極道 の 妻たち あらすじ。 極道の妻たちII : 作品情報

極道の妻たち 赤い殺意 : 作品情報

極道 の 妻たち あらすじ

大阪南部を縄張りにしたヤクザ組織・井出組の傘下の秋場組々長・秋葉吟二が、何者かによって殺された。 三ヶ月前、リゾートホテル建設という大事業に手を出していた秋場は、取引先の信用金庫のトラブルから融資を打ち切られ、苦しい状況にあった。 しかし、信用金庫の理事長・岩岡が50億円もの隠匿預金があるという情報を秘かに掴んでおり、それをネタに一発逆転を狙っていた。 秋場が殺されたのは、そんな矢先の出来事だった。 秋場を殺した犯人・玉城が捕まり、彼が秋場殺しを指示したのが井出組長だと自供した為に、井出が逮捕。 秋場を我が子のように思っていた井出が、秋場を殺める筈がない。 井出の妻・春日は、夫の汚名を晴らす為、そして秋場を弔う為に、秋場の妻・杏子や傘下・番水組組長の妻・彩子たちの協力を得て、事件の真相を暴こうと調査を開始する。 そんな折、杏子に恩義のある賭博師・東造が、事件解明の鍵を握ってやってきた。 黒幕は傘下の名越組々長・名越兼良だった。 信用金庫から50億円もの金を奪う秋場の計画を事前に知った名越は、その金を横取りするため秋場を殺害、そして井出を罠に嵌めたのだ。 名越は、まんまと50億もの大金を手入れた。 これを知った春日をはじめとする極妻たちは激怒。 独立をも企んでいた名越にけじめをとらせる為、組長の出所祝いと称した賭場で金を奪回。 名越の命を奪い、謀反に決着をつけるのであった。 極道の妻たち 決着の概要 家田荘子のルポルタージュを原作にそれまでのヤクザ映画では脇役が多かった女性側の視点から描いた異色のやくざ映画シリーズ。 原作本は「極道の妻たち」(ごくどうのつまたち)であり、読み方が異なる。 愛する夫を組同士の抗争や内部の謀略で失った『極妻』が自らの手で仇を取るという復讐劇。

次の

極道の妻たち 決着のあらすじ・キャスト・再放送

極道 の 妻たち あらすじ

解説 内部抗争により殺された夫と義父の為に復讐を誓った極道の妻の活躍を描く、リニューアルした人気極道シリーズの通算第11作。 監督は「残侠」の関本郁夫。 家田荘子の原作を基に、「蓮如物語」の中島貞夫が脚本を執筆。 撮影を水巻祐介が担当している。 主演は「ショムニ」の高島礼子と「極道の妻たち 決着」のかたせ梨乃。 スーパー16ミリからのブローアップ。 1999年製作/106分/日本 配給:東映ビデオ ストーリー 高須組組長の陽造が、報恩祭で何者かに殺された。 知らせを受けた息子の俊之は、急遽、父の反対を押し切って結婚した由紀との新婚旅行を切り上げて帰国。 極道を嫌ってそれまで堅気に生きてきたが、若頭・田所の説得と、俊之の命の恩人で今は組の為に刑務所に入っている水原のことを思い、それを機に父の跡目を継ぐことを決意する。 ところが、その俊之までも由紀の目の前で何者かに暗殺されてしまった。 実は、それらは全て組の幹部の根元が高須組の看板と利権を狙って企てた犯行だったのである。 海面下で組の幹部仲間を次々に抱き込み、勢力を広げていく根元。 だが、内部にその犯人がいることを察知した由紀は、愛する夫の無念を晴らすべく、根元の妻・まり子のクラブにホステスとして入り、独自に内偵を開始。 やがて、それが根元たちの仕業であると確信した彼女は、背中に不動妙王の刺青を入れ、彼らへの復讐を心に誓うのだった。 そんな矢先、田所が根元に寝返った戸田らによって殺された。 由紀は、彼の妻・寿美と共に根元らを撃ち、極道の妻としてのけじめをつける。 グアムの2人結婚式からタイトル そっから大阪の盆踊りてどんなつなぎ 光GENJIに渡嘉敷 阪神淡路大震災から4年 野村宏伸大阪弁だめ ひょっとこヒットマン なぜ狙われる? かたせりの仕切る 極道の妻は毎日が亭主との別れ 息子はカタギ志向やったけど 妻寄り合い 水原(古田新太!)13年服役。 あと9年。 銀行支店長狙うって。 息子と幼馴染でも極道勧めへんて漢やのう 広島で不動明王入れてきた 極道の母の苦悩 北新地 納得いかん幹部 中尾彬56、嫁に焚き付けられる この時代で既に懲役帰りは厄介者、親友の為に。 高島礼子も撃たれるいうの斬新 義理も仁義もないんか 妻の集まりでも派閥抗争 雌鳥が鳴いたら国が滅びる 高島礼子結構寝てる 諸星くんの家は近鉄沿線 銀行の貸し剥がし 1時間でリハビリ、退院 最期の言葉に涙、荒ぶる古田新太 水原の女のくだり要らんとおもたら取り込まネタに繋がるとは! 高島礼子とんだ大石内蔵助 着物解いて旦那よりええ刺青 まだ高級店でも煙草吸える 山に捨てられた。。。 落ち葉の季節誓いあう2人 極道の母気合入ってる 野川由美子見せ場 リボルバーにマシンガン 黒装束惜しい 島津亜矢都会の雀 大阪東急ホテル ホテル嵐亭 もしもしピエロ クラブ中乃 Powered by• 2013年• 2005年• 2001年• 2000年• 1999年• 1999年• 1998年• 1996年• 1995年• 1994年• 1993年• 1991年• 1990年• 1989年• 1987年• 1986年 極道の妻たち 赤い殺意• 作品トップ• 映画館を探す• 予告編・動画• インタビュー• ニュース• フォトギャラリー•

次の

映画

極道 の 妻たち あらすじ

あらすじ 二代目の急死に伴い、妻・加奈江(岩下志麻)が統率する尼崎の藤波組。 三代目を巡る争いが勃発する中、加奈江は息子・直也(高嶋政宏)が気がかり。 だが、直也は三代目を目指し自ら抗争の渦中に飛び込んでいく。 着々と勢力を伸ばし、極道として成長していく直也だが、思わぬ落とし穴が。 と思われたが、その翌年には再び岩下志麻でシリーズが続くことになった。 なのでタイトルが「新・極道の妻たち」になっている。 やっぱり三人を比較すると段違いなんだよねえ。 昔の仁侠映画と違い、普通の女性ファンを引き付けたのは岩下志麻の功績が大きい。 で、このシリーズ第5弾は一種の母もの映画みたいな。 高嶋政宏と岩下志麻の対決シーンがクライマックス。 桜がバックにあって様式美抜群。 このあたりは時代劇を連想させるものが。 さすが東映京都ならではって感じのシーンかな。 高嶋政宏のお目付け役に綿引勝彦がいて、 岩下志麻の影のような存在で本田博太郎がいる。 この役が結構儲けものなんだな。 かたせ梨乃さんが珍しく弁護士役。 こんなところもシリーズの魅力ですな。 836• 724• 303• 704• 223• 479• 20 月別ブログ•

次の