酢酸 プレドニゾロン 眼 軟膏。 眼軟膏の使い方

酢酸プレドニゾロン0.25%眼軟膏Tの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

酢酸 プレドニゾロン 眼 軟膏

はじめに 酢酸プレドニゾロン0. 25%眼軟膏Tは有効成分プレドニゾロン酢酸エステルのステロイド外用薬です。 眼軟膏であり、眼の周り、眼のなかの炎症に用いられます。 今回は、酢酸プレドニゾロン0. 25%眼軟膏Tについて、その効果効能、副作用や注意点について紹介します。 目次 酢酸プレドニゾロン0. 25%眼軟膏Tってどんな薬? 酢酸プレドニゾロン0. 25%眼軟膏Tは、ステロイドの眼科用外用薬です。 有効成分は、プレドニゾロン酢酸エステルです。 日本では、1995年12月に販売開始されました。 効能・効果 外眼部および前眼部の炎症性疾患の対症療法 (眼瞼炎、結膜炎、角膜炎、強膜炎、上強膜炎、前眼部ブドウ膜炎、術後炎症) 引用:酢酸プレドニゾロン0. 25%眼軟膏T 添付文書 ステロイドの薬なので、様々な病気の炎症反応を鎮める目的で用いられます。 酢酸プレドニゾロン0. 25%眼軟膏Tってどうやって効くの? 有効成分のプレドニゾロン酢酸エステルは、ステロイドです。 ステロイドは、皮膚から吸収された後に塗布部位周辺の細胞に取り込まれます。 細胞の核と呼ばれる遺伝情報がつまっているところに移行し、リポコルチンと呼ばれるタンパク質の合成を促します。 リポコルチンは、炎症反応を促進する働きをもつプロスタグランジンやトロンボキサン、ロイコトリエンの原料物質を作り出す【ホスホリパーゼA2】の働きを抑えることができます。 そのため、炎症反応全体を鎮めることができます。 酢酸プレドニゾロン0. 25%眼軟膏Tの用法・用量 用法・用量 通常、1日数回、適量を塗布する。 なお、症状により適宜増減する。 引用:酢酸プレドニゾロン0. 25%眼軟膏T 添付文書 症状に応じて、使用回数を変えて用いられます。 医師の指示に従うようにしてください。 医師の指示と異なる場合は医師の指示を優先するようにしてください。 酢酸プレドニゾロン0. 25%眼軟膏Tの副作用 酢酸プレドニゾロン0. 25%眼軟膏Tは副作用頻度が明らかになる試験を実施していません。 ですが、可能性として、眼の刺激感・緑内障・角膜ヘルペス、角膜真菌症、緑膿菌感染症の誘発・穿孔・後のう白内障などの症状がでる可能性があります。 使用に際して、こういった症状や眼の違和感を感じるようであれば、使用を中止して医師に相談するようにしてください。 酢酸プレドニゾロン0. 25%眼軟膏Tの注意点 ステロイド外用薬は、長期に使用することで、副作用の可能性が高くなります。 使用に際しては、どの期間使用すればよいか、医師に確認しておくとよいでしょう。 眼に使用するときは、綿棒をつかうなどして、衛生的に塗布するようにしてください。 手をつかうときには、必ず手を洗ってから塗布するように気をつけましょう。 まとめ 酢酸プレドニゾロン0. 25%眼軟膏Tは、眼の周囲・眼のなかの炎症を鎮める目的で用いられるステロイドの軟膏です。 使用に際しては、医師の指示を守ってつかうようにしましょう。

次の

プレドニゾロン:プレドニン

酢酸 プレドニゾロン 眼 軟膏

まずは、皮膚に使用する一般的な塗り薬 軟膏 と、眼軟膏の違いについて述べておきます。 これらの違いは、一言で言えば「目に入れても良いかどうか」にあります。 もちろん、眼軟膏が目に入れてよいもの、通常の軟膏はそれができないもの、と言うことです。 なぜこのような違いがあるのか、と言えば、眼軟膏は雑菌が入らないように製造された、無菌の製剤だからです。 腕や体幹などは、皮膚でおおわれており、雑菌が体内に入らないようにするバリアとして働いています。 一方、目にはこうしたバリアがなく、粘膜がむき出しになっています。 そのため、目に使用する目薬や眼軟膏は、製造過程で雑菌が入らないように注意して作る必要があるのです。 上記のような特徴を持つ眼軟膏ですが、それほどたくさんの種類があるわけではありません。 2016年7月現在、日本で販売されている眼軟膏は、以下の11成分です 参考文献2:医薬品医療機器総合機構ホームページの医療用医薬品の添付文書情報検索ページにて調査。 しかし冷静に考えてみれば、我々は日常的に指で目をこすっているわけですが、それでも通常大きな目のトラブルなく過ごせています。 こうしたことから、好ましい方法ではありませんが、指で眼軟膏を塗っても、大きな問題につながることはまずないと考えられます。 事実、私はこの方法をたくさんの患者さんに行ってもらっていますが、それにより状態が悪化したケースは、今のところ経験していません。 もっとも、他の方法がどうしても上手くいかない場合に限って、例外的行う方法ということは押さえておいてください。 「眼軟膏」という名称から誤解されがちですが、目にしか使えないということはなく、皮膚に使っても問題ありません。 例えば、麦粒腫 いわゆる「ものもらい・めばちこ」 という病気があります。 これは、まぶたにある構造に菌が入り込んで生じる、感染症の一種です。 そのため、原因の菌を除去する治療を行いますが、その際に眼軟膏が使用されるケースがあります。 なぜこのときに、普通の軟膏を使わないのか?といえば、まぶたに塗った軟膏が目に入るおそれがあるためです。 そのため、無菌に作られた眼軟膏の方が、通常の軟膏より適任と言えます。 こうしたことから、眼軟膏は「目やその周辺の皮膚に使用するもの」と思っておいた方が、より適切と言えるでしょう。

次の

酢酸プレドニゾロン0.25%眼軟膏T

酢酸 プレドニゾロン 眼 軟膏

はじめに 酢酸プレドニゾロン0. 25%眼軟膏Tは有効成分プレドニゾロン酢酸エステルのステロイド外用薬です。 眼軟膏であり、眼の周り、眼のなかの炎症に用いられます。 今回は、酢酸プレドニゾロン0. 25%眼軟膏Tについて、その効果効能、副作用や注意点について紹介します。 目次 酢酸プレドニゾロン0. 25%眼軟膏Tってどんな薬? 酢酸プレドニゾロン0. 25%眼軟膏Tは、ステロイドの眼科用外用薬です。 有効成分は、プレドニゾロン酢酸エステルです。 日本では、1995年12月に販売開始されました。 効能・効果 外眼部および前眼部の炎症性疾患の対症療法 (眼瞼炎、結膜炎、角膜炎、強膜炎、上強膜炎、前眼部ブドウ膜炎、術後炎症) 引用:酢酸プレドニゾロン0. 25%眼軟膏T 添付文書 ステロイドの薬なので、様々な病気の炎症反応を鎮める目的で用いられます。 酢酸プレドニゾロン0. 25%眼軟膏Tってどうやって効くの? 有効成分のプレドニゾロン酢酸エステルは、ステロイドです。 ステロイドは、皮膚から吸収された後に塗布部位周辺の細胞に取り込まれます。 細胞の核と呼ばれる遺伝情報がつまっているところに移行し、リポコルチンと呼ばれるタンパク質の合成を促します。 リポコルチンは、炎症反応を促進する働きをもつプロスタグランジンやトロンボキサン、ロイコトリエンの原料物質を作り出す【ホスホリパーゼA2】の働きを抑えることができます。 そのため、炎症反応全体を鎮めることができます。 酢酸プレドニゾロン0. 25%眼軟膏Tの用法・用量 用法・用量 通常、1日数回、適量を塗布する。 なお、症状により適宜増減する。 引用:酢酸プレドニゾロン0. 25%眼軟膏T 添付文書 症状に応じて、使用回数を変えて用いられます。 医師の指示に従うようにしてください。 医師の指示と異なる場合は医師の指示を優先するようにしてください。 酢酸プレドニゾロン0. 25%眼軟膏Tの副作用 酢酸プレドニゾロン0. 25%眼軟膏Tは副作用頻度が明らかになる試験を実施していません。 ですが、可能性として、眼の刺激感・緑内障・角膜ヘルペス、角膜真菌症、緑膿菌感染症の誘発・穿孔・後のう白内障などの症状がでる可能性があります。 使用に際して、こういった症状や眼の違和感を感じるようであれば、使用を中止して医師に相談するようにしてください。 酢酸プレドニゾロン0. 25%眼軟膏Tの注意点 ステロイド外用薬は、長期に使用することで、副作用の可能性が高くなります。 使用に際しては、どの期間使用すればよいか、医師に確認しておくとよいでしょう。 眼に使用するときは、綿棒をつかうなどして、衛生的に塗布するようにしてください。 手をつかうときには、必ず手を洗ってから塗布するように気をつけましょう。 まとめ 酢酸プレドニゾロン0. 25%眼軟膏Tは、眼の周囲・眼のなかの炎症を鎮める目的で用いられるステロイドの軟膏です。 使用に際しては、医師の指示を守ってつかうようにしましょう。

次の