いつ コロナ が 終息 する。 新型コロナウイルスの大流行はいつ終わる? 生活はもとに戻るのか?

新型コロナウイルスの終息時期はいつ?【専門家の予想まとめ】

いつ コロナ が 終息 する

先見の明とはまさにこのことでしょうか。 こういった発言力のある方が発信するのは素晴らしいことだと思います。 人類VSウイルス NewsWeekに戻りまして。 ( インペリアル・カレッジ・ロンドンの臨床上級講師・名誉コンサルタントを務める感染症の専門家である クリストファー・チュー氏によれば) 新型の病原体は 「ある時点で人口のかなりの割合が免疫を持つようになり、感染拡大に歯止めがかかる」のが通常のパターンだが、封じ込め策も流行を終わらせる効果がある。 『 新型コロナウイルス感染症はいつ、どう終息するのか 』 より早く多くの人が免疫を獲得できればいいですよね。 また、 史上最多の死者を出した1918年のスペイン風邪は、 感染者が死ぬか、免疫を獲得し、ウイルスがとりつく新たな宿主がほとんどいなくなった時点で終息した。 1957年のアジア風邪はワクチンが早期に開発され、抗生物質で合併症が抑えられ、一部の人たちが免疫を獲得したことがあいまってコントロールできる状態になった。 『 新型コロナウイルス感染症はいつ、どう終息するのか 』 あまりにもウイルスが強すぎると感染者が死んでしまい、そうすると次の宿主に移れないんですね。 ビル・ゲイツが動画の中でエボラを例にあげてます。 感染拡大を防げた理由を3つ上げていますが、その中の一つとして、患者が重症でベッドから動けず、空気感染しなかったこととしています。 ( オクスフォード大学「人類の未来研究所」の上級研究フェローでパンデミックの専門家ピアーズ・ミレット は)「ウイルスの立場からすれば、 宿主を殺せば増殖できなくなり、存続できなくなる。 うまく適応したウイルスは、宿主を病気にしても殺さない。 COVID-19も動物由来のウイルスであれば、今後数週間に新しい宿主に適応するにつれて、症状の重篤さが和らぎ、流行の猛威は収まっていくと考えられる」 『 新型コロナウイルス感染症はいつ、どう終息するのか 』 ウイルスも凶暴性を和らげて欲しいです・・・。 しかし病原体が多くの国に広がり、感染が拡大すると、封じ込めでは感染を阻止できず、せいぜい拡大のスピードを抑えることしかできなくなると、チューは指摘する。 「 それでもピーク時の山の高さを抑えることで、感染者が病院に殺到して医療が崩壊する事態を防ぐ効果は期待できる」 『 新型コロナウイルス感染症はいつ、どう終息するのか 』 なるほど。 「封じ込めても結局は感染するんだから意味ない」というような意見も耳にしますが、感染スピードを遅くするだけでも、医療機関の崩壊を食い止める効果はきっとありますよね。 また、 新型コロナウイルスがどんどん勢力を拡大するなかで、世界各国が封鎖などの措置を取り、 時間稼ぎをすれば、その間にワクチンや治療薬の開発も急ピッチで進む。 『 新型コロナウイルス感染症はいつ、どう終息するのか 』 ということですね。 まさに「時間稼ぎ」でしかないのかもしれませんが、その間、ワクチンや治療薬の開発も進められるし、先に上げた医療システムを保つこともできます。 大切なことですね。 ミレットはさらに「現時点で最も信頼できる推定では、COVID-19の致死率は非常に低いと考えられる」と付け加えた。 『 新型コロナウイルス感染症はいつ、どう終息するのか 』 これが本当であって欲しいです。 やはり、常日頃よく寝てよく食べて、健康に注意することが個人できる最善の方法なのかなぁと思います。 (ケンブリッジ大学「生存リスク研究所」のキャサリン・ローズ理事長は)「人類史を振り返れば、世界全体に影響を及ぼす感染症の大流行は何度も繰り返されてきた」。 幸いにも人類は今、感染症の猛威に対し史上最強の対応能力を持っている。 「世界はかつてないほど(感染症への)準備ができている」と、チューも言う。 「パンデミックに備えた計画が発動され、治療法とワクチンの研究も驚くほど急ピッチで進んでいる」 『 新型コロナウイルス感染症はいつ、どう終息するのか 』 この記事はポジティブな終わり方ですよね。 本当にそうあってほしいです。 6日WHOのコメントですね。 「流行のピークと終息をどう予測するか。 」という問いで、 SARS のデータを元に、 今回は19年12月に始まったことから、20年4~5月がピークで、8月まで続くと推測。 夏以降も続く可能性は低いが、どうなるか分からない。 『新型コロナ「4~5月がピーク」 感染症対策の第一人者、東北医薬大・賀来特任教授』 としています。 オリンピックまでには終息してほしいですけど・・・オリンピックが開催されないとなったら、経済的影響などを考えると恐ろしいです。 最後に動画いくつか というチャンネルの動画2つ。 どういう立場の方達が作った動画か分からないのですが、絵やCGによる説明が分かりやすいなぁと思いまして。 英語訳(自動生成)を表示できます。

次の

新型コロナ1年で収束せず 専門家は厳しい見方、五輪にも影響|医療ニュース トピックス|時事メディカル

いつ コロナ が 終息 する

一時的に感染者数が減少して収束し始めたかと思える時期も来るだろうが、それは『感染の波』ともいうべきもので、再び感染者の増加が来るだろう」 昭和大学(東京都品川区)の二木芳人客員教授(感染症)は、こう現状を厳しく分析する。 感染経路の追えない患者が増え、医療機関の受け入れ能力が逼迫しているなど、まさに「医療崩壊の危機」と呼び得る状態だ、と言う。 政府の緊急事態宣言などによる外出自粛の効果も、専門家から見れば効果は限定的なようだ。 二木客員教授は「繁華街が注目されているが、平日の商店街やオフィス街は多くの人が出歩いている。 外出自粛の効果を出すには、より強いメッセージを発信しないといけない」と言う。 「ここまでくれば、国民の6割から9割が感染して抗体を有する『社会的免疫』が成立するまで、あと2~3年は感染の完全収束はないだろう。 海外で実施されているロックアウトのような厳しい措置も免疫成立までの患者数の増加スピードを抑えて、医療組織を破綻させないための対策でしかない」と解説する。 新型コロナウイルスの顕微鏡写真(国立感染症研究所ホームページより) その上で二木客員教授が求めているのが、医療体制の機能維持だ。 ウイルス感染が疑わしい患者を受け入れる「専門外来」を開設し、そこで十分な感染防御対策を整えて患者と疑われる人を集中して検査し、より分ける。 「軽症や症状の無い患者は医療機関以外の施設に回し、重症者を専門医療機関が引き受ける。 一部の自治体で始まったばかりで、体制整備の遅れは大きい」とした上で、「軽症者を一部自宅待機で対応しているケースがあるが、大変危険で早急な受け入れ施設の整備が求められる」と言う。 同時に、流行のパターンは新型コロナウイルスの性格によっても変わってくることが予想される。 「日本のような温帯地域では、新型ウイルスがインフルエンザと似た性格なのかどうかで今後の流行のパターンは異なってくる」と言う。 「インフルエンザのように気温が上がると活動が低下するウイルスであれば、今年の4月下旬ごろから少しずつ感染拡大のペースが落ちて8月までには拡大の勢いが目立って落ち着く。 ただ夏が過ぎて10~11月には再び感染が増大し、21年の4~6月まで再び流行が続くだろう。 このように2シーズンが過ぎると、ある程度流行は落ち着いてくるし、重症者の比率も減るだろう」。 菅谷医師はこう予測する。

次の

新型コロナウイルスはいつまで流行するのか【終息予想】東京オリンピックは大丈夫なのか

いつ コロナ が 終息 する

日本人は楽観しすぎていないか? みなさんはこの「新型コロナウイルス肺炎」がいつ終息するとお考えだろうか。 オーストラリアに住みながら、海外在住日本人ライターの集まりである「海外書き人クラブ」のお世話係を務める私は、日々世界中の彼らと情報を交換している。 そこで最近頻繁に話題になるのが、「日本に住む人たちは楽観しすぎているように見える」ということだ。 世界中の人たちが認識している「この闘いが長く厳しいものである」という現実を、理解していない日本人も多いようにも思える。 今、直視しなければ、日本は破滅に向かうのではないか。 そんな心配さえしている。 そんな彼我の差を知ってもらいたくて、私は簡単なアンケートを取ることにした。 協力してもらったのは、もちろん「海外書き人クラブ」のメンバーたちだ。 アンケートは以下のような設問にした。 【設問1】 在住している国が「ほぼ正常」(映画館や飲食店に行けたり、国内旅行が普通にできたりする状態)に戻るのは「何カ月後」と予想しますか? 【設問2】 在住している国と日本との渡航が「ほぼ」自由および正常にできるようになるのは、「何カ月後」と予想しますか?(「コロナ以前」より減便になったとしても定期便が飛び、かつてと同様の価格で飛行機に乗れる状態になるのはいつか) アンケートを回収したのは日本時間の2020年4月18日夜から4月23日の早朝にかけて。 また回答は疫学の専門家などではない素人の予想であることはご理解いただきたい。 さて、各国の回答を紹介する前に、日本にお住まいのみなさんにお願いがある。 まずご自身なりの【設問1】と【設問2】の「答え」を考えていただきたい。 現在の日本は、感染がそれなりに広がっているのに店内での飲食ができる稀有の国である(私が住むオーストラリアもそうだが、多くの国々では「店内飲食」は禁止で、テークアウトやデリバリーのみで営業可となっている)し、国内旅行もできないことはない。 よって【設問1】は「なんの気兼ねもなく店内飲食やレジャーや観光旅行が楽しめるようになるのは何カ月後と予想しますか?」と考えていただこう。 【設問2】はどこか行きたいと思う国をひとつ想定して、「日本とその国との渡航が『ほぼ』自由および正常にできるようになるのは、何カ月後と予想しますか?」としてもらいたい。 みなさん、それぞれの回答を頭の中に浮かべていただけただろうか。

次の