串本 お土産。 南紀白浜でおすすめしたい絶品のお土産をアレコレ紹介!

定番の饅頭からユニークな梅干しまで!和歌山県串本町のお土産4選

串本 お土産

 (マップを広域にしてもらったら位置関係が分かりやすいと思います) オススメする釣り場は 串本漁港の文字の少し下にあるLの字に曲がった堤防の角です。 下で説明しますが、ここは明るい常夜灯があり 秋のアオリイカ狙いのナイトエギングやメバル狙いができます。 串本漁港の釣り場詳細 串本漁港の常夜灯ポイントは 狭いので一人、入っても2人しか入れないポイントです。 (もちろん他にもうつところはたくさんありますが、オススメする場所は狭いです。 ) (こんな感じの場所です。 横向けに一人、沖向けに一人はいったらいっぱいいっぱいです。 ) 水深は2~3mほどで特にストラクチャーがあるわけではないのですが、 夏~秋冬にかけて、串本のナイトエギングにオススメのポイントです。 ケンサキの回遊もポツポツあります。 こんな感じでズドンと堤防が続いているので、 手前から車が停まっているか見て、釣り場が空いているか判断するといいと思います。 の前にココでお土産確保。 なんて使い方にもオススメです。 (日中は行ったことがないので、どうなのか分かりません) スポンサーリンク 串本漁港の常夜灯ポイントへの行き方 串本漁港への行き方は下記参照 ここに入っていって、一番突き当りが串本漁港の常夜灯ポイントです。 スポンサーリンク 串本漁港まとめ 串本漁港はナイトエギングと腹ごしらえにオススメの釣り場。 足場も良く、駐車スペースのすぐ裏で釣りができるので、磯へ行く前にちょっとだけ遊ぶ。 という使い方がオススメ。 スペースはかなり狭いのでガッツリ攻める感じの釣り場ではないです。 デイエギングでアオリイカの回遊待ちやのんびりサビキなどを楽しみたい方は下のリンクの 串本漁港の外側堤防がオススメです 近くの釣り場は串本漁港外堤防 台湾料理美味館さん 串本漁港に寄り道してから串本大島や潮の岬に向かうのは腹ごしらえという意味も込めて寄ってます。 串本漁港内???(横???)にある 台湾料理店美味館さん。 (真ん中の青い丸があるアタリです) 遅くまであいていて、美味しいのでオススメです。 釣り人が結構利用しているみたいで、 もしかすると知る人ぞ知るなのかもしれませんが、割とすいてます。 釣りに行ったときに、ごはん屋さんを探すのに苦労することは多いのですが、 串本だったらココ!!と思ってます。 昨日行った釣り場が、明日釣り禁止になってないために、 アナタが何気なく捨てたゴミを見てみんながドンドンそこにゴミを捨てないために、 自分が行く釣り場だけじゃなくて、どこの海も今よりキレイに戻るように、 釣り人全体がゴミしたりマナーが悪いっていうイメージ自体を変えれるように どうか、ここを読んでから記事を読んでやってください。 こんなことにならないようにココを読んでから記事も読んでやってください。 現状の釣り人のイメージがコレです。 一塊で見られるので、 ボクも玄人さんも釣り始めたばっかりの方もアナタも将来釣りするかもなアナタの子供さんも こう見られていますし、このままやとこういう目で見られ続けます。 (に許可を頂いて使わせてもらっています) このブログでは 釣り場を隠すことなく記事を書いています。 たくさんの人が 釣りオモロっ!!ってなったらなんか嬉しいし、 みんなで仲良く楽しめばいいやんか。 と正直思うので、釣り場を隠していません。 このブログを見て行った釣り場もそうでない釣り場も 必ず• 駐車場はキッチリ• 漁港や地元の方の邪魔にならないよう仲良く、指示は守って• 叫んだりせず騒音を立てない• 一人一個持って帰ったら、すぐキレイになると思います。 釣り場が書かれていることを不愉快に思われる方には、その方が行ったことない釣り場も見つけられて「しゃーない許したるか」と思ってもらえるように頑張りますのでどうかご勘弁を。 ブログ管理人のワタクシは、 釣り場を晒すのは暗黙の了解でタブー、そんなもん知ってる。。。 もちろん押し付けはしません。 でも、、、 悲しいことやけど、看板立ってても横にゴミ捨てるようなのがいてるのも事実、、、 みんながマナー守って、マナー守らん人に教えるような流れにならんと、 釣りできるキレイな釣り場が減ってくのは止めれへんって。。。 という考えで記事を書いています。 (もちろん釣り場を一切晒さない考えも分かります。 釣りをする大半の方がそうですし、元々ワタシもそうでしたから、、、。 で教えていただけると幸いです。 キレイごと!と言ってもらって構いません。 キレイごとですからw その代わり、言ったうえでこういうのが広がるようにご協力よろしくお願いします いつか、このブログで書いてある釣り場のどこもが、逆にキレイになるように、好きなオススメの釣り場をむしろ書いていきたいと思っています.

次の

串本町のグルメ・食事処・特産品・お土産

串本 お土産

スポンサードリンク 地元っ子が選ぶ南紀白浜のお土産おすすめランキング15 15.北山村のじゃばらドリンク じゃばらとは、和歌山の北山村という山奥の村で作られた柑橘類です。 酸味がとても強いため、ミカンのように普通に食べるのではなく、ポン酢やジュースなど加工品として販売されています。 花粉症やアレルギーに効果があると話題になり、人気に火が付きました。 手軽に飲める、じゃばらドリンクがおすすめです。 お土産店やスーパーにも販売しています。 14.【早和果樹園】みかんジャム マーマレードを想像されていたら全くの別物です。 商品名はみかんジャムですが、ゼリーというかジュレというか濃厚なみかんそのものでした。 ジャムなのでヨーグルトに混ぜたり、パンに塗ったりして食べるそうですが、私はそのまま食べたい!と思いました。 とれとれ市場などお土産店に売っています。 13.【七福堂】田辺っ子 これはあまりネットや旅行雑誌にも載ってない、地元人から愛されるお菓子です。 ふわっとしたブッセの中に、バタークリームが入っています。 白浜銘菓の「かげろう」と似た作りですが、かげろうとはまた違う美味しさ。 よくあるお菓子のようで、他では食べた事がないお味です。 白浜名物ではありませんが、是非ご賞味あれ。 もちもちした弾力のあるなんば焼は、とても美味しくて高級品なので、普段は滅多に食べません。 地元の人はお祝い事やお正月などに買って食べます。 贈り物にもよく使います。 田辺市の通称「かまぼこ通り」にお店を構えるたな梅は、1865年に創業。 なんと江戸時代末期からあるお店です!! そんな昔から地元の人から親しまれ愛され続けているかまぼこなのです。 たな梅本店以外にとれとれ市場などお土産店にも置いています。 住所 〒646-0044 和歌山県田辺市福路町39 11.JOINジュース JOINジュースは和歌山のJAが作っているオレンジジュースです。 オレンジをそのまましぼった旨さと果汁のフレッシュ感が濃厚なジュース。 これは見かけたら飲んで下さい。 オレンジジュースの概念が変わる、と言っても過言ではない感動のジュースです。 余談ですが、和歌山は愛媛県とみかんの産地争いを長年しております(笑) とある番組で、愛媛オレンジジュースのポンジュースとJOINジュースの飲み比べをして みかんプライドの高い愛媛県民が、ポンジュースよりも、JOINジュースの方が旨い!と唸ったほどなのです。 10.おざきのひもの 紀南の渋いお土産、これを選ぶとかなりツウです。 肉厚でぷりっぷりの鯖のみりん干が人気。 「おざきのひもの」お店は串本町なので、白浜からは少し離れているのでわざわざ出向くのは大変ですが、白浜、田辺のスーパーでも販売されてるところがあります。 住所 〒649-3511 和歌山県 東牟婁郡串本町 鬮野川 1477 9.【儀平】かりんと饅頭 うすかわ饅頭で有名な『儀平』の、かりんと饅頭。 かりんとうのような、カリッとした生地と甘さ控えめなこしあんがとても美味しい。 うすかわ饅頭の方が有名ですが、私は個人的にかりんと饅頭派です。 儀平さんのところで売っているかりんと饅頭。 大きくもなく小さくもなく食べやすいサイズです。 甘辛い味が特徴の味噌は、米や大豆、麦など混ぜて作られていて、中にキュウリやシソ生姜などの野菜が入っています。 ご飯のお供に、お茶漬けに最高!お酒のアテにも最高の味噌です。 売っているところは、産直店や道の駅などに必ず売っています。 こういうところは安いので自宅用に丁度良い感じ。 お土産に買うなら湯浅醤油の名店「丸新本家」の金山寺味噌がおすすめです。 (湯浅醤油のお店です) 7.【松竹堂】柚子もなか こちらも紀州を代表する昔からある銘菓です。 ホテルの客室のお茶菓子と言えば「柚子もなか」ですね。 もなかの中に、柚子の香りがするうぐいす色のこしあんが入っていて、さっぱりと上品なお味。 若者は白浜のお菓子というと「かげろう」が好きですが、年配の方からは「柚子もなか」の方が人気がありますので 年配の方へのお土産は柚子もなかをおすすめします。 柚子もなかはどこのお土産店でも置いています。 中田食品梅干し やっぱり紀南に来たら梅干しでしょう!! ただ、梅干しは山ほど種類があるので、どれを買えばいいか迷うところですね~。 試食が沢山できて様々なメーカーの梅干しが揃っているのは、白浜なら「とれとれ市場」や、田辺市の「よってって稲成店」。 岩本食品(住所みなべ町)• 5.【福菱】かげろう 紀州銘菓として有名なかげろうは、他のお土産ランキングを見るとほどんど1位です。 有名なので、ここではあえて1位ではなく5位にさせてもらいました。 かげろう本店はカフェも併設されていて、これがなかなかの絶景カフェです。 どら焼きなんてどれも同じと思っていましたが、これを食べた時は衝撃を受けました! 「なんと柔らかいしっとりとした生地!そして生地の風味がたまらん!!」 と、餡より生地に感動しました。 このどら焼き 「日本一柔らかいどら焼き」なんだとか。 そんな事知らなくても、食べてみたら分かる、なんせ旨いどら焼きです。 3.【香梅堂】鈴焼 香梅堂は創業明治元年の歴史あるお店です。 鈴焼は見た目はよくある鈴カステラですが、他とは全く違います。 ただ、香梅堂はお店が南紀白浜から離れた「新宮市」にしかありません。 でも、もし新宮市の方へ行く事があれば是非立ち寄って頂きたい。 ここの鈴焼は、ここでしか買えません。 お取り寄せもできないのです。 1袋300円と激安なので、沢山買ってばらまき土産にも(ばらまくのは勿体ないけど) 住所 〒647-0004 新宮市大橋通3-3-4 2.【儀平】薄皮まんじゅう 創業明治26年という歴史あるお菓子屋さん、儀平のうすかわ饅頭は、そこらのうすかわ饅頭とは一味も二味も違います。 薄いデコボコした生地に、甘さを抑えた上品なこしあんが。 素朴だけど他にない美味しさ。 うすかわ饅頭は色々なお店で販売していますが、買うなら儀平のうすかわ饅頭をイチ押しします。 儀平は串本のお店なので白浜からだと遠いですが、田辺の産直店「よってって稲成店」にも少しだけ置いています。 (朝早く行かないと売り切れるかも!) 1.【鈴屋】デラックスケーキ 地元っ子はデラックスケーキを貰うとテンションがめちゃくちゃ上がります! 贈り物にしても、ほぼ間違いなく喜ばれます。 正方形のしっとりカステラケーキを、ホワイトチョコでコーティング。 間に挟まれたジャムがアクセントのまさにデラックスなケーキなのです!! またこの銀色の包み紙もレトロで可愛いとネットでも話題に上がり、県外からも人気のお菓子です。 住所 〒646-0031 和歌山県 田辺市 湊 15番11号 JR紀伊田辺駅前通り 鈴屋 菓子店 南紀白浜お土産・まとめ いかがでしたか? 先に述べましたが、どれも美味しくて最高のお土産なので甲乙つけがたく、 本当はどれも1位にしたいくらいおすすめです。 ただ、貰ってテンションがめちゃくちゃ上がる~!!と言えばやはりデラックスケーキです。 あと、個人的には(ってかほぼ個人的になんですが)田辺っ子もたまらなく美味しい。 JOINジュースも是非飲んでみて欲しい!(ポンジュースと味比べして欲しい) かりんと饅頭も捨てがたい~・・・ あーー結局どれも1位です!!! 美味しいものを沢山食べて、紀南を堪能してくださいね。

次の

南紀白浜の人気お土産ランキング15!地元っ子が選ぶおすすめの品とは?

串本 お土産

グルメ・特産品 串本へお越し頂いて、地球体感をして頂いた後は、美味しいお料理や地元ならではの食材を味わって頂きたいものです。 また、お帰りの際は串本の楽しい思い出とともに、特産品などのお土産をお持ち帰り下さい。 このページでは、串本の食事処、特産品、お土産品など、串本町観光協会が自信を持ってお勧めできる観光協会会員のお店や販売店を中心にご紹介させて頂きます。 地元料理・食材・特産品・お土産 食べる 黒潮の恵みを受ける本州最南端のまち串本での「食べる」「グルメ」「名物」と言えば、必然的に海の魚介類が中心になります。 鰹、鮪など鮮度の高いお刺身の本場と言っても過言ではありません。 また、海岸線に山が迫っていることもあり、海の幸に負けないほどの山の幸があることも相まって、グルメファンには堪えられない料理、食材、名物があります。 鰹のケンケン漁発祥の地串本は、港から漁場までの距離が近く、鮮度に優れた鰹が名物。 カツオのタタキは勿論、お刺身でもいただけ、味と食感は絶品の折り紙付き。 また、隣町の勝浦町がマグロで有名ですが、串本もマグロの水揚げがあり新鮮なマグロを頂くことができます。 鰹のタタキ・刺身 春先、黒潮に乗って北上する上り鰹、秋口から南下する下り鰹、港から漁場まで近い串本の鰹は鮮度に優れた超1級の鰹です。 鰹と言えばタタキと言われるほどタタキが有名ですが、串本の鰹はお刺身でもいただけます。 クセのないモチモチとした鰹は、お刺身で初めて食べられた方の舌を唸らせるほど絶品!機会があれば是非是非一度ご賞味を。 町内の飲食店でも鰹のシーズンにお食べいただくことができます。 下記のネット通販でもお買い求めいただけます。 事業所名 串本食品株式会社 ホームページ 事業所名 和歌山東漁協直売所 ホームページ しょらさん鰹 串本町が発祥とされるケンケン漁でとれたカツオを「しょらさん鰹(カツオ)」のネーミングで、売り出しています。 「しょらさん」は有名な串本節に登場する言葉で「愛しい人」の意味です。 串本漁協は例年1000トン前後のカツオを水揚げし、最盛期にはケンケン釣り船が町内外から約800隻集う関西一の基地で、カツオは売上げ全体の3〜4割を占める主力魚種として水産業の核となっています。 「しょらさん鰹」の特徴はまず、「ケンケン漁で当日水揚げされたもの。 」ケンケン漁法は船を走らせながら、疑似餌でカツオを釣り上げる一本釣り、「その場で活け〆して、氷温保存するなど一本ずつ丁寧に扱われる。 」 「サイズはもっとも脂が乗った2〜4・5キロ」その中で、「ブランド」と認められる品質を仲買人が選別し認証シールを貼り、水揚げ日を明記します。 仲買人によると「土佐の一本釣りなどと比較して鮮度、品質は抜群」と折り紙付き「よそはタタキで食べるのが一般的だが、串本は刺身が一番」と自信をもってお勧めできます。 生まぐろ 隣町の勝浦町がマグロで有名ですが、串本もマグロの水揚げがあり新鮮なマグロを頂くことができます。 黒潮の恩恵を受ける本州最南端の町串本には、太平洋で捕れた本マグロ、キハダマグロ、メバチマグロなど新鮮な生の鮪の水揚げも多く、本場ならではの美味しいマグロ料理が頂けます。 また、世界初のマグロの完全養殖に成功した近畿大学大島研究所は世界的にも注目を浴び、「近大マグロ」として知名度が上がる一方、鮪の稚魚を大きく育てる「畜養マグロ」も串本では盛んに行われ、串本のマグロとして市場にも出始めました。 下記のお店でも、近大マグロや畜養マグロがお召し上がり頂けます。 伊勢エビ・アワビ・サザエ 南紀といえば伊勢エビ料理を思い出す!と言われるくらい有名で、海岸線に山が迫り複雑なリアス式海岸を形成する串本周辺は、全国有数の伊勢エビやアワビ、サザエの産地です。 お刺身、ボイル、鍋物などの他、地元では炭火などで直接焼いても食べます。 下記のネット通販でもお買い求めいただけます。 また、ゾウリエビ(別名クツエビ)は、関東から台湾まで棲息するセミエビ科の1種で、あまり流通することのない珍しいエビで珍重されています。 平べったい体型の割に身は詰まっていて、刺身でもゆでても美味で、ほとんどが産地で消費され、流通に乗ることはありません。 串本では、入荷されていれば地元飲食店やお寿司屋さんなどでお召し上がり頂くことができます。 一夜干し・干物 新鮮な魚が獲れるところに旨い干物あり・・・まさに串本は干物の本場!アジの干物、目刺し、みりん干しや、変わったところではキビナゴの干物、ちょっと勿体ない気がしますがタチイカ(アオリイカ)の一夜干し、また、サンマの丸干しはわざわざ遠くから買い求めにこられるほどで、適度な硬さと塩加減が人気の干物です。 串本町内の、お土産屋さん、干物店、ホテル、旅館のお土産コーナーの他、地元の魚屋さんでも1年中お買い求めいただけます。 下記、ネット通販からもお買い求めいただけます。 事業所名 おざきの干物 ホームページ 事業所名 弁天前定置水産株式会社 ホームページ 事業所名 ひらまる ホームページ トビウオ グライダーのように水面上を滑空するトビウオは、串本町のシンボル!トビウオは主に干物として売られていますが、串本ではお刺身で食べることができます。 また、町内の飲食店でもいただくことができますので、是非串本へお越しの際はご賞味下さい。 トビウオで町おこしを進める串本町のくしもとトッピー倶楽部の加盟会員店では、それぞれ工夫を凝らしたトビウオ料理を頂くことができます。 事業所名 レストラン サンドリア ホームページ 事業所名 海中公園レストラン「アクロポーラ」 ホームページ キビナゴの刺身 キビナゴは年間を通じて獲れ、 南日本、東南アジア、インド洋、紅海に分布。 通常は外洋暮らしなのに、5〜6月の産卵期になると大群で海岸に接近するため、巻き網や敷網、地引き網などで獲る。 釣りのエサにすることも多いが美味しい魚です。 体長は10cm程度で、新鮮な物はお刺身で、他に干物、煮付け、ミンチにしてツミレにもします。 キビナゴの刺身は限られた季節の料理で、酢味噌やポン酢で食べます。 キビナゴ自体は高級な魚ではありませんが、一つ一つ指で開いていく手間をかけた刺身は絶品です。 また、一般家庭では唐揚げやフライにして頂く事が多いようです。 姫ひじき 静かな磯際で採捕されるヒジキは、他の地区の物よりも太くてコシがあるが、炊くと粘りがあって軟らかいと、「姫ヒジキ」のブランド名で全国的に知られています。 春の大潮に採取されたヒジキは、一旦大釜で茹で上げられ、天日で乾燥した後、選別作業を経て、袋詰めされます。 品質を維持するため、ほとんどの工程は昔ながらの手作業ですが、異物混入をチェックする機械の導入など、新しい物も取り入れています。 薪を使う大釜、選別作業に使う「みい」と呼ばれる手道具と検査機械や袋詰め機械などの新しい物とが、旨く調和しているように思われます。 姫ひじきは、町内お土産物店、食料品店、スーパーなどの他、下記、串本ふるさと産品振興会「串本ふるさと産品市場」ネット通販からもお買い求めいただけます。

次の