回鍋肉。 回鍋肉

回鍋肉(ホイコーロー)は、余っても冷凍保存せずにリメイクしよう!

回鍋肉

がおいしい! ゲストさん 19:11• がおいしい! ゲストさん 19:10• がおいしい! ゲストさん 19:10• がおいしい! ゲストさん 18:57• がおいしい! ゲストさん 18:51• がおいしい! ゲストさん 18:37• がおいしい! ゲストさん 18:24• がおいしい! ゲストさん 18:12• がおいしい! ゲストさん 18:06• がおいしい! ゲストさん 17:57• がおいしい! ゲストさん 17:56• がおいしい! ゲストさん 17:55• がおいしい! ゲストさん 17:48• がおいしい! ゲストさん 17:47• がおいしい! ゲストさん 17:46.

次の

回鍋肉のレシピ・作り方

回鍋肉

日本の回鍋肉 四川省出身の中華料理人、が回鍋肉を日本へ広めた際に蒜苗がキャベツに取って代わられ、それが日本の一般的なものとなった。 本場のものに比べ、を多めに使った甘辛い味なのも特徴である。 また、手間を省くために最初から薄切り豚肉を使うレシピも考案された。 市販の合わせ調味料を使って家庭料理として作る際には、そちらが著名なものとなっている。 基本的な作り方 [ ]• をあらかじめ作る。 材料は、、、、、、など。 各自の好みと工夫による。 でを炒め、いったん鍋から取り出す。 やなど野菜を、湯通し、もしくはて火を通す。 、、をいため、香りが立ったら野菜・肉を戻し、たれを加え、さっと混ぜ合わせて完成。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、・に関連した です。 などしてくださる()。

次の

【回鍋肉】のこってり味に、どーしても必要な調味料とは!?【オレンジページnet】プロに教わる簡単おいしい献立レシピ

回鍋肉

回鍋肉(ホイコーロー)が余ってしまった場合に、冷凍保存するのはやめておくべきだ。 一番よいのは1回で食べ切れる程度の分量を作ることだが、それでも余ってしまうことはあるだろう。 翌日に同じ回鍋肉(ホイコーロー)を食べるなら冷蔵保存でもよいが、時間がたつにつれ、炒め物のシャキッとした歯ざわりは失われ、美味しくなくなってしまう。 前日は美味しかった料理の味が落ちた残り物を食べるのは、誰しも気が進まないものだ。 かといって冷凍保存すれば、回鍋肉(ホイコーロー)の味はさらに落ちる。 これは、解凍されるときに野菜から水分が出てしまうためだ。 そもそも水分量の多い野菜類は、一般的に冷凍には向かない。 冷凍食品メーカーからは多種多様の冷凍野菜が出ているが、それらの多くは料理素材としてのものだ。 回鍋肉(ホイコーロー)のように、でき上がった野菜のおかずが冷凍食品として売られている例は、料理素材としての冷凍野菜商品に比べれば少数だろう。 回鍋肉(ホイコーロー)のように、野菜を多く用いた料理を家庭で冷凍しようという考えは、初めから捨てた方が無難である。 調理済みの回鍋肉(ホイコーロー)をどうしても冷凍保存したい時のために、もっとよい方法を提案したい。 それは、半調理段階で冷凍することだ。 豚肉には下味をつけて、さっと炒めておく。 キャベツなどの野菜はすぐに炒められるように適当な大きさに切って、フリーザーバッグに入れて冷凍する。 このとき、できるだけ空気をぬいて平らになるようフリーザーバッグに入れるのがコツだ。 さらに、味付け用のタレも合わせてしまってからフリーザーバッグに入れて冷凍する。 豚肉、野菜、タレを別々に冷凍するのはもちろんだが、キャベツ以外に複数の種類の野菜を使いたい場合は、それぞれの野菜ごとに別のフリーザーバッグに入れて冷凍しよう。 面倒なようだが、ここを徹底すれば、でき上がりの味は確実に変わる。 これは、野菜によって火の通る早さに差があるためだ。 こうして冷凍した材料で作る回鍋肉(ホイコーロー)は、生の状態から作ったものに比べれば、やや味は落ちるかもしれない。 しかし、でき上がりを冷凍保存したものに比べれば格段に美味しい。 冷凍保存の段階でここまでしておけば、炒め合わせるのはごく短時間で済むので、時間をかけずに手作りのおかずを用意したい場合には重宝する。 手際よく作れば、冷凍保存した材料で作ったとは家族も気付かないかもしれない。 回鍋肉(ホイコーロー)という料理にこだわらなければ、ほかにもよい方法がある。 違った料理にリメイクしてしまうのだ。 この方法のよい点は、「昨日の残り物を食べている」という感覚を家族に味わわせなくて済むことだ。 揚げ春巻きやサモサのように皮で包めば、元の状態を思い出すことはないだろう。 春巻きなら春雨、サモサならジャガイモなどで増量してもよい。 増量した分だけ味が薄まるので、ソースなどでほかの味を新たに加えることもできる。 見かけが変わって味も違えば、春巻きやサモサの中身が前日の回鍋肉(ホイコーロー)だったということには思い至らないだろう。 これは回鍋肉(ホイコーロー)を、1つの料理素材として扱う方法である。 チーズや納豆と一緒に餃子の皮で包むのも面白いし、油揚げの中に詰めて焼いてみるのもよい。 たっぷりの大根おろしに香菜を添え、ポン酢とともに出してみよう。 立派な創作料理のでき上がりである。 包んでリメイクするほかに、もっとも単純な方法としては回鍋肉 ホイコーロー の残りを細かく刻んで、チャーハンの具にするのもよい。 もともとチャーハンの味付けにオイスターソースを使うという方には、何の違和感もないはずだ。 甘めの味付けが気になる場合は、たっぷりの刻みネギを添えれば、辛味が加わってすっきりするだろう。

次の