バスケ ハンドリング 練習。 【バスケ 】ハンドリングメニュー紹介【自主練習用】

バスケでハンドリングが劇的に上達する12の練習メニューまとめ

バスケ ハンドリング 練習

自宅でできるバスケの練習メニュー6選! ハンドリング向上メニューまとめ いかがでしたか? 今回は家でできるバスケの練習メニュー6個厳選いたしました。 自宅ですれば確実にハンドリングスキルが向上して、シュート、パス、ドリブルなどバスケットに必要なあらゆる技術の向上につながります。 トリプルスレットポジション• フィンガーティップコントロール• ボディーサークル• 椅子座りシュート練習• エイト• クロスキャッチ 外で練習ができないときも多くあります。 バスケは屋内スポーツですが、体育館を借りるのもかなり大変です。 地味な練習かもしれませんが、こういったことを毎日やることでライバルたちと差をつけられます。 みなさんも頑張って練習しましょう!

次の

【バスケ】ボールハンドリング 60秒チャレンジ

バスケ ハンドリング 練習

バスケ初心者の方が、始めてボールを触っておこなう練習が、ボールハンドリングと思います。 ここでは、ハンドリングを習得するためのお話をします。 先ずは、初心者は毎日ボールに触る バスケ初心者の方は、先ずはどんなボールでも構いませんのでボールを購入してください。 ボールだけは、ないと練習になりません。 学生は、初心者として部活動とかに入ったら先ずは、コートの端でボールハンドリングの練習をすることと思います。 スポンサーリンク このボールハンドリングは、必ず自分で購入したボールで自宅に帰った後でも実践することが、バスケ初心者が上達するのには肝心になります。 実は、初心者が、このボールハンドリングが出来ていないと上達する過程で必ず大きな壁に当たります。 練習でも試合でも、このボールコントロールが、出来ないということは、パス、ドリブル、シュートのバリエーションが増えないということになるからです。 バスケ初心者の方は、必ずボールハンドリングを自宅にて練習して上達してください。 社会人でバスケを初心者から始めた場合は、先ずはチームやサークルの経験者から、ボールハンドリングの基礎を教えて頂いて下さい。 初心者の方は、この教えてもらったボールハンドリングを自宅でも必ず練習して下さい。 学生でも社会人でも同じです。 ボールハンドリングが、出来ないということはバスケの上達を妨げてしまいます。 ボールハンドリングが出来ないと では、ボールハンドリングが出来ないというのが、なぜそんなにバスケの上達を妨げる要因になってしまうのでしょうか。 初心者でも経験者でも、必ず利き手や利き足というものがあります。 実は、この利き手、利き足があること は、バスケにおいても必要な要素ではあります。 では、利き手の右手だけでしかドリブルが出来ないとしたらどうでしょうか?最初は、練習や試合でも通用するかもしれません。 バスケ初心者でも最初は、それでも仕方ないかもしれません。 でも次第にドリブルで抜けなくなります。 経験者でも、右のドリブルしか出来ない人は、沢山います。 意識して右でドリブルしているわけではありませんので、既に修正が利かない状況にあると、言うことです。 ボールハンドリングは、利き手でない方も使えるようにするための訓練でもあるということです。 バスケ初心者から、ボールハンドリングをきちんと上達させることは、今後のバスケのためには必要不可欠なことです。 初心者からボールハンドリングをきちんと習得、上達させることは、今後のバスケ全般の上達には大変重要です。 必ず自分のものにしてほしい基礎練習です。

次の

【バスケ】ボールハンドリング 60秒チャレンジ

バスケ ハンドリング 練習

バスケ初心者の方が、始めてボールを触っておこなう練習が、ボールハンドリングと思います。 ここでは、ハンドリングを習得するためのお話をします。 先ずは、初心者は毎日ボールに触る バスケ初心者の方は、先ずはどんなボールでも構いませんのでボールを購入してください。 ボールだけは、ないと練習になりません。 学生は、初心者として部活動とかに入ったら先ずは、コートの端でボールハンドリングの練習をすることと思います。 スポンサーリンク このボールハンドリングは、必ず自分で購入したボールで自宅に帰った後でも実践することが、バスケ初心者が上達するのには肝心になります。 実は、初心者が、このボールハンドリングが出来ていないと上達する過程で必ず大きな壁に当たります。 練習でも試合でも、このボールコントロールが、出来ないということは、パス、ドリブル、シュートのバリエーションが増えないということになるからです。 バスケ初心者の方は、必ずボールハンドリングを自宅にて練習して上達してください。 社会人でバスケを初心者から始めた場合は、先ずはチームやサークルの経験者から、ボールハンドリングの基礎を教えて頂いて下さい。 初心者の方は、この教えてもらったボールハンドリングを自宅でも必ず練習して下さい。 学生でも社会人でも同じです。 ボールハンドリングが、出来ないということはバスケの上達を妨げてしまいます。 ボールハンドリングが出来ないと では、ボールハンドリングが出来ないというのが、なぜそんなにバスケの上達を妨げる要因になってしまうのでしょうか。 初心者でも経験者でも、必ず利き手や利き足というものがあります。 実は、この利き手、利き足があること は、バスケにおいても必要な要素ではあります。 では、利き手の右手だけでしかドリブルが出来ないとしたらどうでしょうか?最初は、練習や試合でも通用するかもしれません。 バスケ初心者でも最初は、それでも仕方ないかもしれません。 でも次第にドリブルで抜けなくなります。 経験者でも、右のドリブルしか出来ない人は、沢山います。 意識して右でドリブルしているわけではありませんので、既に修正が利かない状況にあると、言うことです。 ボールハンドリングは、利き手でない方も使えるようにするための訓練でもあるということです。 バスケ初心者から、ボールハンドリングをきちんと上達させることは、今後のバスケのためには必要不可欠なことです。 初心者からボールハンドリングをきちんと習得、上達させることは、今後のバスケ全般の上達には大変重要です。 必ず自分のものにしてほしい基礎練習です。

次の