アメリカ マスク。 マスク戦争勃発?なぜアメリカ人はマスクを嫌がるのか:時事ドットコム

アメリカ国内で激化する「反マスク運動」 着用巡って銃撃事件も発生

アメリカ マスク

マスク着用の義務化が各州で進んでいるアメリカ。 そんなアメリカで「マスク着用免除カード」なるものが出回り、ちょっとした話題を呼んでいます。 マスク着用義務化に反対する「Freedom To Breathe Agency(呼吸自由局)」という架空の団体が、ネット上でPDFファイルをダウンロードして自分で印刷する形で「マスク着用免除カード」を配布していましたが、もちろん偽のカードです。 Have you seen this face mask exemption card? It's fake, U. Dept. of Justice says. If someone presents this card to you, please cut it up. フェイスマスクの着用は、精神的及び肉体的なリスクを私にもたらします」と記載されています。 一部のカードにはアメリカ司法省(U. Department of Justice)のシールが貼られていたりもします。 ada. html[] 司法省は「マスク着用免除カード」に対して同省のシールの発行も承認もしていないとする声明を出しています。 today.

次の

マスク着用を求められてブチ切れ、店員に商品の靴箱を投げつけた女性(アメリカ)(2020年7月13日)|BIGLOBEニュース

アメリカ マスク

結論先に 「アメリカがN95マスク購入のために、特殊フィルターが「3倍近い需要」で買いあさり、ドイツとフランスも参戦した結果、中国マスク工場で操業が停止。 4月20日頃から生産がいったんストップです。 」 日本人向けの三層不織布マスクは余りぎみでした 今日、マスク輸入商社と打ち合わせをして、先週の4月4日頃のアメリカ政府のマスク購入宣言がありました。 このため、商社の方から、 「アメリカのN95マスク系マスクの需要が高まり、中国のマスク工場では、不織布ではなく、中に入る特殊フィルターの価格が「 3倍需要」となりました。 」 「結果、それに驚いた、 フランスが10億枚、 ドイツが3億枚を更に要求し、この特殊フィルターの「争奪戦」が、4月4日の土曜日からスタートしました」 とのこと。 本来、日本向けの不織布三層マスクは、花粉症対策向けが多く、 「不織布+ 特殊フィルター+不織布」 となっております。 この程度の内容であります。 これで花粉症対策が可能な「BFE99%カット」となりました。 こうした中、上の表にあるVFEと同じレベルより高い「N95マスク」。 このレベルでの内容を見た場合、特殊フィルターの仕入れが重要になるとの事です。 4月20日から生産停止。 その後は5月までわからない こうした事から、4月18日までの生産計画までは全く問題ない状態でしたが、4月20日以降の中国のマスク工場は、特殊フィルターの在庫がなくなるため、いったん停止に。 5月上旬まで、マスクの生産計画がみえないとの事です。 多くのマスクメーカーは、素材である不織布については、あちこちで情報がありましたが、特殊フィルターについては、今回が初めての内容となりました。 2020年4月7日 激安品 リンク 熱中症特集(リンク) コロナ退治キャンペーン(リンク) マスク販売(リンク).

次の

アメリカの専門医「マスクの有無で、感染力の違いがひと目でわかる実験を行った」海外の反応:らばQ

アメリカ マスク

日本人は風邪をひいたときや、風邪の予防、花粉症対策でマスクをよく使いますよね。 自分も日本にいたときは寒い時期にマスクをよく使ってました。 もちろん風邪の予防の為に・・というのは建前で、私はすっぴん隠しによく愛用してました。 自分は体が超頑丈なタイプで、めったに風邪をひきません。 なのでマスクはあまり必要のない人間なのかもしれませんが、でも世間ではマスクを使っている人が多いですし、化粧したくないけど電車に乗らなくてはいけない時にマスクを使ってウロウロしてました。 みんながマスク姿なので顔を隠しても、全く怪しまれませんよね。 でもアメリカに来たら、マスク姿の人っていないんですよ。 風邪ひいていてもマスクしている人はほとんど見たことがありません。 アメリカ人がマスクしない理由 アメリカ人がマスクをしない理由なんですが、一言でいうと「マスクをする習慣がないから」ですね。 むしろマスクをしていると重病人患者だとか伝染病患者だと思われます。 そういった人は通常病院にいるので、マスクをする人は日常ほとんど見かけないし、会うことがありません。 そんなマスクはナシの文化の中でも、風邪をひいているとかで、友人がマスクをして自分が働いているレストランにやってきたことがあります。 マスクしている人ってほんとにいないので、「どうしたの?重病?!」ってつっこんじゃいましたよね。 レストランに来てテイクアウトのオーダーしていたので、その時点で重病ではないのですが、みんなマスクをしていない中で1人だけマスクしているので、やはり目立ってました。 日本が大好きな中国系アメリカ人の友人だったので、日本のマスク文化も知っているし、マスクに対して抵抗ないのかもしれませんが、まわりにちょっとビックリされるというのあるかもしれません。 「風邪うつっちゃうから、チカヨラナイデ~」って言ってましたけど、日本人の私ですら友人のマスクがやたら気になった(笑)。 あともう一人、マスク姿の人を見たことがあるのですが、その人のマスクは立体的なマスクで、医療用のマスクに近かったです。 その人がなぜマスクをしていたのかは不明ですが、レストランで寿司食べてたので重病ではないことは確かですね。 でもやはりこちらもマスクしていることが目立ちました。 みんながマスクしていればマスクって目立たないですけど、みんなしてない中でのマスクはやはり目立ちますよね。 5年のアメリカ生活でマスク姿を見たのは病院以外ではこの2人だけです。 アメリカは日本ほど人口密度が高くないですので、風邪ひいている人に過剰に接近しないですし、ましてや満員電車などもないのでマスクが必要ない、というのはありますね。 私は5年以上風邪を引いていないのですが、アメリカ人に 「どうやって風邪引かない様にしているの?ボクは1年に2回くらい引いちゃうよォォ」と聞かれたことがあります。 なんでも、スーパーとかに行ったら人が多いから、そこから風邪をもらってきちゃうそうですが、自分からすると、 「アメリカのスーパーってそんな人いるっけ?風邪もらうほど近づくことないよね?」的な感覚なのですが 笑。 この人は日本行ったら風邪ひきまくりですね。 もちろん、彼の頭の中にはマスクして風邪を予防する、という考えはありません。 風邪ひいたらすぐ仕事休む、というのもあるのかもしれません。 マスクして出勤するくらいなら家でゆっくり休みなよ、ということでしょう。 そして顔を隠すのは悪いことをしているからという考えもあるようですね。 強盗などは顔を隠してますもんね。 スポンサードリンク ひげマスク アメリカでは風邪でマスクしている人はいないですが、ヒゲ用のマスクをしている人はいます。 参考 www. digas. gr どこかのスーパーに行った時、調理している男性のヒゲが長かったのですが、ヒゲが食べ物の中に落ちない様にマスクしてました。 でも口と鼻はマスクで覆われていなかったので、あくまでもヒゲ用ということですね。 なぜ鼻と口は覆わないのか? ついでに鼻と口も覆えばいいのでは? 心の中では一人でツッコんでましたが、日本では見たことが無かったので衝撃でした。 日本人はヒゲを長くしている人ってあまりいないですし、短いヒゲの方が好まれる傾向にありますから、これも文化の違いなんでしょうね。 ま~、マスクと言っても「ネット」に近いのかも。 最近日本で見た光景でビックリしたのは、回転の寿司職人が透明のカバーを口元にしていたこと。 news-postseven. html マスクというかもう、シールドってやつですね。 マスクしながらもクリアにしゃべれる!マスクも進化してますね。 あとは寒さから顔を守る為のマスクは見たことがあります。 これは日本でもウィンタースポーツをする人は使う方もいますよね。 参考 www. bta-mall. com 日本の友達 私はアメリカでマスクをしたことがありませんが、日本の友達がアメリカに遊びに来た際にマスクをつけて来てしまいました。 空港の到着ロビーをマスクしてウロウロしてました。 化粧をしていなかったから着けてるとのことでしたが、アメリカでの事情を話すと 「え!そうなの?知らなかったよ~!」とすぐにマスク取ってました。 たかがマスクですが、マスクに対する考え方も日本とアメリカで違うのは面白いなと思います。

次の