アルゴノーツ メンバー。 【FGO】星5イアソンはこんな感じでアルゴノーツ全員集合してほしい

アルゴナウタイとは (アルゴナウタイとは) [単語記事]

アルゴノーツ メンバー

FGOで採用されている、アスクレピオスがアルゴー船に乗っていた話について調べたことメモ。 FGOアスクレピオスが乗っているアルゴー船。 アルゴー船の伝説については皆様何かの時に聞いたことがあると思いますが、多分あるとは思われますが、あ、あるよね……? 目が泳ぐ 皆様御存知アルゴー船と思いつつ、最初にざっくりと説明します。 自分の知識が偏ってると何となく察しているヲタク アルゴー船の物語 雑なあらすじ 主人公の王子イアソンは山に住んでいるケイローン先生に預けられ育てられていたが、大きくなって山を降りた。 その後王位を叔父から返してもらう条件として、黒海のむこうの遠い国の宝である黄金の羊の毛皮をもってこいと言われる。 そこでアルゴー船を作り、女神ヘラの助けとケイローン先生の所に居た時の伝手などで、勇者を50~100人ほど集めて旅に出た。 本によって人数が異なる 往路も復路も当然困難は多かったけど、イアソンは魔女メディアの助けで黄金の毛皮を入手して凱旋して王位についた、というお話。 10末現在 星の神話だとこの辺が関係ある アルゴー船の星座 現在は分割されている をはじめ、関係ある星座は多いです。 アルゴー船の物語は古代の人々においてよく知られていた物語だったことが伺えます。 兄弟を助けて海を渡った後神に捧げられて皮になりました 要約 これがアルゴー船の目指すお宝「黄金の羊の毛皮」 下記の記事では地図とともに物語が紹介されていて、位置関係がわかりやすかったです 目的地のコルキスは現ジョージア付近。 昔は砂金が採掘されていて金輸出国だったのだそうです。 野蛮なケンタウロス族の中で例外のなんでも教えられる賢者。 先生はアポロン。 幼いイアソン 船長 が預けられた。 ヘラクレス、アキレウスなど多くの英雄の先生でもあり、アスクレピオスも預けられた。 アルゴー船絡みだとたしか羊の皮を守る竜を竪琴で眠らせたとかあったはず。 アルゴー船の物語に言及した作品で、現存する中では最も古いのがホメーロスの『オデュッセイア』(紀元前8世紀、紀元前800~701、頃)です。 この作品ではアスクレピオスはアルゴー船に乗っていません。 というよりアルゴー船のエピソードをちょくちょく話の引き合いに出すという使われ方なので船員には殆ど触れていません。 ラテン語では Argonautae(アルゴナウタエ)、英語では Argonauts(アーゴノーツ)。 アルゴー船の乗組員 アルゴナウタイの数は約50名であったといわれる ( シケリアのディオドロス『歴史叢書』は54名を挙げ、 ロドスのアポローニオス『アルゴナウティカ』は55名を挙げ、 ガイウス・ユリウス・ヒュギーヌス『ギリシャ神話集』は64名を挙げ、 ガイウス・ウァレリウス・フラックス『アルゴナウティカ』は52名を挙げる。 ) が、 ツェツェース John Tzetzes (およそ1110年 — 1180年)のように100名の名を挙げる例もある。 アルゴナウタイの神話は、原典資料やこれを扱った研究資料によっても異説が多い。 wiki、アスクレピオスの項目。 ケイローンのもとで育ったアスクレーピオスは、とくに医学に才能を示し、師のケイローンさえ凌ぐほどであった。 やがて独立したアスクレーピオスは、イアーソーン率いる アルゴー船探検隊(アルゴナウタイ)にも参加した。 アスクレピオスはアルゴー船関係の古典本に乗組員として名前が出ていて、FGOではそれを採用しています。 とはいえ、上記に挙げられた本の中では「 ガイウス・ユリウス・ヒュギーヌス『ギリシャ神話集』」のみです たぶんそのはず。 間違ってたらすみません。 前8世紀のホメロス『イリアス』と前5世紀前半のピンダロス『ピュティア祝勝歌3』です。 ホメロスの『イリアス』(第2巻軍船のカタログと第4巻)では、アスクレピオスは、「医神」はなく、生身の「人間」の「医師アスクレピオス」にとどまっています。 しかし、 ピンダロスでは、アスクレピオスの「生と死」を語る中で、神アポロンと人間の混血であったアスクレピオスに「半神(ヘーロース)」の名が与えられています。 次項以降参照 アスクレピオスの名前はいつ頃から出てくる? 繰り返しになりますが、アスクレピオスはどの古典本でもアルゴー船に乗っていたわけではありません。 上記の ガイウス・ユリウス・ヒュギーヌス『ギリシャ神話集』は 紀元前後付近 作者が死亡したのが紀元17年 なので、 ロドスのアポロニオスの「アルゴナウティカ」 紀元前3世紀 からかなり後です。 アルゴー船の船長のイアソンが幼い頃にケイローンに預けられる場面についても複数の本を比べてみると、アスクレピオスの名前が出てきたり出てこなかったりします。 とはいえ、 ピンダロスの祝勝歌 紀元前5世紀ごろ の「ピュティア第三歌」「ネメア第三歌」では、 アルゴー船の船長であるイアソンが育てられた ケイローンによってアスクレピオスが育てられた話が出てきますし、ケイローンが育てた英雄としてイアソンとアスクレピオスの名前が併記されています。 なおピュティア第四歌ではアルゴー船物語を扱っている アスクレピオスが「ケイローンゆかりの者」であるという話自体は古くからあったようです。 その延長線上にアルゴー船への乗船があるのかもしれません。 もしかしたら現在は失われた版のアルゴー船の物語では、ケイローンゆかりのアスクレピオスがずっと乗船していて所々で活躍していたという話もあったかも? 希望的妄想 祝勝歌と当時の人々の祖先の考え方 ピンダロスの祝勝歌は競技祭の勝利者を祝うために謳われた歌です。 優勝者の家系をさかのぼり、出身地固有の英雄伝説がうたわれたのだそうです。 当時は、共同体の始まりは「この神」とか「この英雄」で、自分らはその子孫であるという考え方があったとか 共同体共通の神話として考える。 なお、「ケイローンがまだ生きていれば…」と、アスクレピオスが出てくる祝勝歌ピュティア第三歌は、「勝利の歌が捧げられる前回優勝者」または「個人的な私信の相手」が病を患っていたためこの内容になったとも コス島の「アスクレピオスを祖とする医師集団」も特殊ケースではなく、当時は一般的な考え方だったようです。 の場合は一族以外でも学ぶ気が有るものは受け入れるというルールだったとか。 [メモ] [メモ]カリュドーンの猪 これはアルゴー船とはまた別の「暴れイノシシ退治」という「英雄大集合」イベントですが、これについても、アスクレピオスが参加しているバージョンがあるそうです。 カリュドーンの猪(カリュドーンのいのしし、英語:Calydonian Boar)はギリシア神話に登場する巨大な猪。 長母音を省略してカリュドンの猪とも表記する。 アイトーリアのカリュドーン王オイネウスが生け贄を忘れたために女神アルテミスの怒りを買い、この猪が放たれたとされる。 カリュドーンの猪を退治するためにギリシア全土から勇士が集まった。 狩りは、犠牲者を出しながらも猪を仕留めることに成功する。 しかし、猪退治の功績をだれに帰するかについてメレアグロスと彼の伯父たちとの間で争いとなった。 メレアグロスは伯父たちを倒すが、母アルタイアーに呪われ、彼の寿命とされた薪を燃やされて死んだ。 このような英雄たちの集結は、ギリシア神話中でもイアーソーン率いるアルゴナウタイ及びトロイア戦争などでも見られ、物語の登場人物の関連から、時系列的には「アルゴナウタイ」の後、「テーバイ攻めの七将」やトロイア戦争以前に位置する。 アスクレピオスが居たり居なかったりするのはなぜ? 先に挙げた通り、アルゴー船の神話が出てくる本のうち、船員にアスクレピオスの名前があるのは一部です。 アスクレピオスは元々はテッセリア地方の神で、紀元前1500年頃にはアスクレピオスの神話が成立していました 大雑把な説明。 後にギリシアの神として、アポロンの治癒神としての面を受けて組み込まれ、信仰が広まり人気を得ました。 なお、父とされるアポロンも別系統の神話からの参入と考えられている その後徐々に信仰の地域は広がり、エピダウロス市で信仰の拠点が築かれたあと、紀元前420年にアテナイにアスクレピオスを祀る末社が設けられます。 更にその後の紀元前291年、ローマにも末社が作られ、ローマ帝国にも信仰が広まっていきます。 アスクレピオス信仰については大きく分けて「エピダウロス系」 残っている史料が多い 、「トリッカ系」 史料が少ない の、二系統があったのではとする考えがあります。 アスクレピオスとアルゴー船 アスクレピオスの英雄集合イベント参加は基本的には「後付」と考えられているそうです。 神話系統が違うため こちらのHPで紹介されている複数の生誕関係の記述について。 複数の説があるのは、元々の信仰の地からギリシャへと広まっていく間に様々な異説が生まれていったからと推測されます 異説を比較研究することで信仰がどう広がっていったかが推測される。 アスクレピオスの「生前の神話」について、へびつかい座の神話に挙げられているアスクレピオスの一生の物語以外に目立ったものがないように見えるのは、後からギリシャ神話に組み込まれていった経緯からかもしれません。 自分の予想ですが、アスクレピオスの信仰や人気が高まるにつれて、口伝や物語の数あるバージョン違いの中に「あの人気の医神アスクレピオスも実は船に乗っていた」「実はイノシシ狩りに参加していた」パターンが生まれていったのでは、と思います 推測。 結果的に「何か大きなイベントがあると怪我の症例を集めに行く医神」みたいになっている気がしますが気の所為です。 FGOでアルゴー船に乗っているのはどうして? ここまで色々と並べてきましたが、アスクレピオスはアルゴー船に乗った記述や、旅の道中の逸話は少ないです。 なのにどうしてFGOでは乗船説が採用されたのか。 同本には「人間から神になった」「臨床医術を発明した」などの記述も。 FGOの英霊は「 最盛期の姿で召喚される」と言われていますが、なるほど信仰の最盛期。 そういった理由で 「アルゴー船に乗っていた逸話」を持っている時点のアスクレピオスが英霊として召喚されたのかもしれません 推測 アルゴー船とアスクレピオスについてここまで読んでいただいてありがとうございました! 以下は「アルゴー船の物語」について調べたことメモです。 メモ 以下はアスクレピオスを中心とした話の流れから外れていたために外した項目です。 アルゴー船の物語についての説明が主です。 アルゴー船の伝説はいつからあるの? 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版 【アルゴナウタイ伝説】より アルゴナウタイArgonautaiとは,ギリシア神話で金羊毛を獲得するために英雄イアソンが企てた遠征に参加した一群の英雄の総称で〈アルゴ船の乗組員たち〉の意。 彼らにまつわる冒険譚が《アルゴナウティカ アルゴナウタイ物語 》といわれ, ホメロスさえ周知の物語として言及する古い伝説で,ヘレニズム時代のロドスのアポロニオスの作品をはじめ,ほかに2編この表題の叙事詩が伝存する。 この古くからあった伝説をもとに作られたのが「オデュッセイア」「アルゴナウティカ」などの文学作品です。 wiki。 いつ頃から存在しているかについては、まだまだ研究中なのだと思われる 話のあらすじは紹介されているが、伝説の発生時期へ言及はない。 「アルゴナウティカ」って何? アルゴナウティカ【Argonautica】 〈 アルゴナウタイ物語〉の意で,古代作家たちが好んだ題材の一つ。 作品名にも多く用いられたが,ホメロスの時代の叙事詩は失われた。 前6世紀にクレタのエピメニデス,前5世紀にヘラクレアのヘロドトスが同名の作品を書いたが,これも伝存しない。 ピンダロスは《ピュティア第4祝勝歌》でこの物語を詳細に扱っている。 現存する最も有名なものはロドスのアポロニオスによる叙事詩である。 これはホメロス以後の叙事詩中の最高傑作と評されたもので,とくにメデイアの恋を扱った第3巻の迫真的心理描写は圧巻である。 かなり後。 アルゴー船を扱った物語は複数ありますが、話によって人数やメンバーが違います。 アルゴー船の物語で現存最古の ロドスのアポロニオスの「アルゴナウティカ」ではアスクレピオスは乗っていません。 どれを読めば正しいの? ホメロスの書いた物語「 オデュッセイア」 合間合間にアルゴー船の話や、アルゴー船の物語をモデルにしたらしき箇所が出てくる や、ロドスのアポロニウスの「 アルゴナウティカ」 現存では最古のアルゴー船の物語 だけが「正しい伝承」なのかというと、そういうわけではありません。 ・「アルゴー船の伝説」自体は吟遊詩人などによって口伝で伝えられていた物語だった ミケーネ文明かそれ以前に生まれた後、文字が失われていた「暗黒時代」にも口伝で発展していた。 後に文字ができて書き残される前から存在した伝説である ・口伝は聴衆に聞かせながら語るので、その時々で長くなったり短くなったり、聴衆の反応で大げさになったり場面を飛ばしたり、その場で変化していく物語だった ・紀元前9世紀頃に新しい文字ができて書き留められることで「物語が固定」された ・その「固定された物語」で現存している中で一番古いのが「ロドスのアポロニオスのアルゴナウティカ」 紀元前3世紀 ・ホメロスが書き留めた「イーリアス」「オデュッセイア」 紀元前8世紀 は「アルゴー船の物語について触れている作品の中で最古」 これ単独でアルゴー船の物語全容がわかるわけではない ・1つの物語内で文体が違う部分があるため「ホメロス」は一人ではないのでは? 異なる時代でつぎはぎ? 等々の推測がある ・オデュッセイアやアルゴナウティカ以外にもアルゴー船について書かれていた物語はあった形跡はあるが、現在では失伝している ・外伝エピソードは断片的に他の書物に残っていたりもする そして失われたものも数多くある ・アルゴー船やトロイア戦争は完全な空想物語ではなく、歴史上の何らかの出来事が元になっていると考えられている 「正伝」と言えるような話はなく、断片的に残されている様々な話から、いま自分たちが知る物語が再構成されています。 アルゴー船の物語について今でも研究が続けられています。 神話の元になっている古典は色々あるので、異説が色々ある、ということを念頭に置いて読むと本によって話が異なる理由がわかります。 アルゴー船のメンバーについて 先述の通り、アルゴー船の物語はバージョンが複数あります といっても古典の人気ある人物は全体的にそんな感じですが。 なので1つのエピソードでもA本とB本では途中経過や結果が違うということもしばしばあります。 結果、アルゴー船に乗っていた人数やメンバーも異なるのですが、これについては「聴衆 読者 が所属する共同体の祖とされる英雄」 おらが町の先祖のえらい人 の存在が重要だった頃の名残というか、そのころの形式が残っているのだろうと推測。 この話は後の「祝勝歌」にて。 研究科の藤村シシンさんの講義によると「オリンピックの入場行進」のようなものだそうです。 聞き手のための部分。 100人バージョンは時代が下った後にまとめられた話のようなので、異説を集められるだけ集めた結果 つまりそれだけ多くの町でアルゴー船の物語は語られた って事なのかなあと思いました。 ラテン語では Argonautae(アルゴナウタエ)、英語では Argonauts(アーゴノーツ)。 アルゴー船の乗組員 アルゴナウタイの数は約50名であったといわれる ( シケリアのディオドロス『歴史叢書』は54名を挙げ、 ロドスのアポローニオス『アルゴナウティカ』は55名を挙げ、 ガイウス・ユリウス・ヒュギーヌス『ギリシャ神話集』は64名を挙げ、 ガイウス・ウァレリウス・フラックス『アルゴナウティカ』は52名を挙げる。 ) が、 ツェツェース John Tzetzes (およそ1110年 — 1180年)のように 100名の名を挙げる例もある。 アルゴナウタイの神話は、原典資料やこれを扱った研究資料によっても異説が多い。 祝勝歌 ピュティア第四歌 ピンダロスの祝勝歌 紀元前5世紀ごろ のピュティア第四歌ではアルゴー船の物語を扱っています。 一般に、古代ギリシアにあってオリュンピア競技祭などの勝利者を称える目的で造られた歌・詩を指す。 「祝捷歌」「捷利歌」とも呼ばれる。 とりわけ、古代ギリシアにあって、紀元前5世紀初頭から中期にかけて活躍した詩人ピンダロスの詩作品が名高い。 一方、逆に敗者をせせら笑う嘲喩を込めた歌もまた古代においては多々発見されている。 ピンダロスの祝勝歌は競技祭の勝利者を祝うために謳われた歌で、優勝者の家系をさかのぼり、出身地固有の英雄伝説がうたわれたそうです。 詳細は下記論文参照 典礼神話学序説 : ピンダロスと「勝利の歌」の射程 なのでアルゴー船についての歌があったということは、アルゴー船の英雄が自分たちの始まりと考えている共同体があったという事なんだと思います、多分。 ケイローン・アスクレピオスの出る戦勝歌については、歌を送られる人が病気を患っていたから説 当時は、共同体の始まりは「神」とか「英雄」で自分らはその子孫であるという考え方があったとか 神話を共同体共通の物語として考える。 上で挙げたアルゴー船の物語の「船員リスト」や、イーリアスの「軍船カタログ」なども、聞き手 自分たち の先祖とされる英雄が登場するシーンとして重要視されていたのただと思います。 [メモ] wikiですが興味深い内容だったのでメモ貼り付け 英雄 英雄の伝承としては、例えばヘーラクレースと十二の功業、オデュッセウスの故郷への旅、イアーソーンと金羊毛、テーセウスのミーノータウロス退治などが挙げられる。 これらの英雄は、必ずしも神々の血筋を受け継いだ超自然的な存在ではなく、オデュッセウスやメネラーオスのように、人間の両親から生まれながらも英雄と称される場合もあった[18]。 ホメーロスが力と勇気、あるいは知恵によって尊敬される者を英雄としたのに対し、ヘーシオドスは神話時代の4代目の子孫、トロイア戦争とテーバイの戦いに参加した世代の者たちを英雄とした[18]。 古代ギリシア人は、 英雄を、自分たちの先祖の中で最も有名なものと考え、先祖を祀るのと同様に敬った[18]。 英雄はそもそも理想化された人間であり、一般の人間が死後亡霊になるのに対し、英雄たちは生前の性質を保ったまま人間と神の仲介者となることができたのである[18]。 古代ギリシアで崇拝された「英雄」は、キリスト教の「聖人」とは根本的に異なる存在である[20]。 聖人はより高次の存在と人間の仲介者であるが、英雄は、英雄自身が人間の祈りを受けてそれに応える、ほとんど神と同格の存在として信仰された[20]。 教典 古代ギリシアの宗教には聖典と明言された文書等は存在しないが、ヘーシオドスの『神統記』と『労働と日』、 ホメーロスの『イーリアス』と『オデュッセイア』、ピンダロスの讃歌などは特別視された[39]。 それらの作品は一般的にムーサへの祈りで始まり、ムーサの霊感を与えられることで語られるとされた。 まとめ アスクレピオスは、イーリアスでは息子二人が軍船を率いて参戦するシーンがあることで間接的に名前を連ねています 人間の英雄として扱われている アルゴー船の物語への参加については、名前が明記されるのはかなりあと ガイウス・ユリウス・ヒュギーヌス『ギリシャ神話集』 は紀元前後付近、ローマまで信仰が広がった後 のようです。 このあたりになると上記のような「わが町の先祖」という考え方を含めてアルゴー船の物語が読まれていたのかどうかは分からないです。 最初は口伝の伝説「神話」という位置づけだったが、文字が発明されて数百年を経て「物語」になっていった アスクレピオスがアルゴー船の船員名簿に加わった頃は、共同体の起源神話としての神秘性は薄れていたかもしれませんが、少なくとも「世間で人気がある神様」「なので実は乗っていた」的な理屈は働いていたのではと考えられます。 ヒュギーヌスのギリシャ神話集では「神」として扱われている 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

カイニス(Fate)とは (カイニスとは) [単語記事]

アルゴノーツ メンバー

まぁでも作ることを考えると普通のプラスチックモデルのほうがいいですよ。 アルゴノーツ社製ミレニアム・ファルコン紹介 当時私はホビージャパンの記事で発売を知り速攻手に入れました。 本体部分がソフトビニールでクワッドレーザーや着陸脚などの細かい部分はメタルパーツです。 メタル製のクワッド・レーザー メタル製のアンテナ、レーザー砲やアンテナの細かい部分はメタル製でなければここまでの再現はできなかったでしょう。 あとは着陸脚とそのハッチの部分がメタル製です。 肝心のディテールはエピソード6の大型プロップを元にしてあるというだけありよくできています。 当時資料などは今と違って手に入らない時代だったのでその出来に感動したのをよく覚えています。 しかし、通常のプラモデルと違いガレージキットは作るのが大変です。 ソフトビニールの本体は購入時に変形していて沸かしたお湯に入れて形状復帰することから始める必要がありました。 でもどれだけ補正しても歪曲は修正できず上下のパーツが合わないため組み立てすらできませんでした。 結局、本体にセメントを流し込み形状を固定するという強硬策で作っています。 でもそれを除けばすばらしいディテール、メタルパーツ使用による完成度の高さととても良いものです。 次に困ったのが塗装。 どのように塗装すればよいかはパッケージ側面の写真2枚しか参考にするものがありませんでした。 このとき、ソフビに塗料を乗せるために下地として使ったサーフェーサーが本体カラーにあっていると気が付いたのです。 なんでも体験してみるもんです。 難題を解決する思考が何か発見するきっかけになるんですから。 一体成型なのにここまでの表現力があるのだからすごいですね。 コクピットはまぁこんなもんでしょう。 一体成型モデルとバンダイ版とを比較するのは酷です。 こうやってアップで撮るとどれも引けを取らないディテールです。 ちなみに左下がバンダイ、上がファインモールド、右下がアルゴノーツです。 アルゴノーツのミレニアム・ファルコンはスターウォーズシリーズの第7弾でした。 一番最初がストームトルーパーというチョイスはなんでなんでしょう。

次の

アルゴノーツについて

アルゴノーツ メンバー

アルゴノーツ株式会社は 「WEBの活用で流通及びサービスの最適化を行い、地域社会から日本全体の発展」 を目指しています。 もっと簡単に言うと… 1. 時間や場所を問わず、どこでも仕事ができる環境を作る。 必要なモノが必要な人に必要なだけ届くエコな社会を作る。 だれでもWEBを活用できる仕組みを創る。 はすでにアルゴノーツがかなり実現させています。 何も都会の真ん中で仕事をする必要はありません。 これを実現させることで、海や山の見える豊かな景色の中で働くことも可能になります。 また都会に出て行かずとも仕事ができますので、地域の雇用創出にもつながります。 についても既に多くのEC企業の皆様が実現させていますが、アルゴノーツの役割としては、より多くの優良なEC企業様が増えていくことのお手伝いと、誰でも快適にECを活用できる環境を創ることにあると考えています。 について、アルゴノーツは、WEBシステムサービスを通じて、「自動化」と「最適化」を一般のユーザーさんにも当たり前のように使ってもらえる社会になることを目指しています。 欲しい時に、本当に欲しいもの(情報)がその人に要望にピッタリ合うようにはまだまだ提供されていないと考えています。 WEBを最大限活用すれば、全国どこにでも必要なものを必要なだけ、必要な人に提供することが可能です。 つまり日本全国、いや世界のどこにいてもビジネスを展開することが可能です。 また、ニッチな商材をわかりやすく提案することで、 今まで手に入れることができなかった人にも良い商品を提供することができます。 WEBで基礎を固めたショップが、 リアルで活躍することで地域を活性化させる。 または、地域で活躍しているお店がWEBでも販売することで、安定した売上を保つことができ、 更に、全国のニーズにも対応することができる。 より多くの中小規模の企業様にWEBを有効活用していただき、 ニーズマッチングの最適化を行い、 WEBとリアルを相互に補完しあう関係を構築することで、地域や日本の活性化につながると考えております。 無駄を無くし可能性を増やして、地域や日本を元気に! ・・・と、はりきってがんばっていますが、 まずはアルゴノーツが一番得意なYahoo!ショッピングから、出店ストア様のお手伝いをさせて頂きます。 Yahoo!ショッピングからEC市場をもっともっと元気にします! がんばりたい!もっと上を目指したい! 志を持った企業様や事業主様のお役に立ちたいと考えております。 アルゴノーツ株式会社のアルゴノーツWEBコンサルティングサービスには 多くのクライアント様の売上アップ実績はもちろんのこと、 実際にヤフーショップを運営し、 売上アップに成功した確かなノウハウがあります。 Yahoo! ショッピングは初心者でもネットショップを作れる優れたシステムですが、 売上を伸ばすためには独自のテクニックが必要となります。 この独自のノウハウに関して、アルゴノーツは絶対の自信を持っております。 なぜなら、実際にヤフーショッピングをはじめ、ネットショップを運営していて、売上を伸ばした実績があるからです。 更にヤフーショッピング専門なので、多くのヤフーショッピング出店ストア様のサポート実績があり、常にヤフーショッピングの動向を詳しく追い続けることができます。 そのため、ヤフーショッピングのシステム変更などにも迅速に調査対応することが可能です。 そしてアルゴノーツ株式会社はYahoo! JAPANコマースパートナープレミアムに認定されていることからヤフーショッピング営業本部の方とも密に情報共有をすることができています。 ヤフーショッピングは、他のショッピングモールに比べてまだまだこれから市場が拡大していく傾向にあるので、新規参入の企業様や中小規模の店舗様こそチャンスがあると考えています。 アルゴノーツでは、集客や宣伝を目的とした無料セミナーを「主催」することはしません。 いえ、正確には主催できないのです。 これらのセミナーにかかる費用はやはりサービス料に上乗せしなくてはいけませんので、サービス料の見直しが必要になってしまいます。 セミナーをやるからにはしっかりとお金を頂いて、真に価値のある情報を提供し、有益な時間を共有したいと考えております。 アルゴノーツでは無料セミナー代わりに、できるだけ多くのノウハウをご紹介しています。 まずはこちらをご確認頂き、アルゴノーツの実力をご確認ください。 もちろん、多くの方にお会いしてお話がしたいという気持ちは強く、ゲストとしてお招き頂く場合は出来る限りお役に立ちたいと思いますので、主催者様はぜひともご相談ください。 緑豊かな住みやすくとても環境の良い街にアルゴノーツ株式会社はあります。 WEBをベースにビジネス展開をすることで、郊外からでも日本中、いや世界中のクライアント様に高い水準のサービスを提供することを可能にしています。 また、アルゴノーツ株式会社の前に走る、 あすみ大通りは 新・日本街路樹100景に選ばれるほど景観に優れ、こんな街に住みたいと思えるような非常に良い環境でありながらも事務所家賃はとてもリーズナブルなので、その分をクライアント様へ低価格サービス料として還元しています。 あすみが丘は千葉県の中でも高台にあり、特に冬場など空気が澄んでいれば、オフィスからは雄大な富士山を眺めることができます。 オフィスの一角を写真でご紹介します。 高度な分析からクライアント様へのご提案作成、システム開発までクライアント様のあらゆるご要望にお応えできるよう高いスペックのPCを皆が使いこなしています。 更に大画面、複数枚のディスプレイを活用することで一度に多くの情報の取り扱いが可能になり、作業効率化を実現しています。 これにより多くのクライアント様に高い水準のサービス提供が可能になります。 原則として電話は扱いませんので、常に集中して仕事をすることができます。 更に空気清浄機とアロマの香りで快適な環境を構築できるよう心がけています。 このように快適な環境を構築することで、アルゴノーツ株式会社のコンサルタントやシステムエンジニアは無駄な負担を減らし、高い生産性を実現させることを可能にしています。 2016年には事務所を移転し、ゆとりある応接スペースやスタンディングワークデスクコーナーを構築。 天気が良ければ富士山も見える、土気・あすみが丘をぐるっと一望できるロケーションにあります。 アルゴノーツは新しい試みに取り組んでいます。 アルゴノーツ株式会社には腕に自身のあるプロフェッショナルたちが集まっています。 コミュニケーションはすべてWEBベース。 原則としてクライアント様にお会いすることなくサービスをご提供いたします。 これをと呼んでいます。 移動時間の削減〜時間の有効活用• 移動に伴うエネルギーの削減• 通信費などの費用を削減• 電話応対による無駄の削減• ビジネス拠点のボーダレス化(都市部集中の緩和、どこでも、誰とでも仕事ができる) これらビジネススタイルの最適化を図ることで コストを徹底的に削減し、低価格でのサービスを実現させています。 もちろん全てがゼロになるとは限りませんが、減らすことは十分可能です。 本当は多くの方がこれらに疑問に思っていたり、無駄だと感じていたことでしょう。 そう、実はこれらは既に現在の技術で、すべてWEBへ移行することが可能です。 EC市場の拡大を始め、ビジネスシーンはWEBへシフトし続けています。 後は、良質なサービスを提供する事業者がどんどん増えていき、このようなサービスが一般化していくところとなりました。 もちろんリアルでしか成せないこともたくさんあります。 アルゴノーツ株式会社は決して既存の商慣習を否定するのではなく、新たな選択肢を増やすための取り組みとして挑戦しています。 アルゴノーツ株式会社がより良いサービスを提供しつづけることで この業態の更なる発展を図りたいと考えています。 アルゴノーツはアルゴー船に乗る戦士たちのことである。 アルゴノーツはギリシア神話のアルゴー船の物語に由来しています。 あまりにも巨大という理由で、今は4つの星座にばらされてしまいましたが かつて、全天体中最大の大きさを誇った星座の名前でもあります。 この物語は 英雄イアソンが黄金の羊の毛皮を求め、 ヘラクレスやふたご座のカストルとポルックスなど、 ギリシア神話の英雄たちと共にアルゴー船に乗り込み、壮大な冒険を繰り広げる物語です。 我々の持つ強力なノウハウをアルゴー船に見立て、この強力な船に乗り込み、戦力を活用していただくことで クライアント様と共に荒波を乗り越えて行きたいという願いが込められています。 アルゴノーツWEBコンサルティングサービスのスタンスは お客様と一つの船に乗り込み、メンバーの一員として共に成長し成功をつかみとることにあります。 お客様のWIN=アルゴノーツのWINとなるよう、常に主体的に全力でお手伝いをさせていただきます。 余談 「アルゴノーツ」と検索すると、セクスィーなゲームやイラストが出てくる場合がございますが、これは弊社とは一切関係がございません。 これは前述のとおり有名な神話に由来しておりますのでかぶっている次第でございます。 むしろ私どもが後発でございますので、先駆者に敬意を払いつつ、アルゴノーツと言えば、アルゴノーツ株式会社と認識していただけるよう日々精進して参る所存でございます。 お役に立てること、喜んで頂けることを第一に考えています。 いつもお世話になっております。 アルゴノーツ株式会社の佐藤です。 今日まで多くのクライアント様にご愛顧頂きまして、ヤフーショッピング専門コンサルというサービスをご提供することができております。 心より御礼申し上げます。 アルゴノーツ株式会社はヤフーショッピング専門コンサルタントサービスとして2009年に産声を上げました。 私どもが最も大事にしていることは、「お客様の喜び」です。 ここで言う「お客様」とは、私どものクライアント様に加え、ヤフーショッピングをはじめ全てのECをご利用頂くお客様も含まれます。 クライアント様の売上を伸ばしたり、ツールなどで作業効率をあげ成果につなげて頂き、喜んでもらえること。 そしてその結果、優れたストア様の良い商品が全国のお客様に届き、喜んでもらえること。 これが何もよりも嬉しいことであると考えております。 「すごうぃ〜ね」と言って頂けるために。 アルゴノーツは「お客様の喜び」に加え「すごうぃ〜ね 凄いいね! 」と言って頂けるようなサービスをこれからもご提供できるよう社員一丸となって努力と研究を続けます。 アルゴノーツのサービスをご紹介すると、皆様に「えっ!?凄い!」「え?こんなことができるの!?」と驚いていただいております。 これは大変励みになります。 例えば、ストアのメンテナンスを楽にするためのツール。 そして集客に繋げられるツール、ヤフーショッピング内SEO対策をサポートするツールなど、他社には無い独創的なツールをご用意しております。 使って頂ければ今までの大変な作業は何だったんだろう。 ご実感頂けると思います。 多くのストア様にご利用頂きたいので、お得なお値段からご利用頂けるよう努力しておりますのでぜひお気軽にご利用頂ければ幸いでございます。 また、アルゴノーツはを推奨し、実践していますが、絶対に人にお会いしたくない!というわけではありません。 いざサービスを始める前には…など、代表の佐藤をはじめ、コンサルタントと話をしてみたい、という方はぜひオフィスまでお越しください。 美味しい挽きたてのエスプレッソなどお淹れしてお待ちしております。 こんなことできないの?このように改善したい!などいろいろなご相談をお聞かせください!皆様からの「凄い!」を聞かせていただくために頑張ります。

次の