筋 トレ 筋肉 痛 ならない。 筋トレをしても筋肉痛にならない場合は毎日やっても良いのか?

筋トレ後に筋肉痛がこない理由:筋肉がついた証拠?

筋 トレ 筋肉 痛 ならない

前日の筋トレでしっかり筋肉に負荷をかけれたという事は、筋肉が疲労しているという事であり、筋肉内に疲労物質が残っているという事です。 また筋トレで損傷した筋繊維は、より強く太くなって回復する超回復を行いますが、回復の際には筋繊維が発熱(炎症)したり血液を集中させて栄養を集めようとします。 こういった理由から筋トレ後のだるさや眠気は発生するので、 基本的には健康的なものなので気にする必要はありません。 例外として、夜に筋トレを行う事で目が覚めて眠れなかった等の理由はありますが、それは筋トレに直接関係のない話で単なる寝不足によるものです。 疲労感を抱えたまま筋トレをすればするほどに疲労だけが蓄積するようになってしまうのです。 それだけでなく、仕事中に居眠りしかけたり、集中力が低下するなどの日常生活における支障も出てきます。 しかし、 対策はあります。 しっかり対策することで筋トレ後の疲労感は解消出来ますので、ここで紹介していきましょう。 しっかりと栄養を摂る 対策の1つが、 しっかりと栄養を摂る事、特にプロテインの摂取です。 基本的に筋トレ後のだるさ、眠さは筋トレによって損傷した筋繊維を修復されている時に起こるので、筋繊維が早く修復されれば無くなるという訳です。 しかし、栄養やプロテインをしっかり摂ると言われてもどれだけ取ればいいのかわかりませんよね。 まずプロテインからお話しすると、 重要なのはプロテインを飲むタイミング。 最も良いとされているのは 筋トレ後45分以内のゴールデンタイムです。 この時間にプロテインを飲むと吸収率が非常に良いので、ここで飲むのは間違いなく必要となります。 しかし本当に重要なのは筋トレした日だけ飲んでもダメという事。 筋繊維の修復は筋トレ後2~3日に渡って行われます。 筋トレした当日のみプロテインを飲み、後は回復まで飲まなかった場合、筋肉の回復期に栄養が足りないという事になり、栄養が足りなければもちろん回復は遅くなり、筋肉が強く成長しません。 なので、回復期にもプロテインは飲む必要があります。 仮に 週に2~3回筋トレする人であれば毎日プロテインを飲むという事になるわけです。 プロテイン1食で15~20gのたんぱく質は摂取できるので、朝、昼、就寝前等のコマメな摂取すると良いでしょう。 疲労を残さないという事は筋肉の修復を早める事に繋がるため、タンパク質、多くのカロリーがまずは必要となります。 日頃からプロテインを飲み、しっかりご飯を食べる習慣をつける事が大事という事です。 1日たった2杯!筋肉がつきやすい身体を作るプロテインとは? 筋トレ翌日の疲労感を解消したいなら、1日2回飲むだけで筋肉がつきやすい身体を作れる HMB配合プロテインを活用すべき。 というのも、 筋肉がつきやすいという事は体内に栄養があるという事であり、栄養があれば傷ついた筋繊維の修復が早くなるから。 栄養不足の状態では 傷ついた筋繊維を修復するまでに時間がかかってしまうため、だるさや眠さ、疲労感が長引く事になるのです。 では、栄養を摂るためにドラッグストア等で市販されている通常のプロテインを飲めばいいのか。 確かに通常のプロテインでもたんぱく質の摂取は可能ですが、それだけでは十分な栄養を摂取出来ないため、筋肉がつきやすい身体を作るには多くのサプリで補う必要があります。 その点、このHMB配合プロテインならクレアチン、シトルリン、BCAA等の通常のプロテインでは補えない栄養まで豊富に含まれているため、トレーニング前と就寝前の1日2回の摂取を続ける事で筋肉がつきやすい身体になるのです。 更に、同じ内容を通常のプロテインとサプリでそろえた場合と比較すると、コストパフォーマンスが圧倒的に優れている事も魅力。 実際、私はドラッグストアで購入したプロテインを飲み続けていた頃は、筋トレ翌日のデスクワークで眠くなり、コーヒーを飲んでも中々目が覚めない事が多くありました。 しかし、HMB配合プロテインを継続的に飲むようになってからは、コーヒーですぐに打破できる程度となったので悩むことは無くなりました。 そんなHMB配合プロテインは、今なら 公式サイトから初月50%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。 お風呂に入る事 お風呂に入る事は非常に効果的。 お風呂に入って体を温める事で血行が良くなり、筋肉に栄養が届くのが早くなります。 栄養が早く届くと筋肉の修復が早まるので、寝ている間に治るという事もありえるのです。 加えて溜まっていた疲労物質の排泄にも繋がるので、血行を良くするお風呂はとても効果的な対処法なのと言えます。 しっかり睡眠をとる事 筋肉の修復と睡眠は関係ないように思うかもしれませんが、睡眠中に多く分泌される 成長ホルモンがとても重要なのです。 成長ホルモンは筋肉の疲労物質の分解を助ける作用があるので、疲労感自体を解消してくれます。 しっかり睡眠をとり、筋肉を休める事は回復の基本という事です。 まとめ.

次の

筋トレをしても筋肉痛にならない場合は毎日やっても良いのか?

筋 トレ 筋肉 痛 ならない

筋肉トレや運動の後に襲ってくる「筋肉痛」。 せっかく張り切って運動を始めても、筋肉痛がひどくて続かなかったり、翌日に歩行も困難なほどの筋肉痛でツライ思いをしたという経験がある方も多いのではないでしょうか。 また、運動に限らず、重い物を持ったり同じ姿勢を続けたりした後で、予想外に筋肉痛になってしまい不便な思いをすることも…。 筋肉痛の予防法と、回復術を身につけ、筋肉痛になりにくい体を目指しましょう。 筋肉痛のメカニズム 筋肉痛は運動をした翌日以降などに使った筋肉に痛みが起こる現象です。 症状がひどい場合は、運動はおろか日常の歩行さえも億劫になるほどの痛みを伴います。 筋肉痛になるメカニズムは、まだはっきりとは解明されていませんが、以下が考えられています。 結合組織の損傷 筋肉は伸縮性の高い「筋細胞」とその筋細胞を接着する伸縮性のない「結合組織」から構成されています。 筋肉を大きく動かして形が変わると、その伸縮性のない結合組織が損傷し、炎症が起きるといわれています。 筋繊維組織が再生する過程での炎症 小さな断裂が起こった筋繊維は一度分解され、同じ場所に新たに筋繊維が合成されます。 この筋肉が分解される際に、炎症が起きて痛みが発生するといわれています。 疲労物質「乳酸」の働き 疲労物質と言われている乳酸ですが、ブドウ糖を分解し筋肉を動かすエネルギーを作るために必要な物質です。 ただ、激しい運動をするとエネルギーを多く作ろうとして乳酸が筋肉に過剰に蓄積し、中性であった筋肉が酸性となり筋肉を固くさせるため、炎症や痛みを引き起こすといわれています。 筋肉痛の予防法 筋肉痛は起きてから治すよりも、事前に予防する方が効果的です。 運動前の軽い栄養補給 運動前には筋肉の修復に使われる(アミノ酸)、エネルギー効率を高めるを摂取するようにしましょう。 また、エネルギーを作る過程で発生する疲労物質の「乳酸」を抑えるといわれているクエン酸も、筋肉痛予防に効果的です。 クエン酸が含まれる食品は、グレープフルーツ、レモン、梅干しなどで、特に黒酢にはクエン酸が多く含まれています。 おすすめ健康レシピ 運動前のウォームアップ 筋肉痛を防ぐために、運動の前には必ずウォームアップとして軽いジョギングとストレッチを行いましょう。 ジョギングの場合は身体が少し汗ばむ程度に走れば十分です。 運動前のストレッチは、立ったまま関節の曲げ伸ばしや回旋など関節運動で筋や腱を引き伸ばしたり、実際のスポーツや運動に近い動きを取り入れた、柔軟性を向上させる「動的ストレッチ」を行い、体のエンジンをかけます。 ラジオ体操を行ってもよいでしょう。 運動後のクールダウン 運動後も軽いジョギングがおすすめです。 リラックスしながら軽くジョギングし、徐々にペースを落とします。 運動の熱が冷める前に行うことがポイントです。 こまめな水分補給 汗をかくことで血液中の水分が減ると、血液がドロドロになって循環が悪くなり、酸素や栄養のめぐりが悪化するため、筋肉痛を引き起こしやすくなります。 運動前後はもちろん、運動中も忘れずこまめに摂取しましょう。 毎日のウォーキング 普段何気なく行っているウォーキングは脚、腰、腹筋、腕などあらゆる筋肉や神経を使う有酸素運動です。 日々のウォーキングは筋肉を鍛え、また柔軟にするので、筋肉痛になりにくい身体になります。 筋肉痛になったら?筋肉痛の回復術 筋肉痛になってしまったら、酸素や栄養分が筋肉に行きわたり、さらに疲労物質を溜めたままにしないように、血行をよくすることが回復への近道です。 炎症や熱がある場合は冷やし、その後温めて血行を促す 激しい運動をして炎症や熱がある場合は、まず傷めた筋肉を冷やし、熱を鎮めます。 その後、熱がなくなって落ち着いたら、温めて血行を促します。 炎症や熱がない筋肉痛では、最初から冷やさずに温めて血行をよくする方が回復が早くなります。 軽いウォーキングやストレッチで血行をよくする スポーツの前の軽いジョギングやストレッチは筋肉痛の予防になりますが、筋肉痛になった後でも、軽いウォーキングやストレッチなどを無理のない範囲で行い、血行をよくすると筋肉痛の治りが早くなります。 ぬるま湯につかり、マッサージを行う いつも通りの温度で入浴をすると、かえって筋肉が疲れてしまい、筋肉痛が悪化するということもありますので、ぬるま湯がおすすめです。 筋肉痛がひどい場合は足浴だけにして、あとはシャワー程度が良いでしょう。 ぬるま湯に浸かった場合は、湯上りに軽くマッサージをするのもいいでしょう。 強いマッサージは筋肉を硬くしてしまうので、筋肉痛がある間は避けましょう。 じっくり睡眠をとり、身体を休める 無理に身体を動かさずに、普通に食事をしてじっくり睡眠を取りましょう。 睡眠時には新陳代謝を活発化させ、疲労を回復し、肉体を治癒してくれる成長ホルモンが分泌されます。 成長ホルモンの分泌が最も活性なのは夜の22時〜2時です。 良質なたんぱく質を中心とした食事 筋肉痛を回復するには栄養価の高い食事を摂ることも大事です。 筋肉痛予防と同様に、筋肉の主成分となるたんぱく質、疲労回復効果のあるビタミンB1、クエン酸を積極的に摂取するようにしましょう。 筋肉痛Q&A Q. 筋肉痛のときに運動はしてもいいか? A. 自分の身体の調子を見ながら、少し動かしてみるのは構いませんが、急激な運動はさらに筋肉を傷めてしまうことにもなります。 できるだけ軽めの有酸素運動にしましょう。 歳をとると翌日以降に筋肉痛がくる? A. 筋肉痛がすぐに起こるのは筋肉に負荷の高い運動をした場合です。 筋肉痛が2日後や3日後など日をおいて出てくるのは、年齢を重ねて筋力が落ちてくると、無意識にケガの危険性もある筋肉を酷使するような激しい運動を避けるため、筋肉痛がすぐに起こりにくいと言われています。 筋肉痛にメリットはない? A. 筋肉痛がおきた場合は、次からのトレーニングやスポーツの運動量の目安になります。 また、アスリートは筋繊維を損傷しても、回復すれば筋肉がより強くなるとポジティブに考えます。 筋肉痛を勲章と捉え、トレーニングやスポーツを始めてみてはいかがでしょうか。

次の

筋トレ後に筋肉痛がこない理由:筋肉がついた証拠?

筋 トレ 筋肉 痛 ならない

宮川俊平先生は「筋肉痛には、運動する時間の長さや負荷に対する筋肉の耐久性が関係している」と言います。 例えば、普段まったく運動をしていない人が急にテニスをして、コートで1時間ボールを追ったとします。 おそらくその人は筋肉痛になってしまうでしょう。 あるいは、1時間くらいの練習では筋肉痛にならない人が、2時間、3時間とハードな練習をして筋肉に負荷をかければ、やはり筋肉痛になるかもしれません。 筋肉にその運動を長くし続けられるだけの耐久性がなかったり、普段よりも大きな負荷がかかったりした場合に、筋肉痛になると考えられます。 では、どのようなメカニズムで、痛みが引き起こされるのでしょうか。 「まず、負荷をかけたことにより筋線維がミクロの損傷を受けます。 それが炎症を引き起こし、痛みの原因になります。 筋肉痛が回復すると、傷ついた筋線維は以前より少し太くなります。 つまり、定期的に筋肉が少し痛む程度の負荷をかければ、筋肉は少しずつ鍛えられ、耐久性がつくともいえます」。 ただし、筋肉痛にならなくても、筋肉は定期的な刺激によって鍛えられていきます。 痛みが引き起こされるもう1つの原因が、脱水による筋肉内の循環不全です。 運動中は発汗によって水分が失われ、体内の血流が減少します。 この血流の減少が酸素不足や代謝産物の蓄積を招き、負荷をかけた部分が凝ったように硬くなってしまいます。 それにより、痛みが生じるのです。 「運動前や運動中、水分を十分に摂取するかしないかが、筋肉痛の発症に大きくかかわってきます」と宮川先生。 脱水は筋肉だけでなく体全体にも悪影響を及ぼすので、特に夏は注意が必要です。

次の