOXは大半が香港や中国の取引先に国際便で返品する事になるかと思います。 相手方とのやりとりの時間がかなりとられる上、返金処理も相手業者との話し合いになるので手間がかかります。 ですので初心者の方はなるべくプライム対象商品をおすすめします。 上位モデルの基盤には2016年以降のモデルS912(8コアCPUを搭載したもの)が使われています。 そして安価なものには同時期に発表された廉価なモデル S905X(4コア)が使われています。 低価格なS905Xでも1GB以上のRAMメモリがあれば、HD動画や4K再生ができます。 販売されているものを見ていますと、S912やS905Xよりも前のモデルを取り扱っているものがありますが、本体の基盤自体が古い可能性もあるのでおすすめしません。 動画再生は、1GBでも十分可能です。 しかし実際に4コアCPUのRAM1GBの製品でゲームをプレイしてみると、アスファルト8のような重い3Dゲームはメモリを食うので、メモリーが不足してカクカクになります。 ですのでゲームをプレイする場合は最低でも2GB以上のモデルが良いです。 最近は1GBのモデルは出てこなくなったのであまり気にしなくて良い気もしますが、低価格製品には1GBモデルが見られます。 保存容量のROMは8~32GBの製品が多いです。 概ね外部拡張用にmicroSDカード用のスロットがついており、カードを挿して拡張できるようになっているので、ROM容量不足の心配はそこまでしなくていいかもしれません。 比較表にはFire TVなどの Amazonの製品も入れております。 スペックを見て、大体どの辺に位置するのかで配置してみました。 アンドロイドTV BOXは製品の入れ替わりが激しいのでリンク切れの際はご容赦下さい。 8コアの製品は性能はいいのですが、プライム対象商品ではないものもあるので、ここではプライム対象の製品だけに絞って紹介しております。 アンドロイドTV BOX 比較表 メーカー amazon JYDMIX Leelbox Amazon モデル New モデル New モデル 画像 評価 4. 3 3. 8 3. 8 4. 3 実勢価格 4,980 6,599 6,990 8,980 OS Fire OS Android6. 0 Android7. 光デジタル端子まで付いています。 firestickを上回る2GBで7000円以下なのでかなり優秀です。 google社のandroid OS 6. 0搭載なのでFire TVシリーズ のように特別なブラウザをインストールしなくても、テレビでYoutubeを見ることが出来ます。 テレビ局のドラマやバラエティを好きなときに無料で視聴できる「Tver」()、Hulu、プライムビデオなども再生できるので、エントリー機として十分な性能です。 2年前は2コアでしたが新モデルは4コアに強化。 さらにRAMも2倍に増量し 処理性能が大幅にアップしたので快適に動画を見れます。 実際にが 日本語に対応した音声リモコンが便利で、リモコンに向かって「シン・ゴジラ」とか「M1グランプリ」と言うだけでamazonプライムビデオの作品が表示されます。 これはFireシリーズだけの特権のようで、アンドロイド TV BOXではSD画質になります。 残念な所はウェブブラウジングができない点と firefoxのアプリを通じてしかyoutubeを見れない点です。 しかしHuluやdアニメ、dtv、abemaTV、Netflixなどメジャーな動画配信サービスに対応しているので、液晶テレビで動画を再生するのは十分かと思います。 旧モデルに比べると 読み込みも圧倒的にサクサクなので快適です。

次の