理解 類語。 「理解できない」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

英語で類語「Synonym (シノニム)」を調べて単語の理解を深めよう!

理解 類語

「ご理解ください」の例文 「ご理解ください」の例文を紹介します。 ・風邪を引いたので明日は欠席します。 恐れ入りますが、どうかご理解ください。 失礼いたしますが、ご理解ください。 ・来週からシステムメンテナンスを行うため、一部のサービスがご利用できなくなります。 ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解ください。 騒音や振動などでご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解ください。 ・ご要望に添うことができず申し訳ありませんが、どうぞご理解ください。 ・お役に立てず大変恐縮ですが、あしからずご理解ください。 ・明日から出張に出るため、連絡がつかないことがあるかと思います。 どうぞご理解ください。 ご理解していただきますよう 「ご理解していただきますよう」は、 ・「ご」=尊敬を表す接頭語 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「ご理解していただきますよう」は、「ご理解ください」よりもやや柔らかい表現になります。 「ご理解ください」は、理解することを強要するようなニュアンスが強いです。 「ご理解いただきますよう」は何かに対して理解を求める表現なので、後ろに続く言葉としては、「お願いいたします」や「お願い申し上げます」などとするのが適切でしょう。 例文 ・先ほど企画書を送らせていただきました。 ご確認の上、ご理解していただきますようお願いします。 ・大変申し訳ありませんが、ご理解していただけますようお願い申し上げます。 ご理解してくださいますよう 「ご理解してくださいますよう」は、 ・「ご」=尊敬を表す接頭語 ・「くださる」=「くれる」の尊敬語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 尊敬語は、自分より立場が上の人に対して、その人がする動作を高めて使う言葉で、主語は相手になります。 「くださる」の主語は相手になるので、「ご理解してくださいますよう」は正しい使い方になります。 「ご理解くださいますよう」は何かに対して理解を求める表現なので、後ろに続く言葉としては、「お願いいたします」や「お願い申し上げます」などとするのが適切です。 例文 ・こちらの都合でご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解してくださいますようお願いいたします。 ・先ほど企画書を送らせていただきました。 ご確認の上、ご理解してくださいますようお願いします。 ご理解のほどよろしくお願いいたします 「〜のほど」は断定を避け、表現をやわげる表現です。 「〜のほど」は相手に何かを依頼するとき、してもらうときに使います。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」は、「理解してもらえるよう」「理解してくれるよう」ということを意味しています。 「ご理解よろしくお願いいたします」でも十分丁寧な言い方ですが、「ご理解のほどよろしくお願いいたします」とするとより改まった場面などで使うことができます。 例文 ・明日の会議にはご参加いただけますよう、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・お返事にお時間をいただく場合がございます。 ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ご理解いただければ幸いです 「幸いです」は、「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」ということを意味しています。 「幸いです」はビジネスメールなどで、相手に何かを依頼するときに用いることが多いです。 「幸いです」を依頼をするときに使う場合は、「〜してくれるとありがたい」という意味になります。 「〜してください」と頼むよりも「〜していただけると幸いです」といった方が、柔らかい印象を与えます。 「ご理解いただければ幸いです」と言った場合は、「理解していただけるとありがたいです」といった意味合いになります。 例文 ・ご確認の上、ご理解していただけると幸いです。 ・勝手ながら、本案件についてご理解していただけると幸いです。 ご理解いただけますでしょうか 「ご理解いただけますでしょうか」は、 ・「ご」=尊敬を表す接頭語 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 ・「です」=丁寧語 で成り立っています。 「〜ますでしょうか」は丁寧語が二つ含まれているため、 二重敬語となってしまいます。 「ご理解いただけますでしょうか」は丁寧に聞こえますが、敬語としては間違いです。 二重敬語は過剰な敬語表現と思われるため、なるべく使用は避けた方が良いでしょう。 「いただけますでしょうか」の適切な表現は 「いただけますか」になります。 例文 ・恐れ入りますが、ご理解いただけますでしょうか。 ・ご期待に添えず申し訳ありませんが、ご理解いただけますでしょうか。 ご理解の上 この場合の「上」は、「ある動作・行為に基づいて次の事態が起こること」を表しています。 「ご理解の上」とした場合は、「ご理解していただいた後に〜」「ご理解していただいた結果〜」という意味になります。 例文 ・ご理解の上、ご協力くださいますようお願いいたします。 ・ご理解の上、ご購入の判断をしていただきますようお願い申し上げます。 ご容赦ください 「容赦(ようしゃ)」は「許すこと」「許容する」という意味になります。 「ご容赦ください」といった場合は「過失に対して大目に見て欲しい」という意味が込められます。 また「ご容赦」には、相手の理解を求めると共に謝罪のニュアンスも含まれます。 「ご容赦ください」は、比較的軽く申し訳ない気持ちを表現する場合と、近い将来起こると予想される相手にとって都合の悪いことに対して、前もって謝罪する場合に使います。 「ご容赦ください」だと少々強要しているような言い方なので、 ・ご容赦くださいますようお願いいたします ・ご容赦いただきますようお願い申し上げます などと使うのが良いでしょう。 例文 ・突然の連絡ではございますが、ご容赦ください。 ・当時は混雑が予想されるので、お車でのご来場はご容赦ください。 ・その商品は数量限定になります。 売り切れの際はご容赦ください。 ご了承ください 「了承」は「事情をくんで納得すること」を意味しています。 「了承」という漢字を一つずつ見ると、「理解する」という意味の「了」と「相手の意向を受け入れる」という意味の「承」から成り立っていることがわかります。 「ご了承ください」は自分が行ったことに対して、 「納得してください」「受け入れてください」という気持ちが含まれた表現です。 「前もってこちらの主張を受け入れてもらいたい、何かあっても悪く思わないでほしい」という意味も含まれています。 「ご了承ください」はまだ始まっていないことや、これから始める段階のことに対して許しをもらうときに使う言葉です。 「ご了承ください」は「どうかご理解いただき、受け入れてください」といったように、相手に了解・納得を得るために用いられる丁寧な言い回しになります。 例文 ・誠に勝手ながら12月31日から1月2日を年末年始休業とさせていただきます。 何卒ご了承ください。 ・ご依頼の件につきましては貴意に添いかねることになりました。 何卒悪しからずご了承ください。 ・お返事にお時間をいただく場合がございます、予めご了承ください。 お含みおきください 「お含みおきください」は、「(相手に対して)事情をよく理解しておいてほしい」「心に留めておいてほしい」という意味になります。 「お含みおきください」はお願いをするときによく使われる表現です。 「含みおく」のみだと「自身の内に秘めておく」という意味合いになり、自分自身に対しても使うことができますが、「お含みおきください」とすると、「心に留めておいてください」といった意味合いで、相手に念を押すようなニュアンスが含まれます。 また「お含みおきください」には、「公にできない事情があるからどうか察してください」という意味もあります。 「お含みおきください」は使い方によっては、曖昧な内密な依頼や失礼なお願いだと受け取られてしまう可能性があります。 相手に不快感を与えるような言い方にしないよう気をつけましょう。 例文 ・こちらのチケットは、万が一欠席されたとしても払い戻しができないことをお含みおきください。 ・明日より1ヶ月入院のため不在になりますことをお含みおきください。 ・本日は大雨の影響により、運行状況が悪くなっております。 目的地までの所要時間がいつもよりかかりますことをお含みおきください。 「ご理解ください」の英語 「ご理解ください」は英語で、 ・I appreciate your understanding. ・Thank you for understanding. と表現します。 「Please understand」では直接的なので、このような言い方をネイティブはしません。 前もっと感謝することで、丁寧で柔らかい依頼を意味します。 英語学習をしたい方へおすすめの書籍 科学的に正しい英語勉強法 こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。 読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。 短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!.

次の

英語で類語「Synonym (シノニム)」を調べて単語の理解を深めよう!

理解 類語

「ご理解」の使い方 「ご理解ください」より「ご理解いただけますようお願い申し上げます」の方が無難 「ご理解ください」の「ください」は丁寧語なので、「ご理解ください」は正しい敬語になります。 「ご理解ください」は文法的には正しい敬語ですが、「ください」が命令文であるため少し丁寧さに欠けてしまう言い方です。 人によっては不快感を感じてしまいますので、注意が必要です。 よって、下記の言い方をすることで、目上の人に対しても使うことができます。 ・ご理解いただけますようお願いいたします。 ・ご理解いただけますようお願い申し上げます。 ・ご理解賜りますようお願い申し上げます。 ・ご理解くださいますようお願い申し上げます。 ・ご理解いただきたく存じます。 ・ご理解いただければ幸いです。 協力も求める場合は「ご理解ご協力〜」 理解と協力を一緒にお願いする際は「 ご理解ご協力」「 ご理解とご協力」という形で使います。 「 ご理解ご協力いただきますようお願い申し上げます」「 ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします」などと使います。 電車のアナウンスなどでもよく聞く定番の言い回しになります。 ただ協力だけを求めるのはぶっきらぼうなので、理解してもらってから協力を求めるという謙虚な姿勢がこのフレーズには現れています。 理解に付け加えて何かをお願いする場合は「ご理解の上」 理解したもらった上で何かの行動を促すときは「 ご理解の上〜」を使います。 しっかりと状況を把握したり内容を確認してから、次の行為をお願いする文章で使います。 ・ご理解の上でご購入の判断をお願い申し上げます。 ・ご理解の上ご容赦いただきますようお願い申し上げます。 ・ご理解の上ご検討のほどよろしくお願いいたします。 ・ご理解の上お力添えいただきますようよろしくお願いいたします。 などと使います。 理解に対する感謝を述べるときは「ご理解いただきありがとうございます」 相手の理解に対して感謝をするときは「 ご理解いただきありがとうございます」を使えばよいでしょう。 より堅い表現には「 ご理解いただきましたことを感謝申し上げます」などがあります。 ビジネスにおいて自分や自社が原因で、相手に迷惑をかけたときなどに相手が理解をし対応してくれた場合に使います。 謝罪の意を込めるときは「ご不便をおかけしますが何卒ご理解〜」「申し訳ありませんが何卒ご理解〜」 相手に迷惑だと分かりながら理解を求める場合は、「 ご不便をおかけしますが何卒ご理解〜」「 申し訳ありませんが何卒ご理解〜」などの言い方があります。 その他にも、 ・誠に勝手ながら何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます ・誠に勝手ではございますが何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます などと言ったりもします。 「ご理解」の例文 「ご理解」を使った例文を紹介します。 「ご理解」の例文 ・お返事にお時間をいただく場合がございます。 ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・明日の会議にはご参加いただけますよう、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・工事は10日ほど続きます。 騒音や振動などでご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・ご期待に添うことができず誠に恐縮ですが、あしからずご理解ほどお願いいたします。 ・貴社におかれましても、いろいろなご事情がおありと存じますが、何卒ご理解のほどお願いいたします。 ・ご返事が遅れる場合がありますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。 ・本商品はアレルギー物質である大豆が含まれています。 ご理解の上、ご購入の判断をお願い申し上げます。 ・来月いっぴより下記の住所に本社移転することになりました。 誠に勝手ではございますが何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます ・12月29日から1月3日まではお休みさせていただきます。 ご理解の上ご容赦いただきますようお願い申し上げます。 「ご理解」の類語との違い 「ご理解」と「ご了承」の違い 「ご理解」と非常に似た言葉に「 ご了承」があります。 「 ごりょうしょう」と読みます。 「ご了承」=尊敬を表す接頭語「ご」+ 「理解」を意味する「了」+ 「受け入れる」を意味する「承」 という成り立ちになっています。 よって、「ご理解」とは単に「物事を分かってもらう」という意味ですが、 「ご了承」は 「相手に物事を分かってもらった上で受け入れてもらう」という意味になります。 「ご了承ください」は、 物事を始める前に目上の人から許しをもらうときの言葉なので、「ご理解ください」とは少し用途が異なります。 「 予めご了承ください」などとも言います。 例文 ・お返事にお時間をいただく場合がございます、予めご了承ください。 ・応募者が多い場合は抽選とさせていただきます。 ご了承願います。 ・参加希望者が殺到しているため、応募を締め切りさせていただくことがあります。 ご了承くださいますようお願い申し上げます。 「ご理解」と「ご容赦」の違い 「ご容赦」とは「 許す、大目に見る」という意味です。 よって、「ご容赦ください」とは「許してください」「大目に見てください」という意味になります。 「自分や自社がした失敗や迷惑をどうか受け入れてお許しください」という意味で使います。 上記でも触れましたが、「ご理解の上ご容赦いただけますようよろしくお願いいたします」など「ご理解」と「ご容赦」は一緒に使うこともあります。 例文 ・乱筆乱文のほど、ご容赦ください。 ・本日の会議参加できません。 どうぞご容赦ください。 ・混雑により入場の制限をしております。 大変申し訳ございませんが、もう少しお待ちいただけますようご容赦くださいませ。 ・この度は多大なるご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。 ご容赦のほどお願い申し上げます。 「ご配慮」「ご高配」「ご賢察」 「ご理解」の類語には、「 ご配慮(ごはいりょ)」「 ご高配(ごこうはい)」「 ご賢察(ごけんさつ)」などもあります。 これらの3つの単語はどれも同じ意味です。 どれも「他人の配慮」をいう尊敬語になります。 「理解」と「配慮」は意味が似ていますが、「配慮」は「心をくばること」なので、「物事がわかる」とは微妙に違います。 「 ご配慮のほど、よろしくお願いいたします」などと使います。 例文 ・大変勝手を申しまして恐縮ですが、ご配慮賜れますと幸いです。 ・海外出張の際には、紛争・テロ・内戦等に巻き込まれないよう、くれぐれもご配慮をお願いいたします。 ・先日は突然お伺いしたにも関わらず、ご配慮をいただきありがとうございました。 ・このたびの開店に際しましては、ご祝電とお花を頂戴し誠にありがとうございました。 いつもながらの温かいご配慮に、心より感謝申し上げます。

次の

英語で類語「Synonym (シノニム)」を調べて単語の理解を深めよう!

理解 類語

ビジネスシーンで「ご理解」という言葉を見たことがある方も多いでしょう。 「ご理解」の使い方をおさえておくことは、ビジネスマナー向上のために重要です。 「ご理解」の意味や使い方について、詳しく見ていきましょう。 「ご理解」とは? 「ご理解」は、「理解」の前に接頭語の「ご」をつけ、敬語表現にした言葉です。 「ご」とは、名詞の前に置いて尊敬・謙譲・丁寧の意味を表します。 「ご理解」は、名詞の「理解」の前に「ご」がつくことで、「理解」を尊敬・謙譲・丁寧の意味で表します。 つまり、「理解」を敬語表現で表したものが「ご理解」となります。 「ご理解」が敬語となる仕組みは? 「ご理解くださいますよう、お願いいたします」という表現を例に考えてみましょう。 ここでの「ご理解」は尊敬の意味があります。 尊敬語は、動作をする人を敬うものです。 「ご理解くださいますよう、お願いいたします」の場合、相手が「理解」という動作をします。 ここで「理解」を「ご理解」と表現し、尊敬語として使用すれば、「理解」という動作をする人、つまり相手を敬うことができます。 「理解」を「ご理解」と表現することで、「ご理解」が敬語となり、相手に対して敬意を示すことができます。 このような例は、ビジネスシーンで非常に大切です。 「ご理解」は尊敬語または丁寧語となる? 次に、「理解」の意味について考えてみましょう。 「理解」という言葉は、日常的に幅広く使用されています。 一方で、「ご理解」の意味を考えるには、「理解」の意味を一度整理しておく必要があります。 「理解」とは、「物事がわかること」「意味をのみこむこと」「人の気持ちや立場がよくわかること」という意味があります。 ただ「わかる」という意味ではなく、物事の意味や内容が正しくわかることを意味します。 例えば、「理解しました」という表現は、物事の意味や筋道、内容について正しくわかったことを表します。 「理解してください」と表現すれば、相手に対し、「物事の意味や内容を正しくわかってください」と伝えることができます。 「ご理解」は「理解」とどう違うのか? 「理解」には「理解してください」という表現がありますが、これはビジネスシーンで使用される表現とは言えません。 たとえ相手に理解を求める場合でも、そのまま「理解してください」と表現することは、ビジネスマナーとしてふさわしくありません。 この場合、「理解」を「ご理解」に変え、敬語表現として伝える必要があります。 相手に理解を求める際には、「ご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします」「ご理解のほど、よろしくお願いいたします」といった表現を使用します。 いずれの表現も、「理解してください」よりずっと丁寧な印象があります。 「理解」だけでは敬語表現になりませんが、「ご理解」は敬語表現として使用できます。 そのため、「ご理解」はビジネスシーンでの使用が多く見られます。 「ご理解」の使い方は? 「ご理解」は、「ご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします」「ご理解のほど、よろしくお願いいたします」「ご理解いただき、ありがとうございます」といった使い方が代表的です。 いずれも、「理解」という動作をするのは相手で、その相手に対して敬意を示した表現です。 「ご理解」は、相手に理解を求める際にしばしば使用されますが、使う際になるべくやわらかな表現にすることが好ましいです。 「ご理解」と表現している以上、「理解してください」などの表現よりは敬意がありますが、そのほかの表現もきちんと考える必要があります。 「よろしくお願いいたします」や「ありがとうございます」など、「ご理解」と一緒に使用する、丁寧な表現を意識しておきましょう。 ビジネスメールでの「ご理解」の使い方は? ビジネスメールで「ご理解」を使用する場合、特に表現方法に注意する必要があります。 メールは直接の会話と異なり、文章しか表現方法がありません。 間違った表現や不適切な表現を使用すると、メール全体の印象が悪くなってしまいます。 特に「ご理解」の場合、相手に理解を求めるケースでの使用が多いです。 ここで「理解してくれ」のようなニュアンスが強いと、相手に対して良い印象を与えません。 表現方法を一歩間違えると、誤解を招くおそれもあります。 「よろしくお願いいたします」や「ありがとうございます」など、「ご理解」と一緒に使う表現にも意識を向けなくてはなりません。 また、メールの場合、メール全体の印象を考えて表現を選ぶ必要があります。 正しい敬語表現を使用しても、メール全体で考えるとくどい印象を与える場合もあります。 「よろしくお願いいたします」が何度も続くような文章は避け、バランスを意識しましょう。 「ご理解」の敬語表現は? ビジネスシーンでは特に敬語の使い分けが重要となり、「ご理解」も例外ではありません。 「ご理解」が尊敬語や丁寧語になる仕組みについて、さらに詳しく考えてみましょう。 尊敬語 尊敬語は、動作をする人を敬う敬語です。 例えば、「おっしゃる」は「言う」の尊敬語ですが、「おっしゃる」は「言う」という動作をする人を敬います。 「彼がおっしゃった」と表現すれば、「言う」という動作をした「彼」を敬うことができます。 「ご理解くださいますよう、お願いいたします」の場合、「ご理解」を尊敬語として考えると、「理解」という動作をする人を敬います。 この場合に「理解」という動作をする人は、自分が「理解してほしい」と考えている人です。 その人に対してただ「理解してください」と言うのではなく、「ご理解」という尊敬語を使用し、相手を敬うことができます。 「ご理解」を尊敬語として考える場合、誰が「理解」という動作をする人かを考えるとわかりやすいです。 ビジネスシーンで活用する際にも、この点を意識しましょう。 丁寧語 丁寧語は、話の相手を敬う敬語です。 代表的な丁寧語には「です」や「ます」があります。 「です・ます」調で会話する場合を考えてみましょう。 「です・ます」調で話をすると、相手に対して丁寧な印象を与えることができます。 これは、「です」「ます」が丁寧語となり、話の相手を敬うからです。 「ご理解くださいますよう、お願いいたします」の場合の「ご理解」も、丁寧語として考えることができます。 「理解」に丁寧の意味がある「ご」を加えることで、話の相手に敬意を表します。 ここでの話の相手とは、自分が「理解してほしい」と考えている人です。 つまり、「ご理解」を尊敬語として考えた場合と、敬意対象が同じです。 また、「ご理解くださいますよう、お願いいたします」の場合、「ます」が2回使用されています。 こちらも丁寧語となり、話の相手を敬うことができます。 謙譲語 謙譲語は、動作の対象を敬う敬語です。 尊敬語のように動作をする人を敬うのではなく、敬意対象は動作の対象となる人です。 例えば、「申し上げる」は「言う」の謙譲語ですが、「申し上げる」は「言う」という動作の対象を敬います。 「言う」という動作の対象とは、言われる人を意味します。 「私が申し上げる」と表現すれば、「言う」という動作をする「私」ではなく、言われる相手を敬います。 謙譲語は、基本的には自分の動作について表現します。 「私が申し上げる」という表現も、「言う」という動作をするのは自分です。 その自分の「言う」という動作をへりくだって表現し、相手に対して敬意を示すことができます。 「ご理解」の場合、自分の動作ではなく相手の動作として表現する例が多いため、謙譲語の使い方はあまり見られません。 「ご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします」などの表現は、「ご理解」という動作をするのは自分ではなく相手です。 「ご理解」の類語は? 「ご理解」の類語を考えるには、「理解」の類語と合わせて整理することが重要です。 以下に詳しく見ていきましょう。 「理解」の類語は? 「理解」の類語は、「了解」「承知」「把握」「納得」「認識」「共感」などがあります。 また、「理解する」の類語としては、「了解する」「承知する」「把握する」「納得する」「認識する」「共感する」「わかる」「察する」「飲み込む(呑み込む)」など、多くの言葉が挙げられます。 「ご理解」の類語はどうなる? 「ご理解」の類語は、「ご承知」「ご承知おき」「ご容赦」などがあります。 「ご理解」は、「どうかわかってください」という意味で使用されることがあるので、「ご容赦」なども類語に含まれます。 「ご理解」の類語は、「理解」の類語とはニュアンスが異なるので注意しましょう。 先ほど挙げた「理解」の類語の中では、「承知」を「ご承知」にすると、「ご理解」の類語として考えることができます。 一方で、「把握」や「認識」などの言葉は、「ご理解」の類語としてはやや違和感があります。 「ご理解」の例文は? 「ご理解くださいますよう」の例文は、次のとおりです。 ・ご理解くださいますよう、お願いいたします。 ・ご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ・ご理解くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 ・ご理解くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。 ・ご理解くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・何卒ご理解くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 「ご理解くださいますよう」は、「よろしくお願いいたします」や「よろしくお願い申し上げます」を加えて表現する使い方が一般的です。 これによって、「ご理解ください」よりも丁寧な印象を与えます。 「ご理解賜りますよう」 「ご理解」には「ご理解賜りますよう」という表現もあります。 「賜る」は「もらう」の謙譲語です。 「ご理解賜りますよう」の場合、「自分が相手から理解をもらう」と考えることができます。 ここで自分の「もらう」という動作を「賜る」という謙譲語にして、動作の対象となる相手を敬います。 例文としては、 ・ご理解賜りますよう、お願いいたします。 ・ご理解賜りますよう、よろしくお願いいたします。 ・ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 ・何卒ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 「ご理解賜りますよう」は、「ご理解くださいますよう」の使い方と同じように考えることができます。 「お願いいたします」「よろしくお願いいたします」「よろしくお願い申し上げます」などの表現と合わせ、使用することが可能です。 「ご理解のほど」 「ご理解」に「ご協力」を合わせる使い方も見られます。 例えば、次のような例文があります。 ・ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。 ・ご理解、ご協力いただき、ありがとうございました。 「ご了承」を合わせる例文 「ご理解」に「ご了承」を加えて表現する使い方もあります。 例文は次のとおりです。 ・ご理解、ご了承のほど、よろしくお願いいたします。 ・ご理解、ご了承のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 「ありがとうございます」を合わせる例文 「ご理解」には、「ありがとうございます」を加えた表現も多いです。 先ほども少しご紹介しましたが、ここで整理してみましょう。 次のような例文があります。 ・ご理解いただき、ありがとうございます。 ・ご理解、ご協力いただき、誠にありがとうございました。 ・ご理解、ご快諾いただき、ありがとうございます。 ・ご理解くださいまして、ありがとうございます。 代表的な例文からイメージをつかんでおこう 今回は「ご理解」の意味や使い方、類語や例文をご紹介しました。 「ご理解」は「理解」の前に接頭語の「ご」を加えた表現で、「理解」を敬語表現となります。 「ご理解くださいますよう、お願いいたします」などの表現を見ると、イメージしやすいのではないでしょうか。 「ご理解」を使用するには、代表的な例文をおさえておく必要があります。 相手に理解を求める場合に使用することが多いので、表現方法には十分に注意しなくてはなりません。 例文からイメージをつかみ、ビジネスシーンで活かしてみてください。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の