エヴァンゲリオンマリ死亡。 エヴァンゲリオンのキャラクター・登場人物をまとめてみた! | MOVIE SCOOP!

エヴァ破アスカは死亡していない?Qではどうなったのかネタバレ!

エヴァンゲリオンマリ死亡

1.漫画「新世紀エヴァンゲリオン」のあらすじ 画像出典: あらすじに関しては従来放送されてきたTVアニメと全く同じなので、軽い紹介にとどめます。 時は西暦2015年。 南極の氷雪溶解による世界的危機 セカンドインパクト から復興しつつある時代。 彼らはその正体も目的も不明だが、 さまざまな形態・特殊能力で人類に戦いを挑んできた。 国際連合直属の特務機関「ネルフ」によって主人公「碇シンジ」を含む3人の少年少女がその操縦者に抜擢された。 今、人類の命運を掛けた戦いの火蓋が切って落とされる。 謎また謎のスリリングなストーリー。 少年少女達の葛藤、そして心の成長。 ダイナミックに展開する、本格アニメドラマです。 出典:ガイナックス このあらすじだけ読むと、「 王道SFロボアニメ」みたいな雰囲気を感じます。 ただ、アニメ版はそれはそれは難解なストーリーで構成されているので、正直このあらすじっぽいストーリーが展開されるのは、せいぜい「男の戦い」くらいまででしょう。 しかし、漫画版は基本的な設定こそアニメ版と変わらないものの、作風が随分と明るくなったので、このあらすじがある意味そのまま表現されているように感じます。 2.漫画「新世紀エヴァンゲリオン」の感想・解説(旧劇・アニメとの違い) さて、基本的なストーリーは最終盤までアニメ版・旧劇場版と ほぼ同一です。 つまり、全14巻で構成されているストーリーのうち、13. 5巻はほぼ同一のストーリーといえます。 そしてすべての使徒を倒した と思ったら、人類補完計画が始まってしまう。 ここまでの概要はほぼ同一です。 また、難解さがないとはいいませんが、良くも悪くもわかりやすい世界観に書き換えられているため、エヴァのストーリーを知りたいというライトなファンには最適です。 しかし、 「 それならば、エヴァ入門書としてはいいけどファンは読む必要がないのでは?」 と思われるかもしれませんが、ここまでの内容でのミソは「 ほぼ」同一という点です。 つまり、ファンであればファンであるほど、その細かな違いに気づいてそれを楽しむことができるのです。 1.ファンには分かる、細かな違い 例えば、キャラクターの性格が微妙に違います。 分かりやすいところでは、シンジがちょっぴり男前で前向きな性格となっており、終盤にはカヲルに対し「 前歯全部折ってやる!」という、衝撃的な発言をしています。 その他にも、省略されている使徒がいる、生死が異なるキャラクターがいる、あの謎めいた二枚目キャラクターの過去がはじめて明かされるなど、既存のファンにも嬉しい要素が数多くつめこまれています。 また、漫画版は完結になんと 19年の歳月を要したため、私を含めファンは待たされ通しでした。 しかし、今ならすぐに全巻読めますので、漫画を一気に読みたいという方にもおすすめできます。 2.大きく異なるラストシーン そして、先ほど触れた14. 5巻は同一、という一文に話を戻します。 これはつまり、 0. 5巻分は異なる点があるということです。 その最大の違いは、最終巻である14巻目の途中から訪れます。 この部分は、アニメ版では旧劇場版第二作の終盤にあたります。 旧劇では、シンジが人類補完計画を否定し、アスカとただ二人LCLの海で生き残ります。 そこで、シンジはアスカの首に手をかけ、それを絞めます。 意識を失っていたアスカはそのことに気付くと、そっとシンジの頬を撫でます。 html すると、シンジは突如としてその手を離し、泣きじゃくります。 それを見たアスカが「 気持ち悪い」という衝撃的な一言を残し、物語は幕を閉じます。 …正直、初見の私は「 なんなんすかこれ?」という感想しか出てきませんでした。 その後、考察サイトなどをみていくといろいろと捉えようのあるラストシーンだということは理解できましたが、少なくとも「限りなくバッドエンドに近いビターエンド」であるということは間違いなさそうです。 しかし、 漫画版はこうした意味深長なラストシーンではありません。 人類補完計画の失敗後、世界は何事もなかったかのように再構成されます。 そこでは、シンジは普通の中学生として日々を過ごしています。 すると、上京する電車内でアスカに出会います。 しかし、二人はまるで初対面のように振舞います。 おそらく、出会った記憶がなくなってしまっているのでしょう。 その後、シンジはミサトが愛用していたペンダントを握りしめ、明日への希望を語り物語は幕を閉じます。 う~ん、わかりやすいですな(旧劇場版比) ただ、物語として筋が通っていてわかりやすいのは確かなんですが、エヴァ特有の「意味深長さ」があまり感じられないというのも事実です。 これは、作者の貞本さんの解釈がたぶんに反映されているためでしょう。 ここは好みの問題だと思います。 ここでは、ゲンドウやユイの学生時代の一幕が描かれており、物語の鍵を握っているにもかかわらずあまり描写がなされない彼らの過去を知るための重要な手がかりになっています。 さらに、最大の注目点は、新劇場版で初登場した新キャラクター 「真希波・マリ・イラストリアス」が、このエピソードに登場するという点です。 animatetimes. php? まず、司令であるゲンドウを「君」付けで呼びます。 マリからすれば一回りも二回りも年上の存在であり、立場も同様です。 普通であれば、そのように親しげな呼びかけはしないでしょう。 また、作中で本来はアスカの機体であるエヴァ弐号機と、容易にシンクロしてみせ、さらにネルフの機密事項である「裏コード」の存在を知っていました。 他にも、レイの姿をみて、マリが日本に来るはるか昔に死亡しているユイの存在を示唆する、エヴァの呪縛というシステムによりエヴァのパイロットは年を取らないことが明かされるなど、 異質な存在であることが示唆されていました。 このエピソードは、ユイやゲンドウがまだ大学生であった 1998年を舞台にしています。 ここで登場するのが、2年飛び級で入学した少女でした。 この少女は作中でユイやゲンドウと触れ合いますが、 その正体はマリであることが最後のコマで明かされます。 このエピソードから、 マリの実年齢はユイやゲンドウに近く、ネルフ創設メンバーと深いかかわりがあったことが確実になりました。 これで、マリに関する異質さは概ね明かされたといえるでしょう。 もちろん、この事実が判明したところで、その正体が完全に解明されるわけではありません。 ただ、こうした設定が明かされたことで、「 シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開が待ち遠しくなったことは紛れもない事実です。 マリの秘密が明かされることになるのか、2020年に答えが出ることを期待しています。

次の

なぜ、シンジはアスカの首を絞めたのか?【エヴァンゲリオンFANさいと】

エヴァンゲリオンマリ死亡

真希波・マリ・イラストリアス。 この人物は、から搭乗しており、その際にはネルフの人間さえ知らなかった弐号機の 裏コード、THE BEASTまで知っていた。 このときにはバチカン条約により凍結されていた弐号機の 凍結解除まで一人でこなしている。 さらに疑問が浮かぶのが、弐号機とのシンクロ。 弐号機には、の母親、 キョウコの魂が入っており、これによりアスカと弐号機とのシンクロが可能となっている。 ということは、弐号機とシンクロできてしまう彼女は一体何者なのか。 シンクロといえば、序盤でもベタニアベースにて 仮設5号機のパイロットとしても活躍していましたよね。 そして今回の「Q」ではのパイロット。 はい、 この時点でマリはエヴァ3体とシンクロが出来ていることになります。 エヴァとのシンクロを自由に設定できる カヲルを連想させますよね。 ですが、マリの場合、EVAとのシンクロを自由に設定できるとかではなく、彼女の正体そのものがエヴァとシンクロ可能にさせているのだと思います。 ここで、マリが一体誰なのかということに関していくつか論争が起きてます。 始めに。 エヴァの呪縛というキーワードにより実際の年齢は不明だけど、シンジやアスカたちよりももっと早くの段階でエヴァの呪縛により年を取らなくなった。 ゲンドウのことをゲンドウ君と呼んだり、アヤナミレイのオリジナルはもっと愛想がよかったと、 碇(綾波)ユイのことを発言している。 リツコやミサトが知らないような弐号機のビーストモードを知っている点などは、 自分が開発にかかわったから知っていた。 キョウコの魂が弐号機の中に取り残されたものが 一部サルベージされた、もしくは キョウコからクローンがつくられた。 ここに 写っている人物本人、もしくはこの人物のクローンがマリ。 これがマリだとすれば、アヤナミレイのオリジナルの碇ユイを知っていたり、ゲンドウ君と呼ぶほどの関係も同期なら説明がつく。 ここでも、弐号機のビーストモードを知っていたことも納得できる。 という感じです。 マリはどの状況においてもネルフ、ヴィレよりも状況を正確に判断しており、勘が鋭いセリフも多かったですよね。 これは立場的にもミサトやリツコたちよりも重要なカギを握ってそうです。 頑張って、パソコンのマウスで描いて色塗りしたマリさんw おかげで手が腱鞘炎になった。

次の

なぜ、シンジはアスカの首を絞めたのか?【エヴァンゲリオンFANさいと】

エヴァンゲリオンマリ死亡

新世紀エヴァンゲリオンと言えば、多くのファンを生み出した「平成の名作アニメ」ですが、特に男性に人気が高いのはアスカこと 「惣流=アスカ=ラングレー」(新劇場版では式波=アスカ=ラングレー)です。 アスカと言えば「ツンデレ」キャラの元祖ともいえるキャラですが、それが男性ファンの人気を集める要素になっています。 ここでは、 アスカが男性ファンに好かれる4つの理由をご紹介していきます。 アスカが男性ファンに好かれる4つの理由とは? アスカは、エヴァンゲリオンのファンの中でも、特に男性に好かれます。 アスカの性格と言えば、代表的なのは 「ツンデレ」なのですが、ツンデレ以外にも様々な要素が男性ファンを虜にしています。 でも、同じエヴァのパイロットである碇シンジには恋心を抱き始めると、急に態度を一変させて「ツンデレ」の「ツン」の部分が段々多くなります。 シンジとのコンビネーションを必要とするため、エアロビクスを一緒に練習しているときなどは、シンジがあまりにもへたくそなものですから、「下手くそ!」などと罵声を浴びせますが、同時に自らシンジの手をとってサポートするような場面もあります。 でも、同じエヴァのパイロットである綾波レイへのライバル意識を持つようになると、急に綾波に対する態度を冷たいものに一変させたり、綾波に好感を抱いているシンジに対してもつらく当たるようなこともあり、見ているこちらからしてみれば 「やきもちを焼くような普通の14歳なのか」と、好感を抱く部分も見えます。 スポンサーリンク こんなアスカですが、「デレ」の部分しか見せない男性もいたりします。 その男性が加持リョウジで、大人の男性と言うイメージの加持に対して、一方的に思いを寄せて、加持と昔の恋人葛城ミサトが話をしているだけでもヤキモチを焼くような一面を見せることもあります。 そんなアスカですが、シンジに魅かれて行く事を素直に認められない不器用さから、時おり見せる「デレ」がいちだんとかわいく見えるのです。 例えば、戦闘中にシンジに助けられて「バカね」などと照れくさそうに呟いたり、落ち込んでいるシンジに「キスしようか」などと冗談めいた様子で言うなど、シンジに見せる「デレ」の部分は、非常にかわいいです。 エヴァの操縦能力の指標である 「シンクロ率」は、当初はトップでしたが、戦闘が進むにつれてシンジや綾波の能力がアップします。 そのためアスカは、徐々に自分の能力を他人に追い抜かれてしまうような疎外感に襲われます。 でも、あれだけシンクロが難しいエヴァを、アスカは一度も暴走させたことがないですし、暴走させたことは一度もないですし、格闘や射撃など、エヴァの能力や武器を十二分に発揮して操縦できる器用さは、アスカならではの才能でしょう。 むしろ絶望的に信頼性の低いエヴァンゲリオンという兵器で、使徒に効果の薄い兵器を十分に駆使するなど、出来る方法をすべて使ってでも使徒に対抗した姿勢は、やはりアスカのパイロットとしてのすぐれた能力あってこそ、できることです。 そもそも、あのような人造兵器とシンクロができること自体、並外れた能力を持っているわけですから、そんなに落ち込む必要はないのですけどね。 それでも、アスカは自分に対する要求が高いので、100%完ぺきにこなせないとついつい落ち込んだり、誰かに八つ当たりしてしまうようなことも多かったので、そういう一面も人間っぽくて好感が持てるゆえんなのかもしれません。 あと、アスカに男性ファンが多いのは、いわゆるアニメ業界の鉄板の法則 「美少女+メカ」という組み合わせにうまく合致しているのも要因です。 最近であれば「艦隊これくしょん(艦これ)」などは、美少女+メカの組み合わせにがっちりとはまっていたので、人気を集めました。 同様の法則にがっちりはまったのも「アスカ+エヴァンゲリオン」だったわけです。 最初は加持リョウジに憧れを抱いていましたが、エヴァパイロットとして日本に来日してからは、葛城ミサトの家で一緒に暮らすことになった碇シンジにしだいに惹かれていきます。 最初はシンジよりもエヴァを上手に操っていたアスカですが、エヴァのシンクロ率をシンジに追い抜かれてしまうと、自信を失っていき、それに加えて使徒との戦いでの敗北で自らの存在価値を見失ってしまいます。 このころから、シンジには 複雑な感情を持つようになります。 旧劇場版のワンシーンでは、シンジに対し「あんたが全部あたしのものにならないなら、あたし何もいらない」とまで言い、明確にシンジに対する好意を明言しています。 普通なら「あなたのことが大好き」と言うべきところを、アスカらしく言いきっているこの言葉が、14歳の女の子の葛藤する恋心をうまく表現しています。 シンジに恋心をいただいて以降、アスカは綾波への強烈なライバル意識を燃やすようになり、そのせいでシンクロ率もマイナスになっていくのですが、アスカはそれに気づいていません。 いわゆる 「嫉妬」が影響しているのでしょうが、こういうもどかしさを引きずっているような部分も、思春期の女の子って感じがして好感が持てますね。 ですが、その後の使徒との戦いの中で、思わぬことから自らのつらい過去を吐露してしまうことになります。 初号機の凍結中に起こった第15使徒アラエルとの戦闘中に、アスカは使徒の攻撃により精神的侵食を受け、封印していた自分の辛い過去をさらけ出されてしまいます。 実はアスカの母親は、エヴァ接触実験の失敗による後遺症で精神を病んだことをきっかけにして、人形を実の娘であると思い込んでしまった、精神崩壊の症状に陥っていたのです。 そのため、実の娘である自分を見てくれなくなったことで、アスカは何とかして母親に自分の方を振り向いて欲しいと思い、エヴァのパイロットになる決意をします。 度重なる訓練の結果、ついにアスカはエヴァのパイロットに選ばれるのですが、選ばれたその日に母親は自殺してしまいます。 母親が突然この世を去ると言う出来事の結果、アスカは 強烈なトラウマを背負うことになります。 「もう誰も信じられない」「誰にも負けられない」と自分に言い聞かせ、いつしか「自分に必要とされることでしか自分の価値がない」と思い込むようになり、つらい時でもしんどい時でも、他者の評価を得るために生きるようになってしまったのです。 スポンサーリンク もちろん、そんな生き方を続けていては 疲れて果ててしまうのは無理もありません。 この悲しい宿命に同情し、アスカのファンになった男性ファンも多いはずです。 まとめ アスカの性格は、単純にいえば 「勝ち気でプライドの高い女」と言えますが、それはアスカ自身の過去のつらい体験をひた隠しにするために、アスカ自身が身につけざるを得なかった「心を守る鎧」だったのです。 その鎧を外し、本当の自分を見ることなく成長したアスカは、エヴァンゲリオンを操縦するうちに、自分の力だけではどうしても乗り越えられない壁にぶち当たります。 その壁は、ひょっとすると「自分のプライドを捨てる」ことで、意外と簡単に乗り越えることが出来た壁だったのかもしれませんが、アスカはプライドを捨てることイコール自己崩壊になってしまうので、それが出来ませんでした。 アニメや原作の過程でも、結局アスカはシンジと結ばれたのかどうか、明確に描かれてはいません。 ですが、エヴァンゲリオンの登場人物の中で、もっとも人間臭いのが「シンジ」と「アスカ」ですから、劇場版のエンディングのように 「アダムとイヴ」のような存在になれたのであれば、アスカにとってはハッピーエンドと言えるでしょう。 そのような複雑な背景を背負っているアスカだからこそ、 「薄幸の美少女」が人気を集めるように、アスカも同様のキャラクターとして認識され、男性ファンの人気を集めたと考えてもよいのでしょう。

次の