インターネット エクスプローラー 遅い。 Windows10

インターネットの接続が遅い?!Windows10を使っているなら見直しておきたいWindows Update設定

インターネット エクスプローラー 遅い

パソコンやスマホで日本語の入力ができるのは「日本語入力システム」がそれぞれの端末に搭載されているからです。 日本語入力システムも1種類ではなく、主なシステムには次のようなものがあります。 パソコンやスマホを購入すると、最初から日本語の入力ができるので、あまり意識したことはないかもしれませんが、パソコンやスマホには日本語を入力するための「日本語入力システム」が搭載されています。 Windowsパソコンの標準の日本語入力システムはMicrosoft IMEですが、他にも多くの種類があり、それぞれにバージョンも存在するため、日本語入力のトラブルは、システムやバージョンによって解決方法が異なってきます。 日本語入力システムの主なもの 日本語入力システムには種類がたくさんあるため、それぞれのソフトによって入力が遅くなる原因は異なります。 ここでは、主な日本語入力システムについて原因をご説明しましょう。 予測入力機能で遅れ発生~Windows10 のMicrosoft IME の場合 最新のOSであるWindows10でMicrosoft IMEを利用している場合、新たに追加された「予測入力」という機能が文字入力や文字変換を遅らせている可能性があります。 予測入力機能とは、キーボードから何文字か入力すると、いれようとしている文字(文章)を予測してその変換候補を表示してくれる機能です。 とても便利な機能ではありますが、この機能がオンになっていることによって、文字入力や変換が遅くなっている可能性もあります。 予測変換機能は、標準では「ON」になっていますが、下記の手順で「オフ」にすることができます。 オフにして文字入力や変換の速度に変化があるか試してみましょう。 予測変換機能をオフにする方法 1.タスクバーの「A」または「あ」を右クリックします。 2.表示されたメニューから「プロパティ」をクリックします。 3.「Microsoft IMEの設定」画面が表示されるので「詳細設定」をクリックします。 4.「Microsoft IME の詳細設定」画面の「予測変換」タブを選択し、「予測入力を使用する」のチェックをはずして、OKをクリックします。 JWORD などプラグイン(アドオン)の影響 アドオンとは、Internet Explorerに追加でインストールされる動画再生機能などの拡張プログラムのことです。 使用すると便利なものもありますが、アドオンを有効にすることでネットが遅くなることもあります。 その中で文字入力が遅れる原因として考えられているのが、「JWORD」というプラグインです。 「JWORD」はインターネット検索情報サービスですが、知らない間にインストールされるケースもあります。 利用していない場合は「JWORD」をアンインストールすることで文字入力の遅さが改善される可能性があります。 アドオンは、プログラムにあとから追加可能な機能ですが、アドオンが原因でトラブルがおきたり、動作が遅くなることもあります。 アドオンは次の手順で無効にすることができます。 3.無効に設定したいアドオン名をクリックし、「無効にする」をクリックします。 ここでは例として、「Quick Time Object」を無効に設定します。 JWORD のアンインストール方法(Windows7 の場合) 最近はあまりありませんが、数年前までは、私もJWORDによるトラブルに何度も遭遇しました。 文字入力が遅い、入力でトラブルが起きる場合は、JWORDがインストールされていないか確認しましょう。 アンインストールすることでトラブルが解決する可能性があります。 【Windows 7 での操作手順】 1.「スタート」ボタンをクリックし、「コントロール パネル」を選択します。 2.「コントロール パネル」の画面内部の右上にある「表示方法」で「カテゴリ」を選択します。 3.「プログラム」下にある「プログラムのアンインストール」をクリックします。 4.表示された一覧の中から JWordプラグインに該当する項目を探します。 5.「JWord プラグイン」を右ボタンでクリックし「アンインストール」をクリックします。 6.「ユーザー アカウント制御」の画面が表示されるので、「続行」をクリックします。 7.アンインストールについて確認する画面が表示されるので、「はい」をクリックします。 8.アンインストールが終了し、再起動に関するメッセージが表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。 実際、Google日本語入力を使うことで症状が改善したという情報もあります。 最初にもご説明しましたが、日本語入力システムには多くの種類があり、別の日本語入力システムを利用することで、トラブルが解決することもあります。 入力システムが2つ以上はいっている場合は、切り替えて使うこともできます。 Google 日本語入力システムのインストール方法 [Windows10 ・Google Chrome の場合] 1.Google日本語入力システムのサイトを開きます() 2.「Windows版をダウンロード」をクリックします 3.利用規約を確認し、「同意してインストール」をクリックします。 4.「名前を付けて保存」画面が表示されるので、場所を決めて保存をします。 5.画面左下にダウンロードしたファイル名が表示されるので、クリックします。 7.インストールが終わると、下記の初期設定の確認画面が表示されるので、確認・設定をして「OK」をクリックします。 9.「青いマーク」をクリックするとGoogle日本語入力とMicrosoft IMEを切り替えることができます。 Microsoft Update の影響 Microsoftで提供しているアップデートプログラムの影響で、Microsoft IMEがネット上でうまく動かなくなったこともあるようです。 すでに、修復プログラムも提供されているので、トラブルは解消されているはずですが、アップデートを行っていない方は、Windows Updateだけでなく、Office Updateも確認してみましょう。 詳細は上記リンクをご覧いただけると分かりますが、簡単にいうと、Windows UpdateはOSの更新、Microsoft UpdateはWordやExcelといったOfficeなどアプリケーションも対象になるUpdateです。 日本語入力システム(Microsoft IME)は、Microsoft Updateの対象なので、IMEに何か不具合が見つかった場合は、Microsoft Updateから修復プログラムが提供されます。 入力した文字が画面の左上に出る ネットで文字入力が遅いのとは別の現象ですが、検索エンジンで検索ボックスに文字を入力したはずなのに、画面の左上の枠に緑色の矢印とともに文字が表示されてしまう、というトラブルもあるようです。 参照: 文字入力についてのトラブルで、私が一番問い合わせを受けるのが、上記のように「入力した文字が画面の左上に出る」という症状です。 インターネットを利用している時だけでなく、さまざまな文字入力シーンで発生する症状ですが、このようになったら次のように対処しましょう。 文字入力する画面が選択されていないのが原因 このようなトラブルは、文字を入力しようとした際、誤ってマウスやタッチパッドを触ってしまい、デスクトップなど日本語入力に対応していない欄に日本語を入れようとしている場合に起こります。 対処方法は? 1.表示されてしまった小さな枠の文字をBackSpaceキーで削除します 2.実際に文字を入力したい欄をクリックします 3.カーソルがその欄に表示されていることを確認して、文字を入力します または、文字入力を「半角英数」にすることで通常どおり入力することができます まとめ インターネットはサクサク表示できるのに、いざ検索ボックスなどに文字を入力しようとしたら、文字入力が遅い、なかなか変換できない、ブラウザがフリーズしてしまう…。 こんな状態になったら、困りますよね。 文字入力のトラブルは、ネット環境ではなく、日本語入力システムによるものが多いので、使用している日本語入力システムを確認し、その上で今回ご紹介したトラブル解決方法をチェックしてみてください。 また、どうしても解決しない場合は、他の日本語入力システムを使うのもひとつの方法だと思います。 私の経験上、ネット環境は光回線業者に依存します。 光回線業者というのはその名の通り、光回線を提供している業者で、代表例としてはNTTの「フレッツ光」やソフトバンクが提供している「ソフトバンク光」、他にはドコモ光やNuro光といったものが存在します。 規制が緩和されてから色んな業者が参入し、どれが最適かわからない人も多いですが、この仕事を始めて10年以上、いろんな方のPCを見てきましたが、 家庭内のネット環境で断然トラブルが少ないのは「フレッツ光」です。 ネット回線は領土の奪い合いと言われていますが、NTTはこの事業にいち早く参入しており、良質な回線を確保しているのだと思います。 ネットトラブルで困っている方は一度フレッツ光への変更を検討してみてはいかがでしょうか? 最大45000円のキャッシュバックキャンペーンもやってるので、お得に変更が可能です。 また、フレッツ光の人で、ソフトバンクやOCN, BigLobeなどのサービスを受けている人におススメなのが、「光コラボ」です。 フレッツ光の回線を使いつつ、各業者の特典などを享受可能なので、もしソフトバンク光やOCN光などに変更を考えている方がいましたら、この「光コラボ」を検討するのもおススメします。 ポケットWifiは自分専用のWifiを持ち運べるというイメージですので、1人暮らしの方、自分以外の家族がネットを使わない場合にも利用可能です。 また、格安スマホとのコンビネーションも抜群で、ネットはよく使うけど、電話はあまりしない方は使い方次第で大きく料金を改善することが可能です。 ポケットWifiはコースによって、使用可能な容量と料金が決まっていますが、後述するWimaxのように一日の利用制限がないことが特徴です。 まとまった作業が発生するときも安心です。 ただ、 ほとんどのポケットWifiは契約時に2年縛り、3年縛りの契約リスクがあります。 そんな中、近年いくつかのメーカーが所謂 「縛りのないポケットWifi」サービスの提供を始めています。 詳細は以下にまとめておりますので、検討時の参考にしていただければ幸いです。

次の

Windows10のインターネットが異常に遅い原因とたった1つの対策!

インターネット エクスプローラー 遅い

「ツール」〜「インターネット オプション」を選びます。 「全般」タブの「閲覧の履歴」の「一時ファイル、履歴、Cookie、保存されたパスワード、およびWebフォームの情報を削除します」の「削除」を押します。 そうすると削除する項目の選択画面がでてきます。 インターネット一時ファイルだけでもいいと思います。 長く使っていると、削除に時間がかかります。 (クリックします) 「ブラウザーが不安定な状態になった場合のみ、この設定を使ってください。 」と書いてあるように リセットすると今までの設定、記憶させたパスワード、クッキー、履歴など消えてしまいます。 お気に入り(Bookmark)は残るようです。 ツールの「インターネットオプション O 」をクリックして、インターネット オプションを開きます。 一番下のローカル エリア ネットワーク(LAN)の設定の「LANの設定」のボタンをクリックします。 プロキシ サーバーの「LANにプロキシ サーバーを使用する(これらの設定はダイヤルアップまたはVPN接続には適用されません X 」にチェックがついてないか確認します。 チェックが付いていたら外します。 外れていることを確認したら「OK」ボタンを押します。 ツールバーは「ツール」〜「インターネット オプション」を開いて必要な物以外のチェックを外します。 IE起動時に1つあればいいと思います。 アドオンが表示されるので、無効にするか、Dlete Addonで削除します。 どれが必要かはその人によって違うので、モザイクをかけてあります。 削除するよりは、無効にする方が安全かもしれません。 わからないもの、自分でインストールしたもの以外は残しておいた方がいいかもしれません。 いろいろなアドオン(プラグインソフト)が、インストールされていますよね。

次の

Internet Explorer対処方法:「ieが重い、遅い?」と感じた時

インターネット エクスプローラー 遅い

皆さんが普段仕事やプライベートで使っているWindows10のエクスプローラが遅い、重い、コピーや右クリックが遅いと感じるときはありませんか?Windows10のエクスプローラが遅くなる原因は様々で、長く使えば使うほど、様々な原因が考えられます。 今回は、Windows10のエクスプローラが遅い、重い、コピーや右クリックが遅い場合の原因と対処法をまとめてご紹介していきます。 まずはじめに、Windows10のエクスプローラが遅い、重い、コピーや右クリックが遅いという場合に考えられる原因をご紹介していきます。 以下の3点が、Windows10のエクスプローラが遅くなってしまう原因と考えられています。 不要なプログラムの動作があるとき• キャッシュの影響で遅い• Windows10システムファイルが破損していて遅い これらの原因について、詳しく解説していきます。 Windows10のエクスプローラやコピー、右クリックが遅くなってしまう原因のひとつとして、「不要なプログラムの動作があるとき」が挙げられます。 Windows10のパソコンを購入後には、様々なアプリやソフトをインストール、ダウンロードをして、自分好みのパソコンにアップグレードしていきます。 しかし、これらアプリやソフトをインストールする中で、不要なプログラムが同時にインストールしてしまう場合があります。 この「不要なプログラム」の動作がある場合、Windows10のエクスプローラが遅く、重くなってしまいます。 また、Windows10にも採用されている「標準プログラム(ユーザにとっては不要な情報収集関連プログラムなど)」が、エクスプローラの動作に影響を与えてしまう場合もあります。 これら「不要なプログラム」や「標準プログラム」といった不要なプログラムが常駐、PCのバックグラウンドで動作し続け、リソースを占有することでエクスプローラが遅く、重くなります。 Windows10のエクスプローラやコピー、右クリックが遅くなってしまう原因のひとつとして、「キャッシュの影響で遅いとき」が挙げられます。 「キャッシュ」とは、皆さんが一度検索したホームページのデータを、パソコンの中に一時保存して、再度閲覧する際により速くデータを表示できるようにする機能のことです。 このキャッシュを削除せず、大量のキャッシュが蓄積されることで、Windows10のエクスプローラに悪影響を与えてしまう場合があります。 キャッシュは大抵の場合、ブラウザごとにキャッシュの保存容量が決まっており、その保存容量の限界を超えた場合に古いキャッシュから削除されていきます。 なお、このキャッシュの容量は変更可能です。 キャッシュの保存容量が決まっており、容量一杯になれば削除されるからと言って、限界までキャッシュをためてしまうと、Windows10のエクスプローラが遅くなってしまいます。 Windows10のエクスプローラやコピー、右クリックが遅くなってしまう原因のひとつとして、「Windows10システムファイルが破損していて遅い場合」が挙げられます。 急にパソコンの電源を切る、電源が落ちてしまうことで、パソコンのシステム関連ファイルが破損してしまう場合があります。 また、「Windows Update」がお使いのパソコンに正しく適用されなかった場合にも、システムファイルが不完全な状態になる場合があります。 なお、この「システムファイル」とは、パソコンが動作するために最低限必要なファイルのことを意味します。 つまり、破損した状態のシステムファイルがリソースを占有したり、システムファイルが不安定になったりすることで、Windows10のエクスプローラが遅い、重い状態になります。 まずはじめに、デフォルトの表示先をPCに移動する対処法をご紹介していきます。 Windows10のエクスプローラ機能には「クイックアクセス」という機能があります。 この機能は、お気に入りのフォルダを登録する、直近で皆さんが使用したフォルダを自動で追加するという機能です。 大変便利な機能である反面、エクスプローラを起動した際にクイックアクセスに登録したフォルダにアクセスするため、肝心なエクスプローラの起動が遅くなってしまうというデメリットがあります。 デフォルトの表示先をPCに移動することで、クイックアクセスの機能を停止できます。 デフォルトの表示先をPCに移動し、クイックアクセス機能を停止するには、まずエクスプローラを開きましょう。 画面上部に表示されているバーから「表示」のタブをクリックしましょう。 メニューの右側「オプション」をクリックし「フォルダと検索のオプション変更」をクリックしてください。 読み込みを高速化する方法として、 まずはじめに、Windows Defenderを無効にする方法をご紹介していきます。 この「Windows Defender」とは、Windows10にプリインストールされているセキュリティプログラムです。 大切なセキュリティプログラムではあり、この機能が常時パソコンをウイルススキャンしているため、お使いのパソコンの読み込み機能や動作に大きな影響を与えています。 他のセキュリティソフトをインストールしている場合は、この「Windows Defender」を無効にしましょう。 他のセキュリティソフトをインストールしていない場合は、この機能の無効化はしないようにしましょう。 「Windows Defender」を無効化するには、まず「レジストリエディター」を立ち上げましょう。 「Windowsキー」と「Rキー」を押して「ファイルを指定して実行」を立ち上げましょう。 名前を検索する欄に「regedit」と入力して「OK」をクリックしてください。 管理者権限を求められるので「続行」をクリックすると、レジストリーエディターが立ち上がります。 上部のタブの「表示」をクリックし、詳細設定にある下記の項目を全てオフにしましょう。 空のドライブは表示しない• 登録されている拡張子は表示しない• フォルダーの結合の競合を非表示にする• フォルダーのヒントにファイルサイズ情報を表示する• 暗号化や圧縮されたNTFSファイルをカラーで表示する• フォルダーとデスクトップの項目の説明をポップアップで表示する これら上記の不要オプションのチェックボックスにあるチェックを外し、「適用」をクリックすると、不要なオプションを無効に設定できます。 読み込み速度が上がっているか、試してみてください。

次の