クコ の 実 の 食べ 方。 ゴジベリー(クコの実)とは?効果・効能は?副作用について

クコの実の美味しい食べ方~乾燥のまま食べてもOK?

クコ の 実 の 食べ 方

クコの実(ゴジベリー)とは?どんな味がするの? クコの実は、東アジア原産のナス科の落葉低木で、別名ゴジベリー、ウルフベリーと言います。 今は北アメリカでも栽培されています。 果実や皮や葉はそれぞれ生薬にもなるので、薬膳料理などにもよく使われます。 クコのそれぞれの生薬としての名前は、• クコの実がどんな見た目なのかを知っていても、食べた事がない、という方もいらっしゃるかも知れません。 クコの実は、それ自体は特にこれといった味はありません。 強いて言うなら、 特有の酸味と苦味があり、甘酸っぱい味がします。 アジの薄いトマトみたいな感じです。 生食出来ますし、洗わないでそのまま食べてもOKです。 クコの実(ゴジベリー)の効能は? クコは生薬にも使われている位なので、効果効能はとても優れています。 クコの実(枸杞子):血圧や血糖値の低下作用、抗脂肪肝作用など• クコの皮(地骨皮):抗炎症作用、解熱作用• クコの葉(枸杞葉):血圧の低下作用 というのが代表的な効能ですが、クコの実自体の効果効能としては、以下のようなものが報告されています。 アンチエイジング、美肌効果 クコの実に含まれるビタミンやポリフェノールやコラーゲンを構成するヒドロキシプロリンという成分を合成する働きがあるため、老化防止や美肌効果が期待できます。 冷え性の改善 クコの実に含まれるビタミンPが血行不良を改善し、それによって冷え性やむくみなどを緩和してくれます。 食べ過ぎると副作用が心配?1日の摂取量は? 以上のような効能が期待できるスーパーフードのクコの実ですが、食べ過ぎると良くない効果が出る場合があるので、注意が必要です。 食べ過ぎた場合、 お腹がゆるくなったり吐き気をもよおしたり、と言う事態が起こる場合があります。 また、クコの実に含まれるベタインという成分は、月経を促進する効果がありますので、妊娠中や授乳期の方は、食べないほうが良いです。 成人が1日に食べる量として望ましいのは、 大体20g,実の数だと大体20粒位です。 おすすめの食べ方 クコの実の食べ方としては、杏仁豆腐やヨーグルトのトッピングなどが代表的ですが、薬膳料理にも使われる位ですから、通常の料理に取り入れてもいい感じです。 よく聞くのは鶏肉や野菜と一緒に煮込んでスープにするというレシピですが、今回は、ヨーグルトなどのトッピングとして使うレシピと、炊き込みご飯のレシピをご紹介させていただきます。 旦那に最適!クコの実のオレンジ漬け (参考:クックパッドの) 材料: クコの実:適量 オレンジジュース:ひたひた 作り方: 適当な入れ物にクコの実を入れ、ひたひたになる量のオレンジジュースを入れて冷蔵庫で保存。 ヨーグルトにトッピングしても良いし、ジャムのようにパンにのせても美味しそう。 疲れ目の旦那さんのために考案したレシピだとか。 薬膳クコの実ごはん (参考:クックパッドの) 材料(3人分): オーガニッククコの実:100g お米:2合 作り方: 炊飯器で炊くだけ。 炊き上がりにも少し混ぜると色づきがきれいになります。 クセのない味でどんなおかずとも相性が良いですよ。 クコの実はどこで購入できる? クコの実はスーパーでの中華素材コーナーに置いてある所が多いですが、通販でも送料無料で安く売っていますよ。

次の

クコの実の栽培・育て方、栄養・効能効果と食べ方、クコ葉も美味しい!

クコ の 実 の 食べ 方

クコの実(ゴジベリー)とは?どんな味がするの? クコの実は、東アジア原産のナス科の落葉低木で、別名ゴジベリー、ウルフベリーと言います。 今は北アメリカでも栽培されています。 果実や皮や葉はそれぞれ生薬にもなるので、薬膳料理などにもよく使われます。 クコのそれぞれの生薬としての名前は、• クコの実がどんな見た目なのかを知っていても、食べた事がない、という方もいらっしゃるかも知れません。 クコの実は、それ自体は特にこれといった味はありません。 強いて言うなら、 特有の酸味と苦味があり、甘酸っぱい味がします。 アジの薄いトマトみたいな感じです。 生食出来ますし、洗わないでそのまま食べてもOKです。 クコの実(ゴジベリー)の効能は? クコは生薬にも使われている位なので、効果効能はとても優れています。 クコの実(枸杞子):血圧や血糖値の低下作用、抗脂肪肝作用など• クコの皮(地骨皮):抗炎症作用、解熱作用• クコの葉(枸杞葉):血圧の低下作用 というのが代表的な効能ですが、クコの実自体の効果効能としては、以下のようなものが報告されています。 アンチエイジング、美肌効果 クコの実に含まれるビタミンやポリフェノールやコラーゲンを構成するヒドロキシプロリンという成分を合成する働きがあるため、老化防止や美肌効果が期待できます。 冷え性の改善 クコの実に含まれるビタミンPが血行不良を改善し、それによって冷え性やむくみなどを緩和してくれます。 食べ過ぎると副作用が心配?1日の摂取量は? 以上のような効能が期待できるスーパーフードのクコの実ですが、食べ過ぎると良くない効果が出る場合があるので、注意が必要です。 食べ過ぎた場合、 お腹がゆるくなったり吐き気をもよおしたり、と言う事態が起こる場合があります。 また、クコの実に含まれるベタインという成分は、月経を促進する効果がありますので、妊娠中や授乳期の方は、食べないほうが良いです。 成人が1日に食べる量として望ましいのは、 大体20g,実の数だと大体20粒位です。 おすすめの食べ方 クコの実の食べ方としては、杏仁豆腐やヨーグルトのトッピングなどが代表的ですが、薬膳料理にも使われる位ですから、通常の料理に取り入れてもいい感じです。 よく聞くのは鶏肉や野菜と一緒に煮込んでスープにするというレシピですが、今回は、ヨーグルトなどのトッピングとして使うレシピと、炊き込みご飯のレシピをご紹介させていただきます。 旦那に最適!クコの実のオレンジ漬け (参考:クックパッドの) 材料: クコの実:適量 オレンジジュース:ひたひた 作り方: 適当な入れ物にクコの実を入れ、ひたひたになる量のオレンジジュースを入れて冷蔵庫で保存。 ヨーグルトにトッピングしても良いし、ジャムのようにパンにのせても美味しそう。 疲れ目の旦那さんのために考案したレシピだとか。 薬膳クコの実ごはん (参考:クックパッドの) 材料(3人分): オーガニッククコの実:100g お米:2合 作り方: 炊飯器で炊くだけ。 炊き上がりにも少し混ぜると色づきがきれいになります。 クセのない味でどんなおかずとも相性が良いですよ。 クコの実はどこで購入できる? クコの実はスーパーでの中華素材コーナーに置いてある所が多いですが、通販でも送料無料で安く売っていますよ。

次の

クコの実の戻し方と簡単な食べ方6選!クコはそのまま食べれるの?

クコ の 実 の 食べ 方

中医学に基づいた食養生法である「薬膳」。 薬膳には、「特別な食品が必要」「知識や調理が難しそう」といったイメージを抱く人が多いのではないでしょうか。 私も、かつては薬膳をそのようにとらえていました。 私は大の韓国ドラマファンなのですが、韓国の時代劇には、あるときは薬に、あるときは毒になる料理やお茶が頻繁に登場します。 これらも広い意味で薬膳だと知ったときは「おもしろそうだけれど、やっぱり難しそう」と思ったものです。 しかし、本来、薬膳は私たちがふだん食べている身近な食品で作れる料理です。 食材の特性を知り、適切に組み合わせることで、不足を補い、過剰なものを抑えて、そのときどきの体調を整えるのに役立てることができるのです。 それを知ったのは、6年ほど前にアナウンサーとして仕事をさせていただいた、薬膳を取り上げた番組での取材がきっかけでした。 関心を持った私は、その後薬膳を学び、さまざまな薬膳を自分でも作ったり、教えたりするようになりました。 「クコの実酢」も、その一つです。 クコの実とは、杏仁豆腐や中華のおかゆのトッピングでよく見かける、赤い小さな実です。 漢方や韓方(韓国の伝統医学)では、クコの実の働きは「明目」とされ、視力を高めたり、目の疲れを取り去ったり、体を潤したりすると考えられています。 韓国では、伝統茶や参鶏湯にクコの実が使われていて、中高年はもちろん、幅広く親しまれています。 クコの実は、ゴジベリーと呼ばれ、美肌効果が高くアンチエイジングに役立つスーパーフードとして、有名な女優さんやモデルさんが愛食していることから、このところ欧米でもブームになっています。 クコの実酢は、このクコの実を、リンゴ酢とハチミツに漬けたものです(作り方は下にあります)。 クコの実は、それ自体でも「食べる目薬」とも呼ばれるほど、体の血液を補う働きがあります。 そこに、粘膜を含めた体の水分と元気を補うハチミツ、血の流れをスムーズにして体のすみずみにまで栄養を届けるリンゴ酢を組み合わせたクコの実酢は、おいしくて強力な「食べる目薬」だと言えるでしょう。 クコの実酢は、もう2年近く、1回につき大さじ1杯程度の量を食べています。 甘酸っぱいクコの実酢は、ヨーグルトやチーズなどの乳製品ととても相性がよいです。 酸味を生かして、サラダのトッピングにすると、彩りもきれいで、食卓が華やぎます。 シンプルにお水やお湯、炭酸水などで割っても、ほんのりと甘酸っぱいフレーバーウォーターになり、おいしくいただけます。 もちろん実も残さず食べてくださいね。 クコの実酢を食べるようになってから、目の調子もよくなってきました。 40代半ばから老眼が始まってきたようで、ここ数年、手元の雑誌や本、資料などの文字が読みづらくなってきた実感がありました。 特に、バスや電車での移動中など薄暗いところでは、てきめんに文字にピントを合わせづらくなります。 美容院で雑誌を用意してもらっても、目がつらいのでおっくうになって、敬遠していました。 同じ頃から、目の疲れもつらく感じるようになりました。 目がショボショボとし、目の奥がズーンと重たく感じるため、目頭を押さえるのがいつの間にか癖になっていたほどです。 ですが、クコの実酢を食べているうちに、しだいに手元の雑誌や本を読むのが、昔のようにあまり苦にならなくなりました。 目の疲れやショボショボ感も、今はほとんど気にならなくなっています。 また、アナウンサーという職業柄、のどの乾燥はもちろん、肌や髪のパサつきはいつも気になります。 クコの実は体を潤してもくれるので、クコの実酢を食べ始めてから、以前より髪のまとまりがよくなり、肌にも透明感が出てきたように感じています。 私の場合、クコの実酢を食べ始めて半月から1ヵ月ほどで、目や肌の調子が変わったのを実感しました。 ただ、効果の現れ方は人によって差があります。 私の友人・知人たちもクコの実を食べていますが、早い人は1週間でよい変化を体感しています。 「ショボショボ感が消えて、目が乾きにくくなった」「コンタクトレンズ使用時のシバシバ感が軽くなった」「老眼がつらくない」「お通じがよくなった」といった声がありました。 クコの実は、スーパーの中華食材や製菓材料のコーナーなどでも売られていますが、少量入りの小袋だとちょっと割高かもしれません。 ドライフルーツで、日持ちもしますから、ある程度まとめて購入したほうが、お得です。 私は、いつもインターネットの通販で500g入りの大袋を購入しています。 クコの実酢以外にも、お茶に浮かべたりご飯に炊きこんだりとクコの実をいろいろな形で利用しているため、年に2袋(1㎏)以上は優に食べていると思います。 甘酸っぱいクコの実酢は、おいしく楽しみながら食べ続けることができます。 目、肌、髪を若々しく保ちたいかたは、ぜひお試しください。

次の