禰豆子涙。 禰豆子(ねずこ)の性格や竹を口にくわえる理由はなぜ?新たな力を覚醒!|鬼滅の刃.info

完全受注生産 「週刊少年ジャンプ」オールスター缶バッジ 『鬼滅の刃』 [竈門禰豆子 涙Ver.]|ジャンプキャラクターズストア|集英社

禰豆子涙

『鬼滅の刃』前話 202 話のあらすじは・・・ 禰豆子・善逸・伊之助は炭次郎に抱きつき、止めるよう懇願。 炭次郎も自分の中で抗っているらしく、禰豆子の血を口にしているはずだが禰豆子を喰わない。 そしてそこにカナヲが駆け付け、炭次郎にしのぶから受け取った人間に戻す薬を注入。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 皆の元に帰りたい炭次郎、それを止めようとする無惨 お兄ちゃん帰ろう、家に帰ろう………禰豆子は心の中で呼びかける。 炭次郎は精神世界の中で、無惨と思わしき肉の中に埋もれていた。 炭次郎も家に帰りたいと心の中で思う。 神様、どうか家に帰して下さい。 お願いします。 炭次郎は妹と家に帰りたいだけなのだ。 どうか……… 「帰ってどうなる」 肉の中から無惨が語り掛けてくる。 炭次郎の家族は皆タヒんだのに帰る意味はあるのか…と。 だが、思い出の残っているあの家は炭次郎と禰豆子がいる限り消える事は無い。 さらに無惨は「禰豆子はお前がころした」と言う。 だが事実無根、禰豆子はしっかり生きている。 …気が付くと、肉の中から散っていった者たちが現れ、炭次郎を後ろから押し出す。 無惨は炭次郎に皆に恨まれていると言うが、これも炭次郎の心を打つに値しない。 ならちゃんと戻って皆に謝らないと…。 とうとう無惨は本格的に姿を現し、お前は痣者だから鬼でなくなれば数年でタヒぬんだと言う。 自分の事だけ考え、目の前にある無限の命をつかみ取れ……。 が、無限の命などいらない。 たとえ数年の命でも、自分は人間としてタヒぬんだ…!! 禰豆子の手、そしてみんなの手 無惨は「お前だけ生き残るのか?」と侮蔑の言葉を投げる。 大勢タヒんだというのに、自分だけがのうのうと生き残るのか…? しかし、今度は命を落とした柱たちの手が肉の中から現れ、炭次郎を後ろから押し出す。 無惨はこんなものお前の妄想に過ぎないと言うも……… ふとしのぶの匂いがする。 否、これは藤の花の匂いか……。 上方には藤の花が一面に咲いており、そこから禰豆子の手が伸びてくる。 お前はとうとう太陽すら克服した完璧な生物なのだ。 無惨は必タヒに亡くなった者たちがお前だけ生き残る事を恨んでいると叫ぶも、事実そんな人間は見当たらない。 彼らは誰か他者のために命を懸けられる人たちだ。 そんな人たちが炭次郎を待っていないはずもない…。 「炭次郎待て!! 待ってくれ頼む!! 私の意志を思いを継いでくれお前が!!」 お前ならなれるはずなんだ、究極の生物に!! だが、皆の手が伸び、炭次郎の右手をしっかり掴む。 その中からは「炭次郎戻ってこい」「絶対負けるな」という声が聞こえ、恨み事など一つもない。 炭次郎は大勢の鬼さつ隊に囲まれていた。 「お兄ちゃん」と禰豆子が言う。 そして皆は炭次郎が戻ったと歓喜の声を上げる。 炭次郎と禰豆子は喜び合い涙を流す。 カナヲも生きていた事に炭次郎は喜ぶ。 物陰で愈史郎も涙を流していた。 お前はタヒなないと思ってた………愈史郎は呟く。 そして、珠代の形見である髪留めを手に取り、「終わりましたよ……」と彼女に呟いた…。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 精神の世界の中で、無惨は自分の意志を継げと炭次郎に語ります。 「痣者のお前はあと数年で命を落とすのだぞ」「皆に恨まれている」「お前だけが生き残るのか」など…。 しかし、その言葉のどれも(痣者の下り以外は)的外れで、炭次郎の心には届きません。 そして、鬼さつ隊の皆の想いが届き、炭次郎は無惨を置いて現世に戻りました。 最後はもはや懇願と化しており、「私を置いて行くなアアアア!!」と叫びました…。 無惨は炭次郎に振り返られる事も侮蔑の言葉をかけられる事もなく、孤独な最期でしたね。 あれだけの事をした悪党の最期などこんなものでしょうか…。 一方、炭次郎は無事に元の人間に戻る事が出来たようです。 愈史郎も陰で涙を流し、珠代に「終わりましたよ」と呟いてますね。 これで珠代とその家族の仇も討った事になります。 さて、次話クライマックスです。 大円団で終わると思います。 でも万一、新たな敵の出現とかもあるかもしれませんね…。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 をお送りしました。 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

【鬼滅の刃】195話のあらすじ・内容振り返り&考察!【涙】

禰豆子涙

『鬼滅の刃』第202話「勝利の代償」のネタバレ 涙しながら炭治郎へ語りかける禰豆子 しかしその甲斐なく…… 鬼と化し、攻撃を躊躇してしまった伊之助へと、攻撃を見舞おうとする炭治郎。 しかしその時、なす術もなく、その行く末を見守っていた、冨岡と善逸が見たものは、なんと、伊之助を庇うように現れ、炭治郎の爪と牙を無防備に受けた、禰豆子の姿でした。 抱き合うような体制のまま、炭治郎の爪と牙を受け、肩と腕から、痛々しいまでの量の血を流す禰豆子。 その様子を、尻餅をついた姿勢で見る、伊之助の目の前で、禰豆子が、炭治郎へと語りかけ始めます。 「お兄ちゃん」 「ごめんなさい」 その間にも、炭治郎の手の力は強まっていき、禰豆子の着物には、血の染みが広がって行きます。 「ずっと私、何もわからなくなっててごめんなさい」 「お兄ちゃん独りに全部背負わせたね」 「どうしていつもお兄ちゃんばっかり苦しいめにあうのかなあ」 「どうして一生懸命生きてる優しい人達が」 「いつもいつも踏みつけにされるのかなあ」 そう言って禰豆子は、己の肩に牙を立てる炭治郎を正気に戻すべく、言葉を尽くして行きます。 「帰ろう」 「ね」 「家に帰ろう」 しかし。 それを聞いてなお、正気には戻らず、禰豆子を抱えたまま、空へと強い咆哮を放った、炭治郎。 それに伴い、力が入ったためか、炭治郎の爪が、ガリガリと音を立て、更に禰豆子の傷を深くし、その表情を、苦悶に歪めさせます。 そうして、己に抱きついた禰豆子を振り払おうと、腕を振るおうとする炭治郎。 しかし、それを止めたのは、禰豆子に続き、炭治郎へと組みついてきた、善逸でした。 「炭治郎やめろーっ!」 「禰豆子ちゃんだぞ」 「元に戻ってる、人間に戻ってる」 「こんなことしたら死んじゃうよ!」 「お兄ちゃんて呼んでるだろ!」 それでも禰豆子に攻撃を加えようとする、炭治郎を、今度は伊之助が止めに入ります。 「ガーガー言うな」 「禰豆子に怪我とかさせんじゃねえ」 「お前そんな…、そんな奴じゃないだろ」 「あんなに優しかったのに…!」 「元の炭治郎に戻れよォオオオ!」 そう言って伊之助は、さながら子供の喧嘩のように、炭治郎の頭を叩き続けます。 しかし、それでもなお、炭治郎は周囲に対する攻撃を、やめません。 炭治郎が今度放ったのは、決戦の際、無惨が使っていたのと同じような、周囲を同時に襲う、衝撃波でした。 衝撃波によって、地面が陥没すると同時、炭治郎に抱きついたまま、苦悶の呻きをもらす禰豆子。 更に、善逸と冨岡は遠くへと吹き飛ばされ、伊之助に至っては、建物の壁に叩きつけられたのか、倒れ、瓦礫に埋もれたまま、動かなくなってしまいます。 そして。 次の瞬間、一行が見たものは、背中からイバラのようなデザインのものと、背骨を伸長させたような異形のデザインのもの、2種類の触手を伸ばす、炭治郎の姿でした。 「お兄ちゃん、負けないで」 「お兄ちゃん……!」 そうなってなお、諦めず、炭治郎に組み付き続ける禰豆子。 一方の炭治郎は、苦しそうに息を荒げるも、聞く耳をもたず、触手による攻撃を、正面に倒れた善逸へと、放ち始めます。 打開策を探り続ける冨岡 その時カナヲが人間化薬を持って現れる そこで救援に訪れたのは、先ほど一行と同時に吹き飛ばされた、冨岡でした。 水の呼吸・肆ノ型「打ち潮」。 その斬撃により、炭治郎の触手を打ち払った冨岡は、事態を打開すべく、考えを巡らせます。 (禰豆子を噛んだ! 血の味を覚えてしまった) (もうお終いだ…!) (早く! 早く炭治郎を殺さなければ、人を殺す前に) (だが…) 日光に晒しても灼かれる事なく、存在を保ち続ける炭治郎には、もはや日輪刀も、効果を発揮しません。 思いとは裏腹に、炭治郎を殺す方法がなくなってしまった事に、冨岡は歯噛みします。 更にその時、炭治郎が、新たな攻撃を放ち始めます。 開かれた炭治郎の口。 その前に、何か光を放つ球体のようなものが現れ、まるでエネルギーを貯めるようにして、耳障りな音を、高めていったのです。 それを見て、警戒を強める冨岡。 炭治郎に抱きついたままの禰豆子もまた、攻撃をやめさせるべく、言葉を尽くします。 「誰も殺さないで!」 「お兄ちゃんお願い!」 「やめて!」 そう言って、炭治郎の口元に、生身の腕を晒す禰豆子。 しかしその願いも虚しく、炭治郎が準備していた光の玉は、激しい衝撃を放ちながら、冨岡の目の前の地面に炸裂。 強大な音を立てながら、地面を深く抉りました。 「わああ禰豆子ちゃん!」 悲痛な叫びを上げながら、炭治郎たちの元へと、手を伸ばそうとする善逸。 その視線の先にあったものは、炭治郎の攻撃の余波を受けたためか、激しく損傷し、全ての爪が痛々しく剥がれ、血塗れになってしまった、禰豆子の左腕。 そして、その痛みに涙を流しながら、眉根を詰める、禰豆子の姿でした。 そんな禰豆子に構うことなく、また同じ攻撃を放とうとする炭治郎と、それを必死に止めようとする、禰豆子。 その甲斐あってか、次に炭治郎が放ったのは、触手による無差別な攻撃のみでしたが、一行の危機は、未だに去っていません。 「嫌だ嫌だ、禰豆子ちゃん離れて!」 「炭治郎やめてくれ頼む!」 「たん」 「じろ…」 「ねず…」 血塗れになりながら、炭治郎を止めようと、地面の上で足掻く善逸と、瓦礫に埋もれながら、途切れ途切れに声を出す伊之助。 それらを見ながら、冨岡は、一連の状況に、一筋の希望を見出していました。 (何故禰豆子を殺さない?) (先刻の攻撃は何故逸れた?) それらの状況から、炭治郎もまた、「鬼」となってなお、抗っているのだ、と結論付ける冨岡。 (炭治郎の自我を取り戻すことができれば…!) (しかしそんな奇跡が容易く起こせるのか、俺に…!) そうして冨岡は、炭治郎の攻撃をいなしながら、考えを巡らせ続けます。 一方、建物の陰では、その状況を、愈史郎もまた、見守っていました。 (無惨め…!) (死んで尚これ程他人に不快感を味わわせるとは) (クソッ! 日の光のせいで向こうに行けない…!) 血鬼術ですら、太陽の下では、塵となって消え、効力を発揮出来ません。 何も出来る事がない、という状況に、愈史郎もまた、歯噛みしていました。 と、その時。 建物の陰にいた愈史郎は、通りに、1人の人間の姿を確認します。 「炭治郎……」 「禰豆子ちゃん…」 それは、フラフラになり、脇腹の傷を押さえながらも、炭治郎たちの元へと向かおうとする、「花の呼吸」の使い手、栗花落カナヲの姿でした。 禰豆子を抱えたまま、攻撃を放ち続ける炭治郎を見て、懐から、十数センチほどのサイズをした、木製のケースを取り出す、カナヲ。 (これをカナヲに預けておきます) (禰豆子さんに使う薬が足りなければと思って) (藤の花から作ったものですが…) そのケースは、決戦前、そう言って、「蟲柱」胡蝶しのぶが、カナヲに預けてくれた、しのぶ製の、「人間化薬」でした。 (鬼を人間に戻す薬は、珠世さんが3つも作ってくださったので) (これはもう必要なかった) (あの人は……) (凄い方です、尊敬します) そんなしのぶの言葉を思い出し、涙を流しながら、薄く微笑んでみせるカナヲ。 「私の目を片方残してくれたのは」 「このためだったんだね」 「姉さん」 鬼になってすぐの、今の炭治郎の攻撃であれば、掻い潜れるはずだ、と、カナヲは決意を固めます。 視力を失う覚悟で炭治郎に薬を打ち込むカナヲ その効力は? 花の呼吸・終ノ型「彼岸朱眼」。 数時間前、「上弦の弐」童磨への切り札として発動し、カナヲの右眼の、視力を失わせた技。 それを再び使い、カナヲは、薬を手に、炭治郎の元へと駆け寄って行きます。 それを見て驚愕に目を見開く冨岡と、攻撃の気配を察し、爪による一撃を放ってくる、炭治郎。 しかし、炭治郎の攻撃がカナヲへと届く、その寸前。 カナヲは攻撃を見切り、宙へと跳躍し、炭治郎の背中に、手にしていた薬を打ち込む事に、成功しました。 しかし、カナヲもまた、決して浅くない攻撃を、胴体に受け、激しく出血してしまいます。 「炭治郎だめだよ」 「早く戻ってきて」 「禰豆子ちゃん泣かせたらだめだよ…」 血を流しながらも、炭治郎を慮り、そう言葉をかけるカナヲ。 薬を打ち込まれた炭治郎は、目を見開き、その言葉を受け止めます。 (禰豆子…) 心の中で、そう、妹の名を呼ぶ炭治郎。 そして薬を打ち込んだカナヲは、炭治郎の目の前で、力尽きたかのように、その場に倒れ込んでしまいました。 「カナヲちゃん」 倒れたカナヲを、涙を流しながら、心配そうに覗き込む禰豆子。 そして、その時。 「鬼」となって暴れていた炭治郎が、ここに来て初めて、その動きを止め、異変の兆候を、見せ始めました。 『鬼滅の刃』第202話を読んだ感想と考察 ついに禰豆子やカナヲまでもが登場し、総力で炭治郎へと思いをぶつける展開となった、「鬼滅の刃」第202話。 先週まではただひたすらに絶望が渦を巻く、沈み続けるだけの展開でしたが、ようやく一筋の光が見えてきたような気がします。 しかしそのために払った犠牲として、伊之助と善逸は再起不能と思しき怪我を負い、禰豆子も傷つけられ、カナヲは両眼ともに(おそらく)視力を失ってしまいました。 ここまでやってなお、炭治郎が元に戻らない、となれば、いよいよ冨岡の日輪刀くらいしか、手段は残されていないように思われます。 そう言えば、水の呼吸には、「干天の慈雨」なんていう、介錯用の技があったような気もしますが……その出番が来ないよう、祈りましょう。 しかしカナヲ、「終ノ型」などという切り札を使ってなお、片方の視力を残してくれていたのは、吾峠先生の優しさだと思っていたのですが、この最終局面になってなお、それを物語に組み込んでくるとは。 客観的に見れば、「そういえばそんな手段が残されていたな!」と、気持ちのいい伏線回収に沸きたいところなのですが、いかんせん、長く続いてきた連載の、愛着のあるキャラの事ですから、どうにも気持ちの整理がつきません。 せめてこの行動が、功を奏し、炭治郎を元に戻す一助になってくれればいいのですが……重ね重ね、ハッピーエンドになってくれる事を、祈りましょう。 『鬼滅の刃』の最新巻の単行本や過去作品を無料で見る方法 毎週、鬼滅の刃の最新話が待ち遠しいですが、単行本でまとめて読みたい、過去の作品をまだ見ていない方のために、最新巻や過去作品を無料で見る方法を紹介します。 やはり漫画は絵付きで読みたいですよね!鬼滅の刃の単行本を無料で読む方法を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。 週刊少年ジャンプ連載中の漫画一覧• 『』尾田栄一郎• 『』冨樫義博• 『』古舘春一• 『』堀越耕平• 『』田畠裕基• 『』ミウラタダヒロ• 『』吾峠呼世晴• 『』原作:白井カイウ 作画:出水ぽすか• 『』筒井大志• 『』原作:稲垣理一郎 作画:Boichi• 『』原作:マツキタツヤ 漫画:宇佐崎しろ• 『』芥見下々• 『』藤本タツキ• 『』椎橋 寛• 『サムライ8 八丸伝』岸本斉史・大久保彰• 『ふたりの太星』福田健太郎• 『』寺坂研人• 『トーキョー忍スクワッド』田中勇輝・松浦健人• 『夜桜さんちの大作戦』権平ひつじ• 『ミタマセキュ霊ティ』鳩胸つるん 鬼滅の刃の関連記事一覧.

次の

「鬼滅の刃」196話ネタバレ・・・禰豆子の人間化と珠世さんの薬が凄すぎる件について語りたい!【北海道でもジャンプは売ってます】

禰豆子涙

竈門禰豆子(かまど ねずこ)は主人公のかわいい妹で町でも評判の美人! 禰豆子は、物語の始まりで鬼にされてしまう 貴重な人間ねずこちゃんシーン…? — さすに SSRAPSHOT 禰豆子は6人兄弟の長女で、家族で作った炭を町で売って暮らしています。 下の子たちの面倒をよく見ては、自分のことは後回し。 それでもいつも仲良く笑顔で過ごしており、母と子6人で慎ましくも幸せな生活を送っていました。 よく働きよく笑い、 町でも美人と評判のよく出来た女の子であった禰豆子。 しかし、長男であり物語の主人公である炭治郎が炭を売るために家を空けている間に、悲劇は訪れます。 家族達は鬼の手によって無惨に殺害され、唯一生き残った禰豆子は鬼の血を体内に取り込んだせいで 鬼にされてしまいました。 鬼となってしまった禰豆子を人間に戻すために、心優しい少年の炭治郎と禰豆子は険しい道のりを歩み始めます。 人を喰わなければ飢えてしまうはずが、禰豆子は決して人を喰わない 1巻から読み直してる — さすに SSRAPSHOT 鬼となった者は、空腹を満たしてさらに強い力を得るために人を喰わなければなりません。 もちろん禰豆子もその本能に支配されてしまい、一度は炭治郎に向かって牙を剥きます。 しかし、炭治郎が禰豆子の心に叫び訴え続けたことで、 禰豆子は涙を流しながらも本能に反抗し始めるように。 その直後、鬼を排除するために現れた剣士に炭治郎もろとも殺害されそうになりますが、本来であれば人を喰うはずの鬼になった禰豆子が炭治郎を守る挙動を見せたことにより事態は好転します。 紆余曲折を経て、強靭な精神力で人を守るために鬼と戦うことができるようになった禰豆子は、特例として人間と行動を共にすることを許されることになりました。 鬼となった禰豆子の特徴は? 鬼は腕がちぎれるような重傷を負っても、即座に新しい腕が生えてくるほどの再生力を持ちますが、栄養源として人間などの血肉を必要とします。 しかし、禰豆子は血肉を喰らう代わりに長時間寝ることで、 人を喰わずとも鬼としての力を発揮することができるという特異体質。 この体質のおかげで、戦いで傷ついても人を食べなくても生きていけるようになりました。 そして、 鬼は陽光を浴びると焼けて灰となり消滅するという性質を持っているので、日中だけ禰豆子は箱に籠り、炭治郎に背負われて行動を共にすることに。 また、鬼化によって禰豆子自身の人格にも影響を及ぼしています。 鬼になる前は謙虚で利発な思いやりのある女の子でしたが、鬼になった後は言葉を喋ることができなくなるとともに、振る舞いや仕草が幼い子供のようになってしまいます。 しかし、幼子のようになってしまっても、優しい心は失われていません。 さらに、とても無邪気でかわいらしい姿にハートを捕まれてしまうファンも多数!漫画の 小さなコマ一つ一つに詰め込まれた豊かな表情は必見です。 幼児化する禰豆子!小さくなってかわいい なでなでしてもらえなくて炭治郎を血鬼術で燃やす!? ほんとえげつなくて笑う — さすに SSRAPSHOT 人間を強制的に眠りにいざなう特殊能力を持った鬼との戦いで、炭治郎達は鬼の術中にはまって眠ってしまいます。 箱に籠って眠っていたおかげで術を免れた禰豆子は、 無邪気にも炭治郎に駆け寄って頭を撫でてもらうために炭治郎を起こそうとしますが、敵の術は強力で簡単には目覚めず。 そんな炭治郎の事情はつゆ知らず、痺れを切らした禰豆子はなんと 頭突きをくらわせて起こすという荒業に。 しかし、炭治郎の規格外の頭の硬さによって、逆に禰豆子のおでこから血が流れるほどのダメージを喰らってしまいました。 あまりの痛みに大粒の涙をこぼし、禰豆子はまるで子どものように泣きわめきながら自身の血に火をつけるという 特殊能力で炭治郎を火だるまに!一見すると恐ろしい状況ですが、 鬼だけを焼くという禰豆子の燃える血のおかげで炭治郎は敵の術を破るきっかけを得るに至りました。 ちょっとわがままな禰豆子がとてもかわいらしいワンシーンでした。 放っておけば数刻もしないうちに死に至るほどの 毒に侵された炭治郎達でしたが、禰豆子が身体に触れて血を燃やすことによって、 鬼の毒だけを焼き飛ばすことに成功しました。 起き上がった炭治郎にグイグイと頭を擦りつけてなでなでを強要する様は、 まるで甘えん坊な猫のよう。 禰豆子のおかげで死の淵から帰ってきた炭治郎が感謝をしつつ禰豆子の頭を撫でると、とても満足そうに笑みを浮かべるのでした。 読者としても、禰豆子を褒めて撫でてあげたい。 頼りがいがありつつも、かわいらしく甘えん坊な禰豆子のワンシーンでした。 ひょっこりと現れて「ヨッ」 禰豆子のヨッが好きすぎる — 浩一 kDZAEMNWtevILPV 禰豆子がひょっこりと現れては「ヨッ」と声をかけていくシーンがいくつか見られます。 幼さが際立った描かれ方であったり、間の抜けたようなデフォルメ顔であったり。 緊迫したシーンに緩急をつけるように登場する禰豆子には、つい癒されてしまいます。 ちょっとしたコマで禰豆子の天真爛漫さを表現したり、独特な空気感を醸し出すといったところは作者である吾峠先生の技が光ります。 漫画を読む際には小さなコマにも注目して、余さずに楽しみたいところですね。 温泉でゴキゲンに泳ぐ姿がかわいい ゴキゲンねずこちゃんかわいすぎゆ? 物語においてこれといった意味があるわけではありませんが、 すまし顔でゴキゲンに泳ぐ禰豆子に、思わずほっこりとしてしまいます。 豆知識ですが、大正時代では混浴はまだまだ一般的な風習として残っていたようです。 兄妹で一緒に温泉に入るのも珍しいことではないらしく、炭治郎も禰豆子ものびのびと入浴していますね。 また、おそらくこのシーンが 最初で最後となる禰豆子の貴重な入浴シーンであると思われます。 ひょっとしたらアニメ化によって、じっくりと描かれる可能性も? 希少性や時代背景が詰め込まれた、意外と複雑なシーンでした。 しかし、恋柱である 甘露寺 蜜璃 かんろじ みつり は、鬼にまつわるトラウマや強い恨みは持ち合わせていないことから、禰豆子の存在を好意的に受け止めています。 甘露寺蜜璃は仲良し5人姉弟であるため、妹のような禰豆子ともすぐに仲良しに。 禰豆子自身もべったりとくっついて離れないほどに懐いてしまうのでした。 壮絶な戦いの合間に見る禰豆子の無邪気な姿は、かわいらしさが一層際立って見える魅力的なシーンですね。 覚醒?鬼化が進んだ禰豆子は大人っぽくて素敵 公式ファンブックによると、 禰豆子の年齢は14歳で身長は153cmとのこと。 今までは幼子のような体格まで身体を縮めることができる特異体質を持っていましたが、強敵である上弦の陸との戦いで大きく変貌を遂げました。 その姿は、胸が膨らみ身長も大きくなって、 長い脚がスラリと伸びた妖艶な女性の姿に。 これは 鬼化が進行して覚醒したもので、鬼によく見られる アザや血管が浮き上がり、角が生えてくる等といった鬼の特徴を色濃く反映する変化も同時に現れました。 ですが、身体が変化するとともに精神も鬼に蝕まれてしまい、一時的に鬼の本能に飲み込まれて狂暴化してしまうという事態に見舞われます。 狂暴化した禰豆子は、必死に制止する炭治郎が唄う子守唄で、かつて生きていた母を想起して泣きわめきます。 ひとしきり泣いた後は眠りにつき、やっとのことで落ち着きを取り戻すのでした。 なお、その後は精神の成長が伴ったためか、鬼の特徴が濃く表れても自我を失うことはなくなりました。 普段の幼子のような姿からは想像ができない、思わずドキッとしてしまう セクシーな禰豆子でした。 もちろん禰豆子も同様で、常に陽光を避けて行動してきました。 しかし、ついに選択の時は訪れます。 朝日が昇ろうとしている最中、今まさに人を喰おうとしている鬼を打ち倒すべきか、肌が焼けただれ始めた禰豆子を陽光が届かない場所へ避難させるべきか。 この極限の選択を迫られたときに、優しすぎる炭治郎は迷ってしまい、行動を選択することができなくなってしまいます。 その時に背中を押したのは、なんと陽光に焼かれ始めた禰豆子。 禰豆子は死を覚悟して炭治郎を鬼のもとへ投げ飛ばし、人を救うという選択をするのでした。 覚悟を決めた炭治郎は 無事鬼を打ち倒しますが、その後に襲うのは とてつもない悲しみと虚無感。 大粒の涙を零してうなだれますが、ふと振り向くとそこには朝日に照らされて立っていたのは、 陽光に焼かれたはずの禰豆子。 「お お おはよう」、「だい……だいじょうぶ」、「よ よかったねぇ」と、たどたどしくも 鬼になって以来初めて言葉らしい言葉をしゃべることができるようになった禰豆子。 底抜けの優しさと仲間たちで助け合ってきた結果がついに実を結ぶ、涙なしには見られないシーンでした。 禰豆子のハイクオリティでかわいいフィギュアも! ここまで様々な禰豆子の魅力を紹介してきたところですが、好きになってしまったキャラクターを物理的に傍に置いておきたいと思ってしまうのは人の性。 禰豆子のとてもかわいらしいフィギュアが製作されていますので、あわせてご紹介します! 手のひらサイズで、とてもかわいらしいフィギュアです。 頭身は小さめで、困り顔が特徴となっています。 カゴなどの小物のようなアイテムと組み合わせて撮影すると、いろいろなシーンを妄想できそうですね。 このフィギュアは、決して 陽光には晒さずに日陰で鑑賞したいものです。 2020年5月31日発売予定のフィギュアですが、有名なフィギュアメーカーのコトブキヤによる禰豆子のフィギュアです。 とても立体的で、 たなびく髪や服の躍動感と 鬼気迫る表情がとても迫力のある仕上がりになっています。 アニメのワンシーンをそのまま切り取ったような出来栄えが魅力的なフィギュアですね。 様々なアニメなどでも展開されている「 ねんどろいど」ですが、禰豆子のねんどろいども 2020年4月30日発売ということで予約受付を開始しています。 ねんどろいどは表情や足パーツなどの付け替えが可能なので、 気分や好みで表情を交換できるのが便利なところです。 穏やかな通常時の顔&戦闘時の鬼気迫る表情等が付属していますが、 普段禰豆子が籠っている炭治郎の背負い箱も付属します。 特徴的なアイテムが付属すると、 キャラクター単体よりも所有感や満足感が向上しますので、とても嬉しい付属品ですね。 ドキドキの展開が続く「鬼滅の刃」。 禰豆子が無事人間に戻れることを祈りつつ、これからも禰豆子のかわいい姿に期待しましょう!.

次の