申し訳 ご ざいません で した。 「申し訳ありません」と 「申し訳ございません」の違いと正しい使い方・例文

「申し訳ないです」は正しい?謝罪の気持ちを表すビジネスフレーズ

申し訳 ご ざいません で した

「申し訳ございません」は間違い? 謝罪の場面で日常的に使われる「申し訳ございません」が、文法的に誤っている説と、正しい説の2種類が存在することをご存知でしょうか?まずは、それぞれの説を確認して、現代においてどちらの説が正しいのかを見ていきましょう。 「申し訳ない」は一語で形容詞 そもそも、「申し訳ございません」という言葉は「申し訳ない」から変化したものですが、デジタル大辞泉からの引用によると、「申し訳」に「ない」の付いた複合形容詞で一語とすると書かれております。 「申し訳ないことでございます」と言い換える説も 「申し訳ない」は一語で形容詞なので、「ない」の部分だけを「ございません」と丁寧語に置き換えてしまうと非分離不可算の法則を破ることとなり、文法的には誤りとなってしまいます。 ですので、この場合は「申し訳ない」という形容詞のあとに「ございます」という丁寧語を付けた「申し訳ないことでございます」が文法的に正しい表現という説があります。 現代では「申し訳ございません」も誤用ではない ではなぜ、文法的には誤りである「申し訳ございません」が日常的に使用されているのでしょうか。 それは「申し訳ない」という形容詞として意味を捉えるのではなく、「申し訳」という名詞で意味を捉えると、文法的に正しくなるからです。 名詞として活用している例文を挙げるとすれば、「ご先祖様に申し訳が立たない」ですね。 このように、名詞として考えれば「申し訳」のあとに丁寧語の「ございません」を付け加えても非分離不可算の法則を破ることもなく、文法として正しい表現となります。 この事から、「申し訳ございません」は必ずしも間違ってはいないということが証明されました。 特に、謝罪の場面では誠意ある言葉と態度で対応しなければならないため、正しいビジネスマナーを身につけましょう。 「申し訳ありません」「申し訳ございません」どちらが丁寧? 「申し訳ありません」と「申し訳ございません」のどちらがより丁寧な謝罪の表現なのか確認していきましょう。 「申し訳ございません」の方がより丁寧 まずは、「申し訳ありません」と「申し訳ございません」を「申し訳」「ありません」と「申し訳」「ございません」に分割し、それぞれの違いについて説明していきましょう。 「ありません」は「ある」に丁寧の助動詞「ます」に打ち消しの助動詞「ん」という丁寧な打ち消しの表現です。 「ございません」は「ある」の丁寧語に丁寧な助動詞「ます」に打ち消しの助動詞「ん」という丁寧な打ち消しの表現です。 この事から、「申し訳ございません」の方がより丁寧な敬語だということが判断できます。 そのため、取引相手やお客様などに対し、より丁寧な言い回しである「申し訳ございません」を使うことが多いです。 社内メールや上司へは「申し訳ありません」でOK では、「申し訳ありません」を使うことが相手に対して失礼なのかというと、そういう訳ではありません。 前述しておりますが、「ありません」自体も丁寧な打ち消しの表現です。 社内におけるメールのやり取りや同僚への謝罪に用いても失礼には当たりません。 また、親しい関係の相手に対しても堅苦しくないニュアンスで伝えられる側面も持っています。 「申し訳ありません」と「申し訳ございません」は謝罪の場面に用いる言葉で、意味自体に違いはありません。 ですが、上手に使い分けができないと信頼関係に傷がつく可能性がありますので、相手のことを考えて使うべき言葉を慎重に選べるようになりましょう。 「申し訳ございません」の類語とは?謝罪に使えるフレーズ 謝罪の場面において、使い勝手の良い「申し訳ございません」というフレーズですが、すべての場面において用いるということはできません。 ここでは、それぞれの場面における「申し訳ございません」の類語と使用方法について順に説明していきます。 「すみません」はフランクな謝罪に 謝罪の場面でよく耳にする「すみません」という言葉があります。 この言葉は話し言葉であり、ビジネス文章に用いることはできません。 使用できる場面も口頭で軽度のミスを謝る場合に限られるでしょう。 「深くお詫び申し上げます」で丁寧に謝る ビジネスにおける謝罪の文面でよく使われるのが「深くお詫び申し上げます」です。 自身の不手際による過失や相手に迷惑をかけてしまった場面で用いることが一般的であり、規模としても個人同士では解決できないほどの多大な迷惑をかけてしまった場合に用いることが多いです。 例文として、「深くお詫び申し上げます」を用いた謝罪の際によく使われる文章を記載いたします。 「この度は、私の不注意により多大なご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ございません。 心より深くお詫び申し上げます」 「この度は、弊社の不手際により皆様へ多大なご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます」 「大変失礼いたしました」で自分の振る舞いを詫びる 「すみません」という言葉をより丁寧にした話し言葉であり、ビジネス文章に用いることはあまり多くないです。 使用する場面は、相手に対して無礼を働いたときや先方の名称を読み間違えてしまった場合など、悪気はなく相手を不快な気持ちにしてしまった際に謝罪の言葉として用いられることが多いです。 「陳謝いたします」は事情を説明するときに まずは、「陳謝する」という言葉の意味から確認していきましょう。 事情を述べてあやまること。 「非礼を-する」(三省堂 大辞林 引用) この事から、物事の理由や事情を説明する際に用いる謝罪文章だということがわかります。 そのため、お詫びしなければならない原因が判明している状態でないと使うことのできないビジネス文章です。 例文として、「陳謝いたします」を用いた謝罪の際によく使われる文章を記載いたします。 「この度は、弊社のシステムに重大な欠陥があり、皆様にご迷惑をおかけしたことを深く陳謝いたします」 「お詫びの言葉もございません」で深く詫びる どのような言葉を用いてもお詫びすることができないほど、深く謝罪をしなければならない場合に使われる表現です。 関係修復自体が困難、もしくは損失額が一定以上の状態になってしまった場合に使用されることが多く、その後の対応が厳しい事態になっている場合が多いです。 例文として、「お詫びの言葉もございません」を用いた謝罪の際によく使われる文章を記載いたします。 「この度は、私の軽率な行動により大変なご迷惑をおかけし、お詫びの言葉もございません」 「弊社がA社からの訴訟提起により、皆様に多大なご迷惑をおかけしてしまい、お詫びの言葉もございません」 まとめ 今までは、謝罪の場面で「申し訳ございません」と「申し訳ありません」の使い方に若干不安な部分があったことでしょう。 結論から言えば、どちらの言葉も意味は同じで、「申し訳ございません」は誤用ではなかったということが判明しました。 また、謝罪の際は場面に応じて丁寧な言葉はもちろんのこと、真摯な態度で対応しなければなりません。 「申し訳ございません」の類語と謝罪に使えるフレーズをしっかり学び、今後のビジネスに生かしてください。

次の

「申し訳ございません」の意味と「申し訳ありません」との違い

申し訳 ご ざいません で した

誤字等の館:申し訳け 2004. 05 誤字等No. 謝罪しなければならないような失態が、それだけたくさんあるということでしょう。 しかし、よく読むとこれが「 申し訳けありません」だったりすることが時々あります。 これを書いている人が本当に謝罪する気があるのかどうか、疑わしくなってしまう誤字です。 どれほど言葉を飾り立てようと、たったひとつの誤字ですべては台無し。 うわべだけを取り繕うために、その場限りのごまかしを並べているという「本音」が現れてしまいます。 「 申し訳」は相手にかけた迷惑の理由を説明する弁解や弁明であり、その余地がないことをもって謝罪の意を示す言葉が「 申し訳ない」です。 ある種の「決まり文句」であり、「 申し訳け」と表記する必要はまったくありません。 「 話」と「 話し」のような「意味の違い」など存在しない、ただの誤字です。 にもかかわらず、これほどたくさんの「 申し訳け」が氾濫する理由は何でしょうか。 ひとつの原因は、おそらく、「 もうしわけ」を「 申し訳け」と変換してしまうかな漢字変換プログラムの存在でしょう。 筆者の環境ではそのような選択肢は出現しませんが、存在すると仮定しない限り説明がつきません。 そして、そのようなプログラムと、表示された変換結果に疑問を持たず確定してしまう人が出会ったときに、「 申し訳け」が生まれてくることになります。 無論、それだけではなく、「手書き」のミスから生まれる「 申し訳け」もあることでしょう。 原稿を手書きで書いておいて、OCRで読み込む、あるいはオペレーターに入力させるといった面倒な手続きがどの程度行われているかは分かりませんが、古い人間が幅を利かせる組織ではあり得る話です。 「 わけ」と読む言葉には、もうひとつ「 分け」があります。 こちらは「 分ける」という動詞から派生した言葉で、送り仮名が付きます。 この「 分け」と「 訳」を混同した結果、「 訳け」という表記になってしまうことも考えられます。 「 訳け」で「 わけ」と読むのはずいぶん違和感があるのですが、そう感じない人も多いのでしょう。 「 訳」の代わりに「 分け」を使って、「 申し分け」という表記もあります。 誤字のように見えるのですが、「間違いではない」とする向きもあるようです。 「理屈」や「道理」といった意味の「 わけ」を「 分け」と表記するという主張なのでしょうか。 私には、ちょっと理解できません。 繰り返しになりますが、謝罪の言葉に「 申し訳け」と表記する人は、本当に謝る気があるとは思えません。 心から謝罪する気があるのなら、ひとつひとつの言葉を大事にするはずです。 このような誤字を放置した文章は、それだけの心構えがないことを証明してしまいます。 これでは、どれほど謝罪を重ねても空虚なだけです。 もっとも、「とりあえず謝っとけ」が本音であり、それを隠す気もないのであれば、止めはしません。 いくらでも誤字を使ってください。 その方が、見分け易くて楽ですから。 [実例]• もしも皆様方の理解に混乱を与えたということであれば申し訳けないと思う。 若干の感想めいた話になって申し訳けないのですが、結局のところ、• 時間に遅れまして申し訳けございません。 日本人とは、かくも「平仮名の間違い」に弱いのでしょうか。 このような「平仮名の間違い」が原因と思われる誤字等の品種を、「 平誤科(ひらごか)」と命名しました。 [亜種] 申訳け:204件 言い訳け:679件 言訳け:51件 内訳け:115件 訳けあり:4件 訳け知り:3件 訳けがない:12件.

次の

「誠に申し訳ございません」の使い方と例文・敬語の種類

申し訳 ご ざいません で した

正しい日本語として捉えると「申し訳ない」は一つの形容詞。 ・申し訳ない 事でございます ・申し訳なく存じます などが正解で、「申し訳ありません」も間違いです。 また、どうしても「申し訳」と「ありません」や「ございません」を使いたいのなら ・申し訳がない ・申し訳がありません ・申し訳がございません ・・・という表現を使うべき。 こちらは「申し訳」が「ない」という主語+述語の文。 述語の「ない」の部分を変化させることが出来ます。 言葉は時代と共に変化していくものであって、 またそうでなければなりません。 「申し訳ありません ございません 」はたしかに現時点では間違っていますが 市民権を獲得しているほどみんなに使われている言葉で 使っても意味が通じない言葉でもないし、表現的にも不適切ではありません。 「ございます」は「あります」をさらに丁寧にした形です。 「何の問題もございません」 「困ったことでございます」 「さようでございます」 のように使います。 「申し訳ありません」 をもっと丁寧に言えば、 「申し訳ございません」 となります。 口語で主語に「が」をつけても、文語ではつけないのです。 「備え有れば憂い無し」 「差し支え無い」は「差し支え無し」から生まれたもので、丁寧に言えば、 「差し支え有りません」 「差し支え御座いません」 となります。

次の